2019年04月04日

卒業3563・FranceCouvertureDeFleur 花蓋 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3563京都船旅2463
    古譜2333大原練習1953天の下1768FranceCouvertureDeFleur 花蓋(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/04柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
花蓋をつけた城へ行く
鉄の車輪の車 走らせ
景色は飛び飛ぶ 遠くに
見える華麗な天守閣 迫る目前
止めて上がる 時計台が飾ってあった
 狐の天気予報。〇r2019/04/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
鉄車輪 静か静かに 走り行く
豪速こやし 越え行く山背(やませ)
  山背大将(やませのたいしょう) 建武車中
【京都会議】
【ムー大陸】
【花蓋城】 
 若い人は、『今日は花蓋城へ行く』と、言って、鉄車輪
の車に乗った。建武の中興という車である。愛用の車という。
ムー大陸から飛んできたんだという、そういう車である。
 大和山お書き、これなるを。
 
 花蓋城の上には、時計台が飾ってある、そういう城である。
近くにある城へも寄って帰った一日である。あっという間の話
という。日記には、『そうきょうは、華麗よいきもらら、見
ぬる、ゆれらら、おおいそわよる、せせる、ろろす』と書いて
ある。城主日記という、日記である。

 頃は、大正(おおやなぎ)後と書いてある。今を去ること、
四百年前である。この頃のムーという、栄えていた話である。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2333大原練習1953天の下1768FranceCouvertureDeFleur 花蓋(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623237
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2305
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽