2018年06月18日

卒業3216京都船旅2116古譜1116大原練習1016天の下1416  LewisNocturneMorningConcert 朝流音 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3216京都船旅2116
古譜1116大原練習1016天の下1416
 LewisNocturneMorningConcert 朝流音 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/18、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  スーパー・コンポーザー(自作、エクセル使用)
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンド・プロデューサー カワイ社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
或る朝 岩の家 着飾り増えを吹く
麗人 おはようの挨拶 シンセサイザーが
鳴りドラムが鳴り 音楽会の始め 逆立つ
原子炉を見る ここは古い里の秋

 狐の天気予報。〇r2018/06/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 若い人が言う、『レプリカントの叔母に挨拶をして
参りました』と。レプリカントの自由の女神像である。
この叔母をこよ好む若い人である。『花を供えてきました』
という。この朝、音楽会である。馬羊兎蝶、芋虫ごろごろも
やってきたという。自由の女神像の辺りという。少し離れた
所に原子炉群がある。皆、逆立っている。家も全部、逆に
なっている字(あざ)の話という。
 やまでという場所である。芋虫ごろごろというのは、
俵藤太のムカデという。小さな虫である。その虫が立ち
あがったという。虫立ちの音という。メルレル・レッス
という。めという。花山の沖沢の山という。メレンデの
よんという。呼ぶ山のいいという。メッテとも。メセル
という、ベブの山という。メックル・レールーという。
これをメレテという。める山のおきる、という。
めらる山のお書きという。
 この文をとうたという。岩戸の戸の歌である。
とうた山のいたれか、とそ。みぶれる山のお書きという。
 俵がとうたという、俵藤太のはなゆけるれる、という。
ムカデがいた花の場所の辺りという。引っ連れて、音を
めづという。めづ山のおきゆき、という。
 大川山の川もあるという、未来の話という。
この日、大原港の出来という。大原の葦之ヶ原の
漁港という。大原市場という、原っぱの一軒屋という。
一足をえりという。二足をえりぎという。三足をえそ
という。四足をめれという。五足をよきという。
六足をむかという、むかご、ともいう。七足をゆわ
という。八足をほめという。九足をこやという。
後、じっそくという。十足である。
 これを、俵数えという。真の数えという。メルー
という。メッセのはかいい、とそ。めか山の歌という。
じっそくの山のという。じゅうかわのお書きという。
 メテルテのおかい、という。いわすわという。せむてる
ともいう。これを、ルイフルという。ワンツーの山という。
ワテという、数えのやまるはぶる、という。この数えの
うき、とそ。ワンレルの山のお書きという。
ワッツレッツともいう。ワンタスともいう。ワクともいう。
てせよらのくくれく、という。めゆはるゆすすれそそす、これを
文という。ぶんつゆ、という。なよはな、ともいう。
おりらくはくく、というめゆすてのあぱれる、という。
 この文の発露とそ。建築物を逆立てる様という。
 ジッパレールーのふきふりという。ジバンシパー、
ジハンシターという。ゆみふりえすず、すみすゆ、という。
これをてやらという。ゆめの、めぶという。
  
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1116大原練習1016天の下1416
 LewisNocturneMorningConcert 朝流音 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2168
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/13雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽