2018年08月21日

卒業3289京都船旅2189古譜1189大原練習1089天の下1489 IcelandBakTaLondon (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3289京都船旅2189
古譜1189大原練習1089天の下1489 IcelandBakTaLondon ロンドン帰(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/08/21、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABIAND in a box、PG Music Inc.社
【歌詞】創郷
冷蔵 氷の家の小屋 氷の中に
花咲き むよみべに 鬼花と 妙が
花の あいに とも開いて そを染める
素焼きの鉢には 鼻が描かれ 壁氷り
壁の浮き絵に歌われる花ゆれ


 狐の天気予報。〇r2018/08/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 この日、若い人は、イングランドの我が家へ帰るという。
アイスランドには、いろんな氷がある。暑い時でも溶けない
氷、溶けて水にならず氷から一度に蒸発してしまい氷所が土を
見せる、また溶けて川になる、いろんな氷がある。
 イングランドに帰るという、葦の原とそ。グッド・ワイ
という、ワイ字の家である。自分も目が青くなったという
金髪の日である。若い人の髪とそ。ブロンドが出、プラチナが
出、青い髪が出る若い人の頭である。色んな色の頭髪という。
若い人の体である。
 『今頃は青い水がながれている』という。ワイ字家を思う人である。
蝶がかえるのを見るという、大きな蝶々になる青い水という。
両手いっぱいに広げた大きな蝶である。その蝶になる蝶である。
家の中に小さな川が流れている、この日は、青い川である。
ヤゴが元気よく跳ねている。この水は遠くアイスランドから
流れてくる水である。アイスランド・フローというワイ字家の
川である。ルイカラ蝶という蝶々である。
 ロンドン奥のメーベの村という、リットル・ロンドンの村槍
という。ここのワイ字家である。ビーミス・モーレーという、
メンテバという。大原の葦之原である。リールル・コッツという、
みゆれる屋のおしょ(御所)という。メルテスのメンフルという。
古ロンドンのイングハッツという。イングレモーという。
みーせはなゆきの所家(しょや)という。ロンドン急の山という。
 こってのえいらぐという、イングランド丘陵とそ。
イングランドの小草丘陵という、尖塔がある丘という。
こってえいさ、という、るーるる長闇とそ。短い日の
長い闇時とそ。青夜という、古ロンドンの夜という。
 この頃をロンドンをロング・ヒルという。ロング・ドン
という。ドン明けという、夜明けのドンという音が聞こえる
ロング・オープニングという。ロンドンの夜明けである。
ロンドンモーの花明けという。これを、青夜所という。
青い夜のロンドンという。ロンドン・リーキーの山という。
 大きな蝶が舞う場所である。ロンドンヒラリーという蝶
である。ヒラリー蝶という、若い人の頭にとまる大揚羽である。
平里の里花揺れという、ヒラリーの蝶をいう。
 この舞いをロンドン・バックという。舞いを、蝶舞という。
ロンドン・バックス・ダンシングという。ロンドンの花舞い
である。ロンドン・コールのびっとも、とそ。
 ビルレス・レンズーの山、これをおに山書きと言う。
古ロンドン・ヒル、ロング・オールド・ビッツという。
 英らぐの山、花やら、れてす、るるす、そゆるくるる、
とそ。一村の山、一村の屋という。ワンレル・ワンダルの
山屋、ミミズのたりの山並み、懐かしきをいう。
 ロンドンありてあり、ありるありる、ありすありゆ、
せせゆそとほ、るるふ、るりす、るるどま山々。
懐かしき古きロンドン、さかゆら、ありふる、青
夜所、青き古きインドラーという。川流れのインジス
という。青夜の川、青き川とも。
インディール・ハットンという、古ロンドンののたる
むじふり、という。野たるむじ・ふり、ミミズである。
ひゃくぜつちゅう(百舌虫)という、ロンドン・ヤードの
お住みである。凍れるロンドンという。
 霧深いロンドンの島青れ、という。レーテル・ロンドー
とそ。ダンスの踊りをもいう。音楽とも。
 遠い日のロンドン記、これなる。

 ソを半音落とす、ロンドン下げという、音楽とそ。
ロング・ホーン・ルッキーとも。
 ルッキー音の歌である。この歌である。
 
 Back to London これを、 Bak Ta London
という、古アイルランドの言葉とそ。
アイス・アイヤーのアイヤールという、言葉である。
アイアールとも。 Ice・Ire。
アイスランドをアイヤーともアイヤールともいう。
アイヤール・ランドという。
 この日にアイルランドという。
 北極のアイスランドをアイヤーという。
アイヤー浜のお書きという。アイヤーズ・メンツという。
後、メンデという、メンデス・ロンルーという。
北極のアイスランドである。現今のアイスランド
の北になる。花吹く山のお書きという。
 氷の下に島があった頃である。北極島という。
メッスル・スームのすす原という。せみすゆ、
ともいう。せって島のお書きという。

アイスランドの、子アイスという。子アイスランドとそ。
小アイスランドとも。現今のアイスランドとそ。
 
 メッソン・レースー、かゆふる、コーレル
レンズーのかよふる、という。れんてのゆゆす、
これなり。
 メッチョ、ミッチョという、アイスランドの古
別名である。
 これをメッチェンという。メッチェン・パール
レーという。アイスの真珠という。真珠貝である。
真珠浜のお書きという。アイスランドのパール
という、青いぶる、という。ブルブル・パール
という。青真珠のことをいう。
 メッテンラールフーともいう。テーフルロンド
という、手を振るロンドン・パットンという。
バットン・レールの山という。
 みみずのたりの山ふま、という。その丘並みが
あった北極島のアイストーンである。アイテル山
という。みっつ山とも。ミッツレツ山とも。アイス山
の話という。
 北極島のしっぱ、とそ。セーフルローソー
という。メメテスとも。
 みみずの目々という、ミミズ島の北極とそ。
北極島をミミズ島という。


Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1189大原練習1089天の下1489 IcelandBakTaLondon (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2898
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/05/16雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽