2019年02月27日

卒業3509・FranceClassiqueMineure マイナー :イカスミ柳

曲は、midファイルです。
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3509京都船旅2409古譜2279大原練習1899天の下1714FranceClassiqueMineure マイナー(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/02/27柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正
 
    監修、四条 道世

    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会
【作成】Muse Score フリーソフト    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)


 狐の天気予報。〇r2019/03/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
桜田門(桜門) 来たりて仰ぐ 村雲に
なつくかしがわ 駒のいなくを
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議の頃】
 見れば、高名の山が見える。月にかかる村雲、花、雪、山に
春来。至れる宮のひいの屋、桜田門の歌という。わが山のお
書きという。これを、とと、という。とと花のくゆれぐ、という。
ムッテルレンルラーという。むずらるかまのおゆ、こすれす、
つつゆ、これをとぞ。

 桜田門、桜を植え替えという。桜田門の辺りである。これを、
桜田門変という。ちりゆく桜という、この夜のお歌という。
高明天の山、これを、さまえるはほ、という。村雲のことで
ある。2月4日という、これを、によの日という。ニブレルの山
という。24という日である。

 これで、梅山月という、梅を見れば村雲である。この日の屋と
そ。桜田門外であったという。桜田門外である。梅見門という門
である。こゆの山のお、という。こゆ花のれてすほほるせます、
という。これをまくという。まくれす、すすす、ととふるのや、
という。桜田城門という。ちりゆく桜という、先の歌とそ。

『桜田(桜)門外の辺』
 桜田門外の辺という、梅と桜を変えた話という。ここを、
梅桜という場所である。京都会議の頃という。オチゴノという。
オチゴノドンという、オチゴザウルスという。怪猫がいた話
という。恐竜の猫という。ケソケともいう。怪獣を見守る
話という。

 『オニャニャニャニャア』と鳴く猫ととそ。声は聞こえど、
姿は見えずという。猫屋へいって、しばらく、立ちて話をする
人という、若い人である。城曳き前夜という。

 オニャアの夜という。そこをニャンという。オチゴノドンの
生息地である。桜田門外である、声を聞いた人という。
桜田門内の猫屋敷という。この城の住人である、オチゴノドン
である。桜田門外のいなき偏という。猫鳴き門という。

 ニャア辺である。そこの桜という、埋め変えの辺りである。
オニャアがいるという。『そう、オニャア』という時代である。
猫屋敷ゆ、ありてあり、そこゆる、ねなゆ、ほほる、すする、
せてそのや、これを、とっく、とそ。桜田城門内お書きという。
だいとく山のお絵、これを、おおきの山という。それぞれのや、
おりく山の歌ゆと、という。歌ゆとのおみ山という。

 ここから見上げる月、梅の花のような雲という。これの紋と、
いう。半ばきり上側という。月をかけた図案である。梅きりの
やのお書きという。そこが、おつ国という、おおつ国ともいう。

 卑弥呼の時代の呼びである。オニャア国である。
 桜の月のお書き、これとそ。
 そうきょうのお書き、これなる。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//


 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2279大原練習1899天の下1714FranceClassiqueMineure マイナー(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622697
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2251
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽