2018年06月22日

卒業3222京都船旅2122古譜1122大原練習1022天の下1422  LewisNocturne (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳 Ntype

文だけ Ntype

そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3222京都船旅2122
古譜1122大原練習1022天の下1422
 LewisNocturne (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/22、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 狐の天気予報。〇r2018/06/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 Etahの町の、矢田川という。やみせ山のくくゆ、と言う。
れうんず、これをすとそ。すめとも。するとも。Etahの言葉とそ。
れるれるという。みつゆつのえるゆるとそ。これをれっぶという。
れんて山々、ゆゆすく、れれす、これをよるとそ。

 秋残りの新語である。大脳の前部とそ。ここで、造りをさきによるとそ。
えるれるのゆみよという。えせすてのグリックという。これをグリラク
という。エール・ファレラーという。みゆすてのゆきすず、という。
レステルウンズの山という。グリックレンのぐみすよという。
 
 ステという、スターツェルのツェルスレーという。

 エタの町という。えくる山とそ。ここの山のふるゆるという。
メムの山という。ルイスの小母のお教えとそ。ルイスの
オーロラという、オーロラの小母という。光の小母である。
イングランド北上という、自由の女神のレプル、レプリカン
という。レプリカントである。この叔母のお教えである。
国際という、そのおのふりゆり、という。インターナショナル・
駄作である。
 
 レゼララというヤムレルセクという。これをゆけという。
ゆゆせるせれとそ。スターツェルロンゼーのろりほり、という。
これをディドという。ディドのうりくり、という。めって
そめるるという。トートーの山の屋とそ。これをやぜという。
大原のやせという。八瀬という。

 八瀬川の矢田川とそ。大原の八瀬という。グリーンの山という。
グリーンランドの八瀬という。これをぐしふりという。グリーン
ランドへ行くという。わかやらもうずとそ。

 もうずという、もさとそ。これの言いのだいろくという。
もさべらの山という。めて山のおゆれという。めめするれれすとそ。
大脳の話とそ。延髄からつながる小脳の大脳とそ。上部である。
ここの大脳の働きという。めよのふくとそ。
 脳を大切にする話ととそ。
 
 環頭の歌という、脳山という。ノーレルロンゾーとそ。
レブレルゆゆれとそ。ルムルムのクルレルという。
ルムという、脳をいう。ルームの山という。
脳室という、頭蓋の山という。

 これを、コールという。コーレルラップという。
これをレムという、今のレム睡眠のレムである。
さい山という、さい川の麓という。ゆくれるそんすという
むゆむゆのれむすという。ペルレルロモンとそ。
もんの山のお書きという。れけのゆけとそ。ベブレル
という、めんての山という。めよの歌という。
つみつよのうつ、とも。

そくすての絵のかわれるとそ。やよやよの歌という。
うつうつやらふるるすれるすめすすすす。これをめれ
るゆるとそ。おちゆちの川という。原子の備わる川という。
原子炉の並ぶ川という。やたら川という。原子炉をやという。

 矢ともいう。やという。原子炉、原子をつめという。
つめふるという。これをべという。べのや、とそ。
べやという、へやとそ。やを尊ぶことという。

 すゆすゆの山という。いずれふゆのめ、という。
ゆむゆむという。ゆむの山のや、とそ。これのせるを、
せらという。せらのや、とそ。

 セラッピという、せせの山のくるれるのこととそ。
山が来たという。山来たの山北という。山が北である。
山を北に見る場所の言いとそ。山北数風、山北数馮とそ。

 山北を説く話という。山がきた、という話言葉である。
これを山落という。山落言いという。今も常用される
言い方である。

 これが、山来の八尾、という。八瀬をいう。
八瀬のことを八尾という。地形の言いとそ。これを
固有名詞に用いる語法を山来という。

 山来の歌という。やまぜの歌のふるゆるとそ。
せくせるゆゆれそそよふくゆ、これのゆけ、という。

 コーレル論という。論が進むを論行という。論進という。
ロンレルスーユーという。これを、論の数馬という。
ケーレルロンクーという。論文のことをいう。
コーレルの山のお書きという。

 グリーンランドの論行という。グリの張るとそ。
クリブラーという、クーレルルースーという。
めめすのふる、とそ。

 山をいう。デッソズという。これを、デールとそ。
デーラデーラという。むむよまという。レルヘルという。
メッテという言葉がこれである。
メンテルの山という。なお山のふめ、これをゆゆれるふる、
とそ。

 山を尊ぶ文である。
 略
そうきょう良い朝、一筆。 
Mr. Atom Lucky Ager, "Greenland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1122大原練習1022天の下1422
 LewisNocturneReactorPine 松笠炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2228
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/17雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3220京都船旅2120古譜1120大原練習1020天の下1420  LewisNocturneReactorPine 松笠炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3220京都船旅2120
古譜1120大原練習1020天の下1420
 LewisNocturneReactorPine 松笠炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/22、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
松傘炉 キノコの形の炉の正に
立つ 前の葦の宮に ペンタの
鳥居見る 原子炉の松笠 傘松
松坂の登り行き 正立て 花の
紅に 逆さまの竹植え

 狐の天気予報。〇r2018/06/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 まきかろ またよや
 ぺとげま かまのま
 はくさた
小節頭の言葉。

 ペンタの鳥居。五つの鳥居で、五角形の組鳥居
である。これをペンスルという。ペルーともいう。
メットヘとも。レレフルとも。えせの山の鳥居
とそ。ヘー゜ンゼラの組という。メルレクのおくゆき、という。
ペペソの組鳥居という。組山とも。組山宮のおてれる、という。
ペンタゴンという。ペンゼルのおきふき、という。ニューヨークの
奥宮という。ここの松傘である。松の木の形容という。
松傘木という。松笠とも。松笠松傘(しようりゅうしようさん)の歌という。
めての山のおすゆえら、という。これを、まく朝という。幕朝の御元とそ。
ニューヨークの自由の女神の小母という。ここを、幕松(ばくまつ、ばくしょう)
という。女神朝という。これを傘ざしの朝という。傘をさして自由の女神の
お座元という。傘をさすことをまくれという。まくれ朝という。
これをささん朝という。ササン朝ペルセという。後、ペルシャという。
傘をさす朝とそ。ササン朝ペルシャという。ペルシャという、膝のことである。
自由の女神の膝をいう。そこの高さという。高い膝という。そこの膝の高さを
量るコウメ山という。一山という。膝までの高さをコウメという。助数詞である。
 この話とそ。
 
 マツカーサー元帥の賛助の話とそ。小母の将軍である。
自由の女神の将軍という。ペンタゴンの指揮という。
錨をあげた高さとそ。膝山の歌という。
傘をさして、自由の女神を見たとそ。傘を後ろにして見上げる
恰好のはこの内居とそ。

 『松笠音のがさごそ』とそ。傘をさす時の音である。
幕朝の話という。この歌の小節頭の言葉である。
まきかろという。またよやという。皆、傘の音である。
傘音の松傘という。これを、源という、進水の潜水艦とそ。
潜水艦のマストのながの量とそ。これを、一進水という。
マストの長さともいう。これを松傘量という。
像の膝までの高さという。像膝量という。ぺとそ。
一ペ、二ペ、ともいう。
 あさやさ宮のおつゆつ、という。ついゆのやくれく、という。
めっぺ山々という。ここれの量という。
これをペンレズーという。ペンソブともいう。測量の話である。
ペロンのおつれ、という。測量の仕方のおせるく、という。
キッパレーラーフックスという。そくれつのやや、とそ。
小母の山のお書きという。

 マッカーサー元帥の墓という。ベックスロモという。
ベルレルロスという。まく朝の話という。巻き尺を巻く話と
いう。マッカーサ量りという。巻き尺の量りである。

 マッカーサーは、延髄下部の言葉である。
この部分をマッカーサーともいう。脳の延髄である。
きのこ松という、言い方もある。しょうりゅうという言い
ともある。樟脳という、脳の一部とも。小脳とも。
逆松、栄松、さか山ともいう。マッカーサーである。
元帥という、自由の女神の将軍とそ。自由の女神の指揮
とそ。脳の命令をいう。のうらぎ山という。のっぺという。
ノルレルという。ノッソクともいう。杖のような形の延髄とそ。
その上の小脳という。ここの働きで、マーレルという。まったく
という。マルセルという。メッスのやよ、という。
脳の命令系統をいう。ノーゼンバーブラーという。

 よよ山のおはゆ、とそ。おはや山のおよそ、とそ。
マッカーサー元帥の指揮という。マッカーサー脳の山とそ。
やよはま、という。やぶれす、やぶれず、という。
エッペソーレーという。山々のお書きという。
 
 すみずる山のおよ、とそ。
えくるくゆゆゆ、やよよ、ろろふ、という。
この書きの歌の意とそ。マルセルマッキーの山と
いう。マッキラコンクーという。マッキセとも。
まくの話である。麻を蒔いたという。麻の種を蒔いた
花の紅色の朝の景とそ。

 元帥は指揮元をいう。指揮のもの、とそ。
音楽では指揮者になる。音楽家をハップという、
ハッペという。この音楽家の一部の指揮者とそ。
指揮者をハベという。ハマともいう。はせの山という。
指揮者の脳という。音楽の流れである。指揮者の脳の発露
である。指揮者の脳をハベラクという。ノウミラという。
同時に音楽をハベという、ノウミという。
のみらく、という。ベンテラのふみふり、という。

 音の言いの延髄下部の言葉になる。延髄下部の働きである。
音楽の出とも。延髄下部の働きという。音楽をミュージックという。
ムジークという。大脳前頭葉のことの言いの命令という。これを、
ノウルクという。ノルマという。のべ、ともいう。
音楽のムジークを、むじろという。日本語に直した大脳の
中庭という。大脳の真ん中辺りの言葉である。前頭葉の
前、少し後ろの辺りという。ここを、まつるという。
まつりの山ともいう。まつる話のおこらく、という。

 まつりという。まつりかの花とそ。祭る話をいう。茉莉花
という花の紅の色の意図をいう。茉莉花の歌でもある。祭り調
という、茉莉花調である。本歌の小節の意味という。ドレ
ミの順である。祭る祭壇の階段の意とそ。階段の上下の話である。

 まつりかという、ドレミをいう。ドレミファソラシドをまつりという。
ドレラクという。ドロッソともいう。ドミレルという。これらの言葉が
延髄下部での働き、延髄下部の言葉である。

 ドレミという大脳前頭葉前部の真ん中の後ろの部分である、
そこの言葉とそ。ドレミ山のお書きという。

音楽に寄せる一筆である。
オケの山のオメという。
オーケストラの山という。
ドレミのことである。

 脳書き、音楽よの話という。音楽より、ということの
はの山とそ。3220お書き、これという。

キョールカ・レッテ・スーハスーフー。延髄下部の
言葉の、ワー、ゴーヨという。その言いの別の言いで
ある。 I go to という、ゴトーレールクである。
コンピュータープログラムのベーシックのゴトー文という。
gotoというプログラム語である。キョールカという、花の
ペの言いとそ。キョウトーという、京都をキョウトウという
言いとも。延髄下部を使った言いである。
言論一部である。言葉の論じの一部である。
言葉の解釈の一解釈である。

 ヤナギという言葉もそうである。延髄下部でも作られている。
大脳前頭葉前部の言葉である。どちらでもつくられた言葉である。
ヤナギの山、これなるを。大脳前頭葉という、ヤナギという意味である。
延髄下部をヤナともいう、ヤナギともいう。
人の体にはヤナギがつくものである。ヤナギ脳とそ。
柳腰、柳眉等、これである。

 ヤナギという言葉を使う人とそ。良い人である。
健康の言葉の一つである。人体についている言葉である。

 松傘という言葉とも。マッカーサー元帥という言葉という、
柳脳の働きとそ。グッドセルの意である。脳の命令という
グッドウィルという。良きの意志という。はや山という、
はくれる、という。脳を尊ぶこととそ。

 延髄と小脳を、龍のおとしご、という。恰好とそ。
これを障脳という。

 音楽では、楽器の笙とそ。ペルセルという
楽器の笙という。これの働きの音の造りとそ。
バイセルともいう。バイル、バイカ、とも。
バイレル山のお書きという。他に、バイオリンとも。
音の造りが、声のことという。声の出の部の働きという。
延髄下部という、その一部の働きという。延髄でも声が
作られていることとそ。これをヤンという。
楊という字の読みでもある。ヨウと読む、中国の楊の読み
とそ。


Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1120大原練習1020天の下1420
 LewisNocturneReactorPine 松笠炉 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2208
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/17雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽