2018年10月19日

卒業3360京都船旅2260古譜1260大原練習1160天の下1560 MorrocoRocketWay 真発道 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3360京都船旅2260
古譜1260大原練習1160天の下1560 MorrocoRocketWay 真発道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/18、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
 【歌詞】創郷 
カサブランカの夕日落ちて 星散らばれば
ヤシの木陰 月、木にかかる 寄り添えば君
瞳は青く 見上げて指指す 流れ星が
あちらこちらに落ちる 願かければ夢叶う
遠い国の話 傍に駱駝が座ってる
  我が故郷の砂漠に住み 駱駝とともに
  暮らし 幾日月 君の夢 最南端の
  喜望峰には 時速二千キロの列車に
  乗って旅する時が来る 今は船に乗り
  渡る 砂漠広く 道に遠い国の木、
  花植える
桜柳銀杏の木植え 真っすぐの線路
引くと話す君 私にはそう話す君
あの星に願かけてる君を見、
『すぐ叶う』と私が言えば
君は頼もしくも見え光る
『私もともにやる』
君の夢成る時が来た

 狐の天気予報。〇r2018/10/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【Straight Africa】
 目前に広大な砂漠がある。『今、渡る』と、若い人は言い、
船に乗る。砂漠にある港である。砂漠渡りに、遠い国の木を
植えるという。色とりどりの桜を植え、色とりどりの柳、銀杏
の木を植える、これで、健康と安全が確保できる。健全な
頭脳に暴力はなくなり、戦争もなくなる。柳を植えるという。

"I will ow-plant willows." とも言う。これを中脳英語という。
"A willow in a block" とも言う。一字一蛛A一区一蛛B

一区画に柳を必ず一本を植える。安全を確保し、健康を
維持する、最短の道である、という。こうして、線路を
敷く。管線路という。
 はるか未来を見据えた時速1万キロの列車の線路敷設で
ある。管線路という、これで動物を守る。浮管線路という。
 この列車の動力源は原子力である。ところどころ原子力
発電所を造るという。これで、人の精神が安定する。
原子力には柳が付き物である。連列と言う論理という。

 若い人の乗る船という、船首に柳を飾り、大きな
白旗が翻っている。君添いの駱駝という、駱駝に添う
君で、駱駝の考えを実行するという。連列の論理が
これである。動物にそれぞれにふさわしい家を造る
という、万物の霊長の君である。

 国を越えて行く産業という、多国籍企業という。
産業がでる、国造りの発端という。浮管線敷設という、
既に技術は確立されている。植柳して、敷設するという、
桜あり、プラタナスありという、一朝一夕にできる
ものである。ストレート・アフリカという線路立国である。
カード立国を踏襲したものである。
花札の国、トランプ札の国、ドラゴンの思想という。
これをレブラムという、中立脳という、中越の山という。

 難民という、戦争から逃れる民という。柳を持たせ、
柳を口にいわす、問題はこれで解決するという。脳が
正常に働くからである。
 平和平和と口にする時は、平和に混ざる悪がある。
『正(やなぎ)の平和』という、これで戦争がなくなるという。
柳を植えて安全を確保する。これを、正(やなぎ)道
という。犯罪がなくなる話である。

Willow means righteousness.

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1260大原練習1160天の下1560 MorrocoRocketWay 真発道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
伴奏譜5-21




-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3608
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/14柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽