2018年12月19日

卒業3431京都船旅2331古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3431京都船旅2331
古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/19、柳晴
     創曲、Jose Rine(ホセリネ)(西班牙)
     造詞、Gaivota
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
印にリスボンの赤い胸飾り
転げて前へ行く機会の兵隊が
船に乗り込めば機械の船団
大海原へ行く 帆を上げ錨上げ
浜松のそばに軍楽が聞こえ


 狐の天気予報。〇r1918/09/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

再論。欄外右の『私の技術』に書いています。これの、バージョン・
アップです。

【戦場】 今様(こんさま)戦場御覧。
 戦争も平和も、今は人生劇場の映画になっている。一本の
フィルムという。

 日出葦小田原城攻落の巻。
伊達(いたち)公を連れてまいりました。白装束の死装束伊達
という。
ふほのべに、小刀を隠し持っていたという。もしもの時は、
日出葦を、ブスッと思っていたという。
 日出葦『伊達か』
 伊達 『はっ、ははぁ』 座って頭を下げた。
 日出葦『もう少し遅ければ、ここがなかったと思え。』
  そういって、日出葦が、伊達の首を扇でピタピタとやったと
  いう。ゾーッとして、プスリのことも忘れてしまった伊達
  という。柳の造りの城という。
  
 『ソレッ、下げてつかわす。』愛用の剣を伊達に下げた。
 『そちは田舎侍で、天下の布陣を見たことがなかろう。
  こっちへ参れ、あれに見えるは、家康の隊、その横、蒲生。
  右翼に布陣しているのが石田三成、まあざっと十万の
  兵である。』
  『はっ、ははあっ』
  度肝を抜かれた伊達という。
  
  左翼を指さし、あれに布陣するように、今からは、『ぬたち隊』
  と称するように、後ろは川の津である。『奴立津』という、
  伊達が布陣した場所である。
  
  『世の軍楽であるが、とっくに(外国)の葡萄牙の楽である。
   スペイン人の、ホセ・リネが作曲をした楽である。
   聞こえるであろうが』、と言って、右翼を指していた、
   人指し指を下げ降ろした、日出葦公という。
   
  しばらく、『これが、天下布武というものである。世の
  指一つで軍は動く。これをよく、見ろ』
   
  伊達が見たものは、薄い板に書かれた、布陣の書である。
  左翼に『ぬたちつ隊』、その横『ふてとさ隊』・・・・
  右翼に、『ホセ・リネ軍楽隊』、その横『わらのも隊』。
  
  指示は、人指し指一本で出され、三本指、一括変
  換指示もある。
  
  指先、小手先による、電子頭脳戦である。
  『戦も普段も、今に動画となる。あっと言う間である。
   映画館での話になる、この布陣と戦である。記録映画と
   なって世に騒がれるのである。フィルムの一こまである。
   先の世では、キーボードなどと言いよるわっ。』
  『ははぁ〜っ』
  
  注:ふほのべ、この期の言葉である。胸元のこと。
  
 
  
  
 
 
 
 


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1331大原練習1231天の下1631 PortuguesSoldadosDeMaquina 機械兵団(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4318
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽