2019年01月03日

卒業3443 大阪はんにゃな

大阪(逢坂も)きゃあるぎ よんほく めその言葉
めんせのだむれるの言葉。(めっそ、めそともいう。)
大納言というところの言葉。めーるという、大公という。その言葉である。喜びの言葉。『あるっきゃ、ろーく』
きゃーるという、めんればの言葉。『きゃっせらーれ』という、
きゃーするの言葉である。おきゃっきゃのらみそみという。
れぶせるらっくの山のお言葉。めるせる山のおかきこといいの
『ゆっきゆっき』という。ゆきゆくの言葉という。『めーる、はんれるらせ』とそ。びずぴすの言葉である。今のビズの語源である。
『びずふる』という、『びずおして』という。『だいなゆらやら』
という。だいせらごっくの山のおいんそす、という。
大納言を大魔言(だいまごん)とそ。だいやらろっくの歌語である。
めっせるらっく、ともいう。だいねま、ともいう。ろーくの山という。わおんれくのめっからるー、という。めゆめゆのやりという。
歌である。みとゆたれっせのやみろく、という。よどみれんるくの
歌である。『びず』のことをいう。『びずおす』と、歩を進める
ことをいう。
  『おどんで』は、めんゆすの言葉ともいう。『めったれ』という言葉とも。いこう花の山のお言葉である。『おっどん、なはれる』という、城見の話である。城を見に行く言葉である。出鼻の
ぺってるろー、という。『めるゆっす、ゆっすゆっす』という。
ゆすめらのきぶらんのことは゛である。めるてすろー、ともいう。略。

大阪きゃんのかの話である。るるめるはっすの山とそ。れれんそのゆいゆい、という。
めるる花ゆな、えるてるろっく、という。言葉をろっくという。『ろっく』という言葉の使いである。歌語という、はるれるのゆゆ花という。ゆぶれる・るっす、という。るるゆきの
はんにな、という。はんにるらっく、ともいう。れるれるらっくのろるんす、という。
これを、めんま、という。これが、、ゆんまという夢の意味である。
 めーるれる山と 、れてほのよいゆい、という。よいよいのおだい、という。
よみすまのあおはる、という。べっつつっつくのよりふり、という。めゆままのおいから、という。国をおるという、国を作ることをいう。国見間(くにみま)の話という。
 だいこくれっくの山という。だいこくがこれである。だいこくの意味である。
こいかわ山お書き、これなるにる。ははの山のおえよわ、とそ。
そうきょうろうの話である。よいほの話とも。
あべっく論ともいう。連れの話である。
『みゆ、すてらげ』という、連れに、見ることをいうことは゛という。
 『すてゆっす』の言葉である。

駄作家の家をいう。『城へ帰る』という、『御所へ帰る』という、我が家への着たくである。 蒲鉾道に住む人はそういう言い方をするものである。

『花見はおでんどっか』『おう、天道様の、あまの下じゃ』とそ。
 お天道様という、太陽のことをいう。
 『双胸は花の下、この天花(あまはな)、きん通り』という。錦通りである。
 よい連れの言葉である。
 『双胸は天の下、この花、錦で』という。錦の時という、花見時をいう。

  双胸という、人が双んだ状態をいう。一人の時の双胸は自分の意である。
 双んだ胸という。単数と、双数複数のことは゛とそ。
 これを、スーラホーツーという。スーラホートーともいう。スーラスースーの
 意味である。そうきょうをスーラという。大納言語という。

 『そうきょうは良い』という、現代語である。スーラルーラーという。
 これを、スー浜のことは゛という。スーシーフーラーという。テンホー
 という。めるれすのゆいらら、という。そうきょうの言葉である。
 自分の胸を、スーハラという、スーキョウともいう。スーメルの言葉という。
 れうれるらんくくのゆい、とそ。

 『今日はどの城へ行こうか』という。『白城がいい』という。雪見舞いのお訪ねという。
 山々のおゆ、という。山をとるとそ。山へ行くことをいう、山を見ることとも。
 現代は、山へ行くという意で、山をとるとはいわない。
  盗山登山の入り乱れという。
 山へ行くという、手がいく人という。テイク論という。take a look である。
美人網のつつやら、という。つつやみの言葉という。どんこの山のお書きという。

 うどんの人である。これを、お-うどんろく、という。おうどんろくである。
 うどん美人のそば食い山とそ。食い倒れの見通しである。のっぺらぼうの語源である。
  のんびるれっつ、という。ののせまのおすれす、という。のんびりのことを、
 れも、という。まむすてのお言葉という。まむまむのびる、という。

 びずのことを、びるという。びるまやのおすゆす、という。ゆすめすのゆむれる、
 という。略にします。

書けば、それこそ、蒲鉾道が立ってしまいます。なむの言葉のいえという。
 いえする山という。いえすという、駄作家のお書きという。

 スースラーラのそうきょう語という。『です』という、これが、スースーである意という。
『そうスー』という、『そうです』のことをいう。これを、『そうですー』という。
『そうでスースー』という。あまが埼の言葉である。これを、尼が埼とそ。
天の埼を尼が埼という。天尼の言葉という。そうきょうをてんという意味である。
双びに双ぶ日のそう今日、これを天得という。天じょら、という。これが、天を点という。
一点の今日を、そうじつ(双日)という。昨日に双んだ今日をいう。双日のこう、という。
こうりるらんぶれい、という。これが、乱舞の話という。
たくさんの人が入り交じって踊る舞いをいう。乱舞という。たくさんの人のれいをいう。
これが、礼、霊、零になる、この語源である。乱舞礼という。これを欄間という、欄間の
作りをらんせるという。らんせともいう。これが、おらんせのごらんせ、である。
 欄間をごらんという。これを、ごりおんろく、という。
大阪ごりおんが、この欄間を指す場合がある。家の欄間をごりらという。大阪ごりらの
ごめす、という。これを、びっつという。大阪櫃(ひつ)の造りである。つつ造りのことをいう。
 筒状のお櫃という。美人のかかがもる話という。かかびつの筒餅という。これを、
つつもたる、という。つつもたせの話という。げこ山すっくの言葉である。

 美人をひべという。釜の近くである人とそ。ひの山のお書きという。

略にします。

蒲鉾估道には、たくさんいる美女にしき、とそ。美人錦の通り間という。欄間下をびつみつという。駄作の家の造りという。城の豪華な造りという。駄作家はそういうように白城するのである。これが白状である。告の白とそ。金持ちになる書きである。
 蒲鉾道を立てるという、道立ての家とそ。蒲鉾道に立つ我が家とそ。駄作家の造りである。
豪華な白という、駄作をうる人である。


国を駄作する人でもある。蒲鉾道数用、これなるを。
 
 










posted by 秋残り at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3442京都船旅2342古譜1342大原練習1242天の下1642 Portugues夢成り(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3442京都船旅2342
古譜1342大原練習1242天の下1642 Portugues夢成り(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/01/03、柳曇
     創曲、A氏
     造詞、A氏
     監修、田村 操
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Português Orquestra cívica
【場所】Sea


【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AAcid Music Studio
【歌詞】創郷 
君が越えてぞ来たる花の栄華
遠く離れて国を興すと南の涯
北の海から夢成りぬ日が来たる
大地の郷 母思う父思えば
 今この日 心にぞありて
 花の園 戯れてた 鳩が空から
 木をくれた 手にした時 思いは
 成ると 幼い頃の夢 今成る
 越えてぞ来たる
 
いつも荒れ地に木を植えて草植え
狐や鹿が訪れていた そんな
日々の楽しい頃に心に描いた
遠い大地の郷 夢今成りて
手を上げ叫ぶ今 空に父母の
 お顔があり 喜びの線路がひけて
 国が備わる 国は成り 往来には
 今日はと笑顔 国成りてぞ
 夢成り成りた 国成りてぞ
 夢成り成りた
 
ストレートラン いんばらリタイア
きくろをトレィル ハンになにゃはんろ
シクソンレクそりららうたる ふゆめ
なるはるる ふむにぬカレルラレ
はみはなめぬれ そびるり るりゆかし
おりはるらんずれ よいこす ほぎ
うつはまのぜんつれるろ きみゆぬはぬな
そりはれる レイチェラゆき はなになきかれ
すいはらよげる スラスースー
ほりはれるられ アフルスト(と)
ありてありあり

 狐の天気予報。〇r2019/01/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜山吹雲〜桃雲〜銀杏雲〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 
【作曲】今様(こんさま)海上。
A氏洋上にて。
 A氏が洋上にて作曲したものです。A氏はたまにラジオを聞き
ます。船には、長波が受信できるラジオが備え付けられている。
スイッチをひねったところ、流れていた音楽で、A氏の手で、
つくられた曲てす。A氏が作曲して、さっそく放送局へ送った
ものです。
 軽快な口調で今日の一言というところが、人気のアナウ
ンサーで、この曲を軽く、解説している。
『作曲は、ワールド・フーさんです。
 ----若い人のための序曲----
 と、副題がついています。仕事の合間に、趣味で作曲を
 したり、また、指揮をしたりされています。コンピューター
 で作ったもので、歌も船でつけまして、京都会議へ向かう
 船にのっていますとのことです。』
 
 A氏は軽く頷きながら、船に居る亀を見ました。『ブィーン』
と、亀が言ったからです。この曲の一部を、亀が歌っている。
満足のA氏です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
岩手県民は、健康安全第一です。柳の岩手 県。
『何をいわはま』 『ようぜ、はなよま』
岩手けっけけ  よも言葉 花見語(語りのことを、かたいという。
『おどんで、おでんしょっまま』『おでんしたどん』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 月にに正(やなぎ)をつけます。これで、月に健康安全がつき
ます。ヤナギ12月、しょう12月と言います。簡単に得る安全です。
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月
正1月 やなぎ1月 しょう1月
正2月 やなぎ2月 しょう2月
正12月 やなぎ12月 しょう12月

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1342大原練習1242天の下1642 Portugues夢成り(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4428
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽