2018年05月22日

卒業3159京都船旅2059古譜1059大原練習959天の下1359Lewis NocturneShadow 君影 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

すみません。明日にします。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3159京都船旅2059
古譜1059大原練習959天の下1359 Lewis NocturneShadow 君影 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/22、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Ruby
     訳  訳河 任(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】Leodhas town singers
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】
【作成ソフト】
  BHarmony Assistant、 Myriad
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
1.揺れるオーロラの下を歩く 君と
 私の過去の思い出に はじめ会った園の
 河や丘 はにかみながらの近づきあい
 話し合う中に きれいね 空見上げる
 君の顔 今 心に帰り来 
 若い頃の春の夜
2.  流れせせらぎの音と靴の音を合わせて
   歩く互い見る顔にほのか見る恥じらいか
   うつぶせながらの話の中嬉しさが
   心一杯に広がり上を見上げた時
   星飛び流れ来 君と歩く春の夜
3.ふれる手と手には心の音聞こえ来るよう
 互い肩をよせ話はずむ君との語らい
 歩進むユヘの灯 影は立って声に彩りを
 添え 華やぐ君影は踊りと見え
 光帯び肌はオーロラ色 春の夜

 狐の天気予報。〇r2018/05/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
Mr. Atom Lucky Ager, "Ireland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1059大原練習959天の下1359Lewis NocturneWillow ヤナギ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1598
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/17雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業3158京都船旅2058古譜1058大原練習958天の下1358Lewis NocturneWillow ヤナギ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3158京都船旅2058
古譜1058大原練習958天の下1358 Lewis NocturneWillow ヤナギ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/22、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Ruby
     訳  訳河 任(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】Leodhas town singers
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】
【作成ソフト】
  BHarmony Assistant、 Myriad
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
夕涼みに浴衣がけに団扇を片手に
そぞろ歩く川のほとり 駒下駄 高く
音が聞こえ とまりに来る 蛍の光は
輪を描いて つき消えたり 柳木植わる
原子炉の白い壁に 夕日のかげは落ちる

 狐の天気予報。〇r2018/05/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】伴奏譜の奏し方 楽器を弾けませんので、
    そのつもりで読んでください。
コンピューターの音楽ソフトに、この伴奏譜のmidファイル
をいれれば、あとはコンピューターが演奏してくれます。
コードが変わっても、ソフトがちゃんとやってくれます。
 これを弾く場合はどうするか。伴奏譜は Cのコードで
書いてあります。例えば、C-Am-・・と、コードが変われば
どうすればよいかということです。
 伴奏譜5-18の一段目
Cのコード ドミソです。
 根音--ド
 3音---ミ
 5音---ソ
Amの小節になれば、
 根音--ラ
 3音---ド
 5音---ミ です。
 そういうように見て、弾きます。
 ギターならば、どうするか。
Cにしても、Amにしても、ハイコードが
あります。どちらで引いてもOKです。
楽譜はコード表記になりますので、どう
弾くかは奏者の意志まかせとなります。
伴奏の形がかいてあることになります。
Mr. Atom Lucky Ager, "Ireland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1058大原練習958天の下1358Lewis NocturneWillow ヤナギ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
伴奏譜5-18 bansohu5-18.mid


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1588
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/17雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年05月21日

卒業3157京都船旅2057古譜1057大原練習957天の下1357Lewis NocturneOld 古歌 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3157京都船旅2057
古譜1057大原練習957天の下1357 Lewis NocturneOld 古歌 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/21、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Woo
     監修、Ruby
     訳  訳河 任(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】Leodhas town singers
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】
【作成ソフト】
  BHarmony Assistant、 Myriad
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
君くゆ日々を きみ越すあと
ふなゆくるはる ふみゆかれる
ふぬるやまら きみくゆ


 狐の天気予報。〇r2018/05/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))


【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】 
Mr. Atom Lucky Ager, "Ireland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1057大原練習957天の下1357Lewis NocturneOld 古歌 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1578
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/16雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年05月20日

卒業3156京都船旅2056古譜1056大原練習956天の下1356Lewis NocturneSeashore 島歩き (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3156京都船旅2056
古譜1056大原練習956天の下1356 Lewis NocturneSeashore 島歩き (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/20、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Whitee Clean
     監修、Doctor Basic
     訳  訳河 任(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】Leodhas town singers
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】
【作成ソフト】
  BHarmony Assistant、 Myriad
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
朝は浜辺に歩をとれば足軽
爽やか風が鳴る 潮風の匂い
君は髪靡かせ私の後ろに足跡は
残り島の思い出 心の奥に
懐かしく残る


 狐の天気予報。〇r2018/05/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】Harmony Assistant
 全部、ハーモニーアシスタントで作ったものです。
適当に、ソフトにチェックを入れて、ボタンを押せば
旋律とともに伴奏までできてきます。
簡単な作曲機能が付いています。
歌手は、このソフトの専属歌手です。 
Mr. Atom Lucky Ager, "Ireland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1056大原練習956天の下1356Lewis NocturneWhale 島の磯 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3






-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1568
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/15雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年05月19日

卒業3153京都船旅2053古譜1053大原練習953天の下1353Lewis NocturneWhale 島の磯 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3153京都船旅2053
古譜1053大原練習953天の下1353 Lewis NocturneWhale 島の磯 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/19、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Whitee Clean
     監修、Doctor Basic
     訳  訳河 任(秋残り市在)
【拍子】
【種類】霧拍子
【演奏】Leodhas town singers
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】霧が出れば、演奏します。
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
夕方に見るオーロラ 岸辺に立つ
川にクジラ溯り来て汐ふいた島人が
花浮かべて手招きすると オーロラ
ゆらぎ揺れ 頭を上 尾をすれば
また揺れに揺れるオーロラ 花盛りの
光空 船から手を振る人 君は手を
大きく上げてこたえ

 狐の天気予報。〇r2018/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】4分音符と8分音符の3連符の表記
4分音符が8分音符2つです。この8分音符をタイでつないだものです。
8分、8分、8分の3連符で、このうちの、8分音符2つをタイでつないだ
もの、これを、4分音符で書いています。休符も同じです。

 水先案内のクジラ、船よりおおきく、吹くしおで船が水びたし
オーロラまで案内するという、安全を願うクジラのしおという。
島人はそういうクジラをこよなく好くとそ。
クジラも音楽を聞くという。絵描きの説明である。
オーロラにまで届くクジラのしおという。歌声遥かという
曲を越えてオーロラにまで届くというクジラのしおである。
Mr. Atom Lucky Ager, "Ireland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1053大原練習953天の下1353Lewis NocturneWhale 島の磯 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
伴奏譜5-14bansohu5-14.mid


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1538
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/14雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽