2018年10月01日

卒業3341京都船旅2241古譜1241大原練習1141天の下1541 IcelandClearColor 鮮やか色 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3341京都船旅2241
古譜1241大原練習1141天の下1541 IcelandClearColor 鮮やか色 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/01、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌74
遠く行き母や父思う 心の中
寂しく街角に着き 明かりは薄暗い時
幼い頃の夕暮れ時 カラス一羽が来ては
鳴き高く飛び去り行く 母の声 ご飯の
お声 父が座られ円卓兄弟が話す中
  手ぬぐいの白く鮮やかな頭被り
  一人年老いた人か過ぎゆき 
  町は暮れいき 車が走る村
  はずれに カラス薄闇に鳴く
  我が家と同じに見え おさな時
  母のお姿 歩く姿が似ている
  そう思えば 警笛が
音残しけたたましく去る 映る昔
心の町の高山 憶えはかすか 心に
かすかに残る 鮮やか色 カラス
鳴きに思い出出で 確か確かにここ
記憶消え今蘇り ここにいた我
いてある 我が言葉は親譲り

 狐の天気予報。〇r2018/10/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

 若い人は言う。『兎の恐竜がいたんや』と、京弁をつかう。
『一万前以上前のことも覚えている』と、言う。憶えは確か
であるという。間違うことはないという。親譲りの言葉という。
言葉はそういうもので、譲られ、教えられたものである。
アーフルレーテとか、ミルレバとか、ワーレルスーフーとか、
そんな言葉がどこにあるかという。教えられたのかという。
それは記憶にないという。が、この歌語という言葉はあるという。
我が中脳が作り出した言葉である。世界の様々な言葉の圧縮という。
また、それより出でた言葉という。
 見た光景、行動から出て、それが、言葉として覚える時に、
光景を言葉に表す、それに、その周辺を織り交ぜて表す。
そういう造りともいう。ランド・スケープという、ランドール・
ミットンという。ランド・スケープという意味に、その周辺が
加わっているという。本歌の、白いという見のかかりという。
これで、その言葉の周辺は、幼い頃であるという。写真を見れば
手にもっていたという、これを、ミットンレールレーという。
写真を持っていたのは、座っていたという、座りをミトという。
ミツレツ・ハットンという。そういう脳使いである。これが、
Y-TonLackという、歌の題で、アイスランドであるという。
行ったこともない1万年前という、アイスランドという、
そういう憶えが出てくるのである。はなはだ分けの
分からない話である。
 ワーレルスーフーという、厳密な意味があるかという、
ない場合も往々にしてある。『秋残り』という言葉がそうである。
説明せよといわれても出来ない。ない、という。
世間にない言葉を使えばどうなるか、ない言葉を
使っているだけである。さて、これが脳に与える影響は
記憶に関する言葉となる。ミットン・レールレーとなる。
どんな記憶であるかは、その時により、分けのない
記憶であったりする。『まあ、2万年程昔のことや』という。
若い人は、そういうのである。
恐竜がいたという、見たか見てないか、定かでないという。
これが、自信を持っていう、『大きい兎がいた、恐竜である』
という。『馬も大きな馬がいた』という。恐竜の馬であるという。
高山彦九郎銅像お爺さんのお教えであるという。坂本竜もいた、
中岡竜もいたという。自信をもって言うのである。若い人という。
仮想の話である。これが、実現する、世の中であるという。
飛騨竜がいたという。篠山竜もいたという。そういう話である。
アーレルレーテという言葉の話である。
『人は恐竜から生まれた』と自信をもっていう人である、
若い人である。

sotu3333は、http://akinokori.sblo.jp/index-2.html
sotu3329の、http://akinokori.sblo.jp/archives/20180922-1.html
4番の歌詞の言葉を説明した歌です。芸能、歌舞伎をかけています。
有名な歌舞伎で、歌舞伎の名場面で知られています。
子供のする歌舞伎、劇にもあったように思います。

【ふほのべ】
 小さい子供の手を素早く、胸に入れて暖める。
胸、胸元を、ふほのべと言います。他に『ふのほ』、『ふほ』
『ふのほべ』・・等があります。父母を『ふぼ』『ふうぼう』
『ふぼ』という。これにかかる意です。『ぶほうべ』とも。
 この言葉の使いの妙なる法に、妙法といいます。これを、
みゅう手、みょう手といいます。法のこと、仕方のこと。
この『みょう手』に、目をとるという、馬の目の生き(息)という。
生き馬の目という。動物様に表した子供の目の形容をいう。
くるくる目の愛らしさという、これを馬に譬えた表のよのは、
とそ。えてゆての言いという。
【南無父母、なむふぼ】
 『南無父母--ナム・ブーミョウ』という、願いの言葉という。
人の道へ行く、世を渡るという、父母の名を大切にする。
このことの意とそ。父母の名を大切にという、悪行をしなく
なることという。一言言う前、一行動を起こす時、父母の名を
大切にという。よい言葉が出てくることになります。
 『南無』は、宗教という範囲の言葉ではなく、人一般の
願いの言葉であります。
 『ナーミュウ』『ナム』『ナンム』という、これを漢字
に充てたことという。
 父母のことを『ブーミョウ』『ブーミュウ』という。
 ((『ナム』という、『ナンメル』が語元になります。))
題字は、ナムふぼ、ナム、ちちはは、と読む現代の
読み方です。
 
 文のことを、文行き、文行という。これを、経(みち、
きょう、けい)という。
文経という。父母のことを描いた文を、父母行き(文)と言い、
父母経と言います。上の文が、父母行(き)であり、父母経で
あります。経は、人生の道行きに譬えた言葉となります。
ただ、この意味では、『ブーミョウ』等の言葉も含め、
現在では使いません。この意味で使う時には、説明をして
使うことになります。説明がなければ、他の意味に
解釈されることがあります。

 高山旅行にかけて、小さい頃の思い出をたどる文で、
『ふほのべ』と使いました。((上の言いで、思い出経、
思い出行き、となります、現在では、こんな
言い方をしません、説明なければ、意味が不可解
になります))

 胸元の豆絞りの日本手ぬぐいの意となります(sotu3333)。
『ふほのべのふられ』という豆絞りが見えた形容ともなります。
胸元周りのことを『ふれ』『ふられ』と言います。
『ふほのべのふられ』という言いが、『ふられた』という、
手ぬぐいという。胸元に手ぬぐいを入れた形容とも。
日本手ぬぐいを片手に持ったということで、白き湯場(sotu3329)、
にかかることになります。白き湯場、代表が檜造りの湯屋に
なります。
 『足ふられ』と言えば、足の周辺をいう。靴など。
 『手ふられ』と言えば、手袋など、駅の列車窓など。
 
『ふるふられ』の豆絞り柄を二人がともに持つ、
時代物にも出てきます。手ぬぐいの代表の柄で、赤青
があります。これを奇術にも使います。
着物浴衣掛けには、日本手ぬぐいとなります。
風呂で使う場合もあります。簡単なゆかたのような
浴衣(よくい)を着て、湯船に浸かる場合など。
この『ふれ』『ふられ』という言葉も、現在では、
使いません。あえて、歌に置きました。
 『足ふられ、足ふれ』は、足元と言います。
 
 『ふほのべの、もとれ』という言いが、『ふほのべの、
ふられ』となります。『もと』を『ふら』といいます。
歌語になります。ワーレルスーフーという言葉の使いに
なります。ワッテンともいいます。

【鴨居】
閂(かんぬき)、鴨居のかんの閂。鴨白という、白木の
鴨居をいう。

高山では、兎がいる場所です。建築物にあります。
兎の釘隠しのことです。高山陣屋の細工です。
観光でいけば、説明してもらえます。

子供が歌える歌にしました。

***ワーレルスーフー、中脳の延髄あたりで、
 『つ』という脳の部位になる。そこの造りに
 なる。そこで造られた言葉です。
 そこから大脳を通り、言葉の発声器官を通じて、
 語になったもの。
 『ワッテン』は、脳のぴーみつという場所になる。
 そこでできた言葉。
 脳のひだの部分という。ひばともいう。
 中脳のえんとりの場所です。
 私の脳です。
 『レブンスー』という、上の部位の総称です。
 歌語という、中脳の言葉になります。この言葉は
 今の普段使う言葉にあります。今の言葉を
 使っていれば、中脳の言葉をも使っている
 ことになります。『つれれる』という言葉で
 解釈すれば、そうなります。別の言葉という
 言葉の使いになりますが、他の言葉からも
 解釈はできます。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1241大原練習1141天の下1541 IcelandClearColor 鮮やか色 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3418
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/26雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3339京都船旅2239古譜1239大原練習1139天の下1539 文だけ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3339京都船旅2239
古譜1239大原練習1139天の下1539 IcelandHealth 文だけ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/30、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo

 狐の天気予報。〇r2018/10/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【京都盆地】
 京都の山々が火を噴いていた頃。東山、西山、ここにも、
火口跡がある。京都の北東に、大原という所がある。
ここに、大原山という山があった。この山が噴火したという。
地へ向かって噴火した山である。あと、崩れて今の大原になる。
 平地の火山様という、平地であちこち、火が吹きあがる
こと、所がある。これを平地しょう(将の下に大を書く字)、
平しょうという。これがあった頃の京都である。
2000メートルの東山という。その麓を、桃山という、
現、五条坂辺りで、ここに川が流れていた。小さく
なったり大きくなったりする川で、U字谷という。
名前をごもうという。U字谷の名前である。
 源氏時代という時平政という、政府という。
そこの地震方という。方面司令官である。後、
操法という、操片という。そこの話である。後、黒幕
という。グサーッと手をいれたのは、おかれ、という。
漬物のこととそ。おから山お書きとそ。
 白いおからという、うの花のこととそ。黒いおからは
とうみとそ。ウェルレーという。ここの言葉のウイという。
うい花という。ウイッツという。これの話のきっぺの家(や)
とそ。れれるるのやてらか、という。後、だらという。
やみそという。れれそという。レムーの山という。
れむっそのお書きという。
【高山盆】
 高山盆という。鷹の身(鷹の見)の絵とそ。後、
バード・アイ・ビューという。鳥見立ての地図という。
それを、高い山から描くとそ。高い山からドンドンドン
という。テッパレッサーという。みーてる山のお書き
という。みゅーともいう。
 れを、みゅーふれ、とも。みゅーさま、ともいう。
鳥瞰図のことをいう。バードレールの山という。
【みゅう】
 後、大原をみゅうという。みゅうど、みゅん、みゅんど
ともとそ。みゅうらくらく、という。みゅうせるのはくれる、
という。れれそすつすふるするろむろれむれ、という。
大原高山とそ。大きな原っぱで高い山がある所の一般の言い
とそ。
【盆】
盆という、窪地の意味とも。京都市が山であったという。
それが、崩れて周りだけになったとそ。これを環礁という。
陸環礁という。京都盆地がそうである。高山も一部が
そうである。これを部分環という。ぶれるおりする、という。

地学方である。若い人である。巡査の勘という。カンルレー
という。古々高山の新しい人である。オーロラーが出た高山
という。古々高山新文書にでている話である。
 巡査日記より、幕府御役目方ごそうべ、これをゆりれる、
という。ゆりふりの新語による日記である。
 
 地皇出でて、天候をいう。天気を天という。雨天の
岩風呂という。温泉のことをいう。ここでオーロラを
見たという、若い人である。飛騨にはオーロラがある
という。これをももとという。オーロラをいう。
ももと山れば、という。
 京都東山麓桃川とそ。ここに、とめとそ。とるせるという。
川止めの場をいう。この桃を流れという。桃太郎の名とそ。
川の名前である。ドンブリという。川の流れの意に石をとる字
とそ。丼川とも。これをももという。百という。これを
二百の東山という。現、東山の東側にも、百という場所が
ある。どど、とも。東ど、西ど、という。東百、西百。
 高山彦九郎大御爺さんのお教えである。私だけに教え
て下さった話とか。若い人の偶像崇拝である。

 大御爺さんが土下座で見ておられるのは、愛宕の山の
日暮れである。その時間には、お顔に陽が当たる頃という。
若い人がいう、愛宕茂という。愛宕辺という。愛宕あたりの
おんという。おん見る場とそ。
 三条京阪鴨川ルルーである。柳背の御爺さんとそ。
土下座をする人という。若い人の一行動である。
 崩れる山ありてゆ。山の老いとそ。山の若とそ。
山の中とそ。これをさんれという。山の話という。
京都山ゆゆせせそ。これなるを。
京都方面軍司令官、現、古々高山御役目方、巡査若い人。
お書きおきゆるれれす。これを、日記という。
れれすという、日記の意とそ。れれそともいう。
秋残り新語である。歌語ともいう。
高山グサッに寄せて、日記などしたものである。

土佐日記をまねた駄作家という。自信満々のまねである。
きのう、つらつらいった文という。日記という。

 安全健康を期して、これを双京の宵柳という。
オーロラ見ての文という。柳構光流という、
オーロラが流れるをいう。高山流という。
流々の文である。高山竜がいた頃でもある。
恐竜である。飛騨竜ともいう。若い人の友達である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3398
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/25雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽