2019年04月02日

卒業3561・FranceEfficace 効き目 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3561京都船旅2461
    古譜2331大原練習1951天の下1766FranceEfficace 効き目(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/02柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

 狐の天気予報。〇r2019/04/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
恋しきや 三日日人の 歌謡顔
石立舞台 モヤイ像見る 
   みよろろの夜 軽月県ル区身内郡 字ニヤナ
   インスパイクロン詠み
【京都会議】
【ムー大陸】
【三日島】
 むむせるろっす、という、ここにムー大陸がある。
若い人が行ったムーという。インド洋上のムーとそ。
この日のムーを、ロロクケという。海を、レスとそ。レム
とも。レムスともいう。レムスのうき日々という。三日島と
いう。三日の浮きという。この三日を、みよふ、という。

 ここの言葉の出来という。ムーラクという。ムーラク語の
こいきる、という。むむせまの世という。むびせる、
むびすむ、れるろ、とそ。みとゆとのおこり、という。

 海を見るを、シーラクという。シーセルという。しみすそ、
ともいう。ここの絵を、こゆれる、という。こせ、ともいう。
めめすふるる、とそ。海をそういうこととそ。

【壬武朝】
 この町にいた人という、若い人という。わかめら、という。
若い人の意である。『めら』という、はゆきのうふれく、と
いう。めとゆと山という。めと山のゆと麓とそ。ここにいた
人という。町の名が、エルケ、という。ここの住所が書いて
ある、日本の古い戸籍という。壬武(じんむ)朝の戸籍という。

 壬武(じんむ)の国ということの矢のうりふ、とそ。戸籍の
ことである。この戸籍に、若い人の住所氏名が書かれている。
壬武(じんむ)朝の若い人のことである。

 この壬武(じんむ)を陣屋という。陣屋れく、という。これが、
壬武(じんむ)朝の戸籍である。やさかの国という。やさか
の国の壬武(じんむ)朝である。後に人無という国という。

【機会】
 これが機械である話という。機械の国のやさかという国で
ある。若い人という機械という。この世は機械の国である。
機械のことが載っている戸籍という。後の世の船籍簿という、
船形の機械である日という。これが、人無戸籍という。やさ
かの国の歴史という。今の世の機械でもあるという、後の世
である話とそ。これが、乱数による歴史という。番号を
ランダムに充てていく歴史の造りという。これで、色々と
数字は変わっても機械の動き、周りは変わらずという
歴史観ができる。機会を主にした見方という。

【機会歴史】
 この歴史を機械歴史という、人無朝の歴史である、
壬武(じんむ)の国という。じんうの国ともいう。後に、機械が
己を人という、この頃の言葉の使いという、機械を機会といい、
機械を人という。人の会う機会という機械という。どちらも
きかいというきかいである。これが、機構である。やさかの
国の機構という。これで、やさかの国は未来でも過去でも
また、どこへいってもある話という。ムーもある話である。

【ムーの席】
 国連には、ムーの席があるという機会という人である。
若い人という。もちろん日本の国会にもムーの席はある。
これをムー権力という。絶大なものである。

 この歴史観から出た権威という、権威あるムーの話という。
歌貝町にいたという、今も字を変えた歌会という、市井の民の
歌の会という。新年歌会始めという、ムーの復活である。
かように、ムーは昔からあることという。地は沈んでもある。
機械という機会という人という、ムーの歌会というずうっと
昔から復活している。これがムーの歴史である話という。

【環状列石】
 懐かしきムーと、未来のムーをこうこともできるので
ある。感情という、環状列石という、これが物語る歌会の
場である。ムー歌謡の舞台である。世界各地にある話という。

【コロッシアム】
 丸くなった席という、コロッシアムという。あそこで機械が
スポーツをしていたのである。もちろん安全第一のスポーツ
という。機械は無理をしない話とそ。常に余裕を持っている
機械である。若い人という。

【遣無使】
 これが今の国という、二本も三本もある国という。二本国
という三本国という。二本国と交易をしていたムーである。
十二単という機械の着物である話という。こういう話である。
ムー留学の遣無使という。後の世の遣唐使という、ムーの唐へ
行ったという、この唐は塔である。環状列石もあった話という。
賞得大使の話という、遣無使でもある話という若い人である。

【ムーの効き目】
 みだりに字を変えれば無効という、ムーの効き目という。
これが、建無という中興の話という。字を変えない建武の
中興という今のことである。建武という自動車のことという、
機械のことである。歴史のことという。

そうきょうのお書きこれとそ。機械よい。機会よい。
歌貝泳ぐ海。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2331大原練習1951天の下1766FranceEfficace 効き目(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623217
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2303
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3559・FranceMourousムールー貝 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3559京都船旅2459
    古譜2329大原練習1949天の下1764FranceBlanc ムー大陸(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/02柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

 狐の天気予報。〇r2019/04/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
とがやなぎ 山ふる山を これ はなつ
こきせらかるる こみゆらる_ろろ
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【ムー大陸】
【エッエル塔】
 フランスのパリに、エッフェル塔という塔がある。これ
から、少し離れたこの周りに、エッファールラーという塔が
ある。高さが半分程である。ここへ行った若い人という。

 エッフェル塔へは、ジェット機で行き、という。その真横へ
降りた人である。ムーのキンポルという町からとそ。これを、
ムーセルという。めるゆるのひぶゆり、という。メッテやの山
という。

 メッテやのうく、という。れそとのゆゆするふくる、という。
メロをいう。めゆのぶば、という。この『ば』を場という。
おんばれっく(御場)の山という。この御場の一という、
ここを、レーゾーという。こう浜ともいう。レテソルの
山という。おるれるゆゆふり、という。ムーレルゆてそゆ、
という。めるれるゆゆめる、という。ろくすのおきくす、とそ。

 えふぇるれのうすゆす、という。これを、フェッツという。
フェッツユッキの山という。ゆいゆいの言いとそ。めるる
べん、とそ。この『べん』が、Big Benのベンである。

 ロンドンフックスという。ぱすゆすのれれそ、という。
これを、レイという。このレイを、霊、礼という。レイ
山のお書きという。レーラルレールの、オールレールと
いう。これを、めぺという。後、という、エメメという。
現フランスとそ。エメというフランス語という。
ジェルトスの山という。

 エメらるベッツという。これを、ムイトルという。
ムせまの山のお書きとそ。あるつるれれす、そむて
(そむてす)という。おりするくるる、という。
めゆれゆ山という。おりくるふむせ、とそ。

 この文の片仮名の言葉がムーのカケスコという、
キンボルの言葉である。ロントメともいう。
ムーやらのめっぺという。後、めべ、という。メユテス
という。ムーれるコーという。『コー』をいきという。行。
みなれるということのゆき、という。これを、みなと、という。
キンボルの港の行き、という。域ともいう。キンボル港のムー
という。むせやさのむべふめ、という。キンテルロックの
山という。ムーの丘のお書きという。

 このキンボル港のふ、という。府という、めのよのえゆ、
という。めるれそ、とそ。白い石という、白石のしくかく、
という。せれする山の絵という。江とも。これが、はくごま、
という。はくれ山という、キンボル・ロンドという。

 ロンドン・キンクスという言葉の造りという。ムーたるの
おゆれゆ、という。ロンドン・キンという、キンコともいう。
ロンドン・メッツの山のおこと、という。おじせる山という。

 これを、メの山という。めやらるるす、とよる、という。
めてのめでよれ、という。

 『高い塔があった』という意とそ。ムーの国のキンボル港
である。ここを、リッスクックという、後という、めばれると
いう。あいらま山のお書きという。このやの、むしえ、という。

むし山のお書きという。『ムーの』を、むし、という。
むしふらという、ムーのふら、という意という。この江の
ビビという、弓の糸を放つ時の音という形容をする。
この『びび』を、美々と書くことという。(前歌)

 半分だけ桜が咲くという歌が続く、ゆれの山という。
桜と柳の木のあわせとそ。これが絵の歌である、江ともいう。
ムー江である。絵とも。キンボル港の、やな埼という場の
こと、という。やな山のお書きという。

 これの歌という、この書きの意である。後、桜みそ、という
合わせの木の呼びという。後、食べ物のみそという、合わせ
とそ。キンボルみそ、という文という。キンボル味噌ともいう。
ムー味噌という、合わせの食べ物という。

 合わせの木を、やなふれ、という。柳を合わせた木という。
やなみふり、ともいう。やみなる山という。キンボルの柳と
いう、ムーの柳である。ムー柳という柳の一種である。

 平べったい枝の柳という。この柳が、ファレルクという
区にあったパリの一という、パリの一地区である。
パリの人の世という、ファルレレーのレイという。礼、霊
である。パリ祭という、霊和みの山という。

 このパリのことのゆえ、という。ゆえんという。所以。
パリをファーとそ。ファーの里という。ファーリともいう。
ファーリルーという、ファーラーともいう。ファッセル山と
いう。ファーセル・ルールクーという。祭りのクーリー
(苦力)を、ファーラクという、クーリカともいう。クーセラ
とも。

 この話の、ムーという。沈んだムーである。ムーから陽路
をとり、時の、ウーセラよまのおりき、という、ここへ
行った話という。ヨーロッパである。パリである。

 この日のパリという、すでに塔があった話という、
エッファルレクの塔という、エッファラーともいう。後、
エッターとそ。エッター島という。えるれるの山という。
エッファー山のお書きという。エッファー等の話という。
これを、エメラム、という。エメラム塔ともいう。

 『翼よ、あれが、えのよの塔』という、若い人の見という。
あるれる・さんぺる、という、めぶらるのゆゆよ、という。
よよゆゆ、ともいう。

 えのよの塔を見て、垂直降下のジェット機という。グミ
クミという降下法という。後ろから垂直降下をしていく
ジェット・レン止め、という。ジェレルケという、ジェメソ
ともいう、降下の方法である。ジェット機の操縦という。
このジェット機そう自由の言葉という、プミッセ町の言葉
という。パリのプミという区という。パリのプミクという。
パリ区画という、区を作った若い人の言いという。
垂直降下の町という、パリ降という、パリの区造りである。

 この区がきという、書きのき、とそ。絵の描きのパリゼラ
地図とそ。地上の絵とそ。ジェット機で垂直で、機を回す
その描きである。パリ・スイハルという日本画様の描きとそ。
パリの町という、パリセの町という、ジェット機からの写生
という、写生即町である。即生町というパリのことをいう。
絵描きの即生という、パリの芸術である。町が芸術の町である、
ジェット機町という、ジェット機による絵画である。
このように作られた同心円の町ともいう。パリ街路図である。

 ムー心の絵描きという、ムー邪気の人という若い人である。
ムーの町から行ったパリとそ。陽路も作った人である若い人で
ある。

【うたがい町】
 うたがいムー用という話という。これが、ムーのうたがい町
である。歌貝という貝がいた所とそ。ムールーという、ばての
貝とそ。まての貝とも。『ルー』が、巻きの流れである。
ムールーという、ムー様流れである。パリと同じような巻き
という。Atom Lucky Ager氏のお言葉である。ALA論と仰る人とそ。
この書きである。

 パリ巻き寿司の寿司が好物である御方とそ。京都会議のR氏
という、南アメリカのない地図を描かれた人とそ。貝の飛行
物体に乗っておられた人である。パリにお住いの御方という
ムーのキンボリの町の方とそ。パリで会うという若い人である。

 御言に、『翼よ、あれが貝の町である』と。何事も貝のお
方である。古く、パリをムー貝の町という。ムールー貝町とそ。

 エッフェル塔は貝様の設計である。パリ概論という。パリ街論。
これが、パリジェットという、後、パリジャン、パリジャ、
パリジェという。パリジェンヌという、パリジャンという
現今のフランス語である。ジェット語ともいう、パリルラとそ。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2329大原練習1949天の下1764FranceBlanc ムー大陸(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623197
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2301
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3558・FranceDoux 和やか :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3558京都船旅2458
    古譜2328大原練習1948天の下1763FranceDoux 和やか(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/01柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り


 狐の天気予報。〇r2019/04/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
たかたまの みよよよゆゆの うそふるる
かゆれるおけを ゆゆれるたかゆか
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【ムー大陸】
【令和】
 令和孝霊。 磯宮の家とそ。これを、霊祖という。
伊背のや、これを、るみやる、という。
後、位牌という書きという。御霊を和む降霊という、
これを公職という、公職の霊左という。このふりのゆよ、
という。めめてすのゆけ、という、これを、みよふみ、とそ。
文を見る孝霊という、自分をきという、おのれの山という。
るるはるの山、よよをみよたまという。およよの、おみよたま、
という。これを、すざという。せめよめのえてゆて、という。

みぶやる山のお書きという。自分のことをタカという。
タカはまいりますという。自分は行きます意とそ。卑弥呼朝の
言葉である。たかたまのとい、という。といのゆき、という。
自分をといという。卑弥呼のといという。自分をといと表す卑
弥呼の言葉という。卑弥呼朝の霊である。たかたまという。
卑弥呼の孝霊という。ひゆれるおいくり、という。これを、
みよふ、という。みよれるのゆいゆいという。

やさか山のお書きという。孝霊をこうさまという。タカさまと
もいう。高宮のうつ、という。うつれつのるるせる、という。
めゆふみのうるせる、という。これを、みっこという、
みこという。巫女の山の語源言いとそ。
 孝霊のみゆた、とそ。みゆれるろっそ、という。みせてすの
ゆゆゆ、という。ゆゆ浜のゆいて、という。めめゆるうるつ、
という。
うるれるすそせ、という。めっすのお召しの山という。召しを
飯という。
お召し飯の孝霊とそ。子供をこうじという。こうじのえる、
という。めめふむのゆけ、という。卑弥呼の歌という、
うたれるのゆめ、という。これを、孝夢(こうむ)という。
公務の語源である。卑弥呼朝のぶふである。ぶゆ、ともいう。
ぶめ、ともいう。ぶるいのやのいす、という。
これを、ぶうみょう、という。なむぶうみょう、という。
『なむ』が、たまゆりという、『ぶうみょう』がふっぷと
いう、ふびゆぴという。
ゆぴの山の絵という。指のことを、ゆぴ、という。『なむ』
で、手を合すゆぴたまという。ゆびたまという。手を合した
格好をたまという。
これを、霊という、礼とも。手を合すことを令という。守礼の
山という。守礼ともいう。霊と礼のつきづき、という。つきつ
かれの意とそ。これを、じぇおす、という。じぇっとく、
ともいう。しゅとくの意という。手にする意味という。

『なむぶうみょう』をいう、これを、こきゆれ、という。
こめよみのるるおる、という。るるおるを霊という。るみせむ、
ともいう。
るるやらのうた、という。るるよるはまるら、という。
これが、孝霊の意である。これを、令という、れれれという。
れれのやなのふめ、という。れれのれい、という。字のことをいう。
令和という、卑弥呼朝のことという。
令和という朝のごあい、という。朝の挨拶を令という、これを、
礼という。おはようの山のお書きという。
朝の挨拶を霊に言う意を、令和という、霊祖のお書きという。
祖先への挨拶をいう。令和の一意味である。

 奥津城という祖先のや、という。祖先の御家とそ。
昔の墓で書かれる言葉という。城の意味の一意という。
孝霊の歌という、神山(こうやま)ともいう。
令是(れいぜ)という、
令是(りょうぜ)という。これを、ゆれく、という。
みんせるるっく、という。みんせるのゆま、という。歌うここ、
という。歌わる歌れ、という。歌礼の山という。
歌礼をかれ飯という。飯を供える御霊前とそ。卑弥呼の山の
お書きという。卑弥呼の国をやという。

 これを、や国という。後、やさかという、やさかの国
という。はちさかやさか、という。八のやの意という。
これっ八という、八の字の栄という。八栄花の言葉という。
弥栄語という。ゆいゆいの言葉とそ。
やややという、ゆゆゆという、よよよという。これを、
やさみさの言葉という。やみよのおゆよよ、という。
闇のお言いとそ。この言いが飯でもある。やさか山花という、
言葉のことという。

 やさか語という古代の言葉の一種である。みぶゆりとも
いう、言葉のはきれく、という。はきのうつ、という。
うれする山という。これを、さきとそ。幸と書く。さきわう、
という、さきゆれの山という、闇とも。
さきわう国のお書きという。さち(幸)のやさゆし、という。
優しい言いをいう。やさご飯という、口にやさしい飯という。
これを供えることを、礼という、礼の話という。霊に礼をする
ことを礼祖(霊祖)という。れいぞの山という。この意味を
令示という、後、令是(りょうぜ)という。これの令是を
令和法という。

 和の法という、和やか方法とそ。御霊への礼儀という。この
礼儀を、礼和法、礼和式という。後、弔いの儀式である。
これを執り行うことを、こうりぎ、という。くうりき、という。
くうりきの一意味という。くうりい、ともいう。
祭りの執り行い手とそ。卑弥呼朝の言葉である。これを、
さいがる、という。後、さいの河原という。さいまのはくゆれ、
という。これを、はくまろ、という。白の字を充て書く、
白魔ゆり、という。大魔山という、後、大納言矢という。
だいな、ともいう。
大納言の一意味である。白装束の意でもある。りょうぜ山そくてく、
という。袴という、袴着の意とそ。袴着を、しんらく、という。
こうおち、という。神落とそ。神を霊という、祖先とそ。

 こうおち着のはかれま、という。これを、いちふみ、
という。いちひろ、ともいう。(一尋)。いち山の意という。
じんくるれれ、という。
みゆふむれむす、という。むむたるれく、という。みよらる
せめす、という。これの霊という。是霊(ぜれ)という。
之霊(しれ)ともいう。霊を、しる、という。しるま、という。
しる場のことを、しれるれ、しれるく、しれるすゆ、という。
これの意の令とそ。令の意である。後、霊前という、これを、
こうぜん、という。こうるれ、という。
こみふり、という。こる、ともいう。こるれるゆゆすね、
という。ゆゆね、という。よよね、とも。
よみよわのあるせら、とそ。世羅の期という、卑弥呼のいつ、
という所という。いつのみよの国という。
卑弥呼の国をいう。令の人という。令和人という。後、
和人という。後、大和の国の人という。

大和をだいな、という。大和言という。大納言の意味とそ。
白魔言言いからの説きという。ときゆてのしべ、という。
これを、れむふる、という。れむの意とそ。しべすら山の
お書きという。このゆき、という。筆の行きである。
筆の進みという。文をたっとぶこととそ。ゆきゆきの山と
いう、この文とそ。 
卑弥呼の国の言葉である、令和という言葉である。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2328大原練習1948天の下1763FranceDoux 和やか(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623187
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2300
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3557・FranceDemiFleurDeCerisier 桜半分 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3557京都船旅2457
    古譜2327大原練習1947天の下1762FranceDemiFleurDeCerisier 桜半分(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/04/01柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ムー人雪肌紫人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】SuperComposer    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
城は拝んでみるもの 里山桜咲くと
桜と柳あえ 一つの機になる
城の丘にある花園 珍し木と
褒められてる 半分だけ花咲く
 狐の天気予報。〇r2019/04/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
--小倉御所--
里は宮 良し長ゆみに 弓飾り
触れる糸弦 美々の音ゆかし
    小倉荘 月沈家
【江戸城】
 小黒高山という、そこに江戸がある。

【ハンドルのない車】 
 京都会議で使用された車とそ。若い人は、『グーグルで行く』
という。ハンドルのない自動運転の車という。タブレットと
いう、小さな手帳のようなものを持っている。これに、経路が
入れてあるという、自動車の行く道である。

【九官鳥】 
 『カー』という九官鳥と一緒に乗った人である。ムー語を
喋る九官鳥という。自動車のことをカーと言う九官鳥である。

 組沢へ行くという。茎のゆのあわれ、という、その場のこと
とそ。あわれという場所という。会議場からあわれへ行く人
とそ。人の山をいう、ろくせるのやお、とそ。ムムムのお書き
という。

 りょうづるやお山とそ。これを、ムにとるゆえ、という。ム
の江という。あわれの一区画という。後、区という。区をとる
山という。区を出だす人の行為という。町の中の区という、
この区の造りをする人とそ。京都会議の一日である。

 字を出すという、字を作ることをいう。区の一区画の字という。
今の住所である。字ある日のお書きという。グーグルグーと
いう。グーグルの区という。字けお山、という。ここで、区を
作る人の屋という。けお山で作られた区である。

 きょうせまのうち、という。京の一屋敷という、小さい場所
である。グーグルランゼブという。グーグルで行った所である。
このことの絵という。グーレルーという、グムセマのやお浦と
いう。ここで京都の区ができた話という。京都区という場所で
ある。グレらく日々のお書きという。

 この車という、既にナビ仕様があった車である。今のナビと
いう。区ができたという、用をすまし、お召しかうろくの
お行きという、お召し列車という列車ができた話である。

 国鉄の山のお書きという。るるせるやおかのふく、という。
これが、お召し列車の意である。ろくゆき山のお書きという。
若い人の乗る電車とそ。

 お召し列車という電車と言う。山行き山のお里という。
この日のおちゆち、という。れれするやおく、という。玉山の
お書きという。

 たま山へ行く京都会議の敦(あつ)という。アーレルよよふ、
という。小倉ふきゆき、という。小倉府のいき、という。
いき山ともいう。いきす山のお書きという。

【ロンドンの山】 
 ロンドモニーという、メルテのけゆすず、という。ロン
ドンの山という、敦(あつし)ルークルのググッセルという。
ぐみゆかのえせるせ、という。これを、めっぺという。

 ロンド本区の山という。ロンレルレオという。レオ山の
お書きとそ。

 あつれついた花ゆな、えせすロックソーという。ろくめくの
山という。えるてのゆきのふぶる裾という。緑雪がちらつ
いた区造りの家という。京都会議のうきという場所である。

 はんを呼ぶ歌という。はったく山という、えてすてのゆゆゆ
山とそ。国れる釜の絵、これを、しっくり、しっくい、という。
後、かおすく、という。けむせむのききゆき、という。
ジェルセルの絵ともいう。

 原子炉の並ぶ所の隣とそ。京都区である所とそ。京都召す
行きという。京都を奉る話という。京都に住まいをする若い
人である。町を祭る人ともいう。これを、丁という名の人
とそ、若い人の名前という。一丁のやの人という。
いっちょら山のお書きという。一帖の一畳の屋である。
ここで区を興した人である。京都山お書きという。
若い人である。京都若町町(わかまちちょう)という、京都一区
である。あと、二畳の屋へ行くという、二畳屋である。

 ここへ行くグーグル車である。カーの尾という、九官鳥の
鳴き声の話という。カーカーという、二次の鳴きという、虹を
呼ぶ鳥とそ。二時鳥という、虹呼鳥という、二次鳴き鳥という。

 大きさは今の鳥の大きさである。この鳥の恐竜という、
恐竜の部類に入れる、始祖烏という類のかすれ九という。
九官鳥の大きな九官鳥である。羽幅が二メーターという。

 空で歌うかすれ九という、虹色の声という。鬼太鼓を鳴らす
立った熊という、熊立ちの体(てい)という。これを、恐竜歌謡
という。若い人がギタルを引いていた話という。ギターの小
さいギターである。四弦の山という。ウクレレの様という。

 鳥が止まって歌を歌う姿を、きそめ、という。恐竜共々の
音楽会である。後、若い人という、虹間という、
歌の一曲を歌う時間を虹間という若い人という。

 歌を虹読みということとそ。楽曲を虹(こう、にじ)という。
楽虹という、楽曲の意味である。虹を歌う人である九官鳥と
いう、かすれ九とも。歌を歌う鳥というお書きとそ。

【霊歌】 
 これを、霊輪という、御霊の輪である。御霊を呼ぶ
かすれという、かすれ曲とそ。曲がれ山お書きという。
歌の霊という、後、礼という。歌霊、歌礼とそ。華麗の
歌よりの解きである。

 これを召すとそ。召す人という。歌を召す山という。歌の
ことをいう。お召し歌という、後、霊歌とそ。ジャズの意味
である。ジャミズともいう。ジャラセとそ。猫じゃらす
お書きという。

 お召し列車という、お召す山のお書きという。御霊の山と
いう。ううせるろくす、という。人を尊ぶ話という。御霊山
そっくく、という。そっくくの『く』が区である。
御霊区の山という、後、御墓地という。ごぼ山という。

【虹墓】 
 鳥が弔う墓地の山という、御霊を尊ぶ鳥とそ。九官鳥
という鳥とそ。他の鳥も同じである。鳥の心という。歌を
歌い御霊を弔う、弔虹鳥という、歌を歌う鳥の姿とそ。
これを、カナレルという。カナレルユッキという。カナセル
ともいう。カナリアの山という。カナレルお鳥とそ。お鳥の
山という、旧墓とそ。旧墓を虹墓という鳥の言いの語源とそ。
これを、コウという。コウエという、光栄の語源とそ。

 コウ山の歌という、この意味のこうを神と表す、神山を
こうやまという読みという。鳥の恐竜の教えという。
鳥に教えられた人である若い人という。ないてという話という。
鳥がなく話である、白鳥を飛ばす式という、御霊送りの式と
いう。

【楕円】 
 これを、数式という。数学の楕円がこれである。楕円が
御霊の円である。御霊算という楕円の式である。方程式という
数学の歌のある話とそ。方程式によって歌を作ることもできる
話という。双本曲線という屋根のある御所とそ。この御所を
おくざく、という。おくざく御霊御所という数学に表れた
御霊とそ。二次曲線という、御霊算である。虹ともいう。
虹の曲線、楕円とそ。楕円の山のおこととそ。これを、
ことゆきという、幸という、さいさきのさき、という、
幸の字の御幸という、御幸御所という。御幸町という
場所とそ。通りとも。数学がかかる函庭の函という。
函数の町という。後、関数ともとそ。

【香潤】 
 香潤、皇潤という話である。御幸の宮という、
御香のとけ、という。御こうの幸という、町通りの話
という。御こうの宮という御所である。香潤御所という。
小倉宮という、しょそうきゅう、ともいう。双九の山という。
幸久山のお書きという、香久山ともいう。並ぶこうきゅう
という。御所の双ヶ岡という、小さな丘である。幸の井の隣
という。隣丘殿という。丘殿である。鳥の巣の場所と
いう。大きい九官鳥の家である。カーというムの鳴きという。
声を残す恐竜九官鳥という。声残家という、後、大和錦鳥と
いう、色のついた九官鳥という、青赤という色とりどりの鳥
という。ムーのことを恐竜島という話という。始祖九官鳥
お書き、これにる。

【初所御所、創郷宮】 
きょう、九重に香り潤う日という、エイブル・ファールレーと
いう、そうきょうのよい日という、創郷宮という、初所御所
という、御所である。創郷宮の隣、香潤宮である。

 我が家の前で、蒲鉾板を二枚、山形に立てて、名作作りは、
ムムムという駄作家の蒲鉾道お書きである、我が家を御所と
いうような人である。御殿ともいう人である。時には、お城
という人である。我が世を渡ると名作のように書く人である。
 歴史を並べ替えて使う、乱数使いという。年代に乱数という、
数学的な使い方をする人である。年代に乱数を振り当てて、
並び替えをすれば、物語ができるという、エクセルを駆使する
コンピューターの名手である。歴史の使い方という、駄作家の
使いである。
 今作八日の山木薫る蒲鉾道、桜並木の山桜、古い道を訪ねて、
ムーという、無名庵という、ムー名、アンという桜餡の饅頭
おしろす饅という、そういう書きという。饅頭白うまい頃とそ。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2327大原練習1947天の下1762FranceDemiFleurDeCerisier 桜半分(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623177
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2299
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽