2018年07月15日

卒業3239京都船旅2139古譜1139大原練習1039天の下1439  LewisNocturneMakeaCountry 国造 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3239京都船旅2139
古譜1139大原練習1039天の下1439
 LewisNocturneMakeaCountry 国造 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/07/12、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロデューサー カワイ社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
竪穴 逆だて 我が家の造りは
近代建築物との幕府は指定 地の
辺りに泥は流れ泥川 滝落ちている
泥滝 泥を乾かし家作り 国興す
後は 逆にする

 狐の天気予報。〇r2018/07/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 若い人は言う。倒立の美とそ。
国を興すという、建物は、皆、逆に立て、
後で、正立さすという。正立の国の出来という。
これを成立という。国の成り立ちという。
 初めに、原子炉ありき。初めに藁葺き家ありき。
泥の家ありき。泥家に原子炉ありき。創郷の頃である。
初めに幕府ありき。これをとうこうという。
 原子炉を祭り拝む、原始時代の頃とそ。
倒立の家を、倒立の塔を祭り拝む、原始時代の
頃である。復元の世界という。歴史混在の世である。
近代建築をするという、埴輪を並べ、竪穴式住居を造り、
藁葺家を拵え、これを遺跡という。そういう世の中である。
復元ともいう。ルイス古老の教えとそ。
 自由の女神の歴史という、西郷さんは同輩であるという。
坂本の小父は着物を着て、中岡の小父も袴を履きという、
皆、現代に生きておられるのである。
 アメリカ岩国の岩山、大きな小父がおられるのである。
この叔父にもご挨拶をするという、若い人である。
 かの砂漠の国、時速2000キロのリニアーの旅、車窓より
眺めた石の神殿、そこにもおられる。
 スヒィーの御像、三角錐のピラミッド、5角形の5角錐の
ピラミッド、巨大鳥居、皆、近代建築物という、復元という、
造りである。だから、あの上海からモロッコまでの
国はもうできているのである、建造中でもある。
 万里の長城という、あれも近代建築物である。
空飛ぶ円盤から眺めたドローンと長い城である。
補修という造りもある。建築中のことである。
一休み、中休みの建造中の建物である。
城跡という建築物もあり、未完成という名曲の造りの
発露という。完成品である、城跡である。
完成させなくてよいという、あとは、原子炉建築になる。
城跡原子炉という。一端完成したのかもしれない、完成させて
未完成にして、あとは原子炉という歴史の流れという。
ピラミッド型原子炉、スフィンクス型、マーライオン型原子炉
・・・いろいろとある。
 初めに円盤ありき、ドローンありきという。
そういう時代である。歴史も逆に作るという、新しい歴史
とそ。

Mr. Atom Lucky Ager, "Tokyo report" より 
【ソフト紹介】

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1139大原練習1039天の下1439
 LewisNocturneMakeaCountry 国造 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2398
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/04/07雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3242京都船旅2142古譜1142大原練習1042天の下1442  LewisNocturneNuuk 氷島 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3242京都船旅2142
古譜1142大原練習1042天の下1442
 LewisNocturneNuuk 氷島 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/07/15、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロデューサー カワイ社
  B旋律 ハーモニーアシスタント Myriad社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
陽は目の前 白く低く 氷島
氷が浮く海 大き機械犬が歩けば
雄々しい音が響き渡る 原子力の
氷棟は我が家横 白夜が来れば
白い月は前に見える オーロラ帯び

 狐の天気予報。〇r2018/07/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 グリーンランドの古老は語る。『氷の地である。』
と、言って、犬橇をみせてくれた。大きな犬である。馬ほどの犬
という、鋼鉄の犬である。犬型家もある、氷でできた家という。
竪穴式氷住宅原子炉付という。ヌークの村という。犬をヌークという。
ヌークヌークという、機械犬の街とそ。双今日の地、ヌークを
セメルケという。馬のような犬という。機械馬という、ヌーク馬の
家という、このまま歩く家である。ヌークトロイ、氷の島、氷を
拝む人という、ぬくぬく山のお書き、これとそ。

 絵に描かれたトロイロ遺跡という、このまま、氷に浸かった日という。
江戸前様式、竪穴式住居という。

Mr. Atom Lucky Ager, "Greenland report" より 
【ソフト紹介】

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館秋期展示
『古譜1142大原練習1042天の下1442
 LewisNocturneNuuk 氷島 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』このまま氷漬け
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2428
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/04/10雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽