2018年12月10日

卒業3421京都船旅2321古譜1321大原練習1221天の下1621日に正(やなぎ)をつけます Portugues(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】 卒業3421京都船旅2321
古譜1321大原練習1221天の下1621日に正(やなぎ)をつけます Portugues(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)




 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【正(やなぎ)、健康安全】 今様(こんさま)やすぐ。
 日に正(やなぎ)をつけます。これで、日に健康安全がつき
ます。ヤナギ・とうかと言います。簡単に得る安全です。

正(やなぎ)10日
正(やなぎ)11日
正(やなぎ)12日
正(やなぎ)13日
正(やなぎ)14日
正(やなぎ)15日
正(やなぎ)16日
正(やなぎ)17日
正(やなぎ)18日
正(やなぎ)19日
正(やなぎ)20日
正(やなぎ)21日
正(やなぎ)22日
正(やなぎ)23日
正(やなぎ)24日
正(やなぎ)25日
正(やなぎ)26日
正(やなぎ)27日
正(やなぎ)28日
正(やなぎ)29日
正(やなぎ)30日
正(やなぎ)31日
正(やなぎ)1日
正(やなぎ)2日
正(やなぎ)3日
正(やなぎ)4日
正(やなぎ)5日
正(やなぎ)6日
正(やなぎ)7日
正(やなぎ)8日
正(やなぎ)9日
正(やなぎ)10日
正(やなぎ)11日



毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
  


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3418京都船旅2318古譜1318大原練習1218天の下1618 PortuguesSoldadosdeMaquina 機械兵(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3418京都船旅2318
古譜1318大原練習1218天の下1618 PortuguesSoldadosdeMaquina 機械兵(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/10、柳晴
     創曲、Uma bicicleta
     造詞、Um carro
     監修、Navio
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
道一杯に兵が歩む 窓の外
二階で見てた 目の前に兵の
顔がある 我が弟の顔 鉄仮面
手に剣 振り上げ空を突く


 狐の天気予報。〇r1918/09/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【師団街道】 今様(こんさま)いつる。
 京から伏見へ行く道に師団街道がある。その街道へ兵が
行く。民家の二階で、窓からその行進を見ていた若い人と
いう。弟であるという。背丈が民家の屋根以上ある。
 その街道へ歩く弟という。鉄仮面を被った威容の
兵隊である。手に持つ剣の大きいこと、リスボンの剣
という。それをね空へ突き上げて進んでいく。明示維新
という街道へ行く、赤い佩楯(はいだて)、草摺(くさ
ずり)の姿という。幟たてて歩く姿の鮮やか。
 後、維新の道という。小さな、西郷翁の石像が見ていた。
金の目の翁という。金目という、胴長のバタとそ。道端の
翁である。今の世の西座山の生まれである。ここを、銅座という。
深草山銅着という。
 この南のQQCという。クォーター・クォーター・コ
ントロールという。ここの無線の呼びをQという。
冠する山のお書きという。 
 若い人の住む家である。 
 Quater Backという名前の家とそ。QQC、QBという。
クォーター・バックの幕という、後、幕長という。
幕長家花安という、伏見銅山連峰隊という。伏見の
金山奉行の長屋という。ここを、長沖(おさおき)という。
ゆるゆる真屋という。ゆるゆる夢の家という。
勝小山お書きという。伏見暖簾という、伏見の連隊
という。暖簾山お書き、これなるを。

創郷(そうきょう)によい機械ありて世に進むをいう。
明示維新進行という、機械兵団の歩である。
深草連隊記、これを東六という。

毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1318大原練習1218天の下1618 PortuguesSoldadosdeMaquina 機械兵(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4188
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/05柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽