2019年01月12日

卒業3452 PortuguesConferencia 会議:イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3452京都船旅2352
古譜1352大原練習1252天の下1652 PortuguesConferencia 会議(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/01/12、柳晴
     創曲、A氏正
     造詞、A氏正
     監修、木庭菊 雄正(やなぎ)(秋残り市在)
     訳  冴柳 一良正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】Sea
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ASuperComposer4
【歌詞】創郷 
港に船つけて来る人が鞄を手にし
加茂往来に闊歩すると 晴れた顔に
勇気が満ちて明日の世界を作り出す
あすなろう木を植えて会議の祈念
また会いましょう



 狐の天気予報。〇r1918/10/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【J家言】今様(こんさま)、ロス・オス、エル・アラモの山。
 ジェイ・ヤーバンという人がいる。馬には乗らないという、
野蛮人という。これを得るという。エタゆまという。馬を、
ゆまという。京都議場のアメリカ艦という。このアメリカ艦の
船長の腰振るという。越し山のお書きという。

 古腰のジェットという。ミスチスという。ミスタスともいう。
これを、ミクという。ミクにゆられるという。ジェットのせっかく
という。セクテスという。セクルルの山という。

【論里】
 論里の歌をいう。ロックスの揺れという。みゆふるレックの山、
これを、ルブベルという。ルッスのゆゆゆ、という。弓山で
ある話という。アメリカ会議を起す人である。起会の会議という。
会うという話という。会いの山、これを、ろっこく、という。
ロクタスの山という。

 アメリカのおは山という。この『おは』にかかる、ゆきゆれ
という。アメリカをいう。アメリカの雪という。アメリカを『茂』
という。もという、しげともいう。このしげの場のお書きという。
れを、J家言という。これをマーという。ジェーマの山という。
これを、れるきんとん、という。ジェーマのマーチェルという。
マーさんという。マーテルの山という。後、キンという。
ジェー山のお書きという。

 大原の大宮という。この大宮の『まっしゃれ』という。『ま
たれ』という。まぶゆすのおこと、という。『まっちゃれ』と
もいう。これが、後、『まっちゃる』『まっちゃら』になる、
『またれ』の話という。

 京都弁の『きいやまち、まっちゃら』という、抑揚の入った
言いという。木屋町松原と表す。これを、まっしゃれ言という。
後に、マーシャル語という。マーシャル論という、若人という。

 京都会議へ来られた、アメリカのフロセルの御老体という。
ブロンベの丘という。若い人の住んでいる日陽ヶ丘である。
後の、御池とそ。玄、京都の御池河原町近辺である。

 ブロセル宮という、会議場である。この家を言う。ジェー家
という。会議場のことをいう。現、京都の庁舎という。ブロ
セル宮という、ジェー・カッツという。ここを、英姿という。
英姿宮ともいう。これわ、ロンハン、という。ロンケルともいう。
ロビンともいう。駒鳥の来たる宮という。後という、京都ロン
ハンという。プロッゼの山という。

 エル・リンテスの山ともいう。える原の大原という。これを、
えるという。えるの言葉をいう。えるやらのくいふり、という。
言葉が、意味を食べることとそ。言葉に色んな意味がつく、
すま、という。これが、つぉーをいう。つぉーの家(や)という。
今日市庁のことをいう。

 広く会議を起した史という。古く、京都史という。える・
らんとくの山という。ジェーを、こま、という。キーそん論
という。これを、きれゆま記という。わたいす論ともいう。

 レブスン・カットという。字の並べをいう。これを、地という。
指の地、指の字という。後、あざ、とそ。字(あざ)が字になる
れぶゆまれ、という。この『ゆまれ』が、『うまれ』である。

【うま、うまれ】
 『馬』を『ゆま』という。『うまれ』を『ゆまれ』という。
マーシャルの言葉という。まっちぇら・ろんらく、という。

 ジェーの地という。ここを、クーパという。クーパ地という。
クーパーじぇ、という。これが、字(あざ)を造る文である。
キーボードの話という。

 世界会議の字場(じしょう)という。アメリカ会議を起す文で
ある。

 アメリカ山、ありてそありる、けけすゆ、るるす。これを、
とぞ。アメリカのニューヨークという。ヌーメラの町という。
ヌーヨークという。ぬぶんれるのオッシシ、という。
オックスともいう。

 ここのおじである。うちをけとおっしゃる。家をけという
後である。『広く会議を起す』という。そこを、こう、という。
港という、項という。港であり文である。

 御池港という。港のおいという。そこの家の、おいけである。
広く知られた現、京都不知事という、京都蝶である。マンモスの
蝶である。御池蝶という。その、蝶を不調という。この『調』を
調べるという。シラベル調という。波調の山という。

 古く、シーとそ。シー蝶舎という。C調の山という。J論である。
よこずれ、音楽をちょうという。音をもという。音味の山のお言い
とそ。ここにいた、野番仁という。これを、ジャッパンという。
やばんじんという、J・ヤーバンである。広く知られたジャパン
という。野番仁という、後、夜番人、野蛮人と広く行き渡った
のである。

 これで、じゃばん人という。J・ヤーバンを、じゃばん人という。
マンモス期の蝶である。じゃばん人、じゃばん仁という。翼を
広げれば、3メートル、4メートルある大きな蝶である。コロポッ
クル・フークーの記である。京都史の初めの方である。

 ここを、よも、という。これを、しらない人という。しらぬい
調の宇多である。後、歌という。野番仁を宇多という、宇多蝶の
野番仁蝶である。マンモス蝶である。これを、まんくという。
まんもともいう。

 地が揺れる頃に羽を広げて、『ワッホ、ワッホ』という。
蝶という。これで、蝶の飛び行く場を不長という。不長という
所へ飛んでいくワッホ蝶という。若い人の住む家である。現、
市庁という、幻視聴の話である。原子朝ともいう。京都と
会議の開かれた朝である。

【マーシャル群論】 
 幻想の豊かな人であるという。マンモスの山お書きという。
英姿蝶ともいう。これが、調べの一結果という。マーシャル群論
という。

【キスカ】
 後、これに寄するという、キスカのマンモス蚊という。これが、
記に寄せてという、木に縁る蚊という。この場を『木に寄る
こう?』と尋ねるのである。『〜こう?』を『〜か?』という広く
行き渡った『〜か?』の尋ねの言いとそ。行き渡った効果である。
木による蚊という。これを、こうかという。マンモスの蚊のお陰
という。
 『ウイ』というお言葉を述べられるのである。今も、そうで
ある。 今、妄想のお書きという。『ウィーン』とやってくる
蚊の項とそ。御池港でもある。
 
【結前論】
 広く会議を起した文である。色んな言葉を使う世界の人という。
ボーセル・ハッツ・ロッツという。斜論のや、という。J氏の甥と
いう。アメリカのJ氏という。これわ、英米姿という。英(はな
ふさ)の米場という。

 ロス・オスへ行くという。現、ロサンゼルス郊外になる。
ロサンゼルスより来たへ100という。ロス・オスのまちがある
場所という。現、砂漠の中である。5号線上アーリアという。
アメリカ、ルート5、ミレランという、ロッテ・モーレルの
くくゆき、という。

 I woulda goo、アイ・ウッダ・ゴーという。ミレランの
米語である。ロス・オスの言葉とそ。後、グーデスという
言葉という。カナダのろんという。レンブル・レースの
丘という。ロス・オスの懐かしという。樫山のお書きという。
Los Ose お書き、これなるを。

【曲説明】
 ミンビスで歌う歌。ペルセ・ラックの調である。レンテス・
パッテの調ともいう。後、上の文を混ぜて、ハ調になる。
C調というしらべである。市庁舎音という、マンモス口調の
駄作者である。
 あれは、わがC調であるという、駄作音楽様の調舎である。
我が家という駄作者という。キーボードの駒の句切れ、
キーボードの地をきるという、駄作文の造りである。
かような駄作の国造りという。国造りの宮っ子という。
古い大和では、そう言うたという、京都会議である。
国造宮というロス・オスの我が家である。
 ビズをして、ロスをして、という、マンモスが飛び
交うローモの町ともいう。ロス・ローモのおこと、とそ。
 ミンビス・ラックの歌、これなるを。
 ウィーン音楽祭、出品物である。
 ワッホというウィーンの郊外という。フランク王国の
頃である。

【京都会議記念】
 記念に、あすなろう木を植え、あすなろう記を置いた
人という。世界はそうなっていった話という。
 あすなろうの世界、若い人の世界である。
 
 これを、ウステデス、デファーという。明日の
デパーチャである。あすなろうの歌という、これにる。
Vamos sair.

国連正(やなぎ)、これをもるという。
アフルー山にお住まわれ、世界を御覧とそ。
アフリル・レンテ、これにる。

おじゆ、あられあられ、ロンドンゆ、ニューヨークゆ、
ニューヨーク奥ゆ、ロッサンゆ、ロサンゼルス方ゆ、
フロルゆ、フロリ方ゆ、フロリダゆ、ワッスゆ、ワスタスゆ、
テキサスゆ、ネバダゆ、アラモゆ、ロス・オスゆ、シアトルゆ、
ワシントンゆ、かえでカナダ・バンクゆ、バンクーバーゆ、
メキシコゆ、ボリブゆ、ブエーノ・ノルテゆ、アルゼン国や、
ホーンゆ、喜望峰ゆ、あすなろう岬ゆ、ケープタン南荒れゆ、
グン・クリーブゆ、ペッテルブルグゆ、ロシア・トロイカゆ、
などなどなど・・・・モロコゆ、カサブランゆ、ニュージーの地、
ニュージーらんどゆ、オーストラリア南極ゆ、ありるありる。
カンベラシテす、ありすありす。南京政府なるを。
ペッキンラックこれなり。アフリカ・ストレート、上海諸子鉄路、
なりるなりる。上海モロコありてそ。
ナンキン・ホーア朗、東上はんむれい、とそ。

おばゆありもっさねろるろる。御おばゆあらる日。
御おじゆ、あられあられ。

藩を無くした明示という。これ、明治解という。
広く会議を起す日である。A氏英姿の大正(やなぎ)という。
正(やなぎ)のくに連なる日々とそ。国連正(やなぎ)なる。
深草茂、お書き。

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1352大原練習1252天の下1652 PortuguesConferencia 会議(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4528
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/10/07柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽