2019年05月26日

卒業3736・FranceCerise Revolution 桜革命 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3736京都船旅2636
    古譜2506大原練習2126天の下1941FranceCerise Revolution 桜革命(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/04/23 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/26柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
    HArmony Assistant 自動作曲50%  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

桜咲き 見ればよい心が沸いてくる
桜革命が来た 万回 花は舞う
所狭し 言う如く 人は花見健康
いかすみの雲が流れて上へ来た
幸義光を光らして写真をとりました


 狐の天気予報。〇r2022/11/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
この年は 桜満開 おくれきた
季節はよいと 舞い喜ぶ
 桜革命、よいよいよいトナ
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
【人形山】
 さても花は桜、人は錦、世に、げに、遅れかくせる、という。
天知る、地汁、人ぞ知る、ダーク山々という。これを、ダク山
の世という。
 
 あうれるほねゆね、とそ。桜の花を集め、これを撒く、桜散
開という。遅れた春の満開夏佳めよ、とそ。満開夏佳の山とい
う。ダーセという、ダースメーのよっきく、という。れれる
せって、よいせるむれるけ、という。

 桜を革花という、革命花の言いとそ。革命を起こすという。
健康の増進である。これを、命るるかくめいという、革命とい
う。大事なものは健康である。祭りもそのためのものである。

 人形の手に桜花を握らせ、これを撒く花の宴という。春高楼の
桜撒きとそ。これを、棗のくくかれ、という。後、夏枯れとい
う。踏み踏む山の世、この世の尊さという。とけ山のお言いとそ。

 天の宮の世も茂るとそ。せめせめの、ちとゆり、という。
めるせれる、おうれば、という。まくせま山とそ。めめする
さゆふ、という。

 人形が喜ぶ顔という。せんた山おりする、せんぜれ、
という。せんの山のお書きとそ。これをよる歌という。
歌やたのこうぶ、という。こうれるさむすれ、という。

 人形の屋のお書きという。人形の家という。人形芝居の
革命伝という、伝記のこととそ。

 『おらは、革れる』という。人形使いの話という。後、
黒子という。その頃の芝居とそ。革命の話のやか山という。
やかれかのおいるけ、という。やかのえてよの、えすとせ、
という。

 いろんな仕組みの仕掛けの人形のことという。人形が革命を
訴える場とそ。これを、人の健康という。革命を、改めという。
人形改めの健康手入れとそ。これを、改めという。

 ふほのべの山のお書きという。胸のおゆるさむす、という。
ここの人の山という。山のうつゆつ、という。これを、うつのや、
という。後、鬱という。憂鬱の人という。これを、人形面という。

 人形が病を取り除くものという。人形を扱う人の、見の当たる
使いという。人形の見当使という。見当ての黒みく、という。
みっくすれっくの山という。人形をたっとぶことをいう。

 人形の作られる目的という。目当てである。これを、革せむ、
という。せんだるという、せんむすの夢とそ。後に、専務と
いう役目という。人形専務の山という。

 人形浄瑠璃のようなものである。黒っくす、という。黒子の
ことをいう。黒れる使いという。黒っかわ山のお書きという。
黒っ川の親のやの歌という。黒子の親という。これを、
ダースベーという。ダースレックスともいう。ダーレルユームー
のうくゆく、という。れてその山という。この様の歌という。

 再々再見と、健康にいう人である。ツァイチェン、とんせい、
という。これを、中花という。後、中国語とそ。サイチェン
こんもく、という。再見の山という。ちゅうらまのううせせ、と
いう。やむやむのお書きという。  下略

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2506大原練習2126天の下1941FranceCerise Revolution 桜革命(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624967
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/15 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2478
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽