2019年03月11日

卒業3526・FranceRadis japonais 大根 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3526京都船旅2426
    古譜2296大原練習1916天の下1731FranceRadis japonais 大根(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/10柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
大根を植えた畑 古い古い古五条の
丘の土 火をたっとぶ 古い都
藁葺きの屋根並ぶ 土の壁 地に
生えた家様 遠い日の里 今また
故郷が蘇る 我が家の横 日を受けて
すっくと育つ 大根
 狐の天気予報。〇r2019/03/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
我が庵は 星落つ里や そうきょう夜
月は飛び飛ぶ 気は歌い鳴き
    気鳴き夜
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【御所】
 御所の畑という。若い人は、そこへ行くという。そこで、
野菜を作るという。門を見て入っていった人である。この紋が
一枚の真ん中に棒が横に通っていて、上下に回転する。この門
に入るという。大きな門である。

 そこへ入って野菜を植えた人という。大きくなれという。
そこへやってきた二頭の馬という。一頭が黒で、一頭が少し
離れて白い馬という。この馬を【ごせらき】という。

【すむ】
 大根をしょって、一緒にきた馬という。御所の住
人という人という。馬を『すむ』という。この日の
御所言葉という。『すむせく』という。これが御所の
中の言葉である。なにやら、ジメンを見ている馬である。

 御所のかさゆれという。御所を『かがしょ』という。
『かがれるこんぜき』ともいう。『かが浜やまれる』とそ。

 この言葉が八丁の御所ともいう。ここを、畷由良という。
はちせからふれ、という。はっくの町という。たくさん、
ある御所で、御所によって言葉が違う日という。

 これを、かぎ花という。まゆれぞ、という、あうらるのふく
ゆり、という。同じ言葉も使う人とそ。これが、御所の出来
とそ。

 『ごぶしく』という、言葉を抱くという。意味が、
言葉を使うという意とそ。土地の方便という、御所の
方言という。これを、御所だれ、という。

 かがみ山花山下る御所落ち語という。この言葉の御所は、
ほんり御所という。これを、ほん、という。
ほんり内裏の、ほんせぶ、という。ふのうらのことという。

 ほのやらふのう、かれるこりふる、という。これの、言いの
うら、とそ。このうらをうらという。うちうら、という。
 これを、どの、御所の言いか、ぶそんという御所の言い
という。

【ぶむ】
 御所を『ぶむ』という。ぶむれるのごば、という。
明治維新の前である。この日の、うちうら、である。
御所の言葉の、時の変遷という。時によって言葉が変
わっていくことという。

 なならう山のおち、という。このおちを、八丁土手行き
という。本所なら、という。ならの御所という。

 このならは、全国至る所にあるならという。これで、御所
をいう。ならの御所という。この御所で、『かずせ』をいう。
かずふやるれる、という。かっぱれっくす、という。
くすぜるやるれる、という。えいよく山のお書きという。

 これるる、るるふせ、せるつ、れくす、という。この言葉の
出来という。これが、御所であるという、話という日は、
どこの、御所かは、御所の話という。

 かがくぼう山という。くるれる山という。せてのごぞという。
せるれるという、せるすてともいう。せてるれすれす、という。
かがみ花まま、という。そこの御所である。うきやす山の
お書きという。これらく花すゆそてすれれそのや、という。

 これを、いう、はくくく、という。はくせるの山という。
しっくのごす、という。しっく御所という。

 明治維新という、明示維新という。これ新たを明示する意
とそ。はて、いつの時かは、大和朝廷という、山姥の時という。
明示維新という、これをせい(正)という。維新はたくさんある
日とそ。今もそうである。歴史もそうである。

 この明治維新をいうのが、若い人という。全国一斉に正御所
と張り紙をしたという。これを、やなぎ、と読むとそ。
正をやなぎと読むのが明治維新であったという。

 これを復元するという。回顧兆という。それで、やなぎ御所
という。やなぎ大根を植えた話という。これで、明示維新
という、自分のいる所を御所という人とそ。

 これが、表記をいう、表記を維新した話という。京都会議の
一幕でもある。これで、たくさん、正(やなぎ)をいうという、
明示維新の若い人である。維新を好きな人はたくさんいると
いう。正(やなぎ)維新という人である。

 これが御所の内裏会議という。威信正(やなぎ)の人である。
御所の話という。これならいけるという、正(やなぎ)の御一新
という。明示正(やなぎ)という話という。

 国なら、国正(やなぎ)という。区に柳でもある。昔という、
一字一柳という。一つの字(あざ)には、一本の柳、これを、
正(やなぎ)という。区正の策という。御所の人はそういう
若い人である。

 一区正(やなぎ)という。他い人の育成した大根という。
これが、大きくなる日に、大根正(やなぎ)という、根性の
語源という。御所の鏑大根を植えた畑とそ。

【御正】
 区を大根という、大和の正(やなぎ)庁という。大和朝廷の
正(やなぎ)庁である。ロボット馬もいた話である。卑弥呼の国
という話である。卑弥呼の御一新ともいう。
御正(やなぎ)のお書き、これなるを。
御所を正(やなぎ)御所という。せいおんしょ、ともいう。
正の意味である。これを正という。やなぎという話とそ。

 花見の季節という、正桜という。せいおうの、意正の良い
人という。御維新調の人である。御所の人という人である、
若い人である。桜の国日本は、正桜の国である。

 柳桜という、柳と桜が半々で一本の木という、卑弥呼の国
という。そこの御所である。正調民謡、たくさんあることとそ。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//


 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2296大原練習1916天の下1731FranceRadis japonais 大根(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622867
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2268
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽