2018年06月24日

卒業3223京都船旅2123古譜1123大原練習1023天の下1423  LewisNocturneReedHouse 葦家横町 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3223京都船旅2123
古譜1123大原練習1023天の下1423
 LewisNocturneReedHouse 葦家横町 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/24、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
銀杏緑 原子炉の横に岩宿の山に
並んで手を振り 流れる古歌を
味わう 船は岩宿川岸 葦草
茂る家 我がいほは とまを
あらみとて

 狐の天気予報。〇r2018/06/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 縦葦藁のいほとて。とまをあらみとて。
 萱葺き葦藁の縦造りという。
自然に生えているように葦萱藁を立てて使う屋根造りである。
原子炉横町はそういう町である。葦萱藁を寝かして造る屋根もある。
そんな、縦葦萱藁の家の中、厳かに原子炉が祭られている。
 稼働中の神聖なものである。未来風にいうならば、また、
過去風にいうならば、神聖と表現する、稼働中の神とも表現
すればよいかしら。そういうことで、神を造るという、
神聖神である。新制神ともいえる。稼働してもらうのである。
考え方としては、新しいか古いか、新古新制としておけば、
程成という成程である。神は時を超越するという概念である。

 原子炉を拝むことという。神社という、そんな処という。
至る所に原子炉神社が立てられ、原子炉を祭る、
善男善女喜びである。
 若い人の家では、既に過去である。杉木樽型
原子炉である、大切に祭られている。天の岩戸壁画からも
頷ける。ペンタ鳥居という形の鳥居もある。

 リニアモーターカーが走っているという、超猛速である。
環太平洋網といい、上海、モロッコ間、直線リニア路といい、
時速2000キロメートルである。立ち並ぶ原子炉という。
そういう時代である。天の岩戸時代の話である。
 ニュードレラのユーロダラー、ソレラ金、ニューコレラ
金も流通している。アーレラデイ、カーレラナイトという日々
である。

 原子炉横町へ行けば、原子炉神社はどこにでもある。
この上、新たに神社を造ろうという、原子炉神の明示威信
である。広く告げるという広告もされている。広告の明示
威信という、原子炉時代である、天の岩戸時代という。

 これが常識という、天の岩戸時代の民である。
過ぎ来たる過去である。充分古い過去である。

 今、正に、南京郊外、柳条溝、東条日出木のドンが
鳴ろうとしている。祝砲である。勿論リニア建設
近辺の調査も終わっている国際調査団である。
調査団員が見上げる立東である。
 モロッコへの、リニア路建設である。
大虹大宣という、虹色の広告という。
歴史的現在である。大虹大宣の宣伝広告という、明示
されている。朝、見上げれて立つ、東条の太陽、
日出木の頃である。木にかかる太陽という。
大きな虹がでている。日出葦の大虹電化である、
縦葦藁の原子炉の電気という。
虹色の歴史的な時刻である。ある晴れた日の朝とそ。

Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1123大原練習1023天の下1423
 LewisNocturneReedHouse 葦家横町 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2238
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/19雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽