2019年02月16日

卒業3500・PortugalLama 泥 :イカスミ柳

文だけ
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3500京都船旅2400古譜2270大原練習1890天の下1705PortugalLama 泥(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)



【創曲】2019/02/16柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正
 
    監修、四条 道世

    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会
【作成】Muse Score フリーソフト    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
空から泥降り
一面真っ黒け
どどど そそそ
ららら くろき

 狐の天気予報。〇r2019/02/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
すま龍の 歌うや雄々し 糸柳
桜黒くに よをくらうひと
    世浜玉代 勝共月四年より
    そうきょうの一歌     
【万里の長城】
【金浦】
 すまの浦という。ここを、糸という。雪闇山という。
これを、ときゆき、という。後という、吟遊という。
すま龍をいう。日本の抜け闇という。

 若い人は、手のスマホを見た。ここを写すという。
昔の韓江という。そこが登り口と書いてあることという。
万里の長城のことをいう。日本正(やなぎ)という、
黒い桜が植わっていた場所という。

 ポト幕を張るという。小さな幕が張られたよいきの
場所という。ほの世の山の絵を江という、ここを、
韓江という。金の浦すまほの辺りという。金山の山と
いう。

 あり山のお絵のくけ、という。るるふる雨ゆまと
いう。海丹のゆれという。これを、すまほに写す人と
いう。名を始皇という。始皇の庭のお絵という。万里
の長城登り口という人である。始皇庭と登り口の庭を
いう。

 始皇丁がスマホを持っていた人である。このスマホと
いう。スマのホという。スマのホの帆を上げたとそ。
スマホ船という、この帆を上げた人である。頃は勝月
半ばすぎという。これを巻けたという。帆を巻いた人と
いう。

 これを巻帆という。後に、韓という。かしげらの歌
という。世の人という。世は、波は空にある。これを、
空波という。空波の絵という。スマホで写した写真と
いう。

 この日に、空は土を降らすという。土降りの日である。
これが、万里の長城の財をいう。材とそ。空から降って
きた土で作ってある万里の長城である。

 この日に地球という、ザカルという、ザカミヤミと
いう。れが地球にある場上の禹(う)という。ザカレン
(ザカリン)という。土降りの泥夢という。後、でいた、
という。

 禹(う)でいたザカサメという。かさめ泥あまねと
いう。今の韓江の口という。そこの話という。土降り
地という。そこの分際を虎がいたという。恐竜のトラ
とそ。加藤清正という人でもある。若い人をいう。

 加藤の山という、万里の山という。後、江戸時代と
いう。加藤清正の絵という、朝鮮トラという、槍と
いう。この槍という、実は、泥に埋まっている槍で
ある。槍に旗をつけて、長城に並べるをいう。これ
で、長槍橋という、長城である。

 それで、頂上の加藤という。葦の木混じりの槍と
いう。トラが恐竜のトラとそ。これを、カマゼドンと
いう。白いトラという。白虎の槍という。トラをめで
る話である。

 加藤清正のおじいさんという、石像にそういう人で
ある、若い人である。この白トラと一緒に写るという、
スマホの絵という。一緒に写った人である。頃は、巻け
た日である。

 これを、スマホの小唄という。スマホのカマゼの歌
という。かまトラの山という。頂上登り口の次の場所
である。ここを登る人という。虎口を登る人である。
ここ虎口という。スマホのトラと一緒という。トラと
一緒に歩いた人である。手に槍を持って立てていった
人である。

虎口を越えてという。ここ虎口越えてという。三個目と
いう。三個山という場所である。万里の長城である。
この書きを始皇の書という。施行がなる日という。

こここここという施行という。Co-Fiveという英花
のことをいう。CCCCC。C-Fiveという。後、音楽に
出てくる、ワオ〜ンという、トラの鳴き声である。
C Fiveの音を、ドとソラという。土空音という。

尊土空の話という。後、孫悟空という。孫悟空の
弟という。これを、きみがね、という。君の音
という。君子音という。始皇の書になる話である。

それで、若い人は今も歌を歌う歌山という。
駄作茂の山という。あの名曲である。『あの
町この町、日が暮れる』という名曲の一節である。

酒池肉林という楽とそ。これが、尭舜のこえ、という。
禹(う)のことを、加藤という、あの町この町である。
韓江のことをいう。
 これが、加藤清正の話とそ。
後述にします。

 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2270大原練習1890天の下1705PortugalPinheiro 万里の長城・ポルト(ポルトル)(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622607
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2242
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3499・PortugalPinheiro 万里の長城・ポルト(ポルトル) :イカスミ柳

文だけ
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3499京都船旅2399古譜2269大原練習1889天の下1704PortugalPinheiro 万里の長城・ポルト(ポルトル)(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2019/02/16柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正
 
    監修、四条 道世

    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会
【作成】Muse Score フリーソフト    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2019/02/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
おどんこの せといきはなる はつべひら
こってくみけて そんそるられと
    世浜玉代 勝共月四年いつご 
【万里の長城】
【金浦】
 さて、この日、若い人が上がった万里の長城という。
金浦へ着いた人とそ。きんうらの山という。カンレブ・センスカ
という。カモッソン・レークルーという。これを、みんれくらる、
とそ。

 『さて、李城をいかに』
 『おいどん、みなんしゃって』
 れっせの_くゆんず、という。 えっぺらろんずの_かおふき、
 という。ここの山の落ち淵という。李城を、はくとめ、という。
 
 はくとめ_さんゆら、という。この『李』を目という。メレルレー
、メブスン、めってゆゆぜつ、という。ルーワルロンゼーのエリン
スックという。メンソレという。後を、メンソレラックという。
これを、レブスン・ロークという。露ぜら論という。論べるの
みなすゆ、という。ベーレルロンゼーのアルッケンクレーという。
歩き図山のお書きという。これを、木津のおらるれ、という。
歩き図を、木津という、木図という。これを、キッとそ。キッズ
という、後、キットという。

 歩いて行く場の図の意図という。これを、いずという、いと
という。レメテ・ロンレブの、うゆっすんずく、という。
 『これ、助さんや、かくなりれ、こわれそんぱら、うゆこむ
  おりず』
 これを、レコという。レコンキックラーという。
 ふくれる様のお書きという。稲尾の山という。稲尾レンテの
 レブントックという。みんたる山の絵という。これを、いなれき、
 という。いなっすんれーての山という。いなっすんの意という。
 
【紀見井城】 
 紀見井城へ行く話という。紀見井城下の若い人という。若山と
いう場所である。和歌山とも。
 『レコて、山ゆら、そそゆ、せむす』
 これを、きそめくら、という。後、木曽繰りという。木曽綾という。
 
 身は、韓国ゆっきのえかれる、そめ、せるろる。せてす、すすよや、
ろっくろん、という。ろくそる・れんく、という。和歌山に、
英花(えいはな)がある話という。英語がある話という。
キットロンホアという。和歌山のうびゆき、という。

アイ・ロット・ルーとそ。この英花である。後、アイ・ゴワンホー
という。私は行くという意である。これが、和歌山の熊曾建
(くまそたける)語である。熊語とそ。

【ヨイネ】
 さて、この熊である。恐竜である。名を、ヨイネという、恐竜
である。ヨイネ龍という。このヨイネ龍が、長い体の龍とそ。
万里の長城をいう。

 和歌山に万里の長城があるという。へけゆて、という。
めりたらの絵という。これを、ろぶくれ、という。
まいてめよるく、とそ。
 
 古い和歌山の熊襲の道である。あれを、万里行という。万里の
長城である。めめてのいまく、という。イーレルボンゼーという。
イリッソンともいう。ここを、龍宮という。りゅうみやのぐうくく、
という。卑弥呼のおが、という。これが、がおの言いという。

【顔】
 顔をがおという。えかおを、えがおとそ。ぐうくれの言いと
いう。ぜんこくという、ぜんごく(例、全国)、という。ぐうくれと
いう言いのこととそ。

【ぜんくご】
 ぜんくご、という。ぜんこくのことをいう。卑弥呼期のことで
ある。これで、大和朝廷は和歌山にあったという論の元である。
ぜんくごの話という。

 卑弥呼の熊襲という。熊じゅうぜってる、という。熊れら、と
いう。ムームーシッシシー、という。熊の笑みという。熊が笑う
をいう。

 熊襲猛は熊である。この『熊』は、龍をいう。これを、カム
という。カミという。カムカミという。後、カムイという。
熊襲のカムイという。熊襲がカムイである。これを、カミそみやむ、
という。カンミラレールーという。かみせむのゆゆす、とそ。

【龍道】
 めて花をいう。これを、めてるく、という。かんみらゆうむの
ゆゆせ、という。龍が、道を、という。龍を道という。龍道の
言葉の語源である。

 『かけま雲、だついき』という。これを雲どう山という。
和歌山の台地の古い道という。これを、高野龍神という。
かけま雲道という。ここの『お』である。がお、という。
がおる道という。がおれる山のお書きという。

【お】
 『お』という、道のことを『お』という。ここを、万朶の道
という。万朶のお、という。万朶のめ、ともいう。
万朶のおめ、万朶のめお、という。『め』と『お』の話という。

 かけま雲、めおおめの山という。熊野律という。熊襲ゆんくき、
という。この『ゆん』が、朝鮮語のように聞こえる。朝鮮の金浦が
かかることとそ。

 若い人が朝鮮金浦へ行くことのかかりという。朝鮮から金浦へ
行くという。機が『ゆん』というジェット機である。万朶の桜に
ジェット機が降りた話という。これを、天輪降梅という。
 
 桜の木は梅をとる、梅科の木である。ジェットのかうす、という。
ジェット機の降下をいう。車体斜めで、そのまま降りていった
こととそ。これを、機体という、車体用のジェット機である。
羽を出し入れできる車である。この機を熊襲機という。熊襲猛と
いう、若い人である。

【鉄車輪】
 鉄の車輪の車という。京都会議場から和歌山まで道伝いに走り、
紀見井という所まで約15分である。紀見井坂ゆら、ここで滑空した
紀見井城をしたに見る、熊襲猛行である。伴は駒川菊である。
機体に、月の上半分のしるしという羽根である。車様胴に、桐花浮
輪という紋状のかかりが描かれている。紋状のかかりという、模様
である。これを、大乗機ともいう。滑空れれふる、これを、トセ
という。渡世機の山という。渡世期の話という。

【熊野ゆん】

 熊野歩道という、熊野ゆん、という。朝鮮釜山へ行った人という。
天孫降来という。世は高麗へさしかかった頃である。高麗光の
熊んば、という。カムん場、という。カムレルレックの、
そゆっそす、とそ。これを、コマンという。コマン場という。

イル・コモ・パ、という。イルを正という、コモを顔という、パを
巴という。鼬龍の絵が描かれている、金の絵という。これを、キム
イルという。キム・イル・パという、金正機である。

【鍾馗】
 後、京の鍾馗という。鬼返しの花の絵とそ。航路でもある。
鍾馗が鬼の端を渡り龍になるという、これを鬼龍橋という。
ここの万朶のやという、赤鬼青鬼が描かれている。鬼龍の魔という。
マゴンルークの山という。魔間(まま)という話である。

そうきょうのお書き、鬼龍をよいねという。
よいねのことを、りょうという。

器量よし、という。よいお書きの鬼が出たという。
垣根の曲がり角という、垣江崎という、垣根に咲く桃の
ことを、きばいという。梅に充てて梅崎という。垣根梅の
お寄りとそ。鬼が桃を喜ぶ、梅見のことを、桃鬼という。
この桃を祈祷にとる意味を、ろくけ、という。ろくばいの
山という。ろくそむ屋敷という。六根の梅のことをいう。
これを、はわれる、いう。はしおての山という。鬼が渡る
橋とそ。

【れむ鬼】

 眠りのはじめをれむという。これを、鬼入りという。
れむ鬼という。鬼子のお書きという。ねむれる龍を、
きりゅう(示す偏に己、龍)という。これを、喜ぶ龍という。
鬼龍員江という。鬼龍員江の口という、ここが、万里への
登り口である。趙ともいう。

 きりゅう(示す偏に己、龍)、喜龍という、鬼龍が語源とそ。
鬼喜びの文とそ。
 そうきょうの韓口という、韓江とそ。
今日を紀見井の日という。和歌山城入城である。

後述にします。

 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2269大原練習1889天の下1704PortugalPinheiro 万里の長城・ポルト(ポルトル)(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622597
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2241
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽