2018年11月30日

卒業3405京都船旅2305古譜1305大原練習1205天の下1605 PortuguesBambuFino 笹葉軍(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3405京都船旅2305
古譜1305大原練習1205天の下1605 PortuguesBambuFino 笹葉軍(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/30、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
            ももよ
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドインナボックス使用
【歌詞】創郷 
笹の葉 手にし 踊るよう進み来る
草、深き地に道作り軍進む ああ
いにしえ機械の国作り 遠い
時世のことと 人は伝える
師団と軍の名は残る 


 狐の天気予報。〇r1918/08/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草交信】 今様(こんさま)よられ。
 肩掛けに手にマイクを持ち、号令のようにギターを奏でる。
世にいう、ギター行進である。『ゴー、アヘッド』という
声が聞こえた。ある者は、ホイッスルを吹いている。
『ピッ、ウッ、ピッピー』と、規則正しく聞こえる、
規律という律である。音楽律である。ギター連隊、
前へというように聞こえる。ウクレレのような小回りの
ギターである。
 今様に言えば軍楽隊である。背丈80センチ程の機械
兵団である。横、五という、縦、戦という隊列である。
これを五戦という列のことである。後、音楽に伝えられる
ことになる。
『ゴーレム、ホワッツー』という器械後とそ。
『ミーアム、レンレー』という、後とそ。機械の
機械による、機械の行進である。
『ミリーアン、ロー』という、『ハイラル、レッ』という。
みししばの軍用語である。
 空には飛行機が飛び交う、飛行機型のプロペラ・ヘリ
コブターである。雄々と旋回を始めサインカーブのように
上下している。
『メーリル、ロンホア』という軍行進である。
世に伝えられる話という。

ロンバルという笛の吹き方である。サンバに
伝えられ久しいという。サンバの手本という
踊るようにも見える行進である。
深草細記に詳しく書かれている。本書である。

 大日本帝国はそういう国である。庭国ともいう。
『つわものどもの、夢のあと』と、詩人は筆を振るい、
『ある晴れた日』とオペラは歌い、現今、マイクを
手にすライブという、また、絵には『革命後夜』
という画人がタッチ荒くまた細やかに描く、
あの絵である。
 自由の女神というリバティー・ミセス論と
いう、ペンタゴンハンドという、後にペチコート
・ガバンメントで広く知られる、庭国枢要である。

本歌(とらかな3405、英変換sotu3405)は、このさわりである。
トラかな、言えば、ピントくる話という。トラトラトラは、
後の世である。
 本歌は、トラかな3405番である。後々という、キーボード
小唄という、キータッチの音逞しくという、トラかなである。
sotuである。駄作者の小節材料である、後の世という。
今様、打ちてしやまん、とそ。
『最後の一字まで』という、駄作者変換である。
ヒットラーに捧げる文という。

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1305大原練習1205天の下1605 PortuguesBambuFino 笹葉軍(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4058
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/25柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3406京都船旅2306古譜1306大原練習1206天の下1606 PortuguesSabre 剣道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3406京都船旅2306
古譜1306大原練習1206天の下1606 PortuguesSabre 剣道(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/29、柳晴
     創曲、楚
     造詞、楚
     監修、Mo
     訳  めん(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドインボックス使用
【歌詞】創郷 




 狐の天気予報。〇r1918/08/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【剣道】 今様(こんさま)ある。『よいヨ』の教え。
 武道の言葉の取り入れである。
 『よいヨ』と言って下さった先生の御教えを実行する人で
ある。口先の剣道という。剣道の言葉を使いますという。
道を作るという。後、県道と。後、剣道も作るという。
剣の道という。今の剣道である。
 若い人が尋ねた話という。『剣道の言葉を、日常使っても
よいですか』と。先生仰るに、『よいヨ』とそ。

 若い人は、『こて、めん、どう』という。これを、日常
生活に取り入れるという。この若い人という、仕事をしていて、
『こて』という。『仕事は、こて』ともいう。これを聞き、
『へぇっ』と、面食らう人という。

 さて、この言葉の効果という。よいことがつく、という。
『こてを使い、仕事をする』という。『こてを洗いなさい』
という。『剣道を見る』という。
『こて面の二段打ちでしたね』と、スポーツの話をする。
よいことがつく人である。日常生活に武道を取り入れるという。
武道の言葉の取り入れである。

 自分によいことを寄せる、よい人にめぐりあう、よい生活を
する。・・・・よい話をする。・・・
よいことが起こる準備という。よいことを、こうして
自分に引き寄せる人である。幸せになる一手段である。
『よいヨ』の教えという。
『こて』と言えば、よい話である。
若い人は言う、『剣道の竹刀を家におく』という、
竹刀を見て教えを思い起こすのである、そして、『こて』
と言う、『めん』という、『どう』という。
『剣道の面』と、『剣道の胴』と、言葉を補う人でもある。
『こて、めん、どう』という人である。
『こて』『小手先に・・・』と、人にいう、聞いた人にも、
よいことが起こるようにと、思う人である。
 先生あられあられ、若い人は、よい先生に巡り合えたと、
いう。先生への感謝をする人である。

剣道は、『こて』『めん』『どう』と、打つときに
これをいう。言わなければ、一本にならないのである。
これが、人によきに作用する剣道の一面である。
『よいことをしていますね』と、人にいわれた人である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1306大原練習1206天の下1606 PortuguesSabre 剣道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4068
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年11月29日

卒業3404京都船旅2304古譜1304大原練習1204天の下1604 PortuguesGramaProfunda 深い草(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3404京都船旅2304
古譜1304大原練習1204天の下1604 PortuguesGramaProfunda 深い草(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/29、柳晴
     創曲、楚
     造詞、楚
     監修、Mo
     訳  めん(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドインナボックス
【歌詞】創郷 
先頭に小さな機械 列を組み歩む
雨降り 雨次第に強く降り続く中
軍進む 国を作る人の顔々 真摯な
眼差し 世に深草営団 伝えられ
世に伝う


 狐の天気予報。〇r1918/08/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草軍観覧兼行進】 今様(こんさま)います。
 軍ありてそ。おばゆ、手を上げられ、『トチ』なる御声。
名を『リバティ』とそ。御名ありてそ。めよありふり、せせら
降るせ。いわす、せせる、るるする、深ゆれはる。はるゆら、
おりする、ここる、これを深草営とそ。
 大機械ありてそ。自由の髪とそ。自由という、糸の髪とそ。
大機械高家(たかや)、振る弓、るそはらせという。
はんみそすそ、れれす、するゆ。めさせば、るる降るあま(雨)、
身揺れるさみはむ。せるんそ、ててるねすみそゆ。れてる弓原、
ここを、深藺草(ふかいぐさ、ふくいぐさ)とそ。るるするおりす。
けふの世、京をつくるとそ。京みや浜のおゆ、れれるそっすす。
 あたゆ、せみはむ。世は、コレルク、という。
中(ちゅう)ぜらそん、そっぷす。こっせふるれる、るるす、
そるす。これを弓降りという。世に振るうをいう。
むんれるせっぱの山、これなるを。

 小さな機械が、前へ行く。高さ10センチにも満たない
機械という。これが、隊列を組み歩いていく。その後ろ
転げながら前進していく機械の矢という。都合、兵数ごもを
いう。ごもの兵員という。
 その後ろ、中程の背という、これを中背軍という。
50センチほどの人体様の機械である。隊列を組み、手を振り
足平行に交互に歩み行く、総数、一千機という。これを、
せんばるという。一千機械の中背軍という。後、中背の宮に
住まいとそ。史に中背大兄という。我が兄という。
かの有名な古代の人である。中背軍の中佐である。

 我が将兵であるを自分という。この中佐とともに
行進したのである。はなゆ、せせるるねそそす。するれる
繰りという。

 史に、古代大和の軍として、変わり表記がされている。
我が大和し、美しである。華麗な軍ともいう、リベラル・
ハットンという。りすぼんの宮、これを記す。ゆゆゆ、という。

 後、京都がなかった頃という。陽々ヶ丘という、陽々浜の
紅葉という。古くて新しい話という。この後、我が軍による
いちいという場所に船を浮かべる。今の京都市役所前の御池
である。
 日原ふぬゆら、名をもみえという。紅葉の軍艦をいう。
京都海路という。後という、さばれま、という。京都船旅の
最初の頃である。今をいう、『旅にしあらねば』という、
中背津(なかしろつ)という、旅の中の若い人である。
芽が青い頃という。青芽の紅葉(もみじ)という。
ふふゆるらっく、これなるを。

 りすぼん記、しょぜ原、すするれれす。こるゆせっとめ。
青い芽の記(木)という。木記海回なる話とそ。

 世に書くをいう。原子書くという平原児である。原子を
路という。小さな将兵が通った道という、この道添えに
原子核炉という。

 小さな5センチにも満たない機械である。原子炉枢要と
いう話である。原子炉という炉を作ることという。炉路と
いう、ろろ降る雨という、原子炉の中のことという。
深草営、今なる話である。明示威信のことという。
原子炉の機械という。機械という、世は機械の世である。

 深草軍団、この軍が行進したという、りすぼん羽織の
文人という。史に、日出葦という、大きな20メートル
程の機械である。この道を師団街道という。名残り道
という。伏見には、軍道がたくさんある現今である。
歴史街道へ行く若い人という。青い芽を見る目は
赤映りという、紅葉が映った瞳である。青い芽の講義
という。はなゆな、おおせ、せらす、ふみゆ。

 その頃である。先生という、大洋の山という。
先生序という話という。先生女という自由の女髪である。
トチといわれたおばである。自由の女神という、自由の
女神の髪をいう。御髪という大髪である。

 持友の行進、この行進を指揮されるおばという、
ニューヨークのお歩みという。りすぼん羽織という。
十二単の着物という。機械の着物である。
世は変わらず、人になったという、青い祭りという。
青い芽の頃の紅葉という、過ぎ去った過去、めぐり来る
春をいう。中背の見とそ。これを観覧という。中背の
夢という。

 中背大兄という、中大兄という、我が大和朝庭という、
清め給う箒という。箒の歌という。百姓一揆のかどで掃き
という。筵を一気に掃いたという、箒という、たうとい
話である。たうとい、たふとい、田である。これを、
とうと、という。田を尊ぶ百姓という。百姓一揆という
一期である。田植えの期、刈り入れの期、一斉に繰り出す
百姓という。これをほうきという。蜂起という。
百姓の一斉くりだしを蜂起という、その一期である。
春秋という頃という。

 乱暴者という、時かまわずに、繰り出してくる
箒片手の乱暴掃きという、サングラスという目覆い
黒眼鏡とそ。
 サングラスをして掃き掃除をする人という、観覧
兼行進である。健康の人のすることである。

 健康を謳歌する、昔より偉大な更新という、体
チェックである。退化の更新という、退化の改新と
いう、青い芽の御意見という。
 大和し美し頃である。改新の更新という、行進とも。
紅葉を尊ぶ人である。紅葉見学、更なり。

 青い芽を期す文という。
 
 あの紅葉は年越して青くなる、更新という。
史に、大化の改新という、青い芽の健康論という。
りすぼん羽織という革命論である。革命という、
命を尊ぶことである。革命論的意見という。
歴史は、カウイウヨウニ、見るものである。

 大勢でたむろする場合は、一班に一本、
箒くらいは持っとくものである。隠し武器などと、
法規が目をむく話である。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1304大原練習1204天の下1604 PortuguesGramaProfunda 深い草(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4048
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年11月28日

卒業3403京都船旅2303古譜1303大原練習1203天の下1603 PortuguesMarchingArmy 軍行進(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3403京都船旅2303
古譜1303大原練習1203天の下1603 PortuguesMarchingArmy 軍行進(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/28、柳晴
     創曲、楚
     造詞、楚
     監修、Mo
     訳  めん(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
見れば整列の軍隊が堂々行進
雨に歩む日は大きな隊長の機械
静かに見てる 前に私が見ている
深草強者が世を見、世を作る
連隊の日々や


 狐の天気予報。〇r1918/08/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草連隊】 今様(こんさま)いまら。
 機械ゆ、ありてあり。我が大臣ゆ、機械なり。すすられ
ゆふ、あまぬ日、連隊よ、すすゆすすゆ。あま降りるせ、
ぬららせるす。
 国を作るを、作国という。後という、めらるという。
軍隊ありてすすらゆ、せむす、あま。雨の日の行進と
いう。
 おじるぜぜらる原、ぬかるふるす。ここを、深つ草
という。草深きとことそ。ところをとことそ。みゆら
れはまぬ、こくれせるゆ。見ゆせはむれら、すめつ
宮ふら、深草の宮、連隊のみそ、という。
 機械を見る。機械連隊の行進という。機械ゆ、我がを
見たり。機械のおじという。機会に育てられて日々である。
深く露ふ。これをとそ。
 深草の連隊という。出陣の日という。作国れーすという。
雨降りる降り、えらるへへるる。振りつ降りる。
 雨の中、泥の中、強者は征く。一糸乱れぬ行進という。
我がゆ、礼を持ち、これを拝謁す。動かざること、石の如し。
雨の中を征く、出征兵士という。一人一人、真顔に、真剣
ありる見ゆ。我、礼を尽くす。動かざること、石なり。
顔、手、足、微動だにせず。出征兵士を送る我が礼である。
 雨の中、共にぬれたり。家族ありてゆ、機械の家族ありる。
我が機械帝国の御兵である。皆、我がおじである。一人ゆ、
一人ゆ、国ゆ興すを口に唱う。戦車ゆ、守りあり。戦車に
乗る兵のつわ、カーキー色の軍服である。機械の兵なる。
 我が帝国軍人である。我、見たりたり。兵や乗る、
乗りたり。『コールク』という言葉が聞こえる。
 皆、乗りたり。
 これ、大日本帝国という。りすぼん・かーるせ、という。
兵、進みに進む。戦車行きたり。はるゆ、せふる。
国を作る、作国軍である。戦車砲上げ、つつす、つるゆ。
ありす。我、作るをいう。国を作る人という。作国人コロホ
ゆゆ。コロらる日々、これにる。
 深草ゆ、今に名を残す、ここを、師団という。軍道という。
今ゆ春ゆ。春の軍とそ。ありるありる。ありすすするる。
我が生きに生きたり。軍を見るをいう。師団長来たり。
大人である。高さ十メートルを超す、背丈である。
 家に迎え入りたり。我に、教えあり。『コル、ルルファ』、
お声なり。我がゆ、ありふありる。ありすすする。ここを、
進むという。シンという。行き進む、おゆれふ、という。
家より大きな軍隊長である。深草の行進の時の軍隊の
大臣である。国ゆ、我が手にありる。日々ありて、国ありる。
せるせつゆ、こゆふるあま、するす、ててふ。すむるるおるふ。
 ゆか降りありる。すめるる、はなゆ、せせるうるす。我が身、
我が花ゆ。
 深くさなつくかしら、ありせ、ありる、礼取る我が姿。
うりすはるる。ゆゆすれるす。これを、深草軍耗という。
のち、軍の規範になる。エノル・ユッキ、これなるを。
エノラ・ゲイ、これするるるふ。
 空に旋回の機あり。名を、ボッスという。
空挺団、これにる。大日本帝国、我が名である。
好機、むさの日。大日本帝国の好機である。
 明くるむしの日、斑鳩の里軍来たりてぞ。言いたり。
『参観、なお、山ありてゆゆす』とそ。これ、紀にいう。
参観長の言いである。
ゆゆすゆゆす。
 おりらんかんの葉、これを代(ヨ)という。代(ヨ)山大官白
この山のお露である。
 白き漉き、みどるややす。これろっつ。路露(ろつゆ)という。
 日本帝国お書き、これなるを。明日より治むきゆれ、という。
 となふ。獏陸をむという。むなる帝祖という。
 かどを履く記である。箒を持って、我が前を履き清める意とそ。
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1303大原練習1203天の下1603 PortuguesMarchingArmy 軍行進(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4038
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/23柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年11月27日

卒業3402京都船旅2302古譜1302大原練習1202天の下1602 PortuguesBeautiful 綺麗(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3402京都船旅2302
古譜1302大原練習1202天の下1602 PortuguesBeautiful 綺麗(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/27、柳晴
     創曲、Red Army
     造詞、Toy Navy
     監修、Air Universe
     訳  里利巣 規市(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Awaontukuri使用
【歌詞】創郷 
赤い軍服に身をやつす軍人 おもちゃの
行進 頭に羽飾り歩く ザックザックと
これから先の世は機械の兵隊の世の中
前の世 機械世 繰り返す時


 狐の天気予報。〇r1918/08/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【sotu3042】
 和音進行 i、iv、v 表に Dm、G、Am を指定します。
Gmが表にありませんので、Gを入れます。これで和音からの作曲が
完成ですが、このままでも差し支えありませんが、これに調子を
つけます。Dm、Gm、Amとします。Gを、Gmにするには、調合に
フラット1つをつけます。二短調になります。自然短音階になります。
Amを、A または、A7にすれば、Am ラドミの、ドがド#になります。
和声短音階になります。19小節目が、それです。
 vの和音で、セブンスコードを使います。vの和音はAmですが、A7を
使います。
 通常、Am7を使わない。Am7は、ラドミソの和音です。この和音は、
6の和音になります。 C6という、和音があります。
ドミソラの和音です。 音の構成が、Am7 と同じです。Am7と、7を
書きますが、扱いは6の和音、シックススコードとして扱います。
響きに7の響きが出ず、6の響きがでます。
C6、Am7を、それぞれの代理和音ともいいます。
それで、セブンスコードをつける時には、通常は、短調の曲であっても、
vの和音のセブンスコードを使います。この曲では、A7になります。
マイナーコードであるなら、長調のコードにして、AmならAにして、
セブンの音をつけたします。ラ、ド#、ミ、ソのA7に、なります。
 ニ短調なら、vの和音、A7になります。この曲ではAを使って
います。長調のコードで、Amと比べて、ドが半音上がっています。
Aになります。vの和音で、Aで、Amに比べて、ドが半音上がった
所が、和声短音階の用いです。

     自然        和声
     i  iv  v      
イ短調  Am Dm Em → Am Dm E(E7)
ニ短調  Dm  Gm Am  → Dm Gm A(A7) 調合 ♭1つ
()内が、セブンスコードです。
それぞれ、Em7、Am7を使わず、通常は、E7、A7を使います。
主要三和音のコード進行です。

ハ長調で、レから始めて、レで終わり、和音を、
Dm、G、Amの進行で作ります。これで、調合に♭1つをつけます。
ニ短調になります。こんな方法で作る人はいるでしょうか。
こういう方法もあります。<ふつうは始めに、調合をつけます。

 waontukuriという表で、表を付け足すことなく、その
まま使う、ズボラ使いです。
表にE7とか、コードを増やしますと、乱数の関係で、逆に
扱いにくくなります。ハ長調で作っておいて、それに
調子をつけます。
 ホ短調なら、長短関係なしに、Emから、i、iv、vと
取っていき、(ミから初めて、ミで終わる旋律にして)、
調合に、#1つをつければ、OKです。
 旋律は和音をくずさん程度につけていきます。
音符を1つか2つ替えたらOKです。沢山替えたら和音を替える
ことになります。和音からの作曲ということになります。
駄作者のすることです。

 説明にダブッた所があり、読みにくい文ですが、
ごめん下さいませ。

******
【反省】 今様(こんさま)いまれ。
 京都を反省の町という。陽負うの街とそ。これを陽負という。負けて
勝つ話という。京都を負けの宮という。これを、まれ、という。
ミーリル・レンテとそ。ペーリル・ロンロのうゆうする、という。
めりる山のお書きという。めりた山とそ。
【ぼんぼん】
 これが、ぼんほんの夢という。ぼんの都という。ぼうりるろっく
とそ。めめたるふゆる、という。ぺりる、せせらの、ふううゆ
(ふーうゆ)という。めっせるれれて、とそ。めてるゆゆれ、
これにるを、ればそる、という。めるする、おゆれゆ、せせる
れれんそ、という。これを、むゆれぶ、という。
めて山のおゆふゆれ、という。れれすそるす、おばや、
おぶゆ、これたるを。ぬぬ浜のお書きという。
みどろう山の冬、来たり至り、きる至り、きたきたの山という。
 きっちょみの歌という。おばゆ、ぺれす、かみろる、るくる、
るるそ、これろる山と る
 長岡名、よみをよる、ふふるせめる、という。ここを、
大岩という、お岩という。お岩さんの山という。別所の浮き
という。めめるるるす、すすゆ、あれて、ぬぬまま、すすゆ。
めれせ、すれす、すすれる、おんれる、という。めてる岩やら
、るるほら、るりはる、これろる。瑠璃の春、今ゆら、たまゆ、
たまふ、たまゆら、ねるる、ゆゆふ。ここを、きりるく、という。
【興京(きょうきょう)】
 京を興す、という。興京(きょうきょう)の、ふまゆら、という。
京を造るという。造京のふま、という。ぬぬままの、るれく、という。
我が手、京を持つをいう。我が手の京、ゆてまやの春という。
 京が水をとる、水とり京の興し、という。国造りに水を使う
話とそ。大水である。大海京という。大海になり、国が興きる
話である。城は、大雨の日に造るのである。
 造城のゆゆ、という。城ゆゆ、これなるを。
 古く、平城城(へいぜいじょう)という。雨の日であった
話という。雨山詣でという、秋残りの城造りである。
山々のこま、ありるるすすゆ、これを、れほ、という。
成り成るゆら、しびのすすむ、するす、という。
しびゆま、原やら、原る、せるす。これを、しろろ、という。
我が床をいう。雨沼の床である。
 畳、重ねて、泥をおさえ、重ねて重ねて、尚ね泥が
上がり来る。沼野の輪が庵(いほ)、泥の畳がこれを伝う。
この泥を拝むうちである。家とそ。畳で泥をおさえていく。
四十、五十段の畳である。畳上敷きをとれば、泥がこびりつく
そんな所である。天与の泥という。泥に手を合わし拝むをいう。
【安達ケ原】
 我が城ありてはてじ。塔を逆にして作る、この泥浮かしである。
古く、平城ヶ原という。平城の宇多という。この『宇』がどろを
意味する。宇多之ヶ原とそ。古く、安達ヶ原という。安宇の戸という。
後、都と書く。安宇都の我が家である。平城京はこうしてできた
のである。平安京の前の平城京である。
安達ヶ原お書き、これにる。
 論原山という。京都大山の陥没直後のことである。少し高く、
山なりになっていた頃とそ。この後、水に漬く京都である。
京都陥没である。京都山が陥没した話という。大きな高い山である。
水を引いた京みやこ、とそ。水をみという。水みの京、とそ。
我が京都のいと山という。いれせのふふゆれという。これを、
れいぜいという。れいぜい京の我が家である。山支見ずという。
これを、浮京と。町は水だけである。
 来る日も来る日も、水、水、雨雨雨の日々とそ。
 京都船旅日、これゆら、ゆらゆらのふなぬな、という。
船寝、という。京を出で、北へ向かう話である。後、京へ
戻り、国興す日々という。これを、こむらく、という。
 京興しの国興し、大和ヶ原、この地にる。東ゆ、けろろぐ
はるす、という。水浸かりの京である。
 京が水を引く、たまゆ原ゆら、という。
【京都水没】
東山ゆ、頭だけの見えという。古くに、75日の雨続きという。
京都の都が成ってからである。比較的新しい話である。明日の
ことである。この『こと』を、估都(人偏に都を書く)(こと)
という。そんな中でできた平城京である。これを平静の賦と
いう。京都水没の話である。
【京都船旅】
 京都船旅ゆ、我が旅なるを。おじゆ原、おじつゆ、おじありつ。
ちちゆ、ははも、すすゆ。かゆらる、せせゆら、という。
この期のははという。ままゆ、せれす、ははゆすすゆ、せせる、
おりるる。後、長く時を経、平安京という。歴史にでてくる
平安京である。そこにいた人である。明日の若い人という。
あすなろう都という。若都人という。これを、コロレル
という。コロ、とも。後、コロホという。コロポックル
という。今、話の都にいる若い人である。目が青かった
人である。諸の話という。諸所、歌声を聞く人である。
 国を作る時には水が出るという秋残りの偶説である。
秋残り人という。後、平奨が出たのである。地吹く火という。
後とそ。火山という期である。これを、創郷朝という。
 地球の草創期という。
 【平静】
 古き平静ありてゆ。せせゆむ、ののはる、という。
後、この『せせ』を、背(しろ)という。山を背(しろ)という。
山背の都である。塔をひっくり返していたコロポックル人で
ある。地震なくとも地は陥没するのである。草創期の頃
という。地を拝む人でもある。この姿を地拝という。
古くの、地拝み相という。地拝山拝み、これなるを。
 台形の星が見えた頃である。凧星もあった頃である。
古くの京に、凧干しという干し方がある。この頃の
干し方である。衣類の干しとそ。鮎幟という干し方
である。鯉幟の丸い筒状のような干し方である。
筒干しという。多くは立てて、これを干す。
コロポックル・ロースーという。コロポックルろし、
とそ。干しをろしという。コロポックル干しともいう。
凧干しという話である。幟の造りの掛かりである。
関わりのこととそと。話のことをいう。
【百姓一揆】
 百姓一揆の筵干しとも。筵を干すことを、のぼれ、
という。のほるともいう。のぼりともいう。一揆干し
という話である。近世に伝えられたコロポックルである。
原人という話である。うな原原人もある話という。
海をうなという、コロレル・スックという、言葉の
使いという。後、スックルという、後、スクール
という。あすくーる話である。これを、明日都語
(あすとご)という。明日の若い人が好く言いである。
コロポックル研究家という、偉大な明日の学者である。
これを、妙という。妙な話である。
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1302大原練習1202天の下1602 PortuguesBeautiful 綺麗(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3



-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4028
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/22柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽