2018年12月12日

卒業3427京都船旅2327古譜1327大原練習1227天の下1627 PortuguesUmBarcoAVela 帆船(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3427京都船旅2327
古譜1327大原練習1227天の下1627 PortuguesUmBarcoAVela 帆船(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/12、柳晴
     創曲、Montanha
     造詞、Sky
     監修、Mar
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box 自動作曲
  BMagix
【歌詞】創郷 
朝の港 船帆には きれいな絵が
描かれて 風受け あの町 
行く日を待つ そう 希望
ふらませて見る いつかは
あの船に乗る日が来る


 狐の天気予報。〇r1918/09/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【音楽】 今様(こんさま)作曲法。
 1. Magixの自動作曲を使う。
 2. そのコードを、BandinaBoxに写す。
 3. できた旋律を、Magixへ入れる。
 4. 名曲出来上がりです。
   90% 自動作曲。

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1327大原練習1227天の下1627 PortuguesUmBarcoAVela 帆船(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4278
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/07柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3420京都船旅2320古譜1320大原練習1220天の下1620 Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3420京都船旅2320
古譜1320大原練習1220天の下1620 Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/10、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 




 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【御池】 今様(こんさま)いよる。
 京に御池があった頃という。

<<陽々ヶ丘>>
 ここを、陽々ヶ丘という。現、御池通りという。この
通りのなかった頃である。現、河原町通りという。
ここも、なかった頃である。大池通りの河原町という、
ここが、大きな池があり、その池の東の方という。山背
らら山という。市役所の東食らいになる。この市役所が
なかった頃である。池があった話という。

 この大池の北側という、現、市役所の地である。ここが、
後、陽々ヶ丘という。20メーター程の高さの低い丘陵地
という。この、丘陵に若い人が住んでいた。名前を立山
という、一広の丘という。朝日があたる丘という。
ここで、自由にあたるという、日光浴をしていた人で
ある。丘の真上に住んでいた人とそ。

 日光浴をして、丘の南の方を見下ろすと、池があったとそ。
御池という後の頃である。立山という、そこの丘の名前
でもある。陽々ヶ丘という、よんの山という。

 そこで、大池を見て、トンボが来て、頭に止まり、手に
とまりといった頃とそ。

 大池の南東、同様に低い丘であったという。後、瓦を
作った場所という。瓦町という後の頃である。

 今、若い人がいる陽々の丘の地に、丘より高い建物を
作るという。現、市役所のちょっと古い頃である。
この御池に、陽があたり、陽が沈むを、大層という、
後、太宗とそ、景色の見えをいう。太宗地という。

 ここの葉の夜という。夜鳴きのオオという声の
聞こえという。動物のきそがという、きされ鳴き
という。これを、きざ闇、という。きざま花という。
きそがをおうたまという、今のテンという鼬の仲間
とそ。その鳴き声という、オオと鳴く。このテンを、
きさのおかず、という。きされそっく、という。
きされがいた頃の陽々ヶ丘と御池という。

 古い山世の歌という。きされ山すみゆよ、くくれ、とそ。
みっ、連れるおつみや、という。みみよのうたす、という。
この、きされを、ともとした日という。若い日の若い人
である。
 この歌をりすによる、という。りすのぼん、という。
りすぼん玉という。ぼんれるすっすう、という。丸い菊の
玉のような菊の花という。これを飾りに、テンの具飾りに
という。この飾りを、菊られ、とそ。テンの菊飾りという。
 この地に住む、りすという、テンという。どちらも沢山
いた陽々ヶ丘とそ。山沢すみそゆ、という寝場所ともいう。

 ここの池に、手を合わすりすの姿とそ。手にこの菊飾りを
持つ姿の家浜という、そこに、家があった、りすの家とそ。
テンの家もあった話という。テンりす・くっすく、という
花れら山という。このりすの姿の歌ともいう。20センチ
ほどのりすである。
うれし山、ふなれお書きという。花こわの山という。
歌山の家という。陽々ヶ山お書きという。



 



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1320大原練習1220天の下1620 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4208
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽