2019年01月24日

卒業3466 PortugalAviao e Fuji 機立て富士


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:風粋 幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3466京都船旅2366
古譜1366大原練習1266天の下1666 PortugalAviao e Fuji 機立て富士(御池八景) (壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)




【創曲】2019/01/24、柳晴
     創曲、A氏正
     造詞、J氏正
     監修、木庭菊 雄正(やなぎ)(秋残り市在)
     訳  冴柳 一良正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra、QLカッツ正(やなぎ)指揮
【場所】Sea
【聴衆】篠宮光幸・正(やなぎ)率いるファン・クラブ
    木曽山 魏・正(やなぎ)副団長と扇隊
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
空は青晴れて 飛行機に乗って
行くよ 富士参り うれしさの旅は
花見便り 下 船見え 遠富士
頂と同高に 機立ち回り 横の機も
立っている 機立てよろし

 狐の天気予報。〇r1858/01/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【J家言】今様(こんさま)、詠。
富士山は 同じ高さで 拝むもの
富士山の花 山と機と空
--富士見回り詠

旅客機ゆらり旅
 京都会議の3日目、この日、御池飛行場より、六機の
旅客機が飛び立った。一機に三十人程の乗り組みである。
富士御参りという日である。
 旅客機で、富士の頂で立つのである。そして、富士を拝む。
こういう企画の旅行である。20分足らずで、富士の近くへ
やってたきた。ここで富士の周りを旋回するという。長生きの
旅という。富士の頂の周りを一周すれば、長生きするという。
京都会議で作られたジンクスである。
 皆、富士を拝んでいる人達である。富士は日本一の山という
歌に歌われた霊峰である。
 すぐに京都へ帰ってきて、一時間程の旅である。 
 今日、九重ににおいぬるかな、尊き会議とそ。

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1366大原練習1266天の下1666 PortugalAviao e Fuji 機立て富士(御池八景) (壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、東洋都 直・正(やなぎ)画家
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4668
     画商『都端』墨絵専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi M.X.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽