2019年03月19日

卒業3537・FranceBlanc ムー大陸 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3537京都船旅2437
    古譜2307大原練習1927天の下1742FranceBlanc ムー大陸(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/18柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

 狐の天気予報。〇r2019/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
とがやなぎ 山ふる山を これ はなつ
こきせらかるる こみゆらる_ろろ
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【ムー大陸】
 今で、ムー大陸と言えば、太平洋にあった島という。
その前のである。インド南にあった島という、大陸とそ。
 現、ムルロア環礁という。ムー大陸の出来である。
 
ハッサン王子という、ハームという、御名のお方という。
ムーは沈んだといわれた話という。現、無御所に残る話という。

 大陸から出で、だんだん沈み丘の上にいて、脱出したという。
ロケットで脱出された人とそ。ムー大陸のロクテクという、
ロケットという。ロケッとも。ろくてくのテク、今の
とという言葉という。日本語のとに当たるムー語とそ。

日本からメテモカという場所へいかれたという。メテルーの
町という。本によると、そう書いてある話という。無御所本と
いう。

 若い人のことという。若い人が、南という島のこととそ。
南山おなの縞という。そこのハークスという、はくれくの丘
という。島るらの丘屋とそ。そこの話という。はるれるゆゆゆ
のすゆれる奥という。おきゆきのやや、という。昔のムー大陸
という。インドの南の島という。大きな大陸という。

 この島から日本へ来られた御方という。島の言いという。
はるせという、はるという。はめるのや、という。
ドイツへいかれた、のち 、ハーメルンとそ。

 イギリスへ行かれた、のち、ハッケという場という。
現、イングランドという。アフリカへ行かれた、メモルク
という御名という。ロシアへ行かれた、ハッツメルク、ハッ
ツメララの御方という。ロシアの、エックキという。エレス
レのゆゆせという。はゆゆせせらのゆけ、とそ。エッツル
マックという地名のところとそ。

 モーレクという所のいたという、いたの地名という。
ちそふちの山という。そこの御方という。フォートワース
会議という、フォートワースの御方という、おっぴ山のお
書きという。ごっぺ山ともいう。

 モロク山の絵という。ムーのモロク山の絵という。そこの
おゆめむ、という。そこに、かせという、場所という。
ムアラメクの人という。ミータルセルクという。セムメル
のけくふ、という。現、南ローゼという。ローゼルの丘の
南ゆき、という。ローゼルランドのペクツェという場所とそ。

 ここのお書きである。世界枢要の話という。レップルベンゼ
の山という。ここを出でたローメのかふく、という。そこの
地のおめ、というお書きとそ。ローマの山の絵とも。

 のち、ミクケクという、壬生の一という、そこのひふの
やのよ、という。ここを、せれという。せれ島山のお書きという。

 南アフリカのロンパという、後とそ、ローゼンブラという、
後、ケという、のちとそ、ケップという、のち、きっくる、
という。南アフリカの最先端の地とそ。ここへ行かれたムー
の人という。ニッポンローの山という。

 皆、世界にムー語があることという。ムーと日本との交易
という。ムーへ行った若い人という。
エベ山越えてという、歌とそ。フォーリルスーハウという、
この『ハウ』が今の英語のハウとそ。

 古いムーのゆという言いである。ムーの核という、原子核
とそ。今山のお書きという。ラムロワの山という。この日、
一万メートルの山である。後、ラムロワ環礁とそ。今の、
ムルロワである。ターユルハープルという、ムーセルの山
という。ムルロワの山である。皆、避難した話という。
のちやたの丘という。ムルロワの山のふもとである。
やみふりのおっぱという。山々のお書きという。

 ムーセルランルクのやゆよ、という。ニッポンはんまる、
という。ローゼンクラーのベッポムという。ラムロワの山の
ホモという。ホモサピの出という。ホモロムのお絵描きという。
ホモサピエンスという、島の住人という。海辺の人という。

 後、オースリーという、オーモのお書きとそ。この書きと
いう。今のニューゼラロクという、ニュージーの山という。
ニュータラの人とそ。島が沈んだ話という。皆、避難したとそ。
船のやのお書きという。乗り物に乗って避難された話という。

 島の絵のく、という。しまえのやの国という。太平洋の島の
やのお書きという。若い人が言った話という。モヤイの像が
立つ島とそ。ここで、英語が通じることという。島の固有の
言葉もある。ニュージーハックという。にらくるおご、と
いう。ニラが産物である。古御所お書きという。
御所のニラが、ここのニラである。ラムロワのニラで
ある。

 そこの島には、たくさんの懐かしい人がいる若い人という。
モヤイの像の島という。パンパレフィルという言葉という。
モヤイ島お書き、これなるを。

 インド南のムーから、その島へ行った人とも。そこで住まう
人という。島の古い話とそ。ミーラクという言葉という。壬生
と行き来があった話という。日本も通じることという。古い
おきごという、おりらくのごの花の絵とそ。

 そこの島の丘という、島らかの夢とそ。ドリートリーという。
後、鳥居とそ。後、夢という。後、夢のやという。5本4本の
鳥居がある島という。ランベルの山のお書きというる

 ニュージーのうつるつ、という。ニューモック山ともいう。
明治の御代の話である。めいたら山のお書きという。
こちらに来られたハワイの山の絵のお方とそ。ムーから、
ラムロワへ、そこという、ラムロワのモヤイという。もやし島
のあっぷという。あぺせのおくゆくという。ハワイの
だいかるという。だいかる山の丘という。ハワイ島のおちゆち、
という。日本語の山という。この山の話という。深い谷底という。
その谷に、神道の祭りがあるという、明治の話である。
若い人の行きという。谷底へ行った話という。海抜マイナス
とそ。また山ともいう。花ゆきのやるやるという。弥栄語の
おきという。やるやるというハワイの言葉である。
ふかべ(深部)という意味である。

 故郷はムー大陸の人達とそ。若い人の故郷でもある。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2307大原練習1927天の下1742FranceBlanc ムー大陸(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622977
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2279
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年03月18日

卒業3536・France ムー大陸 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3536京都船旅2436
    古譜2306大原練習1926天の下1741FranceBlanc ムー大陸(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/03/18柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

 狐の天気予報。〇r2019/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
とがやなぎ 山ふる山を これ はなつ
こきせらかるる こみゆらる_ろろ
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【御所】
【ムー大陸】
 昔々、ムー大陸があったという。大きな丸い大陸という。
このムーの場所という、インドの南の海という。そこの人が言う
たという。ムーには、電車が走り、古代紫蘇朝という、この紫蘇
期である、太陽を迎える丘の建物という。太陽をたたえる意
ともいう。
 
 人々は、英語を話し、日本語を話す人とそ。英語の新しい形
という、この言葉をも使っていたという。日本語もそうである。
 ムー島ともいう、この島の周りは、電車が走り、機関車も走り、
超特急も走っていた話という。ムーの人の言葉である。

【パルテノン】
 古代ローマという、パルテノンという、これを、ノーベと
という、ムー語という。この、ノーベをいう。後、ベーノと
いう。ベノノベという。この言葉の出という。ノベバーという。
ムーの一地方という。このノベバーの小高い丘の芯という、
中心地のノモラクという。このノモラクの丘という。

 ノーベン・ノモラクという。この丘の上に建物があること
という。海辺という、海際の地とそ。人々は、着物を着て、
精を出していた生業の、ギワンザクという。仕事をギという。

 着物という、日本の江戸時代という、その期の着物と同じ
ものとそ。着物である。ここで、ハーサンという、ハッサン
という王子とそ。『ムーが沈む』という。

 大陸人をみな、移動を促した話とそ。この人たちが行った
場所という。アフリカの南の島という、また、インドという、
後、ムーアという、そこを越えて、越南という、また、東の
ムルロアという、ラムフェスという、のち、ムルロア環礁と
いう。大陸の南という、ムー大陸の南のプッ閣という、その
プッ閣の図という。プッカクズという、島の場という、後、
プリズーという、そこへ移動した人とそ。

 この時に東のインドネシアという、なかった頃という。
インドネシアを含むムーという。大きな島という。オーストン
という、オースのまとやら、とそ。このオースのまと、という、
ロクククという。ロクラクともいう。後、この場をオースと
いう。オーストロクという。オーストラという、ムーの東の
地繋がりという。後、オーストラルという、オーストラリアと
いう。ムーの地の東南という。インドネシアというその南で
ある。これがムーの大陸のことという。ムー大陸と繋がって
いた話とそ。

【ハーサン王子】
 このハーサンという王子という、島民が皆、避難して、島を
離れ、その後、自分も離れた人という。ハーサン王子という。
このハーサン王子がいったことに、『ムーは復活する』と。

 このハーサン王子は、どこへいったか。浪花山という、
当時のやまと花島とそ。現、日本という。やまと花島に、
ムー語が残ることとそ。

 このハーサン王子が喋るムー語の言葉という。ムムレル
という。壬生のムーラクという、その言葉とそ。同じ言葉
である。このムー人がいった所に、ムー語が残る。

 現、中国の南京トンという、南京ホアという、南京官話と
いう。『ムッコイ、トーシェ』という、北京語の『シェー
シェー』である。ここの敬称という、『ニン、ハオ』という。

 この『ニンハオ』の言葉とそ。壬生のロイホンという言葉と
いう。ハーサン王子が壬生を知っていた話という。『ハオラル
フー』という。日本語を、そういうのである。

 『ハオ』という、日本語の挨拶という。壬生のトックレと
いう。

【予言】
 さて、このハッサン王子という、『ムーが沈む』という、
『ムーは復活する』という。ムーが復活した、江戸の着物と
いう。ムーの人の着物である、日本の江戸時代の着物という。

 この着物が御所で使われていたことで、ハッサン王子が
御所にあった話という。何不自由なく言葉は通じた話という。
ムラベ、村部という名乗りという。その御所は、ムー大陸の
ムンソ御所という。ムンベルという。ムッソともいう。

 ハッサン王子のムーが沈むという。これを、伝えた話という。
御所に残る古い話とそ。浪花の山のお書きという。ムラレル・
ポンゼクという。浪花花という現、大阪の言葉という。
これを、大阪ナモレルという、『〜してやん』『〜してやん
ねん』という。これが大阪の村になる。

 世界各地という、ムー人の言葉が残る話とも、である。
 
 この日のアフリカという。アムラファーという。南アメ
リカがあった頃という。ミファールラーという、ミンファ
ラーのおりふる、という。南アメリカが、現、南アメリカ
である。

 南アメリカのチコワクという、チチテワという、ちち
ふりの山という。現、メキシコのファッティマーという、
ティファナという、その町の古い話という。ムー人が
来たという、古い伝えという。リノリオンフラックー
という。ムーの山るく、という。みすわたのふまくく、
という。

 バーリールファーという、バーリーという。バー
リーファーの川という。リバーのバーリという。
現、インドネシアの川海という。ここの細い海峡と
いう、ムーの川である。日本語と英語が通じることという。
ムー人が住んでいる話という。むべ山の夢という。
バーリという川という。リバーのことである。

【ムルロア】
 ムルロア、ラムロアともいう、環礁だけの場所の昔という、
8000メーターの高さの山とそ。山島である。この島に一般と
いう、言葉という、それがある島の環礁とそ。リーベルアン
ファックという。ハッサンの八千という、高い山という。
ムー大陸の丘の高さとそ。八千メーターの丘があった
ムー大陸という。

 島には、着物を来た、ムーの人という、機関車が走り、
超特急が走った島とそ。リニア電という。リニアモーター
カーが走っていたムー大陸である。現、日本と同じである
という、もっと進んだ文明という。円盤が飛んでいたムー
である。

 クレッソスという、ミネラカの島のお書きとそ。ミケ
ナイ山のお書きともいう。ミケーネ文明という。円盤文化の
島とそ。ムー帝国お書きこれなるを。

【無人灯台】
 村にはムーがあるという、ムー帝国の末裔の言葉である。
この御所をむという。無と表すムー帝国という。無御所と
いう。後、撫御所という。大根のことを、撫という。後、
ニンジンとそ。撫御所のム人という、のち、無人という。
無人灯台の語源である。

 灯台元大陸という、灯台の話とそ。ム島灯という。ムー
大陸灯りという、灯台の灯の話である。沈んだムー大陸という。
インド用南の大きな大陸とそ。江戸時代の日本と行き来があった
話という。

【やまと花島】
 『いずこにおられるや、ハッサン王子』という、若い
人という。やまと花島におられる、という、江戸の言い伝え
という。着物が物語る、ムーの衣装という。ムー貿易論とそ。

 その時の歌である。ippanによる作曲という、ムー復活の
予言通りという。ハッサン王子の予言である。ippanという、
話という。

 そのムー大陸の歌である。駄作家の手による、ippan.xlsx
使用の歌という。サンゴ見ろという、ムーサンゴの卒という。
ムー語を卒語という、はあさんの話という。ぱあさんともいう。
駄作家の口から出る、ムー語という、ぱあさん言葉である。
頭パアの人という、駄作家とそ。

 サンゴ礁のない環礁の言葉である。ムムれる数用の人である。
ムー語を探す話という。sotu3536お書きとそ。


駄作者、(~_~;)ムム
すみません、今日はこれでしまいます。曲は、今日はム作です。


■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2306大原練習1926天の下1741FranceBlanc ムー大陸(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622967
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2278
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年03月17日

卒業3535・FranceBlanc 白是 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3535京都船旅2435
    古譜2305大原練習1925天の下1740FranceBlanc 白是(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/17柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
白い門を開けて入れば畑
通り遠く 白い鳥居に丘が
祭られ ブドウとネギ供えて
手合す 離れては藁ぶきの屋根の
原子炉 白烏がとまってカアと鳴く
 狐の天気予報。〇r2019/03/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
とがやなぎ 山ふる山を これ はなつ
こきせらかるる こみゆらる_ろろ
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【御所壁】
ネギ供え、ブドウ供え、大根添えて、歌を詠む
人参片手の筆進み。

 壁に向かって『ケキョ』という人という。鶯の真似をする
人という。

 『ほを、保つ』という。保険の初期という。保険という、
現在では、法制化されている。国民年金保険という。
生命保険、各種保険、税金控除がされる、保険が人に
よい影響を与えるからである。入院をしても、保険が
あるから安心できる、入院費用を軽減するからである。
保険の効用という。

 他に、家族でいいあいをすることがある人という。
こんな場合も、保険をかければ、いいあいがなくなり、
和やかな家庭が戻る、こんなこともある。子供にか
ければ、口ごたえがなくなったという、保険の効用である。

 家政学に、保険がとりいれられている。よいことの、
効用の現れである。
 お金使いの面から、健康、安全を手にいれる一方法という。
保険のことという話という。保険は続けて書けるものである。
やなぎという話という。
  
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2305大原練習1925天の下1740FranceBlanc 白是(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622957
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2277
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年03月16日

卒業3620 :イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年03月14日

卒業3531・FranceRizBleu 青米 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3531京都船旅2431
    古譜2301大原練習1921天の下1736FranceRizBleu 青米(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/12柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
加賀米 加賀見御所 きれいな青米
田は丘へ 丘は田に変わる時 だいな
だいあぎの黄色空に 雲行くと
大きなイナゴが飛んでくる ろろに
とまって わたみとの話を 楽しむと
 狐の天気予報。〇r2019/03/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
我が山の ひばせやらゆう こちふるれ
そひそは(wa)てつて つつるてむれせ
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【御所】
 歌に、
  ふなのくいや〜る かのゆ〜らの はなゆううふふ
  そての かごし〜ま ゆらゆうらるる
  
  ふかぜ山ゆうる 花ゆうかの うしはまれから
  すめの すらゆめはら うきゆみはなる
  
  ててそくびひく はなみたる ととはなめらら
  そめの すきゆげれ そきよみよなる
  
  花のお江戸へ・・花傘音頭という歌という。
 
 
 ららの山記という。らっせるててそ、という。れれふる
すすゆ、てそろ、くったく、れれふるろろゆ。これとそ。

 このゆたの絵ま、絵をこるという。こるせる浜という。コルト
ローゲのエリオット、という。英語のような言葉という。
 ゆいふのごぜ(御所)という。ごうゆるまむ、という。
ごめせの山という。これを、おしるゆ、という。おっすす
の山という。野原郎行の家(や)という。山れらの、ららふ、
という。この田の絵という。田を土という。田土山という。

 後とそ、田絵の戸という。絵を戸という。絵戸山の沖という。
『また、こんまむ』『また、こんます』という。『また、
来ます』という意とそ。

 花傘音頭という、加賀さむがっぴき、という。これを
『まぬ』という。まぬ遣りという。ままれむせれる、
そきすつつるる、れれそ、という。まぬれば、ともいう。
みんその山のおっきるせてす、とそ。意が歌である。

 まぬひきのよっきき、という。よくきく歌という。
これの相(あい)を、ごっつ、という。ごったともいう。
ごったんともいう。御所ごったんの板三味という、楽器という。

ごったで弾く、歌相(うたあい)という。ごったんという板三味
線である。ねおの山という、ごったのこととそ。
 これの相を、じんから、という。じん、ともいう。
じそという。じみという。じとう山お書きという。

 ごみそみれれ、という。れれ楽の山という。れれ山とも。
これを、なそ、という。なそれのなみゆり、という。なみの
音という。花由良ふ富芝、という。花由良のお歌という。

 こも山お書きという。これなるを。
 
 御所、幸の意という。これを、いと、という。井戸を意と
いう。幸の意という。意の井とも。いと山ということとそ。
いと山三味線という、ごったんくりふみ、という。
ごったんゆら、ともいう。てそきの山という。

 板張りのかきくはお、とそ。はおねという音とそ。
はおらるねね、とそ。はおりね、とも。音をねという
読みとも。ねねという、音の集めとそ、曲という。

 これを、曲がり、という。ひと曲がりという。ふた
曲がりという、み曲がりゆゆ、という。ゆゆを言い、
という。ゆゆのはおるば、という。はおり場のゆぜ、
という。歌をゆという。ゆゆ山という。

 この言いの御所という、ゆんぜまま、という。ゆんぜ
ままも、ゆみせまゆっきせむす、という。せむれ、ともいう。
これを、織り秋、という。秋を時という。おりゆら、おりす、
れと、とそ。

 秋まむ、という。秋れ、ともいう。この言いを、ゆんねむ、
という。ゆぜ山ともいう。これを、花る、という。花す、とい
う。花山という。花行きという。はふるすすれ、ともいう。

 これを、スレッショという。スレッショニーという。
にいぜるうき、という。うき山のお秋、という。歌の言い
とそ。花傘ごゆ、という。花傘陣という。花傘おっにく(国)
という。花やすろっ、という。花めら、ともいう。

 花傘陣のはゆふ、とも。花すゆゆいそねそ、という。これを、
みつるば、という。三つ三つ三つの語である。みんふるれっこ、
という。みつゆつ、ともいう。花す、ゆゆい、そねそ。

 お琴の造りという。そねそのやくるれ、ともいう。こと山
ともいう。ごっつごも、という。ごれくる、ともいう。
琴である意とそ。

 ソーレという、掛けのかかりのかゆふるせる、とそ。
ソーレというて、ことを弾くこととそ。ソーラともいう。
ソーラン発という。ソーレ論という。これを、そうるはく、
という。後、そうきょうという。操狂の琴とそ。操狂の
琴ねみ、琴の音を聞くという意とそ。

 ねをめすという。音をめす、め、という。め音と、いう。
音という言葉を添えるかわれ花という言葉使いという。
あきれ、という、めめ山のおいいとそ。

 いとれるかっく、という。かっくるすみるせ、とそ。
すみその山という。これを、住まう夢とそ。夢をいきと
いう。いきの国という。いきるや(家)のはくれや、という。

 いき山をすめほという。すめほるるるいびし、という。
三つ山の言いである。いぶすの語源である。いとれ山の
お書きという。


■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//


 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2301大原練習1921天の下1736FranceRizBleu 青米(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622917
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2273
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽