2018年06月16日

卒業3214京都船旅2114古譜1114大原練習1014天の下1414 LewisNocturneUpsidedown 逆律塔(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3214京都船旅2114
古譜1114大原練習1014天の下1414 LewisNocturneUpsidedown 逆律塔(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/16、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
原子炉の塔立ち 逆さまに塔は立ち
郷は朝 ズボンをはいて岩屋から
外へ 清々しい空気吸い 目が
覚めた喜び 倒立の塔いつも見ては
おろがむ 双胸一日の良きを願い祈る

 狐の天気予報。〇r2018/06/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 若い人は言う。『原子炉へ行ってきます』と。
中へ入れば、原子炉内閣という。原子炉の内閣は正立と
いう。外閣が逆立ちしている、塔の外観の見えという。
ここで、岩屋地区の電気が作られているという。
原子炉に感謝をする人である。
 今日は、自民塔へ、午後からは社会塔へと、いろんな
原子炉の塔が林立している。そういう原子力塔群である。
ここは、外観に、塔はみな逆立ちしている、そういう建て
ぶりである。外観逆立塔という。こんな塔の中の内閣は
正立である。原子炉内閣正立という。
 民心至って穏やかで、旅人、遠くからの人を、音楽を
もって向かえるという、芸術性にも富む村である。
 この郷の催事記という。催事を執行する幕府である。
シンセサイザーがかき鳴らされ、あたかも未来の楽園を
思わすようである。電子音という、そういう音が駆使
されているのである。天の岩戸前の或る朝とそ。
 天の岩戸内閣という、綺麗な壁画が描かれ、そこで
暮らしているという若い人である。
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1114大原練習1014天の下1414 LewisNocturneUpsidedown 逆律塔(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2148
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/11雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3213京都船旅2113古譜1113大原練習1013天の下1413 LewisNocturneVolcano 東冠山煙(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3213京都船旅2113
古譜1113大原練習1013天の下1413 LewisNocturneVolcano 東冠山煙(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/15、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
咲きて笑み 手振れば 花は聞くや
音のしたる葦之原 岩宿に朝光
あたりて笛の音流る 逆にたちたる塔
重ねぞ尊き 天空ゆ山笑ひ晴れ
冠に煙ぞ戴くを遠くに見ゆ

 狐の天気予報。〇r2018/06/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 山姿尊くあり、冠の煙という。冠の垂の意味である。
平奬があった頃とそ。平地に煙があがっていた葦之ヶ原とそ。
平地の火山状である。その平奬を祭り、愛でるという、後、鳥居
という、門である。
 平正門という門である。平正門の欄という、門状の鳥居である。
たくさんあった話とそ。いまも登山口には、鳥居を置く所がある。
 山を拝むこととそ。ドカンとくる平地の火山とそ。
太古の頃という。太古山という、ドッカンゲイという。
花山のおいいという。オーロラ盛りのころである。
岩屋がたくさんあった話である。これは、大和朝庭の歌である。
葦之ヶ原の音楽会である。
 キーボードもフルートも、大和朝庭岩宿へいけばよく演奏
されていたのである。
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1113大原練習1013天の下1413 LewisNocturneVolcano 東冠山煙(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3
伴奏譜54-2s-1


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2138
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/10雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月15日

卒業3211京都船旅2111古譜1111大原練習1011天の下1411 LewisNocturneMorningSong 朝の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3211京都船旅2111
古譜1111大原練習1011天の下1411 LewisNocturneMorningSong 朝の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/14、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  有意 之(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
大鳥飛んできて歌を聞く 煙る
頂 東山 笛の音はルイと聞こえ
よく響く音 流れ家の中庭 腸が飛び
これ合わせ舞い降り 羽立て
手をし足する 音のやさし 
やわらかな

 狐の天気予報。〇r2018/06/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 大和朝廷の東山連山という。標高2800mの高さとそ。まだ、
カモリ川がなかった頃である。今日という都である。大和朝廷の
曽我笑みという。曽我の笑みし頃である。
 馬を背負って歩いたという、仲良しお馬の親子という。
大変な歴史的朝である。人が馬をおうて歩くとそ。後でイルカも
背負うという、祖我という若い人という。ジェット機のように
蛾が飛んできて、鼻にとまったという。凄い蛾である。

 この蛾をソガという。飛ぶ蘇る蛾という。よみがえると、
いう蛾で、読みを得たという。読みを得るを、読みが来たと、
いう、世を見る世きたという。これを読み書き得るという。
よみがきえるという。そして、また、来たという。蘇りという。
読み書きを得た過去の来るをいう。明日書き読みという明日をいう、
明日香清美という、若い人の名前という。昔は、祖我をしていたと、
いう話である。

 東山が煙をあげていたという、ドカーンの前である。火山噴火と
いう幕府の将軍でもある。将軍塚という場所という、その近くの
谷である。火口の場所でもある。藤津わら原という東山の噴火口
である。将軍塚という2000年程未来の話である。
 今将軍の若い人の踏襲という、同時に幕府の大志という、荒馬
背負いの賞得大使を出す祖我である。若い人のことである。
蘇我の亡霊がやってきたという、しっかりと取りつかれた
歴史作家である。

 曽我の亡霊がやってきたという、明日か敬礼の山という。
火山を亡霊山という、御神火という、そういう式の
横目横流し解釈である。歴史的文人という浄御ヶ原(きよ
みがはら)の明日香さんである。明日加算という、数術に
優れる人である。読み書き算盤という、三番叟である。
読み書き加算という、これを己に引く人である。
葦之ヶ原の葦である。坂本の叔父もおられた頃という。
西郷の叔父もおられたという。偶像である。
何事も引く人である。自由の女神の叔母である、レプリカント
の叔母がとりわけ好きであるという。偶像崇拝という、煙を
あげる山をも拝む人である。明示威信の偶像の中を駆け抜けて
いった人である。坂本の叔父も、西郷の叔父もじっとしておられた
という、明示を駆け抜けた人である、若い人という。

 海外にまで知られた明示威信という。偶像崇拝をすれば、
そうなるのである。
 無言の教えという、明示威信の偶像である。
得川葦述という将軍塚に立つ葦である。若い人の姿で
ある。未来の歴史という明日香村の音楽会である。
飛んできた鳥は飛鳥である。
 大和朝庭の明治の頃である。
 
 二人三脚、二人羽織という、やりこなす人である。
若い人の肩に前足を掛ける馬というニ人歩みという。
馬が見る偶像という、美品という鳴きをする、比品という
鳴きもする、人に背負われる名馬である。
 愛馬とともに駆け抜けた明示の人である。蘇った祖我でも
ある。やがては、賞得大使をも世に出す名家である。
倫敦という海外都でも明示の名門である。
 アラブの名馬を背負い、フラフラ側に立ちましたという、
フラフラですというた人である。後、ユーフラテスという。
カモリ川という、未来ではKAMOKAHAA カモカハーンという
馬という。ハーンという鳴きもする。関西弁になっている、
〜はん、という、〜さんに充るはんという人名に使う言葉の
語元である。
鴨河畔、鴨川半紙お書き。カモカハーン氏、
三条川原のお書きである。
世に、曽我馬子笑みしお書き、という。
馬を背負って歩いた人である。
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1111大原練習1011天の下1411 LewisNocturneMorningSong 朝の歌(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2118
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/09雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月14日

卒業3210京都船旅2110古譜1110大原練習1010天の下1410 LewisNocturneMusicMorning 音楽の朝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3210京都船旅2110
古譜1110大原練習1010天の下1410 LewisNocturneMusicMorning 音楽の朝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/13、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
山、煙をあげる朝 池傍 塔が
逆立ち 兎立ち遠くを見てる
岩座る郷に 笛音が流れ
音楽会始め さわやか時
笑みこぼれ落ち

 狐の天気予報。〇r2018/06/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 Band in a Box というソフトで作りました。
コードを指定すれば旋律もつくってくれます。

 大和朝庭。遠山、煙る頃という。塔が逆立つ
天の岩戸近くという。野外音楽会が催された
爽やかな時である。兎が足元に立って音楽を
聞きながら煙る山を見ていたのどかな光景とそ。
 天の岩戸壁画より。
 当時の風俗がよく描かれている
国宝になっている絵である。逆立ちの塔も
国宝である。若い人の住む家である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
ABand in a Box. PG Music Inc.社

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1110大原練習1010天の下1410 LewisNocturneMusicMorning 音楽の朝(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2108
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/08雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月13日

卒業3209京都船旅2109古譜1109大原練習1009天の下1409 LewisNocturneTower 塔(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3209京都船旅2109
古譜1109大原練習1009天の下1409 LewisNocturneTower 塔(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/12、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロデューサー カワイ社
Bハーモニーアシスタント Myriad
旋律部50%
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
逆立つ塔の屋 原子力の発電
してる 尊い塔 家に来る
電気は岩宿を明るくしている
鉄塔も逆立ち 写真に写されて
今に残る原子力発電所


 狐の天気予報。〇r2018/06/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 鴨川以前の建築物。鴨川がなかった頃という。
五重塔は逆さまにたてられ、斜塔という、これも逆さまである
斜めの塔とそ。これを正立というひぃに、三角状というピラ
ミッドのような岩山である、これが逆さまに立てられていた葦之
野原とそ。これを、よしのがやら、という土地という、京都の
京都以前である。この頃、京を座という。座の屋という。
この座をそという。その屋の歌とそ。京都の新しい京都である。
秋残りの国という。1万年程の開きという。開京の家である。
花山のおよ、という。我が世のおよ、という。
 巨石建造物の秋残りである。空き地を開くという開地の
お書きという。これを鴨山という。京都以前を鴨山という、
鴨山領という、秋残り幕府の話である。
累積山のおよ、ともいう。およよ、はなゆ、けせゆ、ろろす。
この書きを秋残り語という。新しい言葉である。
 古いのが今、使っている名地上の世界語である。世界の言語という。
日本語も古いのである。秋残り語が新しい言葉とそ。
古い言葉である、日本語という、英語という、仏独ロ中荒唐という。
現代の世界で使われている言葉とそ。
 今様のブロガーである。秋残り市在住の一市民という。
ブロの山のお絵、これをとみ山という。絵の描きの集めという。
駄作家の空想である。これを明日書き読みが原という。
新しい明日書き読みヶ原である。
 今日も描き、明日も書き、という明日書き読みという、
学卒である。空想人という、自分の脳はそういう脳である。
飛鳥浄御原という書き方をするのである。明日書き読みが原という
新しい都である。
 ピラミッドがひっくり返って、江戸に出てきたという、
町を歩く、江戸町の庶民という、着物を着るのは新しい人である。
 駄作家は着物を着たことがないという、江戸時代はこれから
始まるのである。明治時代の生まれという、文明開化の駄作家である。
明治時代の後に江戸時代がやってきたという、そういう歴史観の持ち主
である。だから江戸幕府は今、健在である。御学問所へ行き、奉行所
へ行くという若い人という。明示威信の偶像という、西郷さんという
叔父であるという、坂本竜馬という勿論若い人の叔父である。
これを拝むという、自由の女神の叔母の御教えである。
若い人の御教えという、それを聞けば、こういう文になるという。
 明示威信の文という有名な文である。
 明日書き読みヶ原在某文豪。
 
 円盤で、また、ドローンで建てられたという、逆さ立塔、
逆さ斜塔、逆さ三角岩戸屋、宇宙人が立てたのだという。
円盤が降りた所は神社であるという古来の噂という。
天の岩戸の神社である。そういう円盤である。

 頭上に円盤、ドローン飛び交い、竪穴式住居に住む人たち
という、手には石器を持ち、葦のスカート状を履き、木の葉造りの
着物をきて、田を耕して天を仰ぐという。名画にでてくる
原始時代という。その横には、原子炉があった話という。
原子力奉行所お書き、これなるを。

 維新を標榜する人もたくさんいるという、総称、明示時代
という、いしんの話という。明治があたらしくなって
でてきたという、江戸もそうである。
 かまぼこ朝、大和朝廷はそんな朝庭である。
雀来たりて、これを告げ、明示の参という、偶像参りの
雀光行きである。朝の雀、大和朝廷の雀である。
雀、手をす、足をす、羽して蒲鉾を食む、雀参りという
自由の女神を拝む若い人の姿とそ。

身近な『あああ』という赤ちゃんという、赤ちゃんと
しゃべっていたらそうなったという、赤ちゃんが若い人である。
『日本語は先で話します』という赤ちゃんの未来、竪穴式住居は
ずっと先で教えられるのである。

 これからも竪穴式住居ができるやら、ここ掘れワンワンという。
竪穴式住居が上下ひっくり返っていた頃という。土の家である。
原始時代という始まりである。原子力の原始時代はずっと昔から
あるという、そういう歴史観という、大和朝廷人である。
大和幕府という、天の岩戸に降る大雨の流れをいう、瀑布の流れ
である。大和幕府お書き、これこれ。
 『江戸幕府、倫敦幕府・・・、流れはあるものである。』
 幕府を踏襲する若い人のいうことである。
 『すべて、大権現様のお定め通り』という人でもある。

Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1109大原練習1009天の下1409 LewisNocturneTower 塔(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2098
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/07雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽