2019年05月17日

卒業3727・FranceLieu もび :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3727京都船旅2627
    古譜2497大原練習2117天の下1932FranceLieu もび(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/16 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/16柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】SuperComposer 90%
    バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

ものせむの ゆきさざ うれふれす ほみる
うしかゆくれれ おりほうすみそ れれほねら
けく すめするる ふめる おめ こわ
そるせけせ とうてむぽう ほゆすれ おりく
そる くてら すみくれる ゆむ ゆま
 

 狐の天気予報。〇r2019/05/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
ゆゆたるを おりゆっすくくめ ふめららる
すくるくゆゆれ そみそみするれん
  おりゆっすくろんる、これとる。
【京都会議】
【ムー大陸】
【令和御所水素家屋】
 令和の春という。ここ、令和は、落ちをいう。落ちの歌
という。おいぞれの山の歌という。山にこというれおをいう。
これを、れおな山という。令の山のお書きという。れそをいう。

 大和をときよみという。これを、れてほ、という。れみその
ゆきふり、という。れみそら、くれる、ゆゆす、という。
れみの山をめのやら、という。みれれる山のお書きという。

 令和御所という、れいぜらのふくるる、という。このやの、
れ、という。れろのふうみる、とそ。れろを、くすす、という。
るみればの、けそゆす、という。この書きを、あきふり、と
いう。

 ていそうの山のお書きという。よみての、ゆきふり、という。
ゆおれる、れぶれる、という。めなそのゆき、とそ。めよよむ
けてせ、という。ここのやの歌という。歌を、もるれる、という。

 冷前のお書きという。冷前の歌の山という。うと山け、という。
冷前の歌という。うち山の絵のおゆれ、という。おしみすの
ふっけ、という。ふれるるゆゆめの、おりやら、という。

 べるれる夢すよ、という。夢を見る浜という。浜れるおりす、
という。ここての、うゆめむ、という。こりするれもほ、とそ。
これを、れいぜら、という。冷泉のおきくれ、という。

 ゆてのふゆめむ、とそ。令和山おゆせむ、とそ。ここの
歌のそ、とそ。薬をめて、という。薬のゆかのいや、という。
今の矢である。いや、という。矢をめなむ、という。めるれる
山のおそれる、とそ。

 令和の山のお矢、とそ。おきゆれの浜という。これを、
りみっと、という。りみてる、ともいう。りそのふるす、とそ。


 りみを、とめ川の絵、という。りそを、ゆゆてのすれす、
という。これをよめ、という。よめ山の絵という。水素
爆弾を使う御所である。京都会議におかれた水素の世の爆れる、
という。水素をめでる、ごいれる、という。ここを、ばんみら、
という。ばんせむ、ともいう。今の幸の井の辺りである。

 水素家屋という、御所の一屋敷とそ。毎夜、音楽が流れている
日とそ。水素ようみの山という。ようみのくいはる、という。
御所山きす、これをすいとみ、とそ。

 くるらく山のお絵、これなるを。
 
 そうきょうの夜、よきの楽、流れきたる。流れ山お書き、
これなるを。そうきょうよい話である。

【御名御璽】
 璽、これを墓字という、昔の墓へ行けば、たくさん書かれて
いる御名御璽という言葉という。墓用語である。
 『〜〜家御名御璽』、こんな墓がたくさんある。
 『〜〜家奥津城』も、昔の墓にはたくさんある。
 墓用語である。
 現今、『〜〜家御墓』などが、多い。
そうきょうのよい御名、自分の名前である。
式の受付簿にそう書かれている、記入簿である。
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2497大原練習2117天の下1932FranceLieu もび(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624877
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/16 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2469
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽