2018年06月17日

卒業3215京都船旅2115古譜1115大原練習1015天の下1415  LewisNocturneUpsidedownHouse 逆さ屋敷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3215京都船旅2115
古譜1115大原練習1015天の下1415
 LewisNocturneUpsidedownHouse 逆さ屋敷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/17、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
原子力の塔の中も逆に立って
上が地面のよう 壁画 逆に描かれている
みな 逆立ちの閣の内に 歌は流れくる
逆さ屋敷 外は泉湧いて鳥憩う

 狐の天気予報。〇r2018/06/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 若い人はいう。『今日は、共産塔へ行ってきました』と。
かの有名な明示威信の西郷の叔父である、この叔父に報告をするという。
両手に花を持ち、足元に供え、拝をし、そう言ったのである。
 この若い人の住む原子力塔群村という、平地ではあちこち煙が
上がっている所で、平正門の欄を見ながら、その向こうには煙が
少し大きく上がっている。そこを通りして、叔父に会いに行く。
この西郷の叔父は、犬を連れておられないのである。少し大きな
像で、大西郷という叔父の御名である。この叔父の横には木造の
西郷の叔父がおられる。ここを歴史上、平正門御門という。
 幾多の叔父がお立ち下されているのである。一人一人丁寧に
挨拶をし、地下へ入っていく。地下原子炉という内閣である。
 ここに小さな像が祭られている。この像をいう。
原子をめでる像という。大きさが3p程である。たくさんある。
奥へいき、向う側へでる、地上へあがる階段という。
ここを上がっていけば、大原漁港という、未来でいうところの
市場のようなところである。池があって、隣接建屋を市場という。
そういうところである。地下の原子炉という。
 共産塔という原子炉である。地下にある原子炉という。
ここから上の地上へ行く時に使うサングラスという。
これを革命使用という若い人である。目を守る話という。
共産塔革命時という、光の強い時に使うサングラスである。
サングラスをした革命児である、若い人という。
こういう一連の原子炉詣でを共産主義といい、共産主義
革命という場合もある若い人の政治である。祭事であるという、
政治のみまつりという。原子炉を治めるのが政治である。
政治には原子炉がつきものという若い人の喜びごとである。
 世の中の色が瞬時にして黒く落ちたという。革命的使用である。
大原御幸という、歴史的原子炉祭時記である。
 
 あの平正門は立派な御門である。欄といい、門という。
出世する門という、将来は、平将門と名を変えるという、
閣内相談もある、地下原子炉である。出世御門という。
平将門の欄という、西郷の叔父の御言葉である。
ロダンの叔父の御教えという、像を見ながら、こう考えた
という若い人である。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1115大原練習1015天の下1415
 LewisNocturneUpsidedownHouse 逆さ屋敷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2158
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/12雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽