2019年04月15日

卒業3582・FranceJardinNoir 黒園 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3582京都船旅2482
    古譜2352大原練習1972天の下1787FranceJardinNoir 黒園(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/14柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、トリケラトプス・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
バンドプロジューサー
    Mixture   
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

越えてぞ原黒き 黒園越え行きて
すぎる花黒 黒き時は 黒百合が
揺り揺れ 鉄馬に至る所 光る無数の
揺られ灯が 願う幸せ 遠くパリの
ラメ行き通り 着きにし

 狐の天気予報。〇r2019/04/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
春あざか 着き西月に ににぬ山
パリラメ通る ロボット鉄馬
  ロボット鉄馬 馬車に乗る 通るラメ通り
  着く頃に見た 月、西方の家(や) ここなる。
   路訓即居 ソッキョル詩(うた) これなり
   黒い森 過ぎたる所 建ち家立つ 建夏の園
   柳茂りなり そうきょうのお越え揺れ たりらら
          小早志 鉄馬行 ゲッペロン原
          名を木という、尚樹綴る
          尚樹原 黒雄 れいな(令和貢)
          花百合黒きこころぐ
【京都会議】
【ムー大陸】
【戦争】
 戦争という、抗日、朝鮮抗日、レジスタンス、・・・という、
虹を見ることである。朝鮮やかな国という(おらが里という国
という)、そこで虹を見拝む、その場の朝鮮という。
 革命という、健康へ向かうことという。朝鮮の場の黒メガネ
という、目を守ることという、これが革命である。眼鏡用語と
いう。これが、戦争という虹を見ることに結び付く、見虹、
健康という。
 戦争と革命が結び付く話という。歴史の通りと言う、フラ
ンス革命という、ナポレオンの出現とそ。

【虹を見る】
 この見虹を、黒眼視という、黒い間の部屋という。部屋を
黒くする、めてらく、めぶらる、という。若い人の黒い間と
いう。黒間楼という、これを黒壁にとる、黒い城という。
黒壁の城である。黒壁の、たかりか、という。城をりか、
りじょうという。理下、理上という。理上城という。これの
場を、くろれか、という。くろれか状という。黒壁のくろる、
という。くりっす、ててそ_の_めつるつ、とそ。

【即居】
そっきょのさおる、ぺべらく、という。てっせま、とそ。
即居という。そくいとそ。即位の語源である。
 この即位を、れぶろく、という。れせんふ、とそ。
『れせんふ』の『せん』、これが宣布である。令旨宣布
という。くろれらろんく、という。くりっす・ててるる、とそ。

【即位】
 即位の間の山という。まべらるれっくの、くゆれく、という。
そってすろくす、めめるろくろく、という。みみすのよりふり、
という。てっかんらっくの山という。陥落山のお書きという。

【緑宣布】
 黒国鉄という、黒い宣布の緑、という。緑宣布という。
緑なす黒書きという。普通のノートであることという。
鉛筆の字を、くろれか、という、くろれか書きという。
鉛筆をくろるという。くろれらのごわっ則とそ。ごわ言いと
いう。字を、めるく、という。めるれるるるす、という。
ノート書きのことである。墨で書く場合もある。これを、
令(りょう)れく、という文である。れいれく、とも。

【ノート書き】
 レルッサン・パールレーという、めるすのゆゆて、という。
文を書く手のことをいう。黒書を、メレッスルー、という。
めりっすの山のという。めりらるかくくく、という。
メリヤスの語源とも。メリヤス書きという、黒書という、
ノート類をいう。文の類である。

【烏骨鶏】
 これを壬武(じんむ)朝という。虹ある朝を、壬(じん)という。
この言いに、壬朝という。壬朝国という、この告が刻をも意味
する、刻々という刻告げという、こくゆすの烏を、こくゆき、
という。『ゆき』は『飛ぶ』である。黒飛鳥という。これを、
烏告(うこく)という、烏国という、烏骨鶏(うこっけい)という。

【ふしらず】
 烏を、ふしらず、という。節不知(せつふち、ふしらず)とも
書く。これを、みっぱ、とそ。みっぱという、三羽という、
産婆によった烏の卵という。烏卵白(うらんぱく)という。

【烏卵】
 烏の卵をウランという。ウールルーという。うめらく、
ともいう。この烏の白の知る、はくれく、という。烏が知る白
という。これの意を、しっぱく、という。しりせる、ともいう。
しりのかおげ、という。これを、かおひ、という。かおひの
かおれく、という。そうきょうのかおひの山という。
そうきょうよいぶる、という。これを、ムーブク、という。
単にブクともいう。『よい』という意味である。これを、
ブックという、本の意とそ。ムックともいう。

 ムックれんかく、という。良黒書という。黒表紙の本のこと
をいう。黒い意味の、不既知、という。不吉な山という。この
不吉に不既知の意があることとそ。『知らない』ことを不既知と
いう。ふるらくやっぴ、とそ。

 これが、烏の黒をめでることの意の文である。

【たけ】
 『知らない』ことを『たけ』という、黒刻の時を『たける』と
いう。たける時という、これを、びぶふら、という。びぶふらの
おんと、という。御時の語源である。これを、烏告源という。
烏告源が時刻でもある。これを、黒時という。

 告示という時という。この告示を常時という。常時刻という、
常示告という、これが常任の語源である。烏から出た常任と
いう。烏国山書きという、本書きである。黒書ともいう。

【烏幕】
 黒幕の言い元である。黒幕を烏幕という。かられるれむ、
という。この『れむ』が、れむるれれ、という。れれらる
るっく、という。れれたるふぬれる、という。これを、すい、
という。冠の垂れを立てる、垂冠直という。垂冠とも。

 白い冠の山という。白冠のやっぱ、という。白冠の白建て
という。白の常任という、白は城とそ。これを、白の城言い
とそ。

 城も白も、しろである話という。白魔言という、白い台地の
言いとそ。白烏、白烏城という。これを白烏白(はくうはく、
はくうっぱく)の山という。白づくめの墓間(はかま)という、
城という、語源である。

 くろれら山という、みどれるおくゆり、という。奥津城の
白魔言言いである。白魔言の、翠の意味ともいう。
翠白という色のことを、みどりしら、みどりしろ(緑白)という。
緑白ともいう、翠白とも。

【緑黒翠】【はくまろ】
 緑を黒くいう緑告という、緑告の緑城を、翠黒という。翠黒の
城という。黒壁の山という。黒い壁の城とそ。緑黒翠という、
はくまろの色という。はくまるともいう。はくれ、とも。

【お歯黒、鉄漿】
 これが、葉落ちという。人の歯のおはぐろという。おはぐろ
意味である。お歯黒お書きこれなる。
白い歯をめでるお歯黒であることという。
メップルレンズル、とそ。めはの山のお書きという。

 そうきょうのよいという、そうきょうよい歯という。
葉でもある。幸福という話である。てってるめんのえお、
という。えなよな_めっせる_るけみ、という。
えな山の緒という。臍の緒を、えな緒、という。
くっけらるうの書きという。くっけら鳥とそ。烏とそ。
烏をたっとぶ話である。黒い骨の鳥ともいう。烏骨鶏とも
いう。烏骨鶏は鶏の一種である、烏にも使う言葉という。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2352大原練習1972天の下1787FranceJardinNoir 黒園(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623427
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2324
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽