2019年03月23日

卒業3544・FranceTeinture 染め白 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3544京都船旅2444
    古譜2314大原練習1934天の下1749FranceTeinture 染め白(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/23柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
ダイヤモンドの ひし形の 岩が立ち並ぶ
白い砂の ほらがいお ふの山にいできたあにと
奥山いかれ 祖郷峰麓のくれ山にいたる
こは(kowa)くれる ははならぶ ほのやみに
ムーの地と よそふにやまる おいかぬよ
とりいるそそ江 ふりおらる
 狐の天気予報。〇r2019/03/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
ムーのやり 白き山花 石に立つ
小さきダイヤ 巌となりて
        岸 静
    岸辺真水 桜見月
【京都会議】
【ムー大陸】
 静かな岸辺という。ムーの浜岸、こよう月、四つの月とそ。
空に四つの大きな星という。月ほどの大きさの星、月という。
昼間も見え、夜も見えたこととそ。太陽は、また出るという。
太陽が落ちた日という。どこへ落ちたか、目の前の海という。

【フランス】
 大きな海一杯の太陽とそ。ムーのインドという。太陽の落ちる
インの渡りという。これを、太印渡る、イント、という。
インドが、印を渡す、印渡という。今の署名という、ムーの
おきである。太陽が落ちたという、印を、印という。
落ちた所を四海という、のちという。紙海という、印を押す
紙という。後、太陽を落とす国という、フランの国という。
フランスの庭とりという。鶏という。コケコッコーの話という。

 フランスに伝わるムーという、太陽が落ちたとそ。フラ
ンスの印をいう。仏印という、フランス仕様の印を仏印という。
ムーのおきである。ゆみろ、とそ。

 太陽を探しに行くという。若い人とそ。また、出る太陽と
いう。日落つ国という、日出る所という。書を致すとそ。
日落ちる国の瑞という、のち、隋とそ。そこの若い人という。

【瑞書】
 天上げの隋という。隋書という、これに先立つ、瑞の
国の書とそ。賞得大使という、若い人とそ。海の浜辺へ
行き、真水が来るのを見る人とそ。みれが、真水の海
という、賞得の海という。賞得大使というムーの大使
である。若い人という。瑞へ行くという、太陽を探して
旅をするという。ヨーロッパの瑞典である。

【陽落】
 ここへ落ちたという、瑞典へ行った人である。若い人
である。落陽の瑞典という。この日のヨーロッパという。
ゴンドーという。ゴンドーラッパという。陽落という、
陽落の辺(べ)という。後、陽落辺国という、後とそ。
ヨーロッパをいう。このヨーである。太陽の陽をいう。
陽路葉という、太陽を探しに行った道という、陽路
である。葉という、諸々の道である。『ここに
いるか、あそこにいるか』と太陽を探した所とそ、木に
たとえた葉である。ムー大陸の賞得大使という。

 落ち御所という、葉の国という。ムー大陸から行った、木の
道に充る道という。後、原子炉が立ち並ぶのである。原子
時代という、話という。

【原子炉】
 原子炉を作り、人心を安定さす賞得大使という。南米に
原子炉があるという、原子炉がなければ、難民が出る話とそ。
原子炉のある所へ行く難民とそ、安心を意味する話とそ。
原子炉をなくせば、時立ち、難民が出てくる話である。
自民塔塔守の話である、正解突入論という。

 原子炉なくして地を沈めるかという、ムーの原子力という、
偉大な原子力である。人の心を左右する塔があった話とそ。
リニアーが走っていたムー大陸である。

 月休みの塔という塔もあった話とそ。太陽の休憩所という、
太陽の休憩塔という。皆、原子力の塔である。自民塔という、
ムーの原子力塔てある。後、正解の自民塔である。

 ムーには、原子力はあったのである。ムー原子力である。
賞得大使のお伝えである。ゴンドーの道にも原子力はあった
野である。人心極めて穏やかという。

 科学の発展という。縦葦藁という、藁葺き屋根は、ずっと
跡のことである。板葺き宮という、後のことという、この頃
という、屋根の下には、原子炉という、中性子炉という。
今日から見れば、昔のことという。これを、今は昔、京は
いにしえという。いずれも昔のことである。

 原子を求めて、原子力を求めて、彷徨う人という、正解
という、やなぎの解である。やなぎをもって健康をいう、
いわんや、安全をや、とそ。

【やなぎ拝】
 正拝という、やなぎ拝という、正しい拝礼の方法である。
正解人は、そういうことをいう。京に立ち並ぶ原子炉という
、今日を得た都という、京である。

 きょうのムー御所である。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2314大原練習1934天の下1749FranceTeinture 染め白(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623047
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2286
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽