2018年12月11日

卒業3423京都船旅2323古譜1323大原練習1223天の下1623 PortuguesCrisantemoBranco 白菊(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】 卒業3423京都船旅2323
古譜1323大原練習1223天の下1623 PortuguesCrisantemoBranco 白菊(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


 狐の天気予報。〇r1918/09/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【正(やなぎ)選挙】 今様(こんさま)いせる、御池ヶ埼。
<御池ヶ埼>
 京に、御池という所がある、その先という、前という、
御池ヶ埼という近日過の所という。御池ヶ埼という、過ぎた
近日花という、時間花の近日過という。

<山手>
 選挙をするというた人がいる。名前をこみたという。
このこみたという人の一山という。かんたの月夜という。
月がかかった一山のかり山という。かそ山をいう。これを
とき山という。レーテル・ロンズーという。
 この山を手という。山の手のいきふりという。山手という。
レブレル・ロンズーという。

<選挙>
 この書きが投資をいう。投資のいき山という。資を本に
する、これを軽薄という。計算の山の軽薄という。けられた
いきという。投資を本に書くことの陰丹という。いき浜の
ゆこしきという。これの言いが、すこめるという。すこ山の
お書きという。
 選挙の登録という。当選をとる選抜という。この選挙の
るきをいう。るみせるという。るこのとりふり、という。
年川(年皮)山のお書きという。これを、ネットという。
ねとれせ、ねとらせ、という。この言いの言葉をトツと
いう。トツ山という。とれせのゆいえるという。

 選抜を書きあげたという、これを選挙という。この選挙の
あげに祭りをいう。祭れという。この祭れをいとはるという。
といせの山のせるきくという。これが、セットをいう。
選挙を選という。選ぶという。選の家という。選家の
歌という。この家に正(やなぎ)をいう。正家という。
これを斉家という。後、政家ともいう。これを小白
という。

<三番叟>
 軽薄の五つ玉という。これを、算盤(さんばん)という。
これを三番叟という。能の番手という。
一番手にせろという。二番手にここという。
三番手にそうという。四番にかるという。五番にごけという。
六番にふくという。
七番にそくという。
八番にうりという。
九番にめのとそ。
十番にえたという。これをるっくという。
英語のルックになる。
十一番にえたせろという。
十二番にえたここという。
十三番にえたそうという。
これをうりふり山よりという。数の読み方という。

<選挙区>
 選挙にあげるという。選をぱばという。これをめけのや、
という。めけやのぱば、という。これが、選をとる場という。
イギリスのせんという。英選のじくれくという。このじ(じく
れくの、じ)に、くをいう。これが、くという言葉の出来
という。後とそ。区という。

 これで、選挙が区を場という。選挙区の選化という。
これを、選場という。選場が区をいう。選場区という。
この選場区をゆっけという。この『ゆっけ』が、三番を
さばという。三番のさばという。そうの意味である。
三番そうを、さばそうという。この『そう』を、せらぶ
という。後という。せったまという。せるくという。せるせ
という。みゆふむという。めすれんという。めすゆすという。
これを、るんける、という。るんけるらっく、という。
めたみの山という。後、おおば(大場)という。選挙の場の
大山という。せってのゆきふりという。選の山のお書きという。

 後、選挙という、選を、えろうかまやれ、という。選を
しろぎくという。白菊の選という。白菊を選ぶことを、手の
世の挙げという。手を挙げて白菊をかいつまんだきょほという。
これをこほという。きょほとも、こほとも、いう。

 この『きょほ』を、れんてまっく、という。レンズル・
フックーという。レムテン・ホックともいう。

 この『選』に、『せか』というせるくをいう。これを、
せいかという。斉家のや、という。セーブル・レーテ
という。せみっその山のおゆれゆ、という。れむせの
ゆきふりという。

 この『選』を、選ぶ戦うという。白菊を選ぶ『たたの手』
という。田にある自分の手という。白菊を選んだ自分の
行為を、田々に交う、たたかいという。これを、せん、
とそ。

<白菊の場>
 白菊の場という。これに線をしいたという。選を引く
見とそ。白菊線の場という。白菊選という場とそ。
白菊という線(選)を、せいとう、という。せいとうの
青浜という。池の浜の見という。青い色の池や、という。

<青踏>
 これを青踏という。青踏みともいう。浜へ歩んだ若い人
という。これの文の、書きをいう。
今の、政党という、選挙という、選挙に勝つ、選挙区と
いう。白菊のお山という。青踏の山という。

 これで、『せんをあげる』と、いう。正当な人という。
政る山のお書きという、祭る山とも。

<宰相>
 この『文』の『さい』をいう。言う人を、『採草』、
『宰相』という。『草摘む花』という、この草を『末
(すえ)』という。末摘花という、白菊の花ともいう。
げんじ物という。現当の、今、という。

 今源氏という若い人という。光源氏の話という。
これを、根源の氏という若い人という。白菊の根元の
調べという。今源氏、根源氏。

<今源氏>
 わがせんじんの話という。選人の田に、白菊を摘む
人とそ。後に、千仞の谷という。丘から下って行った
池の浜という。末摘花の若い人である。

 選挙の鼻の話という。選挙を始めた人である。選挙の
始まりを鼻という。物事肇めという、鼻とも。
手を挙げて、白菊を選び、鼻を掴んだ人である。
これを、千仞の谷のお書きという。有名な歌に
なった人である。

<海道一の弓取り>
 織田信長の戦陣という、海道一の弓取りという。今川
義元手元という、花をかい摘んで選挙したとそ。
千尋の谷を下っていったという。今側葦の元であった
という。今側源氏という、今、兵の兵家であるという。
兵家で平らげたという、平の浜辺という。白菊の咲いて
いた話という。若い人がいた御池ヶ埼の話である。

 今様葦よき、という、両用、良用の山という。
得側日出葦という、原も平らな地も自分に得る人である。
これを、良き文という、御池ヶ埼を、踏みの人である。
今様(こんさま)いせるという、いなせな伊勢の人である

若い人という。選挙を始めた人である。原子の花を
咲かせる人である。今様の原子という、原子力の路へ
いく、今原始人であり自然を拝む人でもある。
白菊よきによきに。原子花装用。毬状の白菊、古典花、
原子草(はらこぐさ)とそ。
御池ヶ崎の自然である。さきの世である。

<毬りす>
京童の童謡に、『ほんぼり白菊りすぼんぼん』という。
『毬りす、りす菊、あらりす、と』という。
あらりら風区の山という。御池ヶ埼である。
そうきょう良き挙げ手の、きょきょう(挙京)という。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3419京都船旅2319古譜1319大原練習1219天の下1619 PortuguesPortoDeLisboa リスボン港(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3419京都船旅2319
古譜1319大原練習1219天の下1619 PortuguesPortoDeLisboa リスボン港(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/11、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
海から風吹くリスボンの港の町
花や訪ねては胸に飾る 草そよげば
足軽く進む兵が楽を奏す 町人が
共に歌う 都


 狐の天気予報。〇r1918/09/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【御池】 今様(こんさま)いよる。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1319大原練習1219天の下1619 PortuguesPortoDeLisboa リスボン港(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4198
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/06柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽