2018年12月25日

卒業3438京都船旅2338古譜1338大原練習1238天の下1638 PortuguesLisboaAnoNobo正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3438京都船旅2338
古譜1338大原練習1238天の下1638 PortuguesLisboaAnoNobo正月(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/25、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
船揺らぎ錨上げ 海原に稲植え
弁当を広げてはまた稲落とし
新年富士拝み浦 花山波が
高盛り上がる稲を見せ
波遣り歌歌い 明けて寿ぎ
田植え イージスに東宮向け
西下る 名護屋宮


 狐の天気予報。〇r1918/09/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.


【戦場】 今様(こんさま)木板操作。7.
 伊達、ぬたち陣にて。
 『安達木板之助を呼んで参れ』
 『はっ』
 『安達、御公日出葦公は、かの地は、水で対処すると
  いわれる。井之頭である。直ぐに、用意にとりかかれ。
  プスリも忘れぬように、いざという時には、・・・』
   伊達は、日出葦に会う時には、いざを忘れず、懐に
   持つ。いざという時には、日出葦にプスリといく、
   伊達の小心という。
 『はっ』
 『そちは、木板演算盤といいおるが、これを見れ。』
  日出葦公の布陣の図である。
 『我がぬたち隊は左翼に陣取っておる、キーボード布陣
  というのである。伊達文字が書いてあろうが、ローマ
  字という。指示は指先からする。鶴翼の陣である。
  QAZともいうぬたち隊のことである。
  鶴たちぬ 奴立津 我が戦、草、ふくく(深く)に立ち、
  葦たちぬ、小笠小田原ゆ。』
   後、小笠深草という場所である。
 『はっ、ははぁ』
**戦草という書きとそ。

 A氏は、若い人に、ippanを使っているという。
京都会議の概略もこれで作ったという。
 年明けて、元旦である。若い人とともに田植えをするという、
落とし植えという、田植えである。
 東京水浸けの日という。イージスより、小舟を出し、田植えを
する。後に知られる、東京レーテランという。
 日照るあまの下、イージス艦という、大型艦船である。高速
魚雷艇という、東京海上の日々である。
 丁寧に、稲に石をくくりつけている若い人である。
 
 お爺さんよ、ありてありる。花裏きき裏、過ぎる関ゆら、とそ。
 後に、添えられた文である。
 
****落とし植え 稲に石をくくりつけ、それを小舟から、
        落とし植える。
        
===========
A氏日記
 1月1日
1 東京都在。名古屋行。
530 起床。
530 晴。
600 ご飯、漬物、みそ汁、玉子を食べました。
630 若い人に会いました。
640 イージス艦に乗る。
700 田植え。(小舟)
900 弁当。
1300 田植え。終え。
1340 イージス艦に乗る。
1500 東京から名古屋へ行きました。
1531 イージス艦、泊。
1600 風呂。
1900 食事。磯山食。
2200 就寝。
感想 小舟浮かべて稲落とし、遠く富士拝む。
感想10 水原(みなはら)、すすゆめ、せるる、るくせ。
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1338大原練習1238天の下1638 PortuguesLisboaAnoNobo正月(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4388
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽