2018年08月23日

卒業3292京都船旅2192古譜1192大原練習1092天の下1492 IcelandBackToReykjavik 冷菓瀑布 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3292京都船旅2192
古譜1192大原練習1092天の下1492 IcelandBackToReykjavik 冷菓瀑布 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/08/23、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABIAND in a box、PG Music Inc.社
【歌詞】創郷
レーキャビク戻りて見たるは土の顔
氷溶けてぞ流れる 花浮かぶ 魚は
顔出し 雪沢水立て 登るを鯉魚
着物着たりて我が身守る 登る空
青き空 滝の沢


 狐の天気予報。〇r2018/08/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 アイスランドのレーキャビクという。ロンドンから
とって返したレーキャビク、土がたくさん見えたという。
幕府の軍を指揮される叔母のおともという。
 氷が溶けて水流れ、沢の滝流れという。
魚が顔出し若い人を迎えた。
ここ、レーキャビクでは、魚は着物を着て身を
守る。鯉魚が滝を登るという、岩に体を打てば、体に
傷がつく、これから魚の体を守る着物という。
 魚に着物を着せるレーキャビクの人の気持ちとそ。
レーキャビクの人たちの心である。魚思う優しい心持ちの
人達である。 Reykjavik citizen's mind, 氷の町の
良心という。レーキャビクの魚は着物を着ている。
自分で着物を着る魚もいる。川もそのように作られている。
安心して昼寝をする魚もいる。魚の住まいがある川である。
 滝を登った魚は空を食べるという、レーキャビクの町である。
空を吐き出せば、ロンドンには、霧がでるという。
遠く倫敦の空、ここには、霧があるという。
北の果て、レーキャビクの空、ここには、氷がある。
ロンドンの空が落ちて、霧張り、ソを訪ねれば、半音
落ちていたという、霧降りロンドン、ソの音(ね)、落ち。
 
 日本書紀、古事記にはそう書いてある。研究家の言という。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1192大原練習1092天の下1492 IcelandBackToReykjavik 冷菓瀑布 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2928
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/05/18雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽