2019年04月06日

卒業3567・FranceRepeter 環頭、中環頭 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3567京都船旅2467
    古譜2337大原練習1957天の下1772FranceRepeter 環頭、中環頭(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/06柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、無土器時代人・正 
    監修、森海京太・正r>
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
世に暮らし周りとも 楽しみに
そうきょうは いろいろな喜びが
沸いてくる 心には思い出は ゆた豊か
あの年のあの頃 懐かしき 良きよいと
歌う時 朗らか声いで 小道歩む
青空に手をあげ

 狐の天気予報。〇r2019/04/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
おゝ青空 そうきょうをめで よき道に
歩めば晴れる 雲や 目通る
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【ムー大陸】
【学生】
 学生の本分という。学んで生きる、これに答える志という。
答志の意という。学生に試験という、試験のうきという。
試験をする登用という。登用の心という。これを答志という。
登用の山という。

【環頭】 
 環頭の山という。音楽の雅楽につく、環頭という。同じ
ことを二度繰り返す、レフ、という。リフレーンという。
雅楽を一般の曲に解す解という。雅楽を音楽という言い方と
いう。レフたる楽という。これが、リックという、リミタスの
おり繰りという。おりやらのうき、という。おりせる、とも
いう。オックスの山という、後、オリンという。オリン場の
山という。

 オリンピックのごく、という。オリンロードという。この、
ロードをメックという。メルレムルケ、という。めすてのユピ
という。オーレンロールのかめふき、という。かめたら山の
お書きという。

【学灯】 
 学灯という、机上のスタンドという。すためらの山という。
蛍の灯という、これを切刻という。勉学の時を切刻という。

【切刻知地】 
 蛍が灯をともす場という。これを地という、知という。知地
の場という。光が時を知らす、時を切るという。これを、切刻
という。夜に灯をともすことをいう。灯をつける時刻である。

 切刻の場という、これを勉学にとる考えを、とれくれ、という。
勉学の場を、がくろく、という、このがくろくを、ガルという。
がみこゆの場という。

 学録の山という。後、学校という。答志のかめゆき、という。
これを亀行、という。学雪亀行き、という。学雪亀行の
きれろるという。

 亀が歩む姿の亀行という。これを、学行という、これの場を
あぜくりという。あぜくり閣という。これを、あぜくろという。
あぜくら山のくりそ、くりそむ、という。これが、学行の言い
である。

 あぜくらを校と書く時のけっぺという。けっぺ書きという。
けっぺ後の学校とそ。学校を学という場にするおる浜の言葉
という。これを、ズックスクールという。後、スクールと
いう。よみとれの言いとそ。

【スクール】 
 これが、あっそくの場を、あるくるという。あるくる
れーれの、れれとみ、という。れるてるろみそ、という。
みそれる山のお書きという。これを、てそふり、という。
アスクールの語源である。後、スクールという。
A school という、あるれるのゆい、とそ。

 これを、ズックスミッカラという。みるするの山という。
学屋という、学舎のがくゆき、という。学校ということとそ。
学行を学校という、動詞を場という名詞にする、学校を
代表にすることという。これが、a schoolの意味という。
ズックスクールのいきすきという。めるれるめめる、とそ。ん
めって山のお書きという。

 ワールレレーファーという、学の言葉の造りという。
めるっせの言葉造りという。アーメルラーフルという。
言葉造りをいう。ペベンソの山という。言葉造りの一方法
である。

 ズクセルのおまの言葉という。めるれるるるすやらや、
ろくすめるせむ、とそ。ミーユルラックともいう。

 ざみその山という。これを、ゲーセルという。
げみそのゆれ、とそ。

 学校に泊まっていた若い人という。学テスの山という。
その場に鉄車輪の車という、それで通う人とそ。ムーバの
テレそ、という。これを、ごんるる、という。ごめその
山という。ごるくともいう。こるれるという。めての歌と
いう。ゲーラズロンクの学校論という。この書きである。

 アスクールをズックスクールという、初めのズックスとそ。
始めることをズックスという。ズック履きの学童という、今の
こととそ。習い山のお書きという。またるる山という。
山の歌という。この文である。

 股野先生のおゆむ、という。おるするという意味である。

【逃げ水】 
 水という、逃げる水という、逃げ水の教えという。これを
飲む人という。飲んで便所へ行く、小水の出しとそ。小水が
逃げることという、逃げ小、逃げ小水という。命中しなかった
ともいう。逃げ水をいう、逃げ山の歌という。股野先生の
命中論という。便所を股野という。

 股野へ行って便をする、これを、こわも、という。この
『こわ』を強とする、股野強便という。これを、きょう
ろくのベンソメという。ベンツという。便所横の車とそ。

 この書きのこよふりという。これを、勉強という、教鞭を
とるという。教鞭をとる股野生という。これを、先んじる
股野先生という。便をたっとぶ話という。学校をとう、という。
このとうを答という字を充てる、答志という。答志所という
学行のガックスという。学校の前の言葉である。学校を答志所
と言っていた頃という。ここを祖という。元とそ。

 学祖所という。学校の言いという。学祖所、答志所という、
学校のことである。これを、学停というバス停のあった学校
という。勉停という、学校門前停留所という。今のことである。

 勉めて留む、という。つと山お書きという。これを、
ゆめろるという。ゆめという言葉の解という。努という字とそ。
努々おこたる、という。ゆめと読む努である。学につく努と
いう。努力という、学の屋のことという。

 学校お書き、すくらす山の世という。すくるばみより、
という。ずくすく、という、ズックスという。きっぱの山の
お書きという。学校録これなるを。

 学校便という、便、べん、べんの落ちという。便所、便、
弁当・・・の、共々の共生である。学校につきものである。
勉学という便もある。排泄物の勉強という、排泄物のたっとび
である。大べん学の大学という、勉便の教学という。教授と
いう、べん受けの言葉とそ。べんべんの山という。

 トイフルという、アルト・トイフルの便所という。『う〜ん』
という、きれいな声を出して、きょうべんするという。大便楽
という。らくちんの話である。落ちた便という。落便の山と
いう。便所の独唱という。若い人の歌である。

 ドラム音という、シンバル音という逃げ水のような音という、
『う〜ん』という歌手という、便所楽である。楽々のお歌と
いう、毎日努力している人である。便力ゆかしき話という。
楽しい便所、落ちた大便という。

 この台を落第(らくだい、らくてい)という。これを、落第文
という、百点満点の話という。位置丸々、ひとはまる、という。
『ひとはまる』で、切りは自由で、その人による、点つけと
いう。答志のたっとさという、通し縞便所という。便を矢と
いう話である。

 矢を射るという、『鹿島めがけてキジをうつ』ことという。
便所へ行くことをいう。鹿島屋という、鹿島行きという。
これを、ゴーツーという。ゴーツーかっくう、という。
ジェット便という言いである。ジェット機に乗ったという、
便所行愛喜という詩人である、駄作家の粗末芸である。

【粗末粉】 
『粗末粉について記せ』という問いの、駄作家の答えである。
上の文である。

 落御所の迎賓館問答である。有名漢文、
『門前の賓客、粗末粗相を訪ねる、秋(とき)残る。』という。
便所の後始末、運前の御用という。
紙で便所を拭くことである。

 秋残り亭という、あの御所の一角である、一閣ともいう。
大勉強御所という、一卿、二卿・・・、五卿、・・七卿落ち・と
いう粗末粉数えの話という、大目玉暗いの大御所である。
暗い便所という、あんの闇という。運便中の歴史書読書である、
大吾解の駄作家という。数騎卿という、矢を持つ剣士である、
うんと切った人という。早切り運士という。雲霧衛門という、
雲の絵の話である。雲中たっ飛ぶ話という。
運、雲、うん・・・・御所という、上品ぶった人である。
御所へ行きますという人である。 

 有名論文『運を御する的中論』について問う。
これへの一答案である。駄作家の答案である。上文である。

 答志文、そうきようの良い大便、そうきょうの良い便所、
     これを御所という。御便所をたっとびます文。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2337大原練習1957天の下1772FranceRepeter 環頭(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623277
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2309
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽