2018年06月26日

卒業3225京都船旅2125古譜1125大原練習1025天の下1425  LewisNocturne 由緒花句(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

 文だけ
【曲名】卒業3225京都船旅2125
古譜1125大原練習1025天の下1425
 LewisNocturne 由緒花句(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/26、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)



 狐の天気予報。〇r2018/06/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 原子炉門院様のお成り。炉門をでると、こういう若い人
とそ。原子炉の門である、横には中岡の小父という、
プラスチックの塑像が立っている。恭しく礼をする。
『捧げ、蝋』という蝋燭を捧げる夜参りの朧月という。
中岡の小父にお参りするという、その横という、坂本の
小父という小父がおられる。原子炉横町という。
 中性子炉あり、陽子炉あり、陽炉あり、こんな光景の
若い人の黒夏である。

 黒夏来たりて源氏蛍の舞いをもう、はなゆれれせ、とそ。
明示威信という群像の中という、江戸幕府聳えてある幕町という。
博労山のそばとそ。蕎麦炉ありて、はなゆら、せせる、そっつす。
即刻のゆきれく、という。

 トロイの木馬がやってきたと、いう。大きな木馬である。
木製の馬の形をした若い人の住む家とそ。この木馬の中に寝る
ひわのや、という。ややさわのもくる、という。
 おっちという、おんそという、れれるそっくとそ。
ギリク蝋という。蝋の大きな木という。

 これをロミとそ。ロンともいう。ローフルのロロララとそ。
メルレルユッスの小母という。オロシア風が吹いてきたという。
颪風である。そばには、モスクワの大虹電化製品があるという。
この時に坂本の小父に言うたという、『あなはな、山らら』とそ。
小父が頷かれた話という。『めめて、けけろく』とそ。

 秋残りの言葉をすぐに理解される叔父である。
小父に教えてもらったという若い人の通学炉という、通学路とそ。
小父の御目光り、らんらんという。そういう叔父である。
らんらんの小父という。我が行く前をお教え下さる叔父という。
夜参りの頃という。小父の目は遠くまで照らし、『おお、天照す』
という。天の下をお照らしの小父という。らんらん坂のおゆ光と
いう。これを、らんらんらんという。

 子曰く、らんらん、楽鳴り、らんらんという。そういう
小父の孝子(こうし)である。小父を思う孝子とそ。後に光子
(こうし)という。若い人のことをいう。

 馬がやってきたという、無線通信で呼んだ木馬という。
この世に名馬をいう、はくという白とそ。これを白馬非馬
という。世にいう白馬非馬説とそ。非馬家という、若い人の
移動型家居である。トロイの木馬という、戸炉居論という、
白馬非馬説とそ。

 馬の首には戸炉居と打ってある表札である。非馬の名前という。
夜靄あるある頃である。夜参りの夜靄という、戸炉居家の住人の
若い人である。

 非馬を可愛がる若い人の造りという、頭前に人参という電灯
が飾られている。非馬の好く電気人参である。後、食べ物の人参
を拵えるという若い人の意気という。

 かような原子炉横町である。坂本の小父まじえ威信の回顧談という。
威信の頃であった話という。異神造りの話とも。これを見て、神という
若い人とそ。後、神馬という。後、神という意の龍という、坂本竜馬
という、威信の維新の異神である。坂本の小父のことをいう。
 
 非馬が坂にかかる頃に、苗木の元の木造という、坂本竜馬の
小父である。お立ちありるう、よみ山はなゆらという、靄の
形容である。維新前後夜である。

 向うの方から、歩き来たる有り。世にいう、間の会いという。
夜靄の会いという。小母である。手には風呂敷包という。そう
いう出で立ちである。『ニー、ハオ』という、挨拶である。
これを間の挨という。後、中国語という、シナ語ともいう。
チャイナ・ラングという、チャイナーラ論とそ。

 チャイニー・イッハとそ。イーハトーという、
イハランともいう、イモヨともいう。中国である。
原子炉横町の挨拶である。
古い話という、平安晩の夕刻過ぎとそ。原子炉という町方お会い
の記録という。今に伝えられ、トロイさんという、若い人は
『トロイ讃』という、とろい話という。

 これが誤ってつたえられたという、誤らない伝えという。
連絡正しきをいう。やなぎの山お書き、これなる。
 
 『わが夜、ありてあり。たくさんある我が夜』とそ。
中岡の小父のお教えである。後、中国という。中国の夜の
話である。中岡の小父、ありてあり、中国の小父とそ。

 世にいう中興の興しとそ。中岡の中興である。中岡国
という中国の国という。ここが、南京町である。
獏たる幕府という。南京幕府という、公居の若い人である。
ここでは、木馬が指導する木馬将軍という。非馬将軍で
ある。木製機械という非馬群町とそ。
見上げれば、箒星が天にあった頃とそ。月よりも大きな星
という。箒星である。若い人の好きな星ともいう。

 今もトロイの木馬に寝泊まり、夜は望遠鏡をかき覗く
という、天空の下、駆けるシッポク録という、記録の名である。
日記という、シッポク録という、若い人の言いである。

 世は大原という。大阪大原、夜見参り、疾駆する非馬、
路々花添え、流々張る浪速、蝋燭立てて、トロイ行という。
大阪へ行った若い人である。非馬で行ったという若人とそ。

 京都大原鉄馬連れ、大阪大原非馬連れ、朗会の国という。
名古屋の名馬という、江戸の馬は馬頭型貴船という。
長崎の馬頭型至る野の大原馬という。鹿児の馬という。
小春駒の歌とそ。我が世渡り、遥か遥か、遥夏の快楽
という。古い記録のお書きとそ。

 蒲鉾型潜水艦、鏡(きょう)上げて、空をみやれ、
あら、大逆(おおさか)や、箒がほしてある、浪速童歌である。
よもやある、まじき(真直き)の地、坂逆の小坂より大原小坂
来て見てしゃんせ、大阪ヨットという。ヨイヨイのヨットヨット
という、神輿の掛けとそ。これを、ホイという。
ホイットホイットの舟渡りの神輿とそ。この掛け声をする。

 ユールユールという、空の渡しの飛行機の神(じん)という、
飛行の掛けという、空の、空まわりの祭りの見越す神輿という。
ユールユールという掛け声という。

 エイエイという、刀を上へ突き上げる恰好とそ。ユールユールの
変わり掛けという。空に関する掛けである。掛け声とそ。掛け声の
ことを掛けという。掛かり山という。ともとぞ。

 中心蔵という中岡闇の話という。夜の話である。四方山話という。
この言いのものとそ。忠臣蔵という、47のシナ語とそ。47省のカード
である。シナク山のお書きとそ。フォーテイ・セッツの国という。
中国である。

 柳麺(ラーメン)の支那蕎麦、これを中華風という、しなみ蕎麦
という。ラーメンのことをいう。しなみ、という。これが四十七市
という、土地の話とそ。
 
 蒲鉾入りをしなみそばという。蒲鉾道、お書きという。
口の道で、くにゅう(口入)とそ。食べることをいう。
入り口をクッポという、後、久宝という。口入の出という。
口入り出、はお、という。ニー、ハオとそ。歯の国
という、47の津という、山の津とそ。やまずという、
健康のことをいう、やまず語とそ。中国語という。
健康語である。しなよら、そばはなゆき、ソルレルそつ、
とそ。

 チュオラン・キッカク、山をいう、山々のたっとびとそ。
山拝みの健康という。京風は愛宕とそ。愛宕を拝む、京都の
山拝みの代表という。愛宕みやらむ、という。あったりまっせ
という、ヨイヨイの掛けの愛宕受けという。愛宕み参り、
夜参りの台という。夜参りのおっけ、という。八坂のおけら
という、同意である。

 おけら、みっかく、すゆすゆ、れれろ、すれっす。
 おっけゆっけ、れっつ、よいらか、せるろ、せとよ、やら。
『せとよ』の『よ』が、夜である。
夜参り由来、これとそ。
おけらみっかく、という、弥栄花という、弥栄語の八坂語という。
単に八坂語という、弥栄語ともいう。
 秋残り語の新語の日本語のあたら語という。
あたら・レッテルという。レッテラのロックという。
英語のロックである。
ロクスン・ベーバラという。バラは、スカバラという、
スカボロという、英語のボロという、バラという。
古く坂の意味がある。地名に使われる、英語のボロ、バラである。
OK書き、これなるを。

 さっか論。サッカーという、山げりという。山越え、山飛びという。
ララ飛びという。この『ラ』に蹴をあてた、蹴球という、ラ球ともいう。
柳球という。ラーという、競技のラ面という。ラ面球という。サッカー
のボールをいう。ラーという掛け声の始めの衆という。ラ衆の世、という。
メンベルの山、これゆるれれふやらやるるそそるす、書きという。

 坂越し山の、逆を、さけという。酒と書く古い書きとそ。
坂のことを酒という。さか、さけ、という。
さけよらゆっぴ、すうふるれれつ、れってろろす。
これなるを。

 ゆいじよはなく(由緒花句)という、簡潔な語を花句
という、句とも、俳句という話とそ。 
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1125大原練習1025天の下1425
 LewisNocturne 由緒花句(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2258
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/21雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3224京都船旅2124古譜1124大原練習1024天の下1424  LewisNocturneNeutronFurnace 中性子炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3224京都船旅2124
古譜1124大原練習1024天の下1424
 LewisNocturneNeutronFurnace 中性子炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/26、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
初めに原子炉ありき 拝む天照
葦立つ原の いわぎそ ひるは
浮かぶ そめたりゆら
はぬな これをたりとそ わる
きなゆら ほみはるせ ほ
ぬなはり
  いわぎそ:岸の古語
  ひる  :船のこと
  わる  :言葉のこと

 狐の天気予報。〇r2018/06/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 原子炉ができて、後、神ができたという。原子炉があり、
神がある。これを、初めに神があるという。髪が祭られた
という。原子炉が祭られた話という。後、原子炉神家という、
後とそ。この神を元という。祭りの話とそ。祭れば神やら、
という。原子炉を尊ぶ話という。
 現今、神社へいく、大きな木に注連縄をはり、これを祭る
木が神である祭りという。神社へいけば、たくさんある話という。
原子炉を祭る、これもたくさんある話である話。

 原子炉を気という。木を気という。神見立てという。
神に見立てたことという。神に身を立てという、見と身が
同じ意味という、この文をいう、上の文である。

 ここに精神をいう。これのかかをいう。かみれるという。
神の地をいう。神地という、後、陣地という。これを、
神張りという。出張るという、出向くという。
 出向き所という。神張りという、ことのよのいきゆり
という。

 原子炉を立てていくことの身をいう。この身を、かんつく
という、後、かんなりという。かみよりともいう。
かっするの山という。

 神をいう。髪を身という。この神を、かみみ、という。
ペーフレーという。ペッスムともいう。ビルレルのゆいふり
という。ペレンラクという。これを、わる、という。
言葉をわるという。言葉のことを、わるという。
後、わるど、という。神地という、陣地という。
わるどの山という。
 
 後、これを、英語におくという。ワールドという。
現今のワールドである。これを、わるふる、という。
といおっせん、という。トルレルのペーリンという。
ペッカールランゾーという。これが、原子をノイホル
という。後、ノイレラーという。後とそ。この前に、
古いことをいう、ニュートという、ノイホルのニュート
という。これを、めばる、という。めっすべ、という。
アイレルともいう。めんてのよきふり、という。
これを、グーリルという。後という、グーという。
グードという、グッドという、英語のよい言葉という。
グード語という。これを、にまほりという。
めんての山のお書きという。

 グッド・モーニングという、グッドに強勢をおく英語という。
グーテン・タークという、グッドグーのドクレルという。
グッドとグーテンが同じ意味である。これを、良い語という。
ヨイヨイという、神輿の掛けの、子供の掛けという。掛け声
である。

 グッテグッテという、神社の神輿の掛け声という。この掛け
の良い子という。目張り語という。
 グッテグッテというて、神輿を見る、また、おろをする、
おろがむという。ヨイヨイの意味である。
 神社に残る古い神輿の子供よりという。頭にハチマキをさせ、
法被を着せ、神輿を前にする。これを、グッテ詣でという。
メルレルソンツクという。ベリーランファーという。めっての
こよるる、という。

 後、ベリーをよいという。ベリー・グッドという。ベリー山
の弁取る、という。ベールレ・レンホアという。ベルッセのゆりゆり
という。メブレルルッスの弁つる、という。
弁が言葉である。

 これを精神という、古きに子供を精神という。子供の頭に神
が宿るという、これのことの一意味である。グーレル・ロンホア
よりみた精神という言葉である。

 弁といい、精神という。原子炉の一部という。弁があり、
精神がある。これを心棒という、心房の旨という。人の心を
つかれるはぶす、という。原子炉の造りという。人の心がある
原子炉という。子という字がある原子という。メーレルロン
のくゆれる、という。めってすうゆうのふりふり、という。

 言葉を戸という。とめ山のえてゆり、とめ山のえてゆて、という。
めるれるれれほのゆゆゆゆ、という。めってのへるお、という。
ぺってのゆて、とそ。これを精神論という。精神が掛かる原子という。
原子炉という。

 木が掛かる精神という。人の精神を気という。木と気を、ふつつ
ふみの山という。これで、人の気を人気という。人の木という、
木がある。これを、じんてるという。木と気を同じ意味とそ。
この使いの言葉をミルフルという。

 やなぎという、人の気の一種という。さくらぎという、人の気の
一種である。木を尊ぶ所以という。
 『ものいわす(ものいわす、monoiwasu)』という、すなぎな人という
いなせな人という意とそ。やなぎの人という。
さくらのツキという、ツイテルという。さくらぎな人という。
さくらぎの人である。木と気を同じ意味に使う使いという。

 きを見るという。きびる山という。精神の宿る木という。
ひとを指す場合もある。木を大切にという。気を大切にという。
注意の一意味とそ。中意という、中気という。これをテルという。
 キテル山のお書きという。
 
 あまぎてら、という。あまぎの山という。てうらむ山の絵と。
原子炉を造り、これを祭る、精神の人の話という。民心安定が
これである。

 原子炉をやなふりという、秋残りの日本語である。
やなぎよ、ともいう。やなぎのことのは、とそ。
やなぎという気のりゅうという。りゅうしんという。
やなぎしん、という。やなぎふりのやお、とそ。
やなぎか心を媒介とする原子の心という。これを、りゅうしん
という。古くの精神という言葉とそ。りゅうしんという、柳心とそ。
いりゅうしんという、ミルフルの言葉という。ロシア語の山という。
ロシア語を精神語という、心理学が出たロシアのパブロフ
という。パブロフ心理学という。ドグマの山という。
グッドグッドのドクマという。ハオレルラールーという、
精神のはっぷという。これを、ややおお、という。ゆゆゆゆ
という。

 やっぴれんらく、という。れんらくが、やなぎである。
よいという意味がおのずと備わることという。
連絡をする話という。やなぎが出る話である。
連絡網という、身内知人に連絡をする行為を大切という。
大切な行為である。言葉の会話という。会話の大切をいう。
大事なことである。
 
 原子炉見立ての文である。原子炉を建設するその行為に
正義がかかる、かて山のおりはら、という。原子炉ヶ丘とそ。
民心の安定した場所である。やなぎ炉という、言いという。
正原子(せいげいし、しょうげんし)という。ヤナギ原子という。
グッド論攷である。

 ロンホア・フーハーという。めつての山浜という。
ハーレルルースーの浮世という。これを、やな山言いという。
やなぎの言いともとそ。
 正語という、仏教にある正語である。
 
 正仏という。やなぎぶつ、という。ヤーミルハーフー
という。

 今風にいう。やなぎれ、やなぎで、という。レーメルという、
こと山の言いとそ。レーメンに残るという、ラーメンの柳麺である。
レーメンという、ラーメンをレーメンという。
やなぎそばという、正膳という。
 食事に正膳という、せいぜん、しょうぜんと言うて食べる
食事の挨という。やなぎそばという、食事一般をいう。
食事のことを、やなぎという、やなぎそば、という、単に
そばという、食事のことである。

 そばみ、という。食事をすることをいう。そばみたて、という。
食事にかんすること、ものをいう。

 蕎麦見立てという。原子炉を祖という。原子炉を蕎麦という。
原水炉という。蕎麦という、蕎麦炉という。これを、むぎゆり、という。
蕎麦炉を、蕎麦庵(そばいおり)という。ルールル・ルールーという。
歌の流しが掛かるルルーという、ルルルー、ララー、ラララーという。

 原子炉を歌う若い人という。原子炉神社を造る話である。
原子炉天神という、原子炉仏という。
宗教という範疇に入る、事神事仏という。原子炉が心にかかる
原子炉拝という。柏手、七つをいう。七拍手数拝という。
原子という話ともいう。秋残り国の話である。
ゴーリル・ランソル・レーレという、崇拝の仕方をいう。
ゴーリラという、メンセルのお書きという。

 原子炉を見まもる西郷像という、原子炉の横におられる
西郷の小父である。
 上海モロッコ間直線リニア路という、リニアーを見る
大きな石像という、ある話という、神殿ともいう、石窟仏
ともいう、もうできている。原子炉もたくさんある話という。
スタジアムという競技場という、原子炉を造るにはよい場所
である。パルテノン神殿という、原子炉があった神殿という、
神を問う話とそ。祭壇上の中性子炉である。
天の岩戸に映った鏡絵である。
秋残り国では、過去の話という、現今の言いである。
超猛速礼賛文、これなるを。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1124大原練習1024天の下1424
 LewisNocturneNeutronFurnace 中性子炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2248
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/21雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽