2019年01月14日

卒業3455 PortuguesBomDia おはよう :イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3455京都船旅2355
古譜1355大原練習1255天の下1655 PortuguesBomDia おはよう(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/01/13、柳晴
     創曲、A氏正
     造詞、J氏正
     監修、木庭菊 雄正(やなぎ)(秋残り市在)
     訳  冴柳 一良正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra、QLカッツ正(やなぎ)指揮
【場所】Sea
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ASuperComposer4
【歌詞】創郷 
朝早く散歩する 案内に陽があたり
大きい取が案内の木にとまりクウと鳴く
飛行機が飛んできて降りてきた人が
ハローと挨拶を 私の返す声
おはようございます


 狐の天気予報。〇r1918/10/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【J家言】今様(こんさま)、。
 敬信正(やなぎ)、太陽を拝む人。若い人という。
リスボンの太陽という。新しい世界がくるという。

 ミスター、J・ヤーバンという夜番人である。明日の
朝はいつも新しいという。日革夜革の日月という。日に
日に革まっていく世界という。太陽を拝む人である。
時間の元という。太陽の暦という。暦を日革という。

 この日の京都の会議である。『日革、世は革まり』
とそ。J氏の開会の言いである。『New world come, now』
という。WWCNの選という。Word World Can Nightという。
夜が明ける言葉という。世が明けたというナイトの日という。
暦を革めた日である。今日より明示する話という。
 
 こうして世界が新しくなったのである。世界暦という。
日革暦という。1年450日という。1月45日である。これを、
だよんの暦という。そういう一年という。

 450日である日の太陽という。これを楕円の太陽という。
日に日に太陽がずれていくという、日の数えのことという。
年もずれていく。この日に、だようという、だよんの山の
おこえとそ。日革暦の話という。

 人の年もそうなるという。今が、山の家の日という。
古い、若い人という。夜番の暦という。こんな暦を使っ
ていたとそ。革進暦という、日革の人という。
 j氏の暦という。夜番暦という。
 
 若い人はいう、『日陽ヶ丘の暦である』と。暦の歴史と
いう。京都会議の一話題である。

 今日は、14月8日である。よみよみの話という。日革太陽
暦という。夜の心の人である。夜を一日に数える読みとも
いう。日革楽暦という。夜を一に数え、日を産という。
産日家の家という。日陽ヶ丘の若い人の家とそ。
J氏の来訪の日である。『むこうせ、いなられ』とそ。
2019/01/13
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1355大原練習1255天の下1655 PortuguesBomDia おはよう(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4558
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/10/09柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽