2018年10月24日

卒業3365京都船旅2265古譜1265大原練習1165天の下1565 MorrocoWalz 三拍子 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3365京都船旅2265
古譜1265大原練習1165天の下1565 MorrocoWalz 三拍子 (壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/24、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】3/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
赤い文百合が船帆にいる遠いパリを
越えて来 いく日遥かな青空暁朝の絵
ふみゆり いたり場 船に澎虎座り
見ている 横には隼人隼がふみゆりを
見 おしなべて
  泥の甲板が見ずに打たれきれいな
  床になると掃除する日の真っ赤な
  太陽うちはなうちゆり 船頭
  旗は高く白く後ろに黒旗
  中に黄色旗 寄る辺はカザブランカ
リビヒ目指しては青いうなの くれざるを
見て恋し ローマ山 イタリビ日いるかきよ
くいはむ ついゆら 通るれ パリソようよ
ふくくくみゆり 横手に尾振り虎の目には
浜よるかわ 砂漠夜


 狐の天気予報。〇r1918/07/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【寄り目、寄目】
 高山のお役という。自分の役は幕府の寄り目ですと、若い人がいう。
しもきらきもという、高山の下の城という。ここに、じばという所と
いう。じばの山のお書きという。ここの場にじそうという。
じをゆという。じみだまともいう。高山の丘の場所という。
ば山(場山)という。じょうざんぱく(場山白)という。
ここの家に弓をとるはれるという、はれ山という。
弓を虹という。これを、天虹という。古く天弓という。
この山の奥の高という。これを高山という。後という。
鷹白場という。白がある山という。この白をかえせという。
白のことをかえせという。後、かえせ城という。
これを、白替えという。城を白という。
 かえした結果をかえせの状とそ。文のことを
めべという。このめべのしらきもという。
白いきものはなゆなという。はべせともいう。
はてふつの山のお書きという。
 ここの歌をうた山という。かざんやら、ありとゆ
ふみゆり、という。かざんを歌という。歌を歌う
山という。火を上げる高山歌山(かざん)という。
歌を歌うをいう。ひぃは、火を上げるという。
後、エールという。これを、高山'こう'えいという。
 この'こう'を、'くる'という。やえいという。
山々のふみゆみという。やえいという。せてゆての
ありさる山という。これを、歌いに残すという。
歌の本の、線で高さを出す記しという。これを、
三つ成りによるという。後、五つ成りという。
今の、五線状という。五線の五線紙という。
 これを、よりるゆび山という。
 しらきらきもという。高山は五線状の話という。
白い五線紙を眺める人とそ。場山白の我が家である。
駄作家の家のこととそ。げに、はなゆて、という。
ここの寄り目という。我が家を場山白という駄作家
である。場山白の寄り目という。駄作家の五線紙で
ある。
 城を白にかえた人という。城の一つや二つ位は
消しゴムで消せるとそ。そういう人である。
これを、高山白記後記という。
 はじめは白かったという、後とそ。黒も混ざって
また白になったという。駄作の歌作りという。
歌もその通りになったという。駄作家の近々、
直近閣という、高山のちょくの閣の書くとそ。
ちょくの絵を描く人である。酒少しという。
酒山という。人の家の山の絵という。これを、
ゆゆゆという。めめゆめの夢々という。
 夢々怠る人である。おこたの山のお書きという。
夢々忘れた話という。また思い出す時に、夢々
話という。これを『富譜』という。駄作音楽の
直近過去である。これを、駄作の歴史という。
 高山歴史街道のお書きという。白い紙の経緯
でもある。高山合旋という書物である。
ドラムレという、ドラム大尉のおられたドラ城
である。これを合という。こういう作家が世に
現れるという、駄作の出世という、作家の人とそ。
高山の御在である。白とともに人生を過ごすとそ。
世間見れば、たくさんある話とそ。
 しろに過ごしておられる人ですか、という。
新しい城裳古いしろもあるという。電子のしろは
見えますか、という。雲のしろもあります、とそ。
これを、寄り目の賦という。賦と譜を合わせた
符という。符を寄りという。寄り目という。歌を
歌う人のことを、大瀑布口という。あの口は
大きい口である。瀑布の口という。
 あの家には波が住んでいるという人である。
青海波という絵に描かれた波がいるという。
そういう見方をする人である。家が絵であると
いう、絵の中の絵という。
 波を絵という。これを、江という。駄作家の
語源論である。青海波が絵にある江は、どこか。
高山絵という江であるという。そういう人である。
これを仲介という。
 後略。

【きよのリビヒ】
 リベルをいう。リベラルとそ。メルセラ
レールゥのこきという。国旗をいう。わがする
メルレルという。こくゆつの花という。メテの
ゆゆゆという。告期の国のくつという。メル
セルという。メッレッテのふふれむという。
いた山のいたりそという。そてすゆれれる
ほするするれ花ゆ。これのぎぶという。
弓浜のいつゆつという。地中の屋という。
 遠く日本の圧服という、はなれるかお
ふるという。ここのやのふむゆという。
やおらぜのふすという。圧服レーツという。
みすた山のお書きという。
 かだ山の汗という。円幕の山という。
山に帆掛けをする山の着物という。
これを、えんすくという。後、円幕
という。カーレルレーレの歌という。
よよの歌、花ゆれれふけるれす。
こっす山ありてゆ、ややよよのこりれる
という。イタリア山のロムという。そこを、
越えたパリ弓という。コルレスという。
コストスのこっくくという。レースの
山という。くみゆむれつせこゆれゆここ。
ここ山のおつゆ書きとそ。
【雨の邦】
 まだ、アメリカとアフリカが一つで
あった頃である。後、アメリカが別れて
いった話である。このひのアメリという。
今のアメリカになる前にエットムという
きべせのおとという、場所である。
 後、雨の邦とそ。これを、アメリ後
という。アメリ後別地である。雨の邦
ありた頃に、たい山をいう。ここを、
たいすめという。まるれるむむすという。
めてのふゆれという。地がふれるという。
地がゆれるをいう。揺れて雨の邦へ行った
という。アメリラーロンゼラーという。
 後、大陸移動説になる。
 ワッタレッテフールルーとそ。めぶす
はくゆ、れっそれってる、ふっすむ、
ぶうふむとそ。アメリラーかゆふ、
これなるを。
 これが高山の青書きという、きよの
リビヒの項である。青インキの書き
という。今は、電子青字である。
 ラーフレレールラッスレーとそ。
れんての矢のふふるれつれすすれという。
【寄り目】の河野、仲介の意味である。
駄作家の手による書きである。
音添えの書ともいう。3365の項である。
渡しの卒である項とそ。
 先行き、合わせが出る話とそ。
曲で合わせますという、音楽無知の
少知駄作音楽家である。曲を渡りという
曲を踏む人である。白々しい人である。
真っ黒々の歌という。顔に住みを塗った
顔という。黒い山のお書きという。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1265大原練習1165天の下1565 MorrocoWalz 三拍子(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3658
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/19柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽