2019年04月16日

卒業3585・FranceParisNoir 黒巴里 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3585京都船旅2485
    古譜2355大原練習1975天の下1790FranceParisNoir 黒巴里(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/16柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、トリケラトプス・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Mixture   
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い夜に光 めざすパリは近く
振り返れば夜の旅 花黒き森
月淡く白く ようようパリの灯
黒い夜空に星さざめくように
明滅の夜華やかな塔 
シャンゼリゼ通り

 狐の天気予報。〇r2019/04/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
旗振りて 人ぞ従う 女神かな
自由を叫ぶ 虹色世界
【京都会議】
【ムー大陸】

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2355大原練習1975天の下1790FranceParisNoir 黒巴里(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623457
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2327
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3584・FranceRobotNoir 黒ロボット :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3584京都船旅2484
    古譜2354大原練習1974天の下1789FranceRobotNoir 黒ロボット(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/16柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、トリケラトプス・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    バンドプロジューサー
    Mixture   
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
チューリップは黒くロボットの馬が曳く
馬車黒く 黒い道 黒い木草茂る
パリめざし旗たてて革命の夜明け前
黒仮面若人が行く 『馬よ見よ、あれが
凱旋門』 疲れ知らず駆け抜けた日

 狐の天気予報。〇r2019/04/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
旗振りて 人ぞ従う 女神かな
自由を叫ぶ 虹色世界
【京都会議】
【ムー大陸】

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2354大原練習1974天の下1789FranceRobotNoir 黒ロボット(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623447
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2326
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3583・FranceGinkgoNoir 黒銀杏 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3583京都船旅2483
    古譜2353大原練習1973天の下1788FranceGinkgoNoir 黒銀杏(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/16柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、トリケラトプス・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    バンドプロジューサー
    Mixture   
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
名高いエトワール凱旋門来れば
黒い銀杏の並木が目を楽しませる
空どんより落ち雲遅くいく革命前
絵に描かれた頃思う時 虹出て
旗振る人前 自由の女神が駆け

 狐の天気予報。〇r2019/04/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
旗振りて 人ぞ従う 女神かな
自由を叫ぶ 虹色世界
【京都会議】
【ムー大陸】
【黒巴里】
 若い人は、『世の中が黒をめでる頃、黒巴里のヨーロッパ』と、
いう。黒をめでる巴里という。フランクという国である、中世
である。フランク往国という、洋往の山という。黒々々の日で
ある。黒いヨーロッパの黒いフランクという、黒い国である。

 一等の機会が駆けて行った、ロボットの黒馬である。ブラ
ック・ホースという、黒い旗をたてている。日の丸の黒という。
白と黒の図案である。黒い幌馬車という。

 黒い仮面に黒い眼鏡、黒い手袋に黒長靴、黒ずくめである。
道行けば、鐘がなるなり、黒畳み、そういうダーク・ロード
である。月白くして、馬車影、赤をいう。

 ここを、赤影楼という。御所影という。晴功のいきはる、
という。ファーリーファーという。ファレルリーの里ゆた、
という。御所往来という、御所みそのうぶれり、という。
セーレル論の山という。

 みぶ山花の歌という。黒の歌である。
自由という銃を持つ人とそ。絵に見える人である。若い人で
ある。自由の由という、銃の由という。

 銃を持ち、自由というた人である。意は、二次をめでる、
という。意讃のことという。胃酸という、モーレルのモルクと
いう。胃酸をめでている、虹身の鍾馗という。虹を渡る鍾馗で
ある話とそ。虹見に銃を持つ形容という、胃酸の語りという。
胃酸語るの話という。

 銃はそういう意味である。虹を見て、胃酸を自らに良しと
いう、葦之原の日出葦という。葦之原の日、出良いという。
日の出をよいという。胃酸語るの見録という。虹の朝という。
 
 朝国の朝の里である。これを、朝国という。後、ろうげ
(浪華)という、これを、浪華(なにわ)御所という。ろう山
らんはる山という。これが浪華山である。御所の鳥停の前と
いう。ここの黒土である話である。

 ファーリーという、浪華のゆよやはる、という。大阪と続く
浪華の話という。ナポレオンということのひいりま、という。
メリセルという。メリレルろこく、という。ここのにっぱ
(日破)の弓夜という。ここの江をどめふりという。めめよま、
という。

 月をもっぺという。もっぺじく、という。モルレルという。
モイストという。もっせの山という。めせ、ともいう。
後、化学のモルになることという。科学で使うモルの言葉
である。ロイセムラクという。せんてらのれむろ、という。
るるよっすの山という。

 ここの赤影という、そこの屋の糸という。屋が上下反対に
なって建てられていた赤行き柄という。これを、赤やか、と
いう。赤せら、ともいう。赤い建物で、鉄が添わされていた
造りという。塔を上下逆にして、四角を鉄線で引っ張る
造りという。赤やき山のお書きという。赤せらるう、という。

 この影を赤れきという、赤るりともいう。赤せらの闇という。
ここの物語である。鉄の馬が歩いていた日である。後ろの
馬車の黒づくりである。黒いチューリップが植わっていたとそ。
ここを、黒染めご、という。染め御所という。黒染めの所で
ある。

 ここで、夜明けの虹という、鉄砲をかざした、胃酸をめでる
見虹の人という、そういう話である。隣の藪という、黒竹藪で
ある。真っ黒の竹である。けという場所という。

 そこの竹を、ひとという。人に描かれた絵という、藪睨みの
名画解説である。どれ、黒は?という、どられるの言いという。
ドラックローという、泥黒の絵のことという。黒泥で描かれた
真っ黒一色の江とそ。後、黒壁になる絵のような黒壁という。後、
黒門とそ。後、黒紋付である。黒紋付の白抜きの三日月紋である。
ここの紋付である。一説である。その歌という。

 sotu3583〜の歌という、パリ掛けとそ。巴里の表記とそ。
巴里黒という、黒染めのろうけ(浪華)という、紋付の一種で
あることとそ。

 泥黒染めという染めもある。若い人がいったパリである、
パリをかけた人である。ぱりどくろ、という。パリの土が
黒かったと言うた人とそ。<巴里の土も黒である。黒ずくめの
黒御所であることという。

 丸太町黒めき、という函の話という。函御所という。ハー
レル山のお書きという。若い人の創作である。
創今日作のお書き、これなる。そうきょう良い作である。
後、柵という、柵れの山という場とそ。黒柵所という。
黒い柵のある所であることとそ。

 駄作混じりのことである。黒い琴でもある。黒琴御所という。
こっきんレーレ、という。黒琴を弾く場所である。黒琴を弾く人
でもある。若い人である。黒いピアノとも。

 黒お書き、これなるを。





■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2353大原練習1973天の下1788FranceGinkgoNoir 黒銀杏(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623437
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2325
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽