2019年04月30日

卒業3609・FranceRevolutionNoire(Revolution du palais) 黒命革(御所革命) :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3609京都船旅2509
    古譜2379大原練習1999天の下1814FranceRevolutionNoire(Revolution du palais) 黒命革(御所革命)(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)



1945/04/30 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/04/30柳晴、少寒
    創曲、御先祖・正(やなぎ) 
    造詞、御祖先・正 
    監修、竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い月 黒い日に 革命を
起こす 健康の手を挙げて 安全を唱え
柳世改め 一心に日を期し 人皆 健康を
謳歌する 我が健康の革命に 世界の人
時同じ 立ち上がる
   赤い墓 白い墓 いろいろな色の
   角錐の墓動く 地を曳いて 迎え
   健康安全 革命に 命を革め 人生きる
   礼倭花咲く御所の丘 維新の日
   明示すると 喜びに人笑顔
革命は朕がする 戦いの朕の
手にはある健康と安全と 口を大きく
柳を繰り返し 世の中 そうきょう
よい世界作る 同じく時を得る
人揃い共に歩む 未来向こう
よきよき世   
 
 狐の天気予報。〇r2019/05/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
地は曳かれ 世は変わるごと 世は新た
一心明示の 柳改め
【京都会議】
【ムー大陸】
【革命お御所】
 御所共産の世界同時革命とそ。柳を植え、植樹を興す。
健康の革命とそ。人が望むものは、第一に、健康と安全である。
革命という、生命を守り、健康を維持することである。
 いわずとも、同時になっている、世界の革命という。
御所の共産という。革命お御所という御所である。

【命革】
 命革という、保険に入ることである。命革の、生命保険
という。
 一寸先の闇夜に、一条の光とそ。お金を未来に向ける
ことという。これが、安心の世の、お金による裏打ち
という。生命保険の大切にすることという。
 生命保険控除がある、現、所得税事情という。
精神状態、精神衛生によい影響があることとそ。
命革という、保険を掛けることをいう。
保険の効用、革命の一話である。

 革命という、朕というよい人がすることである。
 
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2379大原練習1999天の下1814FranceRevolutionNoire(Revolution du palais) 黒命革(御所革命)(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623697
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/04/30 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2351
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3608・France :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3608京都船旅2508
    古譜2378大原練習1998天の下1813FranceProntoZaurus 雷竜(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/04/29 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/04/29柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い花が咲いてる町 チューリップ
珍しく馬が見ている機械の花 時が
至れば咲く花 革命の時 健康唱える
黒旗がひらめく 維新時
これから始まる私の黒い革命
 
 狐の天気予報。〇r2019/05/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
城を曳く 我が山に乗れ 城は去る
曳かれゆきてぞ 小唄歌いて
 引かれ者の歌、トリケラトプスの歩む城
【京都会議】
【ムー大陸】
【大宮御所】
論語。『子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。
不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。 』

これを中脳でよんでいく。『シーホー、ふーむーられず。
へーくーるー。ゆーふーず、おーほーる。ふるふー。
ほーずたーふー。てぃーむこーほー』という。

 君子をこうほう、という。朋をふうみぃという。バームの山
という。この『バーム』を、カクれる、という。角の、の意とそ。
これを、れんまく、という。メルレスのゆみゆら、という。

これが中国の、こうより、という。めるふるゆいてす、という。
メルレルンファーという。めすゆ、ともいう。言いのペッツと
いう。これを、とっきょの岩沖という。

 場所をタンザニアという。たんするめ、とそ。国をけるくと
いう。ちゅうれれのゆわんそ、という。そうみるれっくす、と
いう。中国に、ピラれる、という、錐墓があることという。

 この錐墓を、ユイファーという、ユイソンともいう。この
言いをファーレル・レークゥという。めるせ、ともいう。
みびんつのめるゆす、という。めをける浜とそ。
れてその山という。るるる花行きという。るるれる・ゆてそ、
という。めびの山のお絵という。

 めを、とこいきのは、という。これを、はめるく、という
言いとそ。よもよもの山のお書きという。

 この音を聞く。日本語のような言葉とそ。これが、日本語の
中脳をいう。この日本語のてぇてという。ててよて、という。
るせの山という。めるれる・すみす、という。これを、英語と
いう、この英語を英花という。英語の中脳という。めるれる・
ゆるゆる、という。英語を、るけこく、という。るけつぎ、
という、中脳の言いの中国という。中国語という話という。

ペレーをみという。みるふりの山のそのふるく、という。
ふるれるゆみそ、という。めるすふゆれく、という。
オーバルベンゼーの歌という。歌をすゆふく、という。
この『すゆふく』が、中脳のはこれるという言葉の系とそ。
はこれるの言葉という。

【法妙】
 この中脳で、子曰くを、シーツァーという。これを、シー
ホーフーという。シーらす山という。シーがそのまま、大脳の
『シ』という。これが、ほーみょうのふをとる、よくて、と
いう。法妙という表しという。法妙の絵という。絵をことと
いう。中脳の話に、扁頭葉がかかる、これを経路という。の
経路のことを絵という。ことという意である。

 この意を頭脳が考えることを、よいみ、という。ようりる、
ともいう。よいみ、よいりるを、中脳の言葉という。大脳
語で、経路という。扁頭葉の言葉で絵という。これが、中脳
を使うことに近づくことという。ワッフアスーフーという、
わるせる、ともいう。めゆみ、という。

 これが、わるせる、めゆみを側頭葉による言葉とする
大脳の働きとそ。大脳を、おんぞけ、という。側頭葉の
言葉とそ。

 こうせる、こふせる、と言う。こみすものふゆけく、という。
大脳に中脳を使うという令のことという。この令を、
りょうはむ、という。命令の大脳語である。この側頭を、
みるて、という。みるゆる、ともいう。ぺびの山という。

 フランスレークーのきみすい、という。ふつれつよりすむ、
という。大せる大あら、という。このままの、大脳 をいう。
側頭葉の言葉とそ、大せる大あら、という、大脳のことである。

 これを後頭葉でいう、みいらら、という。みいふり、とも
いう。

 これを、土地で現す。京の粋という。いきという、すいと
いう、錐という。四四四のしっぴくという。よんせらの山と
いう。これを、かふせ、という。かふせに持たすという。
かふせをこっぴ、という。こうりる、ともいう。

 場所が、京の粋の場所である。錐が立ち並ぶ様の粋という。
後、からへまや野、とそ。そこへ曳くとそ。地を曳くはくく、
という行動という。へまや野を、行く、はるす、という粋の
地である。この行きを、ふうきる、という。ピラミッドが
四つ東西南北にある京の粋の地の行きという。これを、
みきゆき、みきいき、という。みきが道である。みきを、辺脳
という脳の言葉という。道が大脳の言葉である。

 これが、ピークという。ピーが、粋をいう、粋という。
これが、粋を、錐に近づけた言葉の系という。言葉がか
かったことという。ピークをちょうという。頂点という
大あらの言葉という。大あらが、側経由の扁頭葉のちゅうみの
言葉という。中脳のはむゆりという、働きである。側頭葉と
中脳の係りという。大せまのおふりる、という。ダーレルと
いう、だみしふ、という。れが、ホーの意味である、シーホー
のホーという、曰くという意という。シーホーという中脳の
言葉である。

【れきしこん】
 スーユスーユの山という。めるれのふつゆつ、という。
れれそのゆみふつ、という。れっくすという言葉のことという。
れきしこんの山という。れきしこんというピラミッドである。
みふれるるっすうの闇という言葉の言いとそ。

 れきしこんという中側頭葉のはこ、とそ。大脳が、うり浜と
いう。ミンツァーという、みんれるの言葉の意という。れきし
こんの意という。大脳語が、ピラせる、である。後、ピラミー
という、後とそ、ピラミッドとそ。

 レックスファンあく、という。れくすのゆみれれ、という。
れみそ、という。れこす、という。れろれろ、という。どれも、
中側頭葉の言葉である。経路を中行きという。ナーレルという。
ナビソともいう。なみき、という。なびくるれと、という。
なびくるが、中脳の言葉である。大脳へいき 、ナビゲー
ションという、ナビという。航路行きという意とそ。

 ナービル・ファンレールゥという。レールゥという、
行きの意という。このまま側中脳を経て、レールという、
電車のレールの言葉という。レールが側中脳から出て大
脳へ行く経過のこという、言葉とそ。レーファンレーと
いう。レースルーという。中脳近辺の言葉である。大脳
の係り場所のことという。このまま、大脳のレールという
言葉である。

 みよてすのおっぴび、という。みるれる おてすて、
という、めよのふうきく、という。上文の解説である。
これを、中脳の言葉という。歌語という言葉という。
歌に使う歌語というひぃの、はなかゆのふり、という。
華語という。これを、カンファーという。かんレルともいう。
レルが言葉である。中脳の言葉である。

カンファーレーという、ファンファスのことの意の言葉とそ。
後、カンタスという、華語の意とそ。いゆ原の言葉という。
ピラミッドがあった内御所の言葉という。

 この地を曳くカンタックという。カンタスともいう。
地の山のお書きという。地曳という言葉に残る、地の曳き
である。

 かふせの地へ行く、京の粋、という地のことをいう。
かふせが、後の、からす、である。からすまという
場所である。大宮仙頭という尖塔という。てえそまの
かゆ行き、という。地曳のおてすて、とそ。

 ピラミッドをしっこくという。しっこくを見やと
いう。宮れらのお行きという。大きな地である所という。

大宮という、めのはむれく、という。めそのゆっきし、という。
ゆきく山の絵という。絵を、地の動き、という。ちゅうれるの
言葉である。絵を、江ともいう、地を表す言葉である。

オリファールールという、れろはろのおゆふり、という。
この時、仙洞御所という。ほらゆりの宮という。尖塔から
出た話という。めるれるのみゆふり、という話とそ。

【仙洞御所】
大宮御所という、仙洞御所という、洞れれの宮づる、という。
大宮仙洞ともいう。どちらも、大宮御所という言いもある。
この言いを、りょんめ、という。りょんめ言いという。

中脳を駆使することのよいふり、とそ。よみよみの弥栄語の
話という。よみよみという、繰り返しの言葉をいう。
弥栄ぜっくく、という。ぜってすのおこと、という。
ろりろりという、ろうくの言葉のあいせま、とそ。
ろくれす山のお書きという。これを、御所みっき、という。
御所のおひふり、とそ。れれそのお書きという。

ちずる山の絵という。ピラふるレーテのしょってきねという。
しょしょ山々の絵という。゜ラミッドの四同じという。後、獅子
とそ。獅子のような像が備わる意とそ。スフィーという、
ちゅうぜらの言葉という、ちゅうみのちゅうずうという、中脳の
半ばの落ちゆち、という場である。そこの言葉である。大脳の
スフィンクスである。スフィーが行った場所のクスという場
とそ。大脳の半ば下の部である。これで、スフィーのいび
という。いびを居る日という。いびの場という。大脳の居と
いう場所である。

スーレルスーフーのすよすよ、という。クスの場のことをいう。
中脳の言いである。後、はほ、という。大脳のはほの場を、
クールルーという。クーレルの中脳の言葉で表した部位である。

 みばんはっくるう山のお書きという。このか書きである。

 みっきという話という。はなはなのゆゆしく、とそ。
これを、めるれる、とそ。めてす、ともいう。大脳のはなより、
という。めぶれむゆゆす、とそ。めるせゆゆす、せてす、
ようようのやのお絵という。中脳による記である。御所蜜記の
記のことをいう。みっきという、子供の遊び用語ともとそ。

園児の壇の園児談である。談話である。
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2378大原練習1998天の下1813FranceProntoZaurus 雷竜(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623687
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/04/29 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽