2018年10月23日

卒業3364京都船旅2264古譜1264大原練習1164天の下1564 MorrocoBlueLion 青獅子2 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3364京都船旅2264
古譜1264大原練習1164天の下1564 MorrocoBlueLion 青獅子2 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/23、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1918/07/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【天の川交差】
 若い人はいう、『今日は、天の川が交差する』と。
夜、さっそく見上げれば、東の空に天の川が交差していた。
明くる日は、自分の頭の上で交差していた。その翌日、
西の空で交差していたという。天の川の七変化という。
次には、三本の天の川になるという。そうして、星が
それぞれの座に散っていったという。座を星のある場所という。
その星をもいう。
 柳座はどこですか、という。銀杏座は、桜座は、という。
獅子座のそばには、柳原ヶ丘という、柳世の星がいるという。
ここを、桜山おり、という。獅子座が山にあるをいう。山やなの
ふるれる、とそ。獅子をよ、より、という。ふむゆむのえふて、
という。えふてれてそ、すむるれれふ、という。これを、れんず、
とそ。みた山でこれをいう。みみそのふふる、とそ。
 天の川の交差をめめふりという。ゆゆてむのめるれる
という。めるせるともいう。
 こゆれゆせせるめるせる、とそ。
これをストラブという。スッスともいう。天山のすすめる
という。
 青い砂漠の地という。この日の歌という。天山がうつをいう。
青い砂漠の花という。これがある話という。陽は赤く黒く
みどらるおゆふと、いう。
 みてやたと、いう。こむゆすのゆゆむと、いう。みすてす
とも、いう。えてゆさ、あおは、ふふむ、これを獅子踏みと、
いう。むるるれてそとも、いう。獅子が立ち手をゆるむと、いう。
たいみすのゆゆへると、いう。
ゆみすのぺられと、いう。めるれる山のお絵と、いう。
えてゆてのおつれつという。おつ踏むあゆふという。
 すみすのてそという。こんての山のお絵という。
これをししとうという。獅子がむつると花を露とそ。
【獅子】
 獅子の手のふるるゆてゆてという。これそのふふれ
という。夢ゆてのふるれるという。夢ゆてという。
青い獅子の手をゆとそ。青い獅子の足をゆむという。
ゆむめむという。獅子の手という。獅子薔薇の花ゆ
とそ。獅子をめでる文である。これをもるれるという。
もるの意の書きとも。もるという獅子の乳とも。
獅子口の家という。獅子が住んでいたやかという。
やかを家という。
 この獅子を矢頭という。獅子が見る視線を矢という。
視線のまをまやという。まを座とそ。獅子の視線の的
である。獅子ゆるははまとも。座を浜とそ。ざまとも。
ざゆともいう。ざま山のおけという。おゆれゆ
せせるすする、せめせめのすするるという。
 獅子山のお絵をとる獅子の手という。獅子を
祭る山とそ。これを、座光という。ぜむぜむの
めるつるという。つるれるゆゆすとも。
 星をめという。星目山のおゆふという。
むむれむせれせという。めめす山のお書きという。
この文を獅子津の矢のおとという。おと山の
お書きという。尊い文である。
 天の川の交差をいう。交差していた話という。
これが天体の様である。天体の変わりという。
天を変わるめという。変わる天とそ。
 獅子座おりて花をいう。ここをもろよという。
もろ山という。めんせという。めてゆてとも。
るるすゆゆふすすす。れれふろろよもろれるゆゆす。
これをゆん、ゆんむ、ゆんせ、ゆんせるともとそ。
 ゆん夢の青獅子という。青い獅子の丘、これを
天よのゆんという。ゆん座ともいう。ざま山の
おゆふともとそ。獅子をもという。ししものすすれ
とそ。とさやさるるすめめす、めめす連列という。
めてゆてつつゆふむるれれそるゆゆすれれふるるるる
という。この書きをれむれるという。れむれるすすむ
とそ。むう山のえむという。えゆともいう。ここの
家のふるるすをブルレルという。ブルースになる
曲のブルフとそ。律のことをいう。ブルレルの律という。
ブルース論落という。後、そんもという。今のそんごと
いう。そんごの楽という。そんとそ。そつともいう。
そつ楽という。そんという今の音楽の律である。
 音を出す話という。音山のお書きとそ。
 MorrocoCherryという青桜の話とそ。モロコの
矢のらいおという。ライオンの楽である。
家住まいのライオンである。天の川の交差という。
ともに見た若い人である。御爺さんのお書きである。
若い人のお爺さんである。ライオンの像を見て吠える
という、そういう願い拝みをする人とそ。
【worship ワーシップ】
 ウォーという、worship ウォーシップ、ワーシップ
という、船獅子である。これを拝むという若やかの山
とそ。若やか山、ここを天の川の交差点という。
若やか山で交差する天の川である。これを獅子の教え
という。ししとうの辛子の先の手前をいう。甘い部分
である。これをあまのいという。天の井の丼という。
この字をらい字という。来字とそ。らい山のお書きという。
来讃の山という。これを礼賛という。ライオンのことを
礼讃という。礼讃獣という。
 今日の日(10月23日)に交差した天の川である。
シベリウス暦の京である。この暦が日で合う日とそ。
ユリウス合致という。ごう山のお書きという。
古代山、これなるを。今お去る、ろくじゅうみ、という。
世の人であった若い人とそ。よよの人でもある。
夜世、世夜。この日、砂地は青い色であったという。
今も青い所とそ。地球は青い話という。獅子座よもれめ、
これなるを。天の川に寄せて、ししめで文とそ。 

安全のそうきょうはよい話です。地球をそうきょうという。

宇宙の天の川、牽牛の七夕、安全と健康を願う話とそ。

柳座の今日という。京は天の川の雨の日という。

天山通る矢とそ。健康な体という。大切なものである。

大変喜ばしい文という。

Mr. Atom Lucky Ager, "Morocco report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽