2019年02月13日

卒業3496 PortugalCasaVoadora空帝家 :イカスミ柳

曲は、midファイルです。
馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


【曲名】卒業3496京都船旅2396古譜2266大原練習1886天の下1701PortugalCasaVoadora空帝家(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/02/13柳晴、少寒
    創曲、楽譜 読雄・正(やなぎ) 
    造詞、Totogozaurus・正 
    監修、四条 道世
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orquestra Militar、火打石を使う会    
【場所】御池秋残り用
【ソフト】Muse Score, ペイント
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
歩く家に乗って 会議場の前まで
行けば池に波 ステゴノドン来て
戸をコンコン叩く 開けて砂浜
足跡を見る 『お入り』 声を
聞き 笑顔を見せ喜ぶ<


 狐の天気予報。〇r2019/02/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
歩き家に 乗りて行きたる 御池浜
ステゴノドンが 戸叩きいたり
    柳沢 流韻 2019/2/13
【今日茂】
 今日を『今日茂の日』という、後、建国をいう建国記念日
という。今日が、木のように茂っていく、木見立ての日とそ。
国を興すという、興を建という。興建の今日茂という。けそん
の山のお書きという。これで『たてい』をいう。たていのこうく、
という。読みを『らの』にとる、京都会議の碗という。石器を
作る、こんばのや、という。これか、右鮒の歌である。

 『である』を、きぽうによる、喜望峰への行きという。
らの手らの山という。ベッセル・パーレーのくみふり、という。
『であうる』論を起こす話という。

 ミンセル・ロックの山という。これわねうちふり、という。
エンスカレールの山という。一発レーレというくみふりの野を
いう。めてるれ、という、アンクメックの山という。この山を、
という。れぶんはっく・やらるれ、これを、るいも、という。
【大和朝廷】
れるそっくの山という。音を伴い興すをいう。白い台地という。
だいやらの山という。やますて・ろっくの歌という。これの
庭国という。大和朝廷という。卑弥呼の山のお書きという。
この文がこんとめの文である。

 後という、中性子炉を作る話である。後、登呂を出す。これを
作るという。中性子炉の屋という。登呂に中性子炉を置く話で
ある。中性子炉をきみこせという。これを置く大和朝庭という。
御門を伴う朝廷という。中性子炉の丹である。ここを、丹と
いう。発丹の場という。

 はくれるの屋の歌という。木津雄の山という。後、江戸をいう。
江戸屋の山という。きっ芝の歌という。江戸へ行く話という。
江戸をとうめという。ここへ、ジェットという。『そうじぇ』と
いう機である、期とも。『そう、じぇっト』という。
【ジェット期】
 これを、じぇっ核という。じぇっ閣の中性子屋という。江戸の
山お書きという。これをとるジェットという。ジェット機である。
この期をジェット期という。

卑弥呼朝という期とそ。この期に、卑弥呼期をいう、卑弥呼機
という。ジェットの朝の蝶という、蝶機を出す話という。
蝶の卑弥呼機である。蝶のように飛んでいくジェースルーという。

このジェースルーの動力という。中炉という。なかせばのゆ
ふるる、という。これをはせみおくという。れもせの機という。
京都会議のはるくめという。はるれるのえゆてす、という。
京都の庁舎である。お池の百合という。はるくめのせみおく機
とそ。

 卑弥呼の京都という。京都を興す話という。会議を興すとゆふ、
という。れっぺの山という。れむ、とそ。纒向(巻向)の話とそ。
家が歩く話ともいう。古代、家は歩いていた、卑弥呼機家という。
木造の家という。巻向という。まきせらの山という。この家を
飛ばすという。飛ばし屋の花行きという。京都庁舎の南の前とそ。
そこで会議をよるという。れっそめ山るらのおつてつ、という。
【巻向】
 この『てつ』を纒(まき、巻き)という。おつてつの『てつ』
である。巻向という飛ばし屋を各町村に置く。朝報という。
この山の絵という。朝報のゆきかわという。京都朝報という。
卑弥呼聞である。これを、朝聞という、朝明けの新聞とそ。

 いきかわ船ゆつ、という。船をもめという。このもめを、空
浮かすという。空に浮く根をもつという。もめのもつ、という。
もめかわいきふり、という。木造の船という。これを、きのや、
という。

 揚巻巻向(あげまくまきむく)という。巻きぜの山という。
これを花魁(おいらん)という。花魁興しという。揚巻巻向の意
とそ。家を飛ばして置く、そこを朝という。後、庁という。

 遊落朝という。後、落庁という。落舎という。これを、
ゆうれま、という。有礼間という。各庁舎には、この間が
ある。ひみこぎか、という。ひみこのおや、という。
御家である。

 まさゆらふら、という。めるやる、という。めるてす、と
いう、国の造りである。古代大和の国という、大和朝廷の
卑弥呼という。卑弥呼という飛行機である。家、船、・・・
飛行機歩行の話である。大和朝廷用語で、卑弥呼家という、
卑弥呼機という、卑弥呼船という、飛行機と歩くものの総称
である。揚巻く話という。
【空飛ぶ家】
 家に乗って行くという、若い人という。京都会議の話という。
この朝を、あげらりく、という。朝を、あげ、という。朝あげの
や、という。古代大和朝廷の庁舎である。会議へ臨んだ若い人
という。あげ染めの若人である。みづらあげという、みづちも
という。バック・リーゼントの若い人である。
【ロケット】
 ロケットという、ジェットという、ゆっくり行くには船が
よいという。家で行った人である。これを、ひみこぎ、という。
これを、あおるれらく、という。卑弥呼朝の歌という。

 揚巻卑弥呼(あげまくひみこ)という、巻向卑弥呼(まきむき
ひみこ)という。れってという。れるふるという。まるせれる、
ろきふし、という。

 卑弥呼の家は飛ぶ家であるという、歩く家である。この家の
歌である。16を、もっと細かくする歌とそ。この造りが庁舎の
造りである。これを、今熊という。熊という、飛ぶ家のことを
いう。歩くとも。『あるく』という、飛ぶ家であり、歩く家
である。
【行進曲】
 これで、駄作の歌は全部、行進曲である。17/16という、家が
歩く律で、4/4でも歩くのである。空を飛ぶときの行進であるとも。
古代大和朝廷の歌という。原子力、中性子炉を伴う歌である。
空歩きの行進曲である。家に乗って歩く人である。
【船着場】
 各地にある神社という、あれは船着場であるという、若い人
という。石段のそばへ船を着けた人である。御池神社という。
列項、会議を興しという。列項会議という、紙札を拝むのである。

紙に列項会議と書き、それを拝むという。物(ぶつ)という。物拝
という。後、仏壇という、かみやしろ(神社)という、拝の目標
である。
【我が拝は紙である】
 紙に列項会議ということを書き拝むという、家で空を飛んで
いた時である。家歩きの頃もそうである。我が拝という、若い人
という。我が拝は紙である。そういう人である。

『紙や白』という、古い頃の話である。これを、紙白(かみしろ、
しはく)という。空帝家の話である。古代大和朝廷は宇宙人が
作った、円盤が降りたところである、各地の神社に残る話という。
伝説の元になった人である、若い人である。

神社の石段は、古代人が舟を着けたところであるという、民間に
伝わる伝承という伝説という、丸木舟という、手に長い木の棒を
もった人という、肩流しの貫頭衣、そんな想像がふつふつと沸く
場所である。
イージス艦がついたところである。

 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の句もや如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2266大原練習1886天の下1701PortugalCasaVoadora空帝家(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-622567
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
-----

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,2238
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽