2019年06月26日

卒業3842ItaliaPalazzoComunicazione2n御所連絡2(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3842京都船旅2742
古譜1742大原練習1642天の下2042 ItaliaPalazzoComunicazione2
 御所連絡2
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/25、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【物木御所】
【和歌山】
 和歌山城をいう。わが浜という。めれせる_るせそ、という。
わかを、ふたという。わかふたの並ぶ城という。若山城いはるく、
という。めれるそん、とそ。和歌山のふた城という、双城の
ことという。えれせるろくれ、という。めるれすれれるすすす、
という。にんたらのゆれふれ、という。双つの城の和歌という。

 ならびたつ せけれそそむる えおれふつ
 こすゆす_う_れほ くくゆみのや_と
 
 これを、江戸のゆきふた、という。ろわぜらのゆ、という。
若山城の話という。このしろという、あよはるの島という。
ふたゆたやぜる_らと、という。この言いを、わかの言いという。
『らと』という、『らせ』ともいう。らよの花という、
らめともいう。らめ城という、双つの意味である。

 らっくれ、ゆっきふり、れめるれ、せれせ、れてる、ゆっかす、
という。この書きが、双城の書きである。『〜、という』書きで
ある。ふたしろ書きという。

 城の内の言いという、書きである。言いである書きである。
京都御所を、ロイフ、という。
江戸の城を、レメセ、という。おおよも、ともいう。
岸和田を、ロケ、という。
堺を、マック、という。
紀州を、ロハ、という。
若を、イロハ、という、和歌山をいう。

 城を『よも』という、これを、きもるりという。城を『きも』
という。若山城を、イロハきす、という、なんのしと、という。
なんした・そみけく、という、花ろれの言いとそ。

 鉄車二輪で行くという、若い人の言いである。この御所を、
きもるり御所という。双つの山のお書きという。
二重の二輪の鉄車輪とそ。

 アイゼラやるる こいららおわれ ふくりく_る
 夢るらいとよ せせるすよるく、とそ。
 若い人の詠んだ、若句である。
 アイゼラの城のお書きという。
 
 ペンタ連説(ペンタ連節)という。ペンタゴンの若区という
若句ともいう。アイゼラるりせる、という、アイの若い人と
いう、これを、ウイという、ロンドンのウイである。

 『ウイ ウド ガット ロック』という、ロンドンの
わかいやの言いである。『アイゼナ ロス 』という、
『ペンタゴンへ行く』という意味である。

 ペンタゴンのことを、ロックという、アイメナ・アイスと
いう、アイス語である。そういうて、ペンタゴンへ行った人
である。ニューヨークの家から行った人である。この日が、
地球が止まっていた日である。革命橋を渡った時の人とそ。
革命という地杞憂が健康をとる日である。サン・ローラン・
フェッツェレーという、地球のことを、けんこうや、という、
やを星という。健康星という、地球のことである。
これが、若をやらという。若やら語という、星のことを話す
との言葉とそ。

 和歌山双城のいおれ、という、いお花のおりきかふ、という。
この山のふれるあさ、という。これを、麻木遣りという。木音
という、木の音のいわらく、という。れれということの意味と
いう。れれ若のゆき、という。わか山のいる話という。

 双つの城のお書きという。木津浜屋の絵ともいう。和歌山に
いた、さおの木という。双つの城がある和歌山若山という、
きもら城という、高月山のお書きという。きこの言いという。
和歌山の若城という、こことは(こことわ)、という。

 こことわの城という、キという読みという。城の木を、
ヤナギラという、城の城内の木を、ヤナギという。
城をヤナという、ヤナギという、キの読みという。
せい、とよむ、漢音という。
き、と読む、漢音である。
やな、やなぎ、という、漢音せらっく、という言い方である。
やなぎ世のうれすれ、という。城をヤナギというのがわか山
である。

【堺】
堺論告という、『ああ、弟よ、キメをいう』
この『キメ』は、君である解にする、鯉の話の変形という。
『夜霧のかなたへ〜』という、ロシア民謡の、戦地に赴く恋人
を送るという意とそ、という、変形の解釈という、これを、
へんこつ、という。

『キメ』は、城であるという解釈という、『ああ、おとうと世、
きめ(城)をいう』、解釈という。尊い城をいう、城をきめと
いう、これを、へん、という。

へんこつという、言葉周りをいう。へん、ともいう。
和歌山のへんこつ訛りという。きもを、きめという。
これが、へんと、へんこつという、和歌山若山の城のこととそ。
へん城、へんこつ城という、双つ城のことである。

 そうきょうの双城という。ミラノ連盟という、紀見井ろんける
(紀見井ろんけく)ともいう。堺のミラレルという、堺の城という。
有丹幕(ゆうたんばく)という、U・ターンバックの城という。
堺幕府の若い人である。

 堺しろゆら、れろふ、せらっけ、せかて、れっせしょ、とそ。
これが、城の言いである、堺城のれっとん言いという。堺止め、
ともいう。『。』のことをいう。堺丸という、丸出しの城という。
。という書きが、堺城の書きである。『〜。』ということという。
レットピーという、これを、フォンツという、堺のたみ、という。
たみせらの言いとそ。堺弁である。

【紀見井】
君のことをきめという。ここを紀見井城という、堺のきめの城
という。この城と双城の三角形を、ゆいぶる、という。ゆいぶる
れっつ、という。さっされれはる、という言葉である。この
三角形の地域の方便である。方言とそ。

 これを、御所がいう、きもめ御所の言いが、せんたっと、と
いう言いという、この三角形地域を紀見井という、線閣という
場所という、細い場所である。これを、細川状という。
細川状府という、せんたつ御所のきもめ、という場所という。

 ここを見ることを、おさめ、という、治めと表記する、明かな
論という、明論御所という、これを明示する、明の治め、という。
そうきょうの明示論である。明治ともいう。

 明治維新を今からするという若い人である。『この旅の、明治
維新は、若いからする』という、若い人の旅である。度ともいう。
度旅々(だたびたび、どりょうたび)という人という。

 時の遅れた教育を受け、それを実行するという、明治時代の
教育を、今に受けた人という。ヘロドトスの教えでもある。


//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1742大原練習1642天の下2042 ItaliaPalazzoComunicazione2
 御所連絡2
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8428
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年06月25日

卒業3838ItaliaPalazzoComunicazione2 御所連絡2(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3838京都船旅2738
古譜1738大原練習1638天の下2038 ItaliaPalazzoComunicazione2
 御所連絡2
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/25、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【物木御所】
【水里】
 水がいるという、みずり(水里、すいり)の山という、こ
れを、ミズリーという。この山のおりれ、という。おり
おりのゆり、という。これを、メレルレーという。

中略
 メルセルの山という、歌やたの沖という、沖らるれて
という。おいそいの山の岩の江という。岩江の山という。
アメリカ山のお書きという。物木御所の記である。
アイゼンナハゲラともいう。後、ペンタレッセという。

後を、ペンタとそ。今のペンタゴンの謂れという。
五つの顔の家という、アメリカのペンタレークラで
ある。ペンタゴンこり、という。これを、ゴリクル
という、物木のかたれる、という。物木を、ペン、
ペタ、ペリ、ペルという。物木山お書きという。

 ニューヨークれんぞるの山という。ニューテラの山
という、ありるらのややのうつれつ、という。メルテ山
とそ。

【恋、鯉】
 そこにいたイルカという、恋という魚である。恋魚と
いう。男と女の恋である、魚のことという。物木御所の
りかくか、という。りかれるそとす、という、恋である。

 大きな魚を恋という、恋山お書きという。これを、れん、
という、恋をれんという、鯉ともいう。鯉魚のおりけ、という。
池をりけという。泥棒山のおりけ、という。ここを、泥棒と
いうたたの山の落ちという。おちこつ山という。こしいつの江
という、これの江を絵という、鯉の絵をいう。鯉の描かれた絵
という。鯉を題材にする絵とそ。画家の描く絵である。

 この世を、がよという。がせいという、画世とそ。これを、
ガレルという、後、ガレルレーという、ガルという、ガメと
いう。がれせの山という。後を、かりという。かり楽という。
かりの山のお書きという。また、行く山のお書きという。

 アメリカ・ロンゼラーの歌という。これをロという。
冷和のロという。令和の家という、オーレル山のおする、
という、御所のことをいう、世が変わる日のおゆりという。

【革命橋】
 令和のとそという。文のことである。令和御所で使う、
とその文とも、一意とそ。とその文、令和の止めの文と
いう。文の終わりをいう。令和文の山という。御所の一区
である。令和御所、革命橋のある所である。

 おもゆれという、造りである。ここを渡る日とそ。地球が
とまる日に渡る人である。その日、地球は休むのである。
地球がとめをとる日とそ。渡れば、ニューヨーク・ワシントン
になる橋とそ。親山のおかる絵という。ワシントンの世という。

 アメリカの叔母がおられるをいう、自由をいわる、これを、
オアントという。O'aunt という、御所の物木の言いという。
物木の英語である。意義の山のお書きという。

【革命城】
 O'aunt という、ロンドンホッコスともいう。うど山の絵と
いう。物木のロンドンをいう。ロンドンの物という。これを、
ものふり、という。英語の、Oの使いという。オーレル山のお書
きという。うど使いをいう。あいうど山という。これを、ディメ
という、古くのディファレである。ディッソ山という。二条の
城曳きの城の言いである。革命の世という。二条の城を革命城
という。革せらの夢である。二条城を夢の城という。夢々と
いう、よしの曳きという。城曳きを、ディッソムという。ディレ
という、革命はわが手にあるという若い人という。革命橋を
渡り、ニューヨーク・ロンドンへ行った人である。

 この日を、ワシントンレーという。二条の物木御所である。
ワーレルスールーレールという、革命語である。これを、大阪
合流という、城曳きの船出という、イールレラーファーという。

 二条をペンテブという、これを、だいぜら言いという。江戸
城のや、という。船行きの江戸を、連幕、という。連幕の城で
ある。これを、ロンメルという。さばくのロンハルという。

 もろけすれっくの山という。モロコの山のお書きという。
アキストゼネという、ゼネガルれと、とそ。アキレラルックの
やおせ、という。矢を背にに持つ人とそ。爪楊枝のような小さい
矢である。

 これを、きるかわる、という。江戸城入城の日である。時を、
こめふきの日という。一広の間へ行った人である若い人という。
かりふるらくのゆれふれ、という。物木準川という、江戸城の
中の川である。イージスで乗り入れた人である若い人という。

 これを、革命入りという。イージス山船ゆら、せせる、おり
そる、れてゆ、せせそ、そもむ日のことという。物木御所のお
書きである。

【江戸城】
 革命をたっとぶ人という、これを、とうるく、という。山々の
ものれる、という。もの花ともいう。江戸城で使う言葉を、もの
花という。これを、物木の言いという。

 江戸を、ロンペックという。
 仙台を、ロースモーという。
 名古屋を、レーフルという。
 大坂を、モッポという、モップとも。
 京都を、ベーロレという、ベロンとも。
 こうとという、こうべのお書きという。こうと書きこれなる。
 江戸城内の都市の呼びである。
 横をいう、ようせるという。れいをいう、れてほという。めを
 いう、めれるぅという。めれる山のお書きという。
 ローゼラルックの八尾という。
 
 大坂を、モップかんはく、という。ハーレルレンルーという。
 この日の大阪を革れという。
 ロンドンを、めよひよ、という。
 あれるれという、ロンドンモックの山という。
 台書きの歌という。
 この花山のお書きという。
 
 東京を、えせろく、という。せるれせんとすの、めよふりと
 いう。せべすの山という。アメリカ・ワシントンのペンタ
 ゴンの言いである。自由の兵士という、アメリカの叔母の目
 という。レートルレンゼーという。自由の女神の目をいう、
 ペンタゴンの言いである。この言葉を、桜是という。
 ポトレル数用という。ポトマック河畔の桜の話とそ。
 若い人の手植えた、さわ浜山という、ポトミックのやのうれ、
 という、これを、ダーレルロンファーという。ディメ山江と
 いう。
 
 ポトマックの『ポト』の意である、ディという、ディメであ
 る。サーレルレックのすすはる、という。これを、りんべら、
 という。めい花の世という。ワシントンレールという、ニュー
 レラロン津の言いである。
 
  京に、外国人が帰ってきたという、あの日の人達である。
 モロコの刻という、こくれるれつのやおれる、とそ。
 
 令和天という、江戸を大上という、れい花の点すべ、という。
 これを令という、令和の世を、ふれすれ、という、繰り返す
 世のお書きという。昔あった令和という、第二次大戦の頃で
 ある。
 
 江戸城内語を使う人である。『めらせる』『めらしず』という
おしず山のお絵という。城を『きこ』という、『わっせま』と
いう、若せらの山という。若い人の城という。ジェットやさりる
という。れれふ_す_るるその城とそ。


//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1738大原練習1638天の下2038 ItaliaPalazzoComunicazione2
 御所連絡2
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8388
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3836ItaliaPalazzoComunicazione 御所連絡(壮強太陽):イカスミ柳


卒業3836ItaliaPalazzoComunicazione
 御所連絡(壮強太陽):イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3836京都船旅2736
古譜1736大原練習1636天の下2036 ItaliaPalazzoComunicazione
 御所連絡
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/06/25、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【物木御所】
 若い人が言う、『アイゼンのれこく』という。
この日に地球がとまるをいう。地球が回転をとめた日である。
ワシントン・ポトマックが、これをいう。ゆき川という川で
ある。この日にニューヨークを、わ、という。

 この『わ』が、メルスの輪である。雪かわのゆき、という。
アイゼンゲテマハという、アイゼルロックのゆき、という。
地球をとめる山という。メルツの歌という。地球をとたれ、
という。この日のメルクである。クビフルの山という。

 アイゼンメーという、これをヘラクレという、どめゆきの山
という。ここを、かいさまのいえ、という。御場の山という。
ニューワークの自由を、ゆきかわ、という。ニューヨークロン
という。ニューヨークの場である。

 ワシントンのニューレルをいう。ワシントン・モーカカという。
ちもそのゆれ、という。地球をてという。てそれそ、という。
地球が回転をとめた場所という。ここをペンレブという。

 ニューヨークのポトラゼという。物木山の意という。
この日に、わつれまをとめという。とめのれつ、という。

 ニューヨークにどんくりという、どんくりの宮という。
この日に、物木の卸(ものきのご)をいう。これが、ワットと
いうハウスという、ワットハウスの山という、ニューヨークの
ありるりの山という。世界をいう日の、ありのや、という。

 アーリントンのぼくけく、という。ボリスの山という。
アーリントンのろきやき、という。ここを、メレスレーという。
アーリントンのかいこう、という。ひこらららの夢楽という。

 夢を落ちるという。落ちるペラルケという。アーリントン山
のお書きという。メルの山の絵という。ドラムをたたく人と
いう。ニューヨークのメルセル家という。ここを、物原という。

ニューヨークの町のいっとという場所という。これをミン
セルという。ヌーメラという、ヌールクという、わっせれっせ
の物木ごっこく、という。ニューヨークの物木御所である。

メルという、ドラセラの夢るけ、という。めれるてるあてるく、
という。オリワットソーという、これを、物浜という。後を、
ぶんてけ、という。ニューヨークの墓地という。アーリントン・
ヌーセラという。ありるらのおりそる、という。

 ここを、ペンタ・レンズという、ペンタムの山という。
びーふりの山という。ビービル・ろれはる、という。これを、
はるれく、という、後、はるノートという。

【大岩顔】
 アイゼンミッツの山という。瓜田岩という、アメルリのせの川
という。瓜田岩のかっぱけ、という。これが、五つの顔という。
アメリカの大岩顔である。アイゼンラッツのゆれ、という。
あめそ山という、かんぱのゆき、という。あめそ山お書きという。

ここで、そと言う、アメリカのそをいう。So do ソドゥという。
草堂の山という。瓜田岩山という、アメリカの山である。

 もぅの木のもぅの地という。ここを、物木槍の物木ごっこす、
という。物木御所という、喪の地である。ここを、つりたらり
という。ツリーがたれる里という。物木たれゆら、という。

【桜】
 この木がさおるという期とそ。さおる木という。後、桜木と
いう。桜の記を、さおる木という。くれらくやらを、するれる、
さおせのや、とそ。

 ここの山をいう、ポト様という。さまらまのやのゆけ、とい
う。ポト様で、ニューヨークをレップラーという。レプセルと
もいう、ニューヨークのワシントンという。

 ワシントン・カープクという、カッフル冷泉のかちくり、と
いう。ここを、にしうちという。にしやらの山という。カップル
れいぜいの顔という。瓜田岩顔という。アメリカの山という。

 れめんそれっての岩津という。遠く、めをいう山という。
アメリカの顔という、これを、メノルーという。めの山とも
いう。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1736大原練習1636天の下2036 ItaliaPalazzoComunicazione
 御所連絡
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8368
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年06月24日

卒業3834ItaliaDelFiumeNotte 革命河畔(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3834京都船旅2734
古譜1734大原練習1634天の下2034 ItaliaDelFiumeNotte
 革命河畔
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/24、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 
おのずとム夜明け 自動の革命と
祈る朝に既に夜は明け 夜明けは
続きつつ変わる日の様
仰ぎ見て革命の音うち続く夜々
おお 黒雨がふりふりふり 金山路の
河畔の流れ流る 夜はおよよよ


 狐の天気予報。〇r1919/03/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【革命河畔】
 朝明けを革命、革命朝、革命期という。日々の革命という。
朝、目覚めを喜ぶことという。

 『革命ありて、そっきょら』という。革命数用、これなるを。
頼もしい限りである。『革命ごぜわ、れれんそる』という。
ごぜわというごせ山である。革命のお山という。『きくれら
の連刻』という、革命続きの世である、夜とも。

『花ゆらけっからの世のと』という、れれふる黒い雨という。
黒い雨をめでる話である。若い人はいう、『革命、これを人生
という。』
という、れれ走りのれこく、という。レーミルローロのゆい浜
という。ユーレルルースーのおゆれる、という。

 『れってるろうくう』ともいう。てれるぅ山のお書きという。
 
 鞭聲粛粛夜過河(べんせいしゅくしゅく、夜、河を渡る)とい
う、ここが革命川である。馬に乗っている武者の絵という、
これが、機械の馬に乗っている人形である。ベラという、
人形のことをいう。ベラ渡しという、橋が架かった場とそ、
ここを渡る言いに、ベンレラという、ベンタムともいう、
ベンレラという、川を渡ることをいう。革命橋という橋で
ある。革命河畔景のよみという。よるれらの山という。

【金山路】
 イーレルロワッソのうちつて、とそ。れれんのくゆくゆ、とそ。
この『くゆくゆ』という、まゆれるという、豆の山のおそみそ、
という。今の、さやそら豆である。これを、くゆ豆という。
クッセラルーともいう。革命の金山路(金山寺、金山児、きん
ざんじ)の言いとそ。

 ケレスレーともいう、金山路の言いことである。この御所を
るくふめ、という。言いに、ベン、ベムという、ベルレルと
いう、よま浜のあたという。あるれるという。めるせてともいう。
いっそらのお言いという。いっそらを、いっちょら、ともいう。
いむすてのいれるれ、という。れれそのたみとむ、という。

 らめの山のお絵という。先程のべんせいしゅくしゅくとそ。
この世の渡りという、いすてすのおよふり、という、これを、
北の革すめという。革れるくゆっそす、という。北宮山のお書
きという。紫宸殿御所の周りである。

 御所めらの山のおゆ、とそ。きょら、という言葉の山車という。
言葉を出す場所という、言葉をいう、使うことの場とそ。きめ
らむの山という。ここを、金山路(金山寺、金山児ょという、
古く、革命金山という、ここの、小野の言いという。小野輪
の言いという。丸く流れる革命川の状の説きとそ。小野原の
場とそ。ここを、小野行きという、皮の流れる所とそ。
なかれか、という場である。流れの中であることとそ。

 革命夜、これを明けるをいう。革命夜明けの川中という。
小さい島状のある場とそ。革命山という革命の島である。
言いに川中島とそ。鞭聲のレッテルという。レッテルの吹く
という、これを、レテ風という。レツテル風という。
急に突風という言いである。後、トッパレという、トッソム
ともいう。れれすおゆふる、れとせれ、おてるての世渡りと
いう。世を夜という、世ともいう。

 ここの中の島の江という、れっつれれそ、とそ。れむろ
という、レトンソという、れれての山の世という。京れれの
山という。レトンソのゆのれま、という。ゆまを、ノルと
いう、馬の事である、この夜は機械である。ベラのりの山
という。ベラが乗る、その拵えをバグという、小さな軽い
人形である。ロボットの馬である。これが歩いていた
レトンソの夜である。これを、レミソフという、金山
路御所という、後、金山閣という後、紫宸殿という場である。

 しいせらのきんぱれ、という、後という、こんぱるという。
北の商のおいいという。オッセラルーの絵という、ナポリの山と
いう、ナポレオンのアルプス越えの絵である。これが、若い人の
馬である、機械の馬とそ、ニン儀容が載っている話という。

 オーベルニューの越えでもある、オーベルニューの記という。
おいの山という、水が流れている山麓という、レトンの川という、
これを、れれはる、という、後という。

 オーベルニューの山の麓である。この景色の写しである。
川中島の造りという。島れま、という場とそ。

 オーベルニュー、古いフランコの町とそ、イタリアのルル
スロともいう。ドイツ語のような言葉とそ。ダダリラのおよの
おことという。タダレルルースーとそ。もり山の歌ともいう。
もりをきぜという、きせの山という。きるれるおいする、という。
京リラレーーテの歌という。これを、ルベルーという。
るるその山という、金山寺の山という。これのふてという。
これを、きるれる、という。ぶつ山のお書きともいう。
これの金の意という。その金山路の意である。後、あざ(字)と
いう、寺とも。

 金山路という自動という、これを、児童という、人魚のこと
である。<小さい人形の児童である。児童御所の歌という。
ロボット数用の御所である。大砲が並べらている日である。
ロボット騎兵の御屋という。ここから、御所へ向かう京都会議行
である。京都会議の日という、若い人のいる日である。

【自動革命】
 夜はおのずと明ける自動革命である。長生きの山のお書きと
いう。地球ありてよろうをいう。朝宮の山、今も続く革命という。
革命継続の歌である。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1734大原練習1634天の下2034 ItaliaDelFiumeNotte
 革命河畔
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8348
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/19柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年06月23日

卒業3832ItaliaParola ラル(壮強太陽):イカスミ柳


卒業3832ItaliaParola ラル(壮強太陽):イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3832京都船旅2732
古譜1732大原練習1632天の下2032 ItaliaParola ラル(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/06/23、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1919/03/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【錦旗御所】
 頃を今という。若い人か旗を見ている、山のやという。
これを、きん川という、川のほとりの建屋のおきご、という。
 黒い旗がなびく、きんそき、という。この錦旗という。クロ
レルという織りの錦旗とそ。ここを、錦旗御所という。

 えっすばという、えすぱという、え山のおきごのこめふり、
という。雨を小降る山という。これを、山のかる、という、雨
のことをいう。山から来た小降りの雨という。これを、
こべなまみ雨、という。コールレールともいう。のち 、
おりふりという。

 この雨が若い人にちょっと振り注いだ時の、見た山の山と
いう。コルレラという、雨の状態という。ポツポツと細い雨で
ある。これを、こせ雨という、コルレラである。

 めめの山のおとえ、という。雨の音の形容とそ。みぶれる山の
おるすれれ、れれ雨ともいう。コルセラレーという。みっとの絵
という、雨を描いたかいの山の絵のことをいう。雨の絵を、
かいの絵という。かい山らみふり、という。

 錦旗をめでる絵という。旗山の山のとえよ、という。とわ
れる様のときえく、という。ときれらのゆいすも、という。
これを、れと、という。

 錦旗をよそう山のふ、という。れれの御旗という。れれ錦旗
という。きんせまのやおふみのとよる、という。とみとみの
とけやり、という。これを、みよるれこ、という。

 みふみの山という。れれそるるたす、とそ。錦旗を、
メリラムという。めりせるれく、ともいう。メリラーの
山という。メルレスやっぱ、という。めてのすうふく、
という。これの、意味の『きん』をいう。錦旗の『きん』
である。

 メリル山のおよえのふるる、という。メリセラるっくの
お絵、という。ここみの山という。これするてほの、という。
錦旗の意味とそ。錦旗を黒く、とそ。黒い錦旗のおん、という。
おん旗の錦旗である。黒いみのの絵の旗という。

 若い人が見ている旗である。クロレラ・ふらすれ、という。
みみそむの山という。黒い山のお書きという。黒をめでる
錦旗御所である。黒い門、黒い壁、黒い立ち屋という。ここの
北の商である町という。御所がなった頃である。トリケラト
プスがいたともいう。若い人の横とそ。呼んで旗を見ていた
若い人とそ。

 これが錦旗ごぜという、ごしょともいう。そこの風である。
風景という。ゆわいの屋根という、われらるややのほみ、とそ。
錦旗御所の黒い御門という、後、クロゼルラーという。黒塗りの
門である。黒黒黒の御所という。これを、メルラルメという。
錦旗御所をメルラーという、北の商の言葉という。

 めっせ山のお絵という、錦旗御所のかっぺ、という。恰好と
いう、恰好をかっぺという、黒かっぺという。錦の黒れら、
という。くみそみ、という。きんはなの、きんか(錦花)
レンラーという。黒御所を、錦花れら、という。カレラー
山のお書きという。北の商の、キンカーランである。
錦花みそく、という。みそく色という、黒をいう。みそくり
御所という。北の商があった頃の御所という。
この言いの御所である。キンカレルという、きんららの、
お黒々(おぐろくろ)という、錦花御所の錦旗をいう。

 これを、さや目黒という。きんらやまるく、という。
さや目黒の山という。きんけらゆきの山という。れれそむの
ふという、この書きと言う。さや目黒の、さやに目黒ともいう。
サヤレラソンスーという。そめたりのおっけら山という。けら黒
という、色のことをいう。けみせらのおりふり、という。

 黒い雨という、くりせらるうのほっみ、という。えぷせら、
ともいう。これを、えくりか、えぷりか、という。えむそむの
ゆいらむ、という。この言葉を使う錦旗御所という。ラムと
御所である。ラムご、ラム御所という。

 らむ語がラムを使う言葉である。ラムレラスックという、
ラム御所である。ラム所という。セーランルックの山という。
せみにや、ともいう。この『にや』がにやである。後、みやと
いう。北の商のにすという言葉である。『にやへ行く』という、
宮へ行く事である。

 にやラムレールという、にやみやのおれるろうという。
オレンファールラーという。オーレレールともいう。宮を
にやという北の商の言葉である。マーレルサンスーズともいう。

北の商御言という。ぎょ山のお書きという。『みっせらって』
という、『みせてください』という意味とそ。これを、みと
むぎ、という、みるせるのおゆふるれれ言い、という、
北の商の言葉である。
 
 ミゼンラーブレーという言いもする、れんするのゆいゆいと
いう。御所の言葉である。錦旗御所という、この期の北の商
語である。てふする山のお絵という。

 雨を、ちょうめ、ちょうめい、という。ながめ山お書きと
いう。雨んぜられっくの言いという。『みんぜらるうふう』
という、黒い細い雨という。これを、こくせまるっく、という。

 黒い雨の御所という。きんそく山のお書きという。のち、錦足
という。御所歩きのことをいう。御所の中を歩くことを錦足と
いう。この錦を、かまあし、という。後、鎌足という。
藤原鎌足という、鎌見山の御身という。藤原を歩く人をいう。
これを、人のゆいろく、という。歴史の人物によった言いという。
藤原鎌足のおあゆ、というお言いである。

 藤んばるるっくのおんば(御場)という。御場山数用という。
れれたるふんる、という。れぶそぶのゆいほに、という。
『そうやにぃ』『いいにぃ』という、この言いが、藤原の言い
という。『そうだ』『いい』という、奈良の藤原という、
奈良朝の藤原の言いである。

 『そうぜどう』という、『そうだ』の言いの藤んばるれっく、
という言いとそ。北の商の古い言いでもある、錦旗御所である。
どんぜらともいう言いである。

 藤つわらばらゆんゆり、という言いである。むみすと、
ともいう。この言いによる、むみすと御所という北の商の、
錦旗御所という。北の商の御所である。

【おとべさん】
 さむすてるっくの山のお言いともいう。レーレルロンゼー
という、ラウステのよんふり、という言葉である。
『いってらにぃに、よんせと、らむれ、へつるせ』とそ。
言いに山をとる言いとそ。意に、『いってらっしゃる、
よみのおとのおられて、とよとよの、へあります』とそ。
『おへひいた』という、京のみやび言葉という。どちらも
北の商の言いである。『おとべさんが、こられました』と
いう言いという。『〜の御方が来られました』という意
でもある。これを、ぼんれるすうゆう、という。京言葉の
出の御所とそ。おばんさむろっくの言葉という。

 これを、どうぜらろっくの言いともいう。おばんれる、とも
いう。れえめるそんすの遣り、という。れれとれれのふりゆり、
とそ。

【おどん】
 どんも商のおどんみょう、ともいう。『おべまさんが、来ら
れるら』という、『〜の御方(女性)が来られた』という意とそ。
古い京である。

 どっぺらふうれいの山のお書きという。この言いの山の世の
うつりつ、という。れれとのゆま、れれとのゆみふり、という。
北の商の言葉という。おべまさんの言葉という、簡略言いで
ある。これを、かんすめ、という。これを、すめら語という。
おべま語ともいう。

『おれんせ、れつせ、れれそ、てよと、うるる、れむほ』という。
意を、『商内の言いにします』という意という。『れむほ』が
言いを変える言いという。れれんそ、ともいう。

『英れな』という、『英語を使います』という言いである。
これを、意山という。自分の意を相手に伝えることとそ。
『ラルン、ファックルー』という、英語を使いますという意の
れとほめ、という、れむほである。

 英語で『ゆいもって』という、この期の英語という、北の
商の英語という。メンスベともいう。北の商の意山の言葉を
英語という。日本語の中の英語である。北の商の言いの一言い
である。錦旗御所の言葉である。

『英語で話しましょう』という、『ローメマ』という。ラルン、
ファックルーである。『おべま』という、おどんほうの言いとそ。
このおどんほうの言いを言いをする時とそ。『おどんみゃ
あはぁ』という、『おべま言いをします』という言いである。

【きっそば】
『おどみゃ、ぼんきすらからる』という、錦旗の北の商御所の
言いである。民謡の出の錦旗御所である。メニットという民謡
語の使いという、『おどんみゃあもう』という。これが、『お
どんでた』という、おどんを出しますという意とそ。おどん語を
使いますという意とそ。レレンホールレーという、壬生っすの
言葉という。かに御所ともいう。かにの言葉という。御所の古
い話である。大きな蟹がいた錦旗御所である。恐竜の蟹
である。縦歩きをする蟹である。『きっそば』という、蟹の
ことである。これを、トリオンという、ペーララの言葉とそ。
きっそばのことを、ペーララという、北の商である。

『みいられ、花ゆら』という、蟹の形容である。京みやびの
言いである。花ゆらのおけら、という、蟹の事である。
花ゆまのおけら、ともいう。

 京みやびの言葉の由縁である。よしよしの言葉という、京山
ルーという、京みやび語である。

『みいられ』という、『みやしゃんせ』の意とそ。
『御覧なされ』とそ。
『ラル』という、おべまの寿葉という意とそ、パローレともいう。
伊語という、英語の範疇に入れる伊語である、パローレである。

『そうきょうの言葉ありて、みょうらら』
おべまはんぜるの言いである。そうきょうフックの山という。
言葉をめでる、みょうせら、という、みょうらら、ともいう。
らめ山のお書きとそ。

 『そうきょう良い日、ありるれんせら、よいと、ほる、めんせむ。』
錦旗御所の言葉でいう、『そうきょう良い日であり、良きの多きを、たむくる』という。
英山の言いとそ。良いことが多くあるを願うことという。
 
そうきょう御所ともいう、錦旗御所である。柳ぬ山の言いともいう。
やなやなのお言いといもいう。レンセルレールともいう。
壬生らんるっくの山という。れれてのゆいそ、という。れむれむの言いともとそ。

革命山ありてす、革命の御所という。革命川流る、革命橋の渡りとそ。
夜明けの革命という。夜があけるを、革命ともいう。夜がかわり、
朝に昼になる、天の空の変わることをいう。夜明け前を革命ともいう。
革命期の山という。天寿の全うという、寿命を長く持たすをいう。
長生きの話である。革命御所お書きこれなる。

『朕、革命起っこす。せかってらー』という、上の言いある。
上文の意味を、一語でいうこととそ。
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1732大原練習1632天の下2032 ItaliaParola ラル(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8328
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽