2019年04月25日

卒業3602・FranceLumiereDeBonheur 幸の光 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3602京都船旅2502
    古譜2372大原練習1992天の下1807FranceLumiereDeBonheur 幸の光(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/04/25 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/04/25柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い森で写真をとる時
フラッシュを使う時 これが楽しく
一番楽しい時 幸の光放てば よいこと
起こりくる 黒い道突き進む 記念する
フラッシュ撮影

フラッシュ撮影:幸光、幸義光という。幸の光である。

 
 狐の天気予報。〇r2019/04/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
幸義光 シャッター押しては 楽し
幸受ける手は 光の技巧
  カメラのフラッシュ撮影。
  フラッシュを使えばよい話である。
  読み人 カメラプロ 影光の人である
      栄光という人である、光栄カメラマン
      柳しだれる頃。むじ川の、れてそる。
【京都会議】
【ムー大陸】
【共産御所】
 むれ道(むれじ)という話という。 身のむれ道という。sotu
3062という、身はむれ道ともいう。これを、レモこみ、という。
レッセケッテという、れれせるのゆまはむ、という。
 
 これを、零中という。輪中という。輪の造りという。輪を
以て尊しとなす、とそ。若い人のいる黒い道という、コン
コルドが、やってきたという。黒い朝という。黒い朝をわ
という、ワーという。どこの朝であるか、という。これを、
輪の国という、後とそ。

 輪国の輪という。コンコルドの輪という。始祖鳥の天空での
輪の描きとそ。この輪を見る人の目が、三角というとという。
三角目の若い人という。

 三角の山という、みすみのみすゆす、という。みすの山の
お書きという。『私、目は三角の山を見ております』という。
これが、若い人の言いである。

 コンコルドの目を、夢山という。夢山のゆるゆる、という。
始祖鳥の青山という、ここの黒かった頃という。ここを始祖
という、その山の持ちという。始祖鳥が輪を描いたという。

 これを輪の国のという。輪国という。これの、りんこくと
いう読みのこととそ。わこくという、わくにという、りんこく
という。これを、林間という。黒い林という。黒い森という。

 そこ林間の色という。黒い色という。これを、黒下空という。
黒い葉や市の間から見える空という、低い空もある。この黒
下空の輪という。これを、輪の見という。コンコルドという、
こんさめの鳥という。こんさめ鳥の黒い空という。

 輪を下に描いたことという。地面と平行に描いたこととそ。
これを見る人の若い人とそ。この書きの人という、これを輪見
身という。りんけんしん、という。これが林間の話である。

 地面が黒かったという輪見身の若い人という。ここを、
リットル川という。律取る川という。リットル川という、ロー
ゼンダールという。パリへの道という、黒い道という。

 ここの道をむれ道とそ。ムーレー録という若い人の記録と
いう。ローマへの道という。めれるれおいこせ、とそ。めるてん
道とも。これの歌という。sotuサンマルロクニという。
3602を、そういう人という。これが、守るゆたのや、という。

 アメリカのユタの里という。このユタの空と同じ空という。
場所をユーリカという。このユーリカの太平洋岸のユーリカと
いう。ローッキー山脈の左側という、西側である。
この両のユーリカの市という村という、むみすめ、という
輪の国の言いという。こそゆそのおりせま、という。
ユーリル・ラ・ファーズという、輪の国の見という言いという。

 これが、ファーという水をいう。ミスの傍という。太平
洋岸にあるユーリカという村とそ、川傍にあるユタ野という
そこのユーリカという村という。

 ここに流れる水という。アッフアーレーラという。
アッファーの水れむ、という。水列の水の同党をいう。オー
ベルニューの水と同じという。ニューヨークの叔母の麓の水
という。同じ水である。これを、黒の色浜(しきはま、いろ
はま)という。コンコルドのいる場所である。

 これが黒い森の黒の空の見方という。黒いもみふりという。
もみの木という、黒いもみの木という。これを、黒樅(こく
じゅう、こくしょう)という。黒い籾の木の植わる場所とそ。

 黒いイグルギーという、コンコルドという始祖鳥である。
アメリカ国黒鳥という。この鳥と同じ鳥がいる場所という。
これを、ユーリカマンという。ユーリル・ロン・ファーズの
より山という。始祖鳥が知ることとそ。

 この論の鳥を、ユーファールラーという。ユーレラともいう。
ユーセミの山という。山がある場という。これが、シャスタを
いう。シャスタの、ブラッキクという。ぶられる山という、
この論という。

 めめする、ユー浜のみよふり、という。みよの山のお書きと
いう。これが輪国である。輪の国という。

 オーヘルニュー、ユーリカ、ユーリカ、ニューヨーク、この
円をコンキという。コンキタシクという、後、ユビキタシめ、
という。この『め』が目という。ユビキタシ目とそ。

 これを、通る黒い線という。楕円の線とそ。この線周りに
始祖鳥がいるをいう。始祖鳥を、キクタシメという。輪中の、
この楕円の範囲という。これを、インター・ワーという、後と
いう。インター・ムレ原という。むれの見という。603という。
これを、063マルロクサンという。602の継の数字という。
602をいう。ニムという、ににねね山という。シャスタの山を
いう。602メーターという、603メーターという、この山がある
ユーリカという。名をユーラクという。ユーラク山という。
ユタの山をユーリカ山という。これが、むれ見の山という。

 始祖地用の飛ぶ高度という、この高度を好むライキ鳥という、
始祖鳥という。らいきという、来期鳥という。クルレルラッ
ポクという。ルセミネともいう。始祖鳥のことをいうる

 いち違いのユーリカ・ユーリルという。ユーリカ・ユーラク
とも。輪国の山の歌という。3062という、歌という。うみ
せらのそちす、という。この『そち』がユビキタシクである。
ソチという同じく水の関わる場である。これを楕縁という。
オーベルニューからソチという。始祖鳥の生息地である。

ユビキタシク空路という。ソチのはくせま、という。羽黒始祖
である。黒い木がある場である。黒檀ともいう、黒い気という。
黒井を空の下を行く若い人の空路論という。

黒始祖鳥という、白、混ざりのはくせま、という。これを、
白雉(はくち、はくろ)という。はくまろ、ともいう。
この楕円と線の意匠を手斧という。手斧の恰好の輪国という。

これを、ワーラン、ワーランドという、ワランド債権という。
わせゆせのおきるり、という。ワーランド国という。
17世紀のフランク国という。国の初めである。

ワランド債権国という、めゆてす、めゆるむ国という。
輪国をワランという、ワランドという。オランドルリンという。
オランダのワランという、わっせるれっく、という国のこと
という。めぶらむゆりのお書きという。インター論の山という。

フランク王国という、王制のふり、という。王制という。
フランク王の国という。フランクの君という、木見である。
君に、木を見る意味がある。王に、土の上という意味がある。
一の土という字のことという。土を上にするという、下に天の
一を引くという、王の字のこととそ。これを、地皇字という。
上下、逆にしても同じ背恰好という。地皇の鶯という、鶯の
恰好の声を聞くという。鶯の恰好で声を出す、地皇声という。
これを、ロビン・フットという。ロビンの王制復古という。

 鶯王というナポレオンという、越えの君という。鶯声復古と
いう、フランクフルトの復古である。10世紀のフランク国
という。17世紀に復活した、復古とそ。復古のお書きと
いう。

 日本の明治の復古という、これの先さいという。これを、
先幸という、先咲く黒という。黒い桜という、黒いチュー
リップという。オランダの黒根という。黒をワラン色という。
これを、ブラキルという、ブラッキス・ユビキタという。
とおるれーるのポイ則という。オランダ語をポイ語という。
ポイゼラーという、輪国の言葉である。ワランダの語源
である。オランダともいう。フランクフルトのフランク
の意ともとそ。オランダに黒がかかったことという。
黒の意味がかかった御邦である。

 オランダ坂みまっしょのお書きという。維新御所の
黒の密書という、黒御所のとな山という、黒御所の隣という。
黒山数ふくのお解という。地皇の書ともいう。鶯書きという。
黒字の書きものである事である。一般の書き物ともいう。
黒い字の書である。地皇本という、一般の書籍という。

 天孫くりふり、という。子供の落書き帖という。楕円を
描く子供の手という。天孫書きという、子供の書きをいう。
クルクルッと楕円 、円を描く子供である。天孫の王描と
いう話という。

 鶯目の私目という。私の目という。これを、輪たる目と
いう。目の視線を、綿串という。綿串の線とそ。手斧の線で
ある。輪国の手斧の線という。鎌の柄(かまのえ)ともいう。

 ロシアの鎌という。ユーリカの鎌とそ。ユーリル
山のお絵という。この絵という。この江の水の関という。
関係の絵という。鎌の絵の意とそ。
サンマルロクさん一先話である。さんとす話という。
みの山のお書きという。サントス御所御所という、幸の井の
ある黒御所という、うぐいのロムそく、という。ろむ井の傍
である。

電波発信の受け、400キロで一秒異なることという、400キ
ロの長波という。この長波発信装置がある黒御所である。
フランク王国へ届くという、幸の井発信の電波ともいう。
山県の円の巻き線コイルという、このアンテナの造りが、
これである。フランクフルトのフランク王国である。

オーベルニュー発信、カマの国とも。電磁王という、フラ
ンクの君という。機会馬の尻という、アンテナの結線という。
太い線である。<モールスを陀号(だごう)というサンメックの
言いという。黒ごの言いとそ。黒御所のことという。
今のモールス符号である。トツー発もっこす、という。幸の
井の電発である話とそ。
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2372大原練習1992天の下1807FranceLumiereDeBonheur 雷竜(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623627
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/04/25 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2344
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽