2019年03月08日

卒業3524・FranceRivière おてみかわ :イカスミ柳

文だけ
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3524京都船旅2424
    古譜2294大原練習1914天の下1729FranceRivière おてみかわ)(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/03/08柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2019/03/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
音やゆ夜 降り降る星の 落つる沢
幸井(さちい)の横に おわす父母
 霧落つ花白山沢
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議夜話維新前】
【おてみかわ】
 手を振ってあるく道を、てろという、、しゅろともいう。
てみちともいう。手路、手道。通常は、道という。

 おてみかわという。両手を顔の前へ揃えて、手の平を見る。
本を読む動作を表す仕草(仕種)という。これを、しすという、
しゅすともいう。すべからくという意味の仕種という。これを、
おてみがわ、という。読書のことをいう。古い御所奥の言葉と
いう。

 『おてみがわ、れれ』という若い人という。そう言うて、
本を開いたまま、机へ伏せた。この本を見る。これを、
わたせみ見という。本がカーブを描いて、そりあがった
状態という。この状態の屋根という。檜皮葺きの屋根ともいう。
 屋根を、わたせみ、という。
 
 れれという、その行動を休む、終えることをいう、一意味と
いう。『おてみかわ、れれ』という、読書を一休みした人と
いう。

 この置かれた状態の本の形の屋根という。これを、『おてみ
がわ、わたせみ』という。『おてみかわずわたせみ』とも。

 『かわせみ』ともいう。『私は、わたせみ屋根の下、御所
住まいの川瀬の身です』と、公卿のようなことをいう人で
ある。

 『上にぃ〜、上にぃ〜』と、屋根を見上げる人である。
『天下の我である』と、大きく言う人である。屋根の
カーブを説く人である。『あのカーブは、お手見川曲がり
ゆられである、本曲線である』と、いう。双本曲線ともいう。

 『その方程式は、数学の本を見れば載っている』
上の文が解である。お手見川の解という。数学の本を見る話
という。

 塔の本も、これ、という。建築学の本という。これを、
お手見川演算という。X=という、本を伏した式という。
X氏の話という。

 方程式は?という。これを、文で解く記述数学という。
かくなる、お手見川曲がりゆられである。これが、解で
ある。

 本式建築法という。その元は本である。方程式を解く
のも、建築見本も、本を見ることという。お手見川本見
という、お手見川の本という、御所奥の話である。

 双本曲線式という、この方程式を解いた人である。
あの、巧妙ヶ辻という、御所奥曲がり横町に住まう人
という、若い人である。巧妙な答えという。
エックス・イコール本という。これを、本当の話という。

 双本曲線の美と、屋根のカーブをたたえる人である。
さて、双本曲線式を、今様数学の式に表すという。
これを考える人である。

 マイシャル・バッハ論という。二次曲線である、近似式
という。

 矜持の襟巻は、数ある巻きである。これが、みそみそ、
という。弥栄ごわ所のせめするれ、という。三、五線紙
をミという。これが、矜持の巻きである。

 雲スパイラルという。雲降り淀み糸という。真上から
糸を垂らして、地につける時の線価という。ミの音を聞けば
よい話という。これを、五線上の糸という。

 この本に沿わす糸という。これが、本の造りの裏という。
屋根の話である。広げて御覧、伏し目貝という。花山のお琴
という。あくせる解という。開くの解という。方程式の答え
を解という。

 問は矜持の問わずという。E線音という、ハ調のミとそ。
これを、音式という、E線の造りである。音楽の本を伏せて
弾く派という。これが、お手見川弾き三である。これが、
ミの音という。レミレのレミミレという、これが、屋根の
断面である。音を聞くことである。レソソレもある。
レララレともある。これが雲スパイラル紫近法という。

 近所の屋根瓦という。瓦のうだちという。うだつを
横れまという。このきょう、という。古野京という。
これを、スパイラルという。古い京都のことを古野京
という。これを、矜持の音楽という。解という。

 これを数閣という。すうがくともいう。音の入れの解
という。レミミレのなだらかなカーブという。レシ
シレの急カーブという。音による数閣解である。
双曲線不見式法という。音の書きという。手描き
なぞり方式である解とそ。
これを双本棘式という。曲がり聞きという。
まぐろ山お書きという。

 レで始まる、レで終わる二短調、ヘ長調という。
礼儀のレである。土至る礼儀の身は、空の詩という。
カラレルクックとそ。上にぃ〜、上にぃ〜の舌の身は、
からする揺れ曲がりとそ。スパイラル舌とそ。
藪見算数という。御所の全学である。御学問所という。
御所奥の御講義である。お手見川講義という。
本書である。
駄作者拝聴文という。若い人が言うた御学問である。
学門という門の檜皮葺きという。
拝楽の山という。小高い丘の山という。そんなカーブで
あった五条が丘である。古い金色の夜・・という歌が解
である。
 
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//


 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2294大原練習1914天の下1729FranceFFari 巴里(ふぁり)(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622847
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2266
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3523・FranceFFari 巴里(ふぁり) :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3523京都船旅2423
    古譜2293大原練習1913天の下1728FranceFFari 巴里(ふぁり)(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/03/08柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2019/03/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
花ゆまに えて山ありき 川流る
御所(ごぜ)とわ花や 飛びゆ霧ふふり
 霧落つ花白山沢
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【御所】

【巴里】
 御所を巴里(パリ、ファーリ、ファリ)という。これを、
パリ禁という。パリを禁という。禁都という。これを、きん
ごく、という。きんとと、という。きんなむ、ともいう。禁闇
の歌という。御所べらぜっくという。

 ゼクソーシフルという。これを、むなすわ、という。
むな山の沖とそ。ムーレルともいう。むべせの山のお書き
という。

 めてゆせのあつゆつに、こみすをいう。れるれるという。
これを、弥栄にとる、やみうき、という。弥栄の邦という。
卑弥呼の国にをいう。これを、藤原時之(ときゆき)という。
藤つゆの山という。古大黒の歌という。後、古代という。
これを、古い御代という。

 おんしろやっき、という。みよ沢のふりゆり、という。
これが、御所歌多々の出である.でおくくの山という。
くくを句々という。くべ(句辺)ともいう。

 おくどさんという、くべさんという。これを、くめ、という。
くめさんという。古くの、たきものをする場所という。主に
ご飯のことという。

 これを、ふぁという。フワともいう。ご飯をフワフワという。
ファーレルという。ファレセともいう。これを、パレルバと
いう。ご飯をパレという。パミともいう。これが、古代の
弥栄の国という。

 弥栄のまつへるという。弥栄をまつという、まつへるという。
きみこという。きみ国とそ。後、まつかう、という。まつれる、
ともいう。まれのまもう、とそ。まれゆれ国という。

 古くの弥栄を、まれ国という。マールレーという。
まわせる山という。こま国という。こませふ、という。
コールレーという。めゆれるはなれ、という。ハップスと
いう。ハックスという。ハックレーという。弥栄のことをいう。

 とみゆみのお書くという。これるれる、ふぬやな、とそ。
ふやなの歌という。ヤーレルサンポーという。これを、
トオルという。とみやら、ともいう。とみせむ、ともいう。

 おいすらの山という。ここを、匹国という。ひっぽう(匹邦)
ともいう。その御所をひっそという。ひっそのふゆれる、と
いう。匹祖のことという。匹祖国という。御所を御祖所という。
御山のお書きという。

 おやまという話という。おやまという山の場のふくとそ。
山がいう、とそ。山名のおくゆき、という。ここを、ぜみすこ
という。あきすこ、ともいう。あきすとぜねる、お書きという。
あきすとぜねこの山という。これを大魔言という。

 今に、『魔』がかかったことという。予言とも、あきすと
ぜねこの占いという。あきすとぜねこが大魔言という。
しらすら、という。しら沢という。これを、白とそ。白い
台地とそ。白魔台(白魔大)という。現、京都の東山麓である。
さっぱ山のお書きという。

 白魔きり、という。霧の白という。白い霧という。これが、
出てくる場所である。真っ白な時という。白魔霧(ハクマム)
という。これを、まぎかく、という。モーレルスーフーという。
うもれや、という。うみゆり、ともいう。うっそ山のお書きと
いう。


【御所の田んぼ】
 朝起きて、御所大門から庭の家へ行くという。ここを、
ただいま、という。ただいま通る、人という。若い人のむす
という。ただいま通るむっくという。むれゆき、という。
めて山のおする、という。おつるるかゆふる、とそ。
 これを、ただすという。、ただいまただす、たみ、とそ。
おつゆるのく、とそ。これを、かがめという。かるく、とおす
そみとそ。そっくすれーる、という。れれほる_る、とそ。

 御所に田んぼがあった頃という。 ここを、しらぜる、
という。しらせのふき、という。しらゆら、くくけく、という。
古くの卑弥呼門という。島原山という。します山という。

 大門ちょっきす、という。だるせる・れとん、という。
だみそむのくゆる、けせる、という。めるす山のお書きという。
ここの山のお書きという。

 ただすいま、これを、かゆ、という。かゆせるれと、という。
ぱみ山世、この山のふゆ、とそ。秋をのこ、という。秋のこの
山という。

【てろ】
 この秋を説く書きとそ。秋をてという。これを、てろのみ、
とそ。てろを手記という。てみそまのそくやり、という。
そわるさまのちか、という。これを、とみり、という。

 秋をちょ宮花という。ちょこやすの闇ふり、という。
おやゆや花路ゆゆす、そみすゆ。るるす、ととご、という。
これを、ととざ、という。ととごのとよ、とも。
とるれるそみ、という。そるくす、せてる、てろ、という。

 てろをただすゆき、という。てろをただす、という。ただす
いきの、てみ、という。てろをとめ、という。てろとめのふく、
という。とるれるおりすという。しゅみのかわ、とそ。

 うちの革の山という。これを、しゅるはる、という。
てろを、しゅろ、という。手の路という。主な路という。
主な路の、しゅろ、という。これを、ただす行きという。

 御所大門お書きという。いま山のおちゆ、れれのとと、
という。れれととの、むすゆす、という。道のことをてろ
という。手を振った道の意という。てろ道のかよふ、やる。

 これを、てっつという。てるせともいう。てれる山る、
という。てろの山のおい、とそ。おきゆらはらる、せめろく
という。

 てろを行くことをてろふく、という。てろふくを、秋こ、
という。てろをただすという。ただすいよのふる、という。
門に向かって道を歩むことをいう。これを、てろただす、
という。

 てろをただす、門を通る、かがみ浜のかゆふる、という。
てろとおしの山という。これを、やなみという。やなぎみの
手という。柳を持つ手とそ。柳でただす、てろの通りという。

 柳を持つという。柳という、てろただしという。てろを
ただす柳という。 門に植わる柳をしゅせという。てろを通る
柳身という。これを、粋な人とそ。行くの行きを、粋とそ。

 おつな人という、てろをむゆすという。むゆす道という。
むゆ山の、おてろ、という。手の道のことをいう。手の道を
てろという。やなぎの道という。

 道一般をてろ、という。柳通りの歌という。やな山のおく、
という。そうきょうの御門という。

ただいま通る話という。
 
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//


 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2293大原練習1913天の下1728FranceFFari 巴里(ふぁり)(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622837
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2265
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽