2018年10月20日

卒業3361京都船旅2261古譜1261大原練習1161天の下1561 MorrocoBlueLion 青獅子 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3361京都船旅2261
古譜1261大原練習1161天の下1561 MorrocoBlueLion 青獅子(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】柳晴、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】19/16
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
青獅子が手をしては来る 駅に着いた
昼下がり 子供を連れてなつっこく来る
立ち上がり手を振ってこちらへ 笑顔に
尾を立てて 青い砂漠陽は真上共に船乗ると
植える木を見ては吠える
  珍しそうに木を見てる 苗木を植え
  傍に獅子の家を建て中へ入れる 喜びに
  舞いに舞う獅子の親子 寝転んだり
  行き来しては戸を開けて外へ出たりする
  正に生をよい世とに
日は暮れて行き今晩は 獅子の家に共に寝ると
今日一日の感謝をして振り返る 喜びの時に
獅子は夢見てる おお楽しい夢枕 獅子の子が
夢に出て来 礼を述べている

 狐の天気予報。〇r柳晴
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【獅子稲荷】
 獅子の像を祭る人という。狛犬の恰好の獅子という。
また覗く家という。股覗きをもつという。もつれらの山という。
めれるうちふち、という。めれすてのゆきふり、という。
せんて山なま、これをけも、という。ゆゆはる、えるれるの
ゆゆそ、とも。若い人の山という。若い人がこくという、
れれるのゆゆろを、すむす、という。ここゆきの浜、これを
にという。にに山の、これるるという。これをとるという。
股覗きをにかわという。ににかわののみとそ。ここを獅子川
という。獅子宮の獅子という。股覗きで、手をつく恰好という。
 獅子の山のお書きという。ひざついさふる、これをすてとそ。
すつ、ともとそ。
 股覗きをする人を獅子という。獅子をとるという、ししの山
お書きという。宮山そもうのふふてる、という。獅子を四肢ともいう。
四肢を獅子ともいう。しし山のお書きという。
 若い人のする話という。宮っ津、鼻ゆら、ぞっとす。せせとる、
るおらか、という。たわやかの語源という。たおやか、とも。
めてゆてのお書き、これなるを。
 四肢稲荷のゆ、という。はなゆての山、これをやという。
めるれるろんすう、という。中越山のお書きとそ。

【アフリカ行カサブランカ】
 御私ありて、はなゆら。はなせ、れれそ山れら、るるす。
るおくるの山、おりる山やら、るるふ、せせす。するゆ、
れぞんすての山という。
 あふれる山ありてゆ。えめてめを、けすれす、という。
すれす、るるす、ゆゆふる、えてほ。すむす、れるゆ、
るるほる山れら。これを、ぺゆくる、という。
現アフリカの絵野山のおこと、という。アフリカーンス
の山という。ちゅうたら山お書き、これとめそ、ふるる。
 うちゆらせてせ、ゆらす、せってべのすむる、れるふ。
せんぺのゆゆく、これをよとそ。
 この言葉をレクスという、ニーゼのペルルとも。
レクスニーのペックスという。れてその山のお書きという。
 御私ゆ。そとすせるる。るるす、せるる、るるゆ、
れてほ、ゆふふ。
 アフリカに行くという。時速を1万という。路骨が運を
とるとそ。路骨の運転するレンダルという。れんての運徳
という。
 ロボットが運転する超高速の針状の列車という。
これに乗る我が家の前のステッツという。後、ステー
ションという、駅ともいう。ここから、東苑をいう。
東苑の家へ行き、そこをフレスという。フレスから
コーレルという、コーセの山の麓の家へ行く。
ランベルーという。レメセとも。るるふの山とそ。
 円盤に乗る話という。円をトウという。トウセラ
という。円筒の型の円盤とそ。筒型のローケという。
この円盤の造りをセルスという。セルス筒という。
これを使う、造りの、1万キロの筒状浮線上の針状の
列車という。1万キロの速さのロケ速という。これを、
完成させ、これを使う。あふれるのストレートという。
ストレート・アフリカという。5年程前に乗った
若い人である。
 カザブという。その町の端に石の碑とそ。名を刻む
ゆりという。名を立山という。立山の名の若い人とそ。
自分が来て、ここから、最南端の、夢の希望とそ。
夢に見た海のきさ、という。そこへ行く。後、喜望峰
という。そこの話という。かおれすすゆ、とそ。
距離をロクという。ロク1万という。この日の覚えとそ。
 若い人は回想する。あの日は、晴やった、とそ。
ろくむすっすく、という。その日の記憶の言葉という。
中脳を駆使する記憶である。
今は、自民党という、そこの役をしている、若い人という。
原子炉を見て回るのも、役目である。
 高い山にある原子炉という。青森のおそうくという。
おそれる山のお書きとそ。高山青記という、この文という。
若い人の脳の走り書きとそ。
 『あ〜』という憶えという。それ程早く着いたこと
という。青森恐れよりアフルルのセボスという、そこの
航行時間という。ほぼ20分程とそ。早い話という。後、
喜望峰へいったという。希望山のお書きという。アフ
リカとアメリカが、くっついていた時とそ。後の書き
である。この書きという。
 なの花匂う世、これゆり、せせす、ろるす。れてそ。
 若い人のアフリカ行である、若い人の書きである。
 中越脳の書きとそ。
 
 中前(ちゅうぜん)かうれる、れっくす。かっくす、とも。
れれふるそとよのや、これを、しょくせる、という。
めめすよの山、もんふるらん、という。もんぼの山とそ。

 アフレルかっつる、これを、よるれそ、とそ。
 ゆっつゆれって、これを、せみとす、という。
 アフリカに置かれたせみである。せみ語という。
 セム語ともいう。モーレル・レンタスという。
 アフリカ諸語をモツユツという。めれるぅおこと、
 とそ。言葉の話という。この文である。
 
 ライオンをもよという。もよのお書き、これのみ。
 来る音という、らいみの山ふり、という。ミーラル・
 ランテという。ミセルクともいう。
 
 ライオンをめでる、らいくるの山という。
 これを、とそ、という。とみゆり、ともいう。
 話言葉の即理という。これを、そっと、という。
 
 らいはるれいの絵という。むーれるこゆりく、という。
 あふれる山のおゆれく、とそ。アフリカの山をいう。
 キリマンという。キリマンの麓の、惹起と。
 じゃきえす、ともいう。めるせるややふるの、ゆゆはる、
 という。みゆれるみゆすて、という。
 中乱別句の歌、これなるを。
 【ライオンの夢】
 ライオンの夢、獅子枕、枕ゆ、枕獅子という。夢春の
 あたゆたという。これを、ゆゆれる、という。夢や、
 ふむゆる、こるれるゆゆれ、こそゆその夢こる、という。
 こるれす山のお書きという。
 獅子夢村という。ここのやの山ゆ、という。これを、
 やまぜという。やまふむ、ともいう。
 
 かおすかおやら、ふくす、れってそめほ、ほぞむ、
 そむそむ、という。きゆくる浜山、れてのおふれ、とそ。
 
 尾を振る狛の犬文という。踏みとも。狛犬のいちふみ、
 ゆゆてすろくす、という。
 狛犬の夢という。ライオンの山のお書きという。
 狛獣という。ライオンの山をいう。青きライ、という。
 青いライオンという。
 
 青い来音、これを、きられ、という。きられ音とそ。
 促音をきられ音という。きらゆら、ともいう。
 宮っ津という。この『っ』をいう。鶴浜のおこと、という。
 レックスロンテの『ッ』でもある。
 
 人の口を青という。青二才は、才能という。これを、慎む
 とそ。青二才の柳という。柳やなのおき浜という。
 
 青二才である、若い人の年である。二十歳前の十九をいう。
 青ゆら、ともいう。青二才の山のお書きという。十九の歌
 という。
 青二才という、人を悪くいうのにも使う言葉という。
 いずれなるを。どんなものでも、悪く使うことのできる
 人という。使用者による話という。使用者責任という。
 悪く使えば責任を、という。物皆そうである。
 言葉もそうである。
 青二才お書き、これなるを。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を造っていますが、

(ファイル拡張子は、sm3です。)

MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。

MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
上の【ファイル】の項で、右クリック、「対象をファイルに保存」を選び、
拡張子を sm3にして、ダウンロードします。これを、MusicScoreViewer、
で、開けます。楽譜が見られます。音も出ます。
拡張子を sm3 にしてください。
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1261大原練習1161天の下1561 MorrocoBlueLion 青獅子(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3




-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3618
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽