2019年02月17日

卒業3503・PortugalPinguim 万里の長城・具 :イカスミ柳

文だけ
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3503京都船旅2403古譜2273大原練習1893天の下1708PortugalPinguim 万里の長城・具(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2019/02/17柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正
 
    監修、四条 道世

    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会
【作成】Muse Score フリーソフト    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2019/02/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
日記よきし ふたれふつゆや めせぬゆりはる
せせろふくる れれるそみゆり せせとるゆゆや
これにる にきふつるるす すれるふれす
    世浜玉代 勝共月四年こく
    そうきょうの一歌     
【万里の長城】
【大亜里】
  市長日記
紫卿したため、2月17日
58/07/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/07/01 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/30 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/29 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/28 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/27 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/26 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/25 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/06/01 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/31 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/30 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/29 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/28 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/27 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/26 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/25 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/05/01 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/30 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/29 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/28 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/27 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/26 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/25 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/04/01 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/31 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/30 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/29 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/28 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/27 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/26 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/25 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/03/01 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/28 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/27 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/26 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/25 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/02/01 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/31 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/30 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/29 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/28 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/27 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/26 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/25 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/24 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/23 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/22 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/21 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/20 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/19 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/18 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/17 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/16 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/15 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/14 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/13 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/12 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/11 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/10 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/09 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/08 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/07 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/06 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/05 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/04 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/03 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/02 柳、紫香る日、紫朝の日
58/01/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/12/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/11/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/10/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/09/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/08/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/07/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/06/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/05/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/04/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/03/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/23 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/22 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/21 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/20 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/19 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/18 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/17 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/16 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/15 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/14 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/13 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/12 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/11 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/10 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/09 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/08 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/07 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/06 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/05 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/04 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/03 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/02 柳、紫香る日、紫朝の日
57/02/01 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/31 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/30 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/29 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/28 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/27 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/26 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/25 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/24 柳、紫香る日、紫朝の日
57/01/23 柳、紫香る日、紫朝の日

 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2273大原練習1893天の下1708PortugalPinguim 万里の長城・具(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)



    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622637
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2245
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3502・PortugalPinguim 万里の長城・禹 :イカスミ柳

文だけ
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3502京都船旅2402古譜2272大原練習1892天の下1707PortugalPinguim 万里の長城・禹(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)



【創曲】2019/02/17柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正
 
    監修、四条 道世

    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会
【作成】Muse Score フリーソフト    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2019/02/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
トリケラにょ 鳴けるおゆふる せれけみず
御池よらにゃ 方倫のよじ
    世浜玉代 勝共月四年こく
    そうきょうの一歌     
【万里の長城】
【スマ】
 日陽ヶ丘という。この日に、すま鏡をいう。すま鏡
という。ベルゼルという。ベルセラの掛け置きという。
すまが時をいう。これをとるという。Take a sayと
いう。鏡に映る自分の顔という。

 これに、スイッチがついている。スイという。スミ
ともいう。すみ皿の山という。スイをきみという。
きみの手という。スイッチ・オンのことである。
 
 きみの手、入る、という。これが、てすく、という
行為である。この、てすくの、掛けに、鏡を置くと
いう、掛け鏡という。この鏡にスイッチがあった、
大きな鏡という。たたみ一畳の大きさの鏡とそ。

 ここに絵が映る、灰場という。階上という。
はいばの、かいじょうという。はいばの入る入り
とそ。入り口である。南亜のなかった頃の地図とそ。
その地図の隣の間という、このすま鏡が掛けられて
いた部屋という。トリケラという、恐竜という、貝
の部屋という。部屋いっぱいの大きさの貝である。

部屋を開ければ、それが口を開け、きみを見たという。
大きな貝である。この貝の引っ越す部屋という。
ここが、会議の議場である。広く口を開けた貝という。

言葉に、『広く口を開け、かい』という。広く口を
開けた貝が、貝開、貝会を言うたのである。『広く
貝議を起こし』と後に言う。新しく貝議という。
これを、会議という、古い表記である。開会という、
古い話である。

 その貝である。『ジェッ』という声をだして、開会
を宣言したのである。『広く会議を興し、万機方倫』
という。
 
 方倫川という。御池から流れていた川という。
川すま、という。川の石浜である。そこを写して
いたすま鏡である。この日、小さな、小型すま鏡
という。同じ光景を写していたことという。

 今の、スマと本、という。ポッシェに入れた
小型すま鏡と、かばんにある、本とそ。本とノ
ートという。ノートに挟んだ、薄型ノート型
スレーという。スレートという。下敷きという。
下敷き型電子穂
とそ。下敷きのような薄いコンピュー
ターである。京都会議という、この会議で使われて
いた電子器具である。これを見ていたトリケラトプス
という。もの珍しく見ていた恐竜である。城曳きの時に
一緒にいた怪獣である。

 怪獣がいう、『あのノートは、張るノートです』と。
壁に貼られた大きな、紙の薄さの、コンピューター
である。
この、ウォールという。コンピューター・
ウォールである。『ウィ』と、返事をした人という。

 『ウィ』です。という。ウィという話という。
これが、『うい』という、『いう』という。この
『うい』は、これに気づいた人が持ちいる『ウイ』
ともいう。

 駄作家という男という、これを自分と言いたげな
書きをする。『・・・という』、ういという、多用
して、これを表すと、少し威張ったような書きを
する者という。フランス人、イギリス人、また、
モロコ人・・・という。『ウイ』と言えば、これが、
底辺に流れる話という。

 この貝を家巣貝という。人のように家に住まう貝で
ある。『あの壁は絵画である』という。蓋を開けて
触手を出して、シャシャシャと、絵を描く貝とそ。

これを、『シャ』という。舎である話という。
同じく舎にいたと言う人という。皆、下敷き
コンピューターを下敷きにしていた人である。
若い人もそうである。
【韓江、御池すま映り】
 御池すま映り、あるにある。
この日に、写した韓江の風景という。瞬時に京都会議
の人は知る。電波で送られた写真である。その日の韓江
という、すま浦という。帰って、『今はお池が映って
おります』と言うた人という、若い人という。

『うい 』と言うた怪獣という。歌に歌われたトリ
ケラトプスである。うい鳴きの京歩龍という。銭形
の目の龍である。銭形平原児という人である。

 それで、銭の目の模様のものを作るという。若い人の
傍にいた豚という。豚の目の銭目という。トリケラトプ
スのあいという。『あい』と言うた豚である。『アイ』
という返事の、返事元である、語源ともいう。

 ウイもアイも、動物の鳴き声である。これで、あいと
いう。あいという、ういといあ、ともいう。ういといあ
、ともあう、という。これを、ういといい、いあう人と
いう。饂飩という、豚という。ここを、後、豚見山とい
う。日陽ヶ丘という、場所とそ。

 いあう人という、あいの人という、ういげん(言)の人
という。これが、京都会議のある日である。あいの返事
という、ういの返事という。あいうい場所という、うい
あいの宮古言いという。みやこの山という。後、あい
京、うい京という。京の始めである。うい所という。
あい所という。

 う(禹)が飛んで来た御池という。これを、鵜という、
後、恐竜の鳥といわれる、小さな鳥である。これを、
鵜朝という。古代御池朝廷である。日身誇張する御池
朝廷用語である。『広く誇張をする』貝議の鵜という。
貝議の鵜という、田にいる鵜という。鵜田という田の
鳥という。誇張鳥という。古朝鳥という。後の人は、
ペンギンという。昔鳥という。ゆかしい鳥の朝という。
ゆか鳥の歌、これ、のる、記という。ジェット機の記
である。

 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜2272大原練習1892天の下1707PortugalPinguim 万里の長城・禹(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622627
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2244
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3501・PortugalNavio 万里の長城・韓 :イカスミ柳

文だけ
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3501京都船旅2401古譜2271大原練習1891天の下1706PortugalNavio 万里の長城・韓(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2019/02/17柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正
 
    監修、四条 道世

    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会
【作成】Muse Score フリーソフト    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2019/02/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
すま龍の 歌うや雄々し 糸柳
桜黒くに よをくらうひと
    世浜玉代 勝共月四年より
    そうきょうの一歌     
【万里の長城】
【金浦】
 若い人はいう。『わが拝は金である。』という。
そういって、手の平を開けた人という。金の虎の口
という。ここを、金虎口という。入り口に金があし
らわれている。

 灰金加工という加工をした人という。金染めという
ピットの歌という。これを金のソールという。染め
の一種をいう。ソールの『け』という。染めくくの
いよ浜という。こみせらのくくすよに、そきれら
をいう。これを『しゅ』という。『しゅけん』と
もいう。後、主権という。金主権というそうふの
山という。そのときの歌である。

 空には、泥が降り続く日とそ。そみ原の歌という。
鈍家の歌、これを、ろくすみ、という。

【染市】
 サンフランシスコを、韓国語で、ソーメという。
サンランシスコの渓谷を見るという。これを、サンラ
ンシスコロンとそ。ロンゼルの川よりき、という。

歌をソムという。染めた金の橋という。ここを金門橋
という。見染める花の矢という。サンフランシスコを
拝する人である。これを拝橋という。後、金門拝みと
いう。

 手を柵による拝みという。手を顔前に斜めに持って
くる。金門の橋を見る、『また、来ます』という、
若い人の橋への挨である。これを、灰金拝みという。

 この日、金浦から、後の金門橋へ行って、鳩ふり
という、糸見の話という。糸見郷経由の金浦帰りと
いう。この経由の線を(航路を)、歯車葉航路という。
インボリュート・ろっこむ、という。

 木の葉が落ちるように、歯車がまわっていく。
その曲線である。ジェッツルの切り山という。これを、
はわ、という。後に、はわど、という。

はわ泥の降りた、サンフランシスとそ。金浦と同じ
泥である。サンフランシスコ金門橋の場所である。

 後に、若い人は、『また、来ます』というた場所へ
行く。その通り行った人である。航路が同じ航路で
ある。ジェット機の航路という。
 ジェット機の航路が、目音という。目音らっくの
航路という。はねだろう、という、航路である。
後の日という。

 ここを、金鈍路という。こうふもの山の麓という。
ゴールデン・ギットムという。ゴールズローともいう。
ここぅここの、ここらま、という。ここここという。

フォーという。ルーフルラークゥのレッテルという。
金バック山のペルフレーという。ペン染め場という。
駄作家なる者が、これを書くという。若い人の真似を
しょうという駄作家という。かきません、という、
場所である。これを、もうろく、という。かきません
という場所で住んでいた人である。若い人である。
万里の長城の四番目である。

 フォースラローフルという、ここのことである。
かんとんま、という、場所という。ここに、すみま
せん、という場所という。

 ここの、かんとんま・すみません、という在住
である。これを、モロコへ置くという。モロコ・
四番半という。万里の長城の一部である場所という。

 モロコへ行った日のしばんをいう。これを、
しばんろう、という。モロコのすみません、という、
場所の在である。住んでいた人である。若い人である。

 青を残すという、青のこしのバサルクという。
場を去った人である。これを、サレ、という。四
番半のされ、という。このされを、み、という。

もろこみの山という。耄碌山という。花山のほめき
という。これなるを。大山のおりるき、という。

これを、せんの言いという。朝鮮の話である。せん国
という。鮮国。
すみませんという、すみを、すむ人である。
かきませんという、かきを、かく人である。
よみませんという、よみを、よむ人である。
いくませんという、いくを、いく人である。
これを四番半という。二番から始めた人である。
2、3、4、・・・と数えますというた人という。
これを、一(いち、ひと)という。これが、位置で
ある。

四番線の置きという。モロコ四番という。もろこし
という。もろこしの国という。からの矢の鳩という。

ジェット機のインボリュートの話という。インボ
リュートのかりくる、という。ケールレとそ。
るるたす山のお書きという。この書きが、イン
ボリュート歯型の書きともいう。

 航路であり、万里の長城建設であり、歯車の歯型の
設計図である。これが、皆、合わさっているのである。
音も入れていくのが、後に現れる駄作家である。

これが、すみませんはんの歌である。せんぱん、
せんぱんという、鮮国である。これが、虎口韓の音
住まいという。おとすまい、おとしません、という、
魔船という、大魔口という。大間口の人である。
 
 白露台地へ行くという、大魔言の穴という。
台地が坂になり、普通の地になっていた黒い土の
場所である。ここの穴を通る、アナトールという、
I VI II Vの音造りという。いちろくにぃご、と
いう曲の進行である。

これが、鮮国のモロッコという。もろっと出るバー
ジョンという。これを金バッチという。バチコンと
いう、ぺん頭である。これを、パッテという、パタ
という。ペリルルーという。ペメソという。ペシミテ
の絵という。びんずるろうくうの山という。

 すみません国という。金のイカという。イカ立つ金
という。モロコのズロという。イカをズロという。
モロッテンロークーの天六という。

 六番目をズミという。五番をカンという。万里
の長城とそ。ここにいた人で、いかにかん、という。
七番のあとという。七を、あと、という。八番目
を、やあばん、という。これをとく人で、とかん、
という。杜韓鮮告という。これが、鮮告のせんぱんで
ある。鮮国の話である。せんぱんがかかる人とそ。

 朝鮮にある万里の長城の、五案内である。
五番目を、案内(安内)という。案内韓という、
いく人である。これで、

いかにせん、いかんせん、という造りの酢物の和え物
という、風呂敷包みに弁当を巻く、背中の子という。
べんとう子というふつやもんじゅう、という。
やややという人である。いばれのかんふめ、という。
万里の長城造り旅という。若い人である。

後述にします。


  
  
■■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■  //■■■■// 
 

後述にします。


いばれ→万里の長城 辞典登録

 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2271大原練習1891天の下1706PortugalNavio 万里の長城・韓(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)



    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622617
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2243
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽