2018年06月23日

卒業3221京都船旅2121古譜1121大原練習1021天の下1421  LewisNocturneMyReactor 我が原子炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3221京都船旅2121
古譜1121大原練習1021天の下1421
 LewisNocturneMyReactor 我が原子炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/23、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
逆正取り混ぜて 里楽し 原子炉
家の中に白く立ち 我が家の中に
柏手清く 塩と水供える 垂れゆれに
原子炉をおろがむと この世我が世の花
思いは 双今日の日良い


 狐の天気予報。〇r2018/06/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 里は逆さま。古里は遠くにありて思うもの。蒲鉾道を
歩きながらこう考えた。我が里は逆さまである。
 竹植えれば、根を上に、先を下に。竹の喜び
まの辺りに見る。原子炉建屋も逆さまである。
五重の塔も逆さまに立てられている。この世の花である。
 庵(いほ)やらありてそわゆ。せせらもゆれる、
おりるはるらく、我が言葉という。若い人が作った新語
である。ユォッソ、ゴールク、ルックセル。新語の外国語
という。若い人の自由な造りという。そてよらの山の造り
とぞ。花雪の歌という。自由の女神の小母に歌うという。
大西郷の叔父にも歌うという。そういう歌である。
 木製の西郷像という、原子炉の傍にお立ちである。
明示威信前夜という。明日からは、明治維新とも書く
という、明日書き読みの若い人という。
 飛鳥という白雉がやってきたとそ。飛鳥威信朝の大鳥
である。
 ラを下げて、改新という、大花の前の岩倉である。
飛鳥威信の大花の改新という、杉木樽過去とそ。

 燕雀安んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや。
 
 若い人はいう、白雀来たりて、我に広告をいう。
大いなる正義という大正のもと、明示威信をしたという。
広く告げたことである。広告の志である。
白雀の教えという。
西郷さん、また坂本の叔父という、中岡さんという、
明示威信の群像という、広く知られた話である。広告の
お蔭という、若い人である。像はどこにあるか、
広告されている。現在進行中である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1121大原練習1021天の下1421
 LewisNocturneMyReactor 我が原子炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2218
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/18雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽