2018年12月07日

卒業3414京都船旅2314古譜1314大原練習1214天の下1614 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3414京都船旅2314
古譜1314大原練習1214天の下1614 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/07、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
エンジンかけて フルスペド出し 都の
端から端へ 速さは五百キロ時で
ジスの泊まる港脇 朱雀大路
北に走らせ直角に東へ 途中は
あっというま 赤い建物
ずっと後ろ
  ここ平安の古都中 昔の
  絵に見た 絵と同じ様 車は
  早走り そんな平安時代
  映画を見てる気がする 座席は
  余裕のゆったり 花山名前の
  車 もう家へ


 狐の天気予報。〇r1918/09/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【平常】 今様(こんさま)いなり。
    平安京があった頃。
<<義経>>
 京に、千本通りという道がある。この道に桜を植えるという、
義経という人という。この人の話が、京都三重という。京の
三つ重ねという。これを、ひまざきという。あた山という。
あだ山という。あだをとるという、言い方をいう。あだ山という。
 平安京が出たという。平安の都という。ここを闊歩するという
ひぃに、東西南北の道という。南北に大きな道があったという。
この道を行くという、この道へ行く義経という。義経号で行った
という若い人と言う。この若い人が義経を平という道の言いに、
平安平(へいあんだいら、へいあんひら)という、平安平の山という。

<<千本平>>
 真っすぐな直線道路の大きな道である。ここの千本浜という。
千本平の道という、ここの墓の磯の針という。これが、針脇という、
東経の山という。東経135という場所という。この東経が山をいう。
西方山(にしかたやま)の位置という。花山御座所という。ここを
御っ原(ごっぱら)という。世に平城(へいぜい)という。
 平城山のおかず、という。おかずれんと、ともいう。
この、おかずれんとの石沢という。石浜の歌という。この石の
数えを意志という。意志山という。東経135という、ここの呼び
という。ここの呼びを、平安呼びの名とそ。平安京のある場所
という。ふの山のおりはるという。府という場所である。
この府をとう(toh、と読む)という。このとうの、とうを
やしかまという。やしづ、という。後、やっつという。
やつともいう。八津と書く。

<<八津>>
 府の八津によたをいう。よた八津という、場所をいう。
この場所のふれかわという。川が大きな川である。
南北に走る、東西の川という。これが、川やらま、という。
場所という。この東西の記を、さいきらむ、さいきらま、
という。さいすずのゆりゆり、という。歌山の沖という。
西東の沖という。この川に、イージス艦という船が浮かんで
いたという。
 若い人のいる所で、若い人が、今、見ているのである。
これを、大差という。名を、私原(きざはら)という。きざし
ばら、ともいう。みすらか、という。身の山の家という。
若い人が見ているのである。あの家を蓑という、若い人という。
 この家が平安京の御殿である。言いに、蓑左(みのさ)という。
御殿をいう。蓑左という呼びの平安京の建物という。平安京
を蓑左という、呼びともいう。

<<蓑左>>
 ここの道を、すざらま、という。すざらま道という。
蓑左のすざらま、という。前に、朱雀路という。
 この朱雀に行くという。若い人が闊歩する大通りと
いう。
『きょうは、風が興したまう』とそ。若い人が、今、言うて
いる。この頃を、1600年という。平安港の話という。
これが、花緒という年代である。花緒千六百年という。
蓑左の年号である、年代である。

<<イージス>>
 『今日は、イージスにて、花緒の世、ありてそありふる
ありせるありら』という。この言いが、花世の言いである。
イージス号の伊地(いじ)という。
 イージス号の位置をいう。東経135という、後、イッサンパー
の位置という。イージスの話という。この都の朱雀大路という。
イージス艦が浮かんでいた、この都の海路である。朱雀大路の西
にあったという、後の牛若丸という人という。
 これで、牛若丸という牛のカウセルという。牛若丸が今もいる
という、京の五条の橋の上、という。あれが、那須与一のしんとそ。
『那須与一が京の五条にいた』という私原家文書という。
 ここを、義経河原有瀬川という。『義経さんのおいられら』
という。これが、後を、行き行きて、という、船の旅という、
陸の旅という、船陸路という、旅という。

<<那須与一>>
 義経さんは、那須与一の伊勢のおす山という。イージス艦の
艦長である。後、地営の位置という。葦の原という、ドメントッキ
という。葦の宮の家という。イージス艦がおいてある話という。
 このドメントッキを伊地和(いじわ)という。これを、ドメという。
伊地和の那須与一さんという、平安京の御在である。花緒の年号の頃
という。後、花世保という念の年という。念を年号という。
 花世保(はなよほ)参という、参念花世という、花世保の前の
年号である。花世、花世保、花緒という、川の流れという。
これが、七夕の星の川という。

<<牛若丸>>

 川の間に大きな星があったという、星の家の言いという。
星の名を牛若丸という、花世河畔という。川畔ともいう。
イージス星ともいう牛若丸である。
 那須与一の星参りという。イージス艦に乗っている若い人である。
頃は、平安の頃という。平安というイージス宮の年号という。
イージス艦で使う年号である。イジラハッキラという、別の言い
方もある。
 きょうの船旅という。人生行路へ行く若い人という。この姿を
しょうかわ、という。後、店の品鶴とそ。見せの鶴の舞いという。
鶴が進(つるがしん)という、鶴丸の磯という。ここの磯の物の
置き方を、つみふりという。後、後、庭造りの話という。
つみ山の、およよらか、という。およよ、という。鶴丸の
丘の言いとそ。蔓のことを、よよ、という。およよという
花山のおこ言いとそ。花山詣でのことの使いという。

<<薔薇木伊地山>>
 イージス艦の薔薇木という。薔薇木伊地山という、イージス
泊めの港の木港という。イージスランククという、レムソルの
クビンフリという。イージスのおよらむ、という。オッビスと
いう、これを、くらっぜみ、という。くらす浜のおゆ、とそ。
山ややの話という。
 『これにて』という、若い人とそ。乗って朱雀大路を疾駆
した人である。瞬速四千キロという、鉄車輪の車である。
朱雀大路を、あっとい間に通り抜けた話高い人という。
 イージス艦と、鉄車輪と、歴史という、今歴史の人の
話という。若い人という。平安京を闊歩した人である。
 花世ありれらすすも、すする、すすす、という。
すすすという鉄車輪である。後、自動車と世にいう。
平安京内のスペドという。千キロくらいである。一選抜
という、平安期用内のスペドの単位である。

 若い人の平安時代という、時速五百キロという。そんな
車を駆使する人である。交通事故などない時代である。
人口も数人である。若い人がいる頃とそ。
牛や馬や鹿は、平安京郊外にゆったりとくらしていた頃
である。恐竜の牛、縞、鹿という、大きな牛という、
そんな恐竜がいる都とそ。

 牛車とか、人力車は、後の世のものという。人が牛や
馬に乗るという、若い人がびっくりした話とそ。平安京では
車に乗るという、その頃の話である。馬や牛は乗り物ではない、
動物であるという、若い人は馬には乗らない話という。
都人の若い人という。
 『いざはやの、平安の都、車かりてそ、大路行く・・』
と、ぽつりという若い人とそ。見れば、3メートルを超す
蝶々がゆったりと飛んでいる、耳には、ロックの音楽が
聞こえてくる、平安京往来である。


毎正時、よい時である。
毎正半時、よい時である。
毎四分正半時、よい時である。
毎十分正時、よい時である。
毎分正時、よい時である。
柳月曜日、良い日である。
柳火曜日、良い日である。
柳水曜日、良い日である。
柳木曜日、良い日である。
柳金曜日、良い時である。
柳土曜日、良い時である。
柳日曜日、良い時である。
正(やなぎ)子 2021年 柳子 し ね
正(やなぎ)丑 2022年 柳丑 ちゅう うし
正(やなぎ)寅 2023年 柳寅 いん とら
正(やなぎ)卯 2024年 柳卯 ぼう う
正(やなぎ)辰 2025年 柳辰 しん たつ
正(やなぎ)巳 2026年 柳巳 し み
正(やなぎ)午 2027年 柳午 ご うま
正(やなぎ)未 2028年 柳未 び ひつじ
正(やなぎ)申 2029年 柳申 しん さる
正(やなぎ)酉 2030年 柳酉 ゆう とり
正(やなぎ)戌 2019年 柳戌 じゅつ いぬ
正(やなぎ)亥 2020年 柳亥 がい い

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1314大原練習1214天の下1614 PortuguesSpade スペド(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4148
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/09/02柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽