2019年03月20日

戦後歴代内閣、正(やなぎ)づけ

戦後歴代内閣、正(やなぎ)づけ

近衛文麿・正(やなぎ)
東條英機・正(やなぎ)
小磯国昭・正(やなぎ)
鈴木貫太郎・正(やなぎ)
東久邇宮稔彦・正(やなぎ)
幣原喜重郎・正(やなぎ)
吉田茂・正(やなぎ)
片山哲・正(やなぎ)
芦田均・正(やなぎ)
鳩山一郎・正(やなぎ)
石橋湛山・正(やなぎ)
岸信介・正(やなぎ)
池田勇人・正(やなぎ)
佐藤栄作・正(やなぎ)
田中角栄・正(やなぎ)
三木武夫・正(やなぎ)
福田赳夫・正(やなぎ)
大平正芳・正(やなぎ)
鈴木善幸・正(やなぎ)
中曽根康弘・正(やなぎ)
竹下登・正(やなぎ)
宇野宗佑・正(やなぎ)
海部俊樹・正(やなぎ)
宮澤喜一・正(やなぎ)
細川護煕・正(やなぎ)
羽田孜・正(やなぎ)
村山富市・正(やなぎ)
橋本龍太郎・正(やなぎ)
小渕恵三・正(やなぎ)
森喜朗・正(やなぎ)
小泉純一郎・正(やなぎ)
安倍晋三・正(やなぎ)
福田康夫・正(やなぎ)
麻生太郎・正(やなぎ)
鳩山由紀夫・正(やなぎ)
菅直人・正(やなぎ)
野田佳彦・正(やなぎ)
posted by 秋残り at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3542・FranceOiseauAncestral 始祖鳥 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3542京都船旅2442
    古譜2312大原練習1932天の下1747FranceOiseauAncestral 始祖鳥(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/20柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
舞い上がると空に立っている 羽を振り
日を隠して 影は地面の絵 クワッキキ
い鳴いて私に自分を知らせてる 始祖鳥
花の頭 簪している 昔鳥 大きくて
賢くて 世に住む
 狐の天気予報。〇r2019/03/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
とがやなぎ 山ふる山を これ はなつ
こきせらかるる こみゆらる_ろろ
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【ムー大陸】
【ムラユナ】
 若い人がムー大陸で作った歌である。
ラムというムー語をしゃべる。自分をラムという。ここ、
『ムラユナ』という、駅の前という。ムーの岡が前にある。
高台の岡とそ。そこの後方という、始祖鳥の家があった場で
ある。

【ハッサン】
 その始祖鳥の家に、となる家の巣という。隣の家の若い人
とそ。『ハッサン』という声を出し、歌を歌う。ここの風習と
いう。ハッサン王という、始祖鳥の家の前の大きな座像という。

 高さが30メーターという。メモという、長さのことという。
メモ、30メートルという。ムラユナの場という。ここで、
『クワッキー』という、鳴きをする始祖の大鳥という。始祖鳥
という。

【パルサベ】
 この鳥に歌を歌うという、若山のおゆれ、という。地が
揺れるムーの大地とそ。『パルサベ』という、『パルサメ』
とも。揺れることを、『バーハマー』という。『パッセ』とも、
いう。

 パルサベがやってきたという。後、チモスという。
ムラレラのゆち、という。そこの村の地という。潮騒という、
風がゆれて吹いてくることとそ。ゆれ風という、潮騒という。

 『パッペ』という、メリルスのコンペという。めりるる・
るもす、という。潮をうくけ、という。うくけメリルスと
いう。村やらのおて、とそ。とくゆすのふま、という。
この文という。

 朝、爽やかな日の当たる大きな地の話という。始祖鳥という、
鳥の大きなはやのふ、という。大きな鳥である。今の世の、
恐竜という、その地の江という。この江を、『セレクレ』と
いう。

【インタメの地】
 『ブゾワマ』という、ブッセのゆいという。ブレソル
ともいう。後、インタメというムーの奥の地とそ。この
インタメの地の歌という。若い人が歌う歌という。

 ラルフラメという、れんそのゆゆるせつろく、という。
この文のことをいう。ラル鳥という、レモのおおきく、という。
そういう鳥である。それを、友にする若い人とそ。

 レルランテラという、レッチェルのムバスポという。
メッテのはまる山のおつゆ、という。露の話とそ。
ここが、若い人の家である。ムー大陸の家という。

 後、ここを出でて、セムロワという所へ行く人という。
この地の揺れる音という、低い太い音という。地鳴きという。
ゴオーッという音という。これが毎日聞こえるセレクレの江の
地とそ。ムー大陸ウナユナという。ムラユナともいう。

【セケルク】
 ここの地のあまゆき、という。あり浜のセケルクという。
ムーの地の広大な地という。いつも太陽を見ていた人とそ。
ここの山のオムユスという、ユスリラという、ユスメラ
ともいう。ユスユスのやおきく、とそ。きくという、大きな
花の地とそ。直径5メーターの大きさの花という。茎の径、
3モルという。周囲の長さという。3モルきく、という。
黄色い花という。すこと離れた所にあった赤い花という。

 この山のふるく、という。赤黄ぎくのお地という。後、
落ちという。後、おっと OT という表しという。
OTO、OTE、とも書く。その地のことをいう。

【時御所】
 深いやのはるく、という。歩くゆゆのはも、という。
ここを、『時の屋』という、時屋御殿という、のち、時御所
という。時のかかやら、ともいう。

 1太陽という、2日太日(にひたいじつ)という。ムーの日数の
数えという。ムーの暦という。後、ムーズという。暦を
ムーラルという。ムーの言葉という。

 一日という、これを、メという、ムとも。ひとメという、
ひをメという。ムともいう。ひめられた山という。この山の
こととそ。ムーの山で、ダイアルという、ダイヤモンドの形の
山という。下すぼまりの山とそ。これを、パレルクという。

 大陸の山の一状という。ムー山麓という、そこに、この
山がある日という。4つ5つという。大きな山という。この
山があった所とそ。ここの歌ともいう。

 始祖鳥が『クワ』という。クワッテという。カテという。
私に向かっていうという。これを、カップルという。始祖鳥の
鳴きのことをいう。始祖鳥の山をいう。

 カテ山という、クワ山という。始祖鳥の行く山という。
おおきくという、きくの花のある棲家から飛んでいく始祖鳥
とそ。山の鳥という、地揺れるムーの始祖鳥の話とそ。

【トリオラ】
 トリオラという、ごんべ獣という。ごんべと始祖鳥がいた
ムーの地とそ。砂地の江の場とそ。トリオラの鳴きをきく、
きく花の園とそ。トリサル山という、ダイヤモンドの岩立て
とそ。黄色い岩が、ダイヤモンドの形状で、立っていたトリ
サル山という。

 そこのフコレルという、ハーサン山という。高さ四百という。
四百期という。今の、八千メーターという、山である。

 大きな山で、麓が広くあった山とそ。山に登っていくと、
途中で急に尖る形状という。四千メーター程から先が、そう
なっている。ムーロワという山という。ムー山とそ。

トリオラという、ステゴザウルスという。柳背竜という。
剣背ともいう。剣の屋のくれ山という。剣背竜の山という。

 
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2312大原練習1932天の下1747FranceOiseauAncestral 始祖鳥(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623027
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2284
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

正(やなぎ)の祝祭日

正(やなぎ)の祝祭日 
2019/04/29 正(やなぎ)の日 昭和の日
2019/05/03 正(やなぎ)の日 憲法記念日
2019/05/04 正(やなぎ)の日 みどりの日
2019/05/05 正(やなぎ)の日 こどもの日
2019/05/06 正(やなぎ)の日 振替休日
2019/07/15 正(やなぎ)の日 海の日
2019/08/11 正(やなぎ)の日 山の日
2019/08/12 正(やなぎ)の日 振替休日
2019/09/16 正(やなぎ)の日 敬老の日
2019/09/23 正(やなぎ)の日 秋分の日
2019/10/14 正(やなぎ)の日 体育の日
2019/11/03 正(やなぎ)の日 文化の日
2019/11/04 正(やなぎ)の日 振替休日
2019/11/23 正(やなぎ)の日 勤労感謝の日
2020/01/01 正(やなぎ)の日 元日
2020/01/13 正(やなぎ)の日 成人の日
2020/02/11 正(やなぎ)の日 建国記念の日
2020/02/23 正(やなぎ)の日 天皇誕生日
2020/02/24 正(やなぎ)の日 振替休日
2020/03/20 正(やなぎ)の日 春分の日
2020/04/29 正(やなぎ)の日 昭和の日
2020/05/03 正(やなぎ)の日 憲法記念日
posted by 秋残り at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽