2018年09月13日

卒業3320京都船旅2220古譜1220大原練習1120天の下1520 IcelandY-tonLack 高白山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3320京都船旅2220
古譜1220大原練習1120天の下1520 IcelandY-tonLack 高白山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/13、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌61
中橋御白記
白雪降り 寒い日のこと 私の古い記憶
家から外見れば白い雪降り降る 里高山
外へ出れば白い顔 白い手 空白く 空一面
白々 庭の花 鉢の木も白い化粧 ここ高山
城下の中橋たもと おさなよい頃の思い出
ふとかえれば 匂いは木寄り
中橋船見
古都故郷 変わらずの里 切れ切れ浮かぶ
おさな時思い出 消え浮かぶ
船帆 中橋たもと港 船美し 消えていく
再び見えてくる 白雪降る 織り白
飛騨づくし 街並みも白い化粧 ここ高山
城下の さん町通り 懐かしい 白雪浜に
白い門のお屋敷の覚え
中橋白見
大きな白の染まり行く丘 だんだん積る
橋は白欄干 紅の橋たもと 降り織り
雪高山 御爺さんと御婆さん 火鉢に
おこた中 『帰りたか』と お声の
微笑みにおいられた 思い出は
ここ高山城下の 蘇り 裏桟橋に
清い粉雪 障子窓の景色 思い出す。


 狐の天気予報。〇r2018/09/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
sotu3313 同曲。
出だしを少し変えました。タタンという、出だしで、
この部分を変えています。惹起にするか、このままで、
タタンという、部分の始めの"タ"に強勢を置くか。
"タ"に強勢をおいて、次も"タ"ンにも強勢を置けば、
フランス、シャンソンのリズムの一種になります。
日本人にはなじみにくいように思います。
この部分を、タンタとして、普通の出だしにしました。
落ち着いたリズムになると思います。手拍子をとれば
分かります。出だしからタタンとすれば、手拍子が
うちにくいです。タンという出だしなら、うちよく
なります。

 後、歌詞を現実に近くしました。
白い雪としました。これで、冬の歌になります。
皆、私の想像作であります。こういう感じであろうと
いう想像です。

 高山市は高い白山の麓です。小京都というらしいです。
 高山市には中橋という橋が架かっています。この川に
船が浮かんでいた、私の想像です。この川を下れば、
日本海へ行くという、これもどうか、想像です。
私のロマンチック幻想です。頃は江戸期の歌で、
百年くらい前の景色という、想像です。
船は原子力船だと思います。
目が弱い私です。頭も弱いかも、ぬくい頭かも。
そんな人の幻想光景です。
梅松桜柳もあったように思います。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1220大原練習1120天の下1520 IcelandY-tonLack 高白山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3










-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3208
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/08雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年09月11日

卒業3314京都船旅2214古譜1214大原練習1114天の下1514 IcelandBigRiver 黒高川(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

未完 ここまでにします。すみません。

そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3314京都船旅2214
古譜1214大原練習1114天の下1514 IcelandBigRiver 黒高川(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/11、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌60
悲しき歩み行き様なり なりゆら
文蔵出でたり つら ある晴れた日々
ゆかる 踏み踏みあゆる 高山踏み
もう思う 御祖ゆおありそ ゆゆときふる
思う 生まれ宮や 懐かしきゆ 御おじ
御おばおらるおありれれ とみやりや
憶えありて ここなるかな 高山

 狐の天気予報。〇r2018/09/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 あゆる、阿弓浜の言葉。
 あゆくるという、阿弓の浜の吹かれ山という。吹かれた
 かざめ、という。カーレル・ルースーのけっせる、という。
 歩み風を受ける歩みの一種。陣笠の流派のふぜいという。
 のち 、かくしという、後、かくれという、後、かかし
 という。
  陣笠のかかしあゆ、とそ。これをあゆるという。甚兵衛の
 着、という。甚兵衛の陣笠の歩みとそ。風ありてという。
 両手をげんこにして、腕伸ばし横に広げ、歩く風をいう。
 あゆ手勘振り(あゆてかんふり)ともいう。飛騨の歩みという。
 これを、あゆる風、ともいう。そのあゆるである。
 でがし、ともいう。
  着物を着て、これをすれば、かーまという。かま歩きという。
 カーマレラという、カーレテーともいう。カーマレッテ、
 すれすっつという。これを、けーかるという。けーかれって
 という。『けーかれてのあゆる振る』という。手を振る
 かか駒の歩みという。カーレル・レールーという。カミセラ
 ともいう。ルックスラという。ルックラーの山という。
 ミーレルロンズーのお言葉という。
  みぶふっきの山のおゆれ、とそ。フーレル・フンズーの
 カカレルという。ペブスの山のおきゆき、という。これを、
 アイスモーラーという。アイスランド・メップスという。
 クーメの山のお書きという。
  くみふらるる、くみふららら、ともとぞ。
 おやっきふっきの山という。メルセル・ルルスー
 という。ユービルルールの浜行きという。行き行きの
 山という。
  黒高川ゆ、ふりるら、れれす、すすれす、これをとぞ。
 黒高川浜見行き行き、とそ。高山の川である。
 
  今をとぞ、アスファルトに流れる細い川様筋である。
 蒲鉾道の黒い川である。
  大きな川であるという、大口食らいの話である。
  上の言葉は殿様用語であるいう、新語である、
 歌語である。黒夏政界の黒幕の言葉という、若い人である。
 原子炉の黒幕ともいう。薄黒のめでたである。
 
 黒い水引という、赤い水引の意の、黒水引である。
 祝い事に使う水引をいう。
 
 黒高山の川の話である。京都大原である。
 蒲鉾道の全国津々浦々である。
 
 黒めでたの話という。今もそうである。黒い装束の
 祝い時である。ブラックという、ブラフルという。
 ブラレルともいう。新語である。
 
 かかしの赤かかし、という。赤いかかしを召す話という。
 黒高川のべにかか、という。こうという。べにこう、
 ともいう。赤かかしのやつおう、という。京の
 『やつす』の意味である。べにこう(紅甲)やっち、という。
 やちの山のお書きという。紅甲やちの、エーセル・
 ルーフーという。新語による解である。殿様の学問
 である。恰好よくそういう人である。
  エーセル・ルーフーのお書きという。
 殿見聞録という。能戸能戸(のとのこ、のこのと)の
 四字の中、二字を抜く、とのという、このともいう。
 殿と書く人である。
 
 殿という赤殿という、黒殿の切国という。赤黒の着をいう。
 半分ずつ、斜めに分ける場合もある。やちすがたという。
 かかしのことを殿という。
  黒高山黒誌にはそう書いてある。ここを黒家という、
 国家である。こっか枢要という。こっか数用である。
 駄作者は国家枢要という。
  リー・アイスクールーの山という。アイスランドの
 レーキャビクという、アイスラー運動のかかし歩きである。
 これをリーマンという。李漫とそ。
 黒豚の女の話である。おんなかかしのりーという。ん
 り、とも。
 
 高山帰りに京向けて、食べなれない黒豚まんを食べて
苦しんだ話である。これを、いやし苦しみ、という。
にがいという、苦しいという、若いの一意味とそ。

 悲しいという、悲しきという、若い人はそういう。
いやさず苦しまず、苦くない若い人である。
悲しきはそういう意味である。
曲、解数用、これである。曲の解説である。
曲解説、曲解である。

『あそこで踊っている奴(やつ、やち)』と、いう。
殿様である、殿である。これをやっこ(奴)という。
たくさんいる男性である。殿用、殿様用、たくさんある。
やっこ用ともいう。
 かかし用は女の物である。女をかかしという、
踊る姿はかかし、という。これを、立てば豚とそ。
女を豚という。奴(やっこ)と豚の、かかしあゆれ、という。
かかしあゆ、とも。日だ高山をいう。ここを、かかゆみ、
という。歌語による解説である。

 政界の黒幕の解説という。原子炉、原子力数用という。
 政界の黒幕の言いとそ。この黒幕を宰相という、黒子
 ともいう。この政界を毎場という。おどる場ともいう。
 踊る国会という。ダンシング・ブラックという。
 ブラック・マンという。ブラック・マンデーという。
 
 『黒豚でいこう』という。メッテスという。
 洋楽を和式楽器でやる音の用いという。
 
 ブラックマンの話である。黒豚まんの話である。
 黒高山帰りは黒豚まん食らいであったという。
 
 落としぶたの文という。この文である。
 黒幕の若い人という文である。
 
 黒夏おわらという、これを飛騨では、黒らく、という。
 黒おわろ、ともいう。名古屋おわりのおわらである。
 飛騨では、おわらをおわろともいう、もいう。
 黒飛騨の黒幕のぶんであるる
 
 み祭りの黒幕である。黒い幕裏の表返しという。
 飛騨こんらん、という。こんれく、ともいう。
 幕の裏を見せる、芸の終わりである。
 これを、おわらおわろの山という。
 
 おわろ花の若い人である、政界の黒幕をしている
 人である。原子力の黒幕でもある。
 幕の内も、熊本県裏も見せる人である。
 
 台風風(たいふうかぜ)を、おわろ風という、飛騨の
 若い人である。黒幕にたけた人である。
 竹田威信会の主宰である。黒主宰とそ。
 竹田大殿かいこかいこ、という。蚕々草(てんてんぐさ)
 という。今様解は、インターネットのおかしな文である。
 蚕々草回顧という、回顧録である。
 
 前曲の解説一部含み、前曲解である。全曲解である。
 配膳の枢要という、豚まん食らいの旅おわらである。
 (2018/09/03〜09/04高山行幸) 台風と豚まんの旅行とそ。
 
 黒い女、ブラック・ウーマン、ブラクシ・レッテという。
 ククシクラ・ロンドの山という。黒豚の人である。
 幸へ行くという、幸せ向かいを行幸という。
 ブラックれんの山という。黒を幸と解釈する黒水引の金封
 という。婚礼、祝いに用いるもので、黒の色が少し違う
 色である。レブセルとそ。ロンテルともいう。ロッソともいう。
 ロッソの名元が黒である。黒色である。これを、ロンともいう。
 マンデーを古くロンデーという、月曜日である。
 黒い月の、ロントムという、ブラック・ムーンである。
 
 これを、ロントムごよ、という、暦に用いるマンロン、
 ロンマンという。ロマンである、マロンともいう。
 暦を歴という。これを、月裏表闇(つきうらおもてやみ)
 という。ロンマン政府の闇という。ブラックにかける、
 政界の黒という。この政界を宰閣という。
 
 古くの祭儀をいう。これを、まつるまつりごと、という。
 祭りごとのまつ、という。政と祭を一致さすことを、
 意味同一にとることとそ。
 
 原子炉内閣という、原子炉の中の構造という、また、
 政治の内閣である。
 
 原子炉内閣の祭政という、どちらも御役をするという
 若い人である。自民党という、自民塔という。どちらもする
 人である。塔党意、文という。尊い文である。
 
 文を尊ぶ人である若い人である。立山意知広という、
 主役である。黒子である。立山居千尋とも、名を描く人である。
 
 千尋の立山という、意を広く知るという、黒立山黒幕
 紳士録に載っている人である。今様インターネットても少し
 名を出している人でもある。若い人である。
 
 共産塔という、社会塔という・・・、共産党、社会党という・・・
 どちらも両手に花という、女冥利という、若い人である。
 
 まとめて、自民等、共産等、社会等、・・という人でもある。
 棟も頭も糖も、これに入っているという、曲解ならぬをする人
 である。
 
 これを原子力頭という、糖、という、棟、塔、党・・・という。
 等という、尊い話という。
 原子力党の党意はそういうことである。
 
 世界とうという、国連等で原子力とうを進める人である。
 上海、モロッコ間、時速2000キロリニアーカー路建設
 達成の人である、建国の達人である。若い人という。
 これを明示威信という、何事も拝む人である。
 全拝の話という、原子炉の前で拝をする人である。
 
 山拝み、電車拝み、いろんなものを拝む人である。
 消えていく雪哀れと、廃る台風を拝み、氷もそう、
 廃ることを惜しみ拝む、全廃をも拝む人である。
 若い人という。
 
 高山市蒲鉾道思索編。本曲がりである。
 あゆり風という、拝み歩きである。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1214大原練習1114天の下1514 IcelandBigRiver 黒高川(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3148
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/06雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年09月10日

卒業3313京都船旅2213古譜1213大原練習1113天の下1513 IcelandTwoCastles 黒高山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3313京都船旅2213
古譜1213大原練習1113天の下1513 IcelandBlackField 黒い大原(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/10、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌60
高山御記由
夏雪降り 熱い日の午後 古い私の記憶
家から外見れば黒い雪降り降る 里高山
外へ出れば黒い顔 黒い手 地は黒く
空一面黒々 庭の花 鉢の木も 黒い化粧
ここ高山城下の中橋たもと おさなよい頃の
思い出 ふと帰れば におよう 麗し

中橋船見
古都故郷 変わらずの里 きれぎれ浮かぶ
おさな時 思い出消え浮かぶ 船帆中橋
たもと港 船美し 消えていく 再び見えてくる
黒雪降る 降る闇 飛騨黒の 町並みも黒い化粧
ここ高山城下の三牢町に 懐かしい春よい浜に
黒い門の御屋敷の覚え

中橋建て船
大きなお川が流れておりましたと 後、橋が
かかる今は昔大御婆さん大御爺さんとおいられ
浜連れられて大川流る浜 今中橋たもとに げに
黒い大家においらるれ ここ高山城下の さんら
み祭り残る字 はなよらきゆき 
黒高山 黒大原ゆ


 狐の天気予報。〇r2018/09/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 船旅ゆ、ありゆありせ。はみゆ、はみならゆ。ゆゆせ。
せっするれっつ。こるれるへるれる、せせて、ろろふす。
これを、よりゆり、という。船旅の船の舵取りという。
おっぺの山のお書き、これなるを。

 『今は昔』などと、げに駄作者は、おお、おかし。
日頃常々、『いずれの御ところか』と、手前畔道、小道へ
行きたるも、なお、おかし。蒲鉾食らいて日を送るとて、
日記にしたり、アイス・ワットソンお書きなどといふ。
 世人言ふ、『枕の草書き』と、『真昼の夢見』とそ。
自動計算機械と言ふコンピューター前の戯言である。
・・・・・・お書きお書き、何分にも、仮想頭脳のなせる
ものである。アイスランド仮想行幸という。幸せ多き、
アイスラー運動という。氷に黒砂糖蜜をかけて、黒い夏
という、食しながら想像逞しく作ったものである。
黒砂糖をアイスラーという、氷食べの糖蜜という。
置き縄という所である、道に縄の小切れを置くことを
いう。これをアイスルーの縄という。蜜をルーという。

 いずれも、食いから出た想像である。いやしい人の
想像という。『黒い雪などと、黒糖蜜氷を見て書いて
おるのであろう』と、常人の正しきをいう。
駄作者の考えることである、本歌縁起なるを。
黒い氷や、ありやありあり。白糖蜜をかけるかな。

 蒲鉾道を歩きながら考えた、『高山は黒い町
である』と。
 江戸幕府高山出張所の大夢幸という、タイムマシン
の君なるを。機械の世である、からくり人形のみ祭り、
機械の祭りとそ。

【解説】
 『おさなよい』という、地の言いである、彼の地とそ。
 『におよう』、匂い様、匂う様をいう。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1213大原練習1113天の下1513 BlackField 黒い大原(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3












-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3138
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/05雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年09月09日

卒業3312京都船旅2212古譜1212大原練習1112天の下1512 IcelandTwoCastles 黒高山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3312京都船旅2212
古譜1212大原練習1112天の下1512 IcelandTwoCastles 黒高山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/09、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌59
 高森城
黒い森に囲まれた 川の上下 二つの
きも 黒高山下り 川流れ登り行く
花木植わる木階段 上に蝙蝠が飛んでいた
見下ろせばかすかに船が待つを きみ
ゆかれはみなら 黒い雪が天落つ
降るや 雪降り 青雪の混じりて
 杜鷹城
こおろぎ鳴く 川流れ下下りゆらら
しもきらきも 緑流れ船にゆらるゆれ
下がり来て 緑白の花壁 よに黒い高いやの
ひつば山 降りて上がれば 帆に城を
描く旗 翻る門 高い氷路の飛騨
山や 遠きゆ 風花ゆ 吹きつゆ

 狐の天気予報。〇r2018/09/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 船帆に、城を描く、川を上り下り。
 帆を旗にする城門。これを、きみゆりゆら、という。
ゆらゆりのきも(城茂、城裳、じょうもう、きも)という。
城のことをきもという。川の上下に城が立つところの歌という。
アイスランド茂の山という。黒い森の中の城という。
キョーリル・レンルラーという。
 旗には船が描かれ、船と城と川、これをテイハマという。
ハーレル・クーズーのくゆっそす、という。
マーバの山のお書きという。高山郷の城である。

 『吹きつゆ』の『・・ゆ』は、古語の『ゆ』の古い
使い方。コロポックルの剰余という使い方。剰余使いという。
剰余語とも。
 木階段、『きいかいだん』という京都の高言いという。
『きかいだん』のこと。土に打たれた木の登り道をいう。
木の階段。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1212大原練習1112天の下1512 IcelandTwoCastles 黒高山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3




-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3128
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/04雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3311京都船旅2211古譜1211大原練習1111天の下1511 IcelandBlackWoods 黒森山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3311京都船旅2211
古譜1211大原練習1111天の下1511 IcelandBlackWoods 黒森山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/09、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  
【歌詞】創郷 北山賛歌58
北山高町登り来て見渡す
紅に染めてる里の我が家
秋はキツツキ鳴き 寒い朝に
郡が川岸に 秋葉流れ空は群青
陽は目前月あり 黒い高森
鳥一羽飛び立ち影を落とす

 狐の天気予報。〇r2018/09/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】和音を使い圧縮拡張
 1段目、歌詞欄に数字を書いています。同じ数字を充てて、拡張
圧縮をします。
 1小節、ドレミ 123  これを拡張すると、
     Amを充てて、拡張すれば、2小節目 123の音符に
     なります。低ラ、ド、ミとなります。
 3小節目、半音音階です。これを使い圧縮すれば、
     1小節、ドレミ123は、ド、レ♭、レ、ミ♭ 123
     となります。 
 4小節目、Bdim拡張です。
     1小節目のドレミ、123は、シレファ123と、なります。
 8小節目、Bdimの旋律です。これを圧縮すれば10小節目に
     なります。
     レファラシラ 23454→レミファソファ 23454
     
 同じ旋律を使い、圧縮拡張していますので、上がり下がりが
 同じになります。赤線。
 
 陽と月が目の前に見えた、楕円の地球という、
 コオロギの歌です。
 高山城下コオロギ楼、そこの飾り絵の歌です。
 泊まったホテルに、コオロギが鳴いていました。
 (2018/09/03高山市泊)
Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1211大原練習1111天の下1511 IcelandBlackWoods 黒森山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3118
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/04雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽