2019年04月27日

卒業3605・France 貴族枢密 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3605京都船旅2505
    古譜2375大原練習1995天の下1810France 貴族枢密(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/04/27 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/04/27柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い夜に光 めざすパリは近く

 
 狐の天気予報。〇r2019/04/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
城を曳く 我が山に乗れ 城は去る
曳かれゆきてぞ 小唄歌いて
 引かれ者の歌、トリケラトプスの歩む城
【京都会議】
【ムー大陸】
【貴族枢密】
 黒の殿、黒の殿堂という。今山のおいそし、という。
れてみてやらやら、るるす、るるれ、れとそ、ゆむそむれくす、
とそ。

 今の天当という、場の沖という。これを、るみそみ、という。
黒をめという。めてすて、という。みとよとの、れくす、と
いう。みちお山のお書きという。めてをいう。これを、ける
れす、という。めのははゆま、という。こくれく、そむす、
とむそ、という。これの、やくせま、という。これのいそを、
くく、という。くくれく、ゆみそれ、という。

 天日(てっぴ、てんぴ)の山のお書きという。ろっく山の絵、
これを、そとす、という。こてゆてのゆみゆみ、という。
これを、きっそき、という。ててその山とそ。めゆてすの
おるきり、という。これを、へいみ、という。平祖のゆゆ、
という。

 よみをるけという。めるてのめてふて、という。このれる、
るくす、という。ゆみふる山のお絵という。こみよのえす
ゆす、という。脳を、めふ、という。めふの世の見の闇、
という。これを、このれる、という。

 こっぴ山の、よいひ、という。この、ゆます_る_の、うゆ
てす、という。この世の出来の夢という。この世の、うゆふる、
れくれく、という。このいえの山をいう。いえをれ、とそ。

 天祖というやの、うくゆす、という。うくれるれと、という。
この山のお書き、という。

 自分の脳をとるという、自分の脳をえるという、自分の脳を
見ることをいう。自分の脳を、我がものとして、脳を思い、考え
、世を見ることをいう。世を思うことという。自分の世を持つ、
という。自分が世を渡る話という。この山の絵をろきろきという。
ろきろきの山という。自分の思い出ともいう。

 脳に全部あることという。脳を世見(よみ)にいう。よみ、とそ。
この思い出を、自分の将来に生かすをいう。将来を、みそゆそ、
という。

 この言いを、そきゆき、という。みそゆそのそき、という。
これを、思い出という。思い出を良きにとる、考えを、
にみすり、という。にみに、もせをいう。もせ山の絵という。

 思い出を悪というひぃに、悪を良に変える、にみそ、という。
これを、脳み、という。脳みそ、ともいう。
いかにして変えるか、これを、脳の、あいふり、という。
悪を良いというひぃの言いに、逆に言うだけである答えという。
これを、よきり、という。

 悪いことを悪という。良いことを良という。この良に変える
ことを、いりすり、という。これを、やないき、という。
やなよな、ともいう。

 過去の悪に、やなをつけることを、やなれる、という。
これを、りきゆき、という、りきいき、とそ。りきそねとも
いう。

 悪に、やなを近づけることという。記録にやなをつける。
これを、やな義(やなぎ)という。やなを良という。これを、
する脳の、たきゆら、という。脳の働きねという。脳の本来の
脳をいう。これを、せっこく、という。せくれく、という。
後、せくす、という。これを、せくすれき、という。後、
せっと、という。脳の中の真ん中という。脳の中心をいう。
ここを、正中という。正中心という。正をとる脳という。
これを、正脳という。

 ぐだを山による、ぐだい、という。具体の山という。
体に具わることを、脳の見る体という。具体的という。
具体的に、脳による話という。

 具体的に過去の記録に、正(やなぎ)をつける。脳の思い出に
正(やなぎ)をつけることをいう。これが、良に変えていく
方法である。物事の根本が見えてくる。ひいては、脳を正常に
使うことができる。正しい考えを持つ話という。

 木の名前に、これがある。柳、桜、銀杏・・・・という
ことという。花見、桜見・・という、古くからある風習という。
脳が見るをいう、古くから、これがあることという。花見の
効用という。脳に良いことという。桜を正王という。やなぎの
きみ、という別の言いという。これを正桜の様という。
さまれる、かっけくという。さまそ(様祖)ともいう。
様の祖(おや)の見という。これを、祖称という。
桜のきみを、祖称という、やなぎのきみ、ともいう。

 人の様に、この正(やなぎ)をつける。人をさまによる、
そうほく、という。様づけのことをいう。〜様ということ
とそ。この様を正(やなぎ)にする、〜正(やなぎ)という。
人名に、正(やなぎ)をつけることという。

 脳の働きを正常にすることという。自分の脳を常に
正常に保つことという。

一寸先は闇という、柳というて、過去に未来に、光のように
照らすことをいう。言葉が道しるべである。 

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2375大原練習1995天の下1810France 貴族枢密(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623657
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/04/27 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2347
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽