2018年04月03日

卒業3099京都船旅1999古譜999大原練習899天の下1299ペンタゴン (壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。

【曲名】卒業3099京都船旅1999
古譜999大原練習899天の下1299ペンタゴン (壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/04/03、柳晴
     創曲、川添 桜見
     造詞、海前 航行
     監修、先生女 誉(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】
【演奏】中性子炉愛好会、火打石同好会
    特別出演、Flash Jazz 愛光会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【作成】@Music Score3、シルバースタージャパン社
    Aバンドプロジューサー KAWAI
    BHarmony Assistant、 Myriad
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
ペンタゴン 叔母の指揮受ける軍 正しく
自由な軍 勇敢な 兵隊を 横に見
船進む ニューヨーク 港からの 光の
知らせ 私の目 桜が咲き薫る岸望み
ポトマック川 知らせみれば 行くて
波は荒いが来たれ


 狐の天気予報。〇r2018/04/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【5拍子】
【解説】ペンタゴン
 目前ニューヨーク、ワシントン郊外ペンタゴンを見る。
御叔母が指揮しておられる光の指揮とそ。船を進ませ、
四季鮮やかなポトマクに桜を見る。ゴールド・フィンガーという。
指揮の指である。桜金握る桜色手の若い人とそ。ポトラマという
ポトの浜とそ。ペンタゴンの丘という。ポト丘の山という。
 船は伊号潜水艦である。AEという字が書いてある。AEー1という。
溢れる波という。ペンタゴンへよって御叔母に会いに行くとそ。
若い人の桜手の航行である。叡山という、ペンタゴン宮である。
Mr. Atom Lucky Ager, "Freedom report" より

【作成ソフト紹介】
@MusicScore3、シルバースタージャパン社
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。
@バンドプロジューサー KAWAI
 WMAファイルを、これで作りました。
簡単に効果がかけられます。フェイザーとか、
はっきり知りませんが・・・。私のような、
初心者以前の者は、わからなくても、こういう
具合にしやシャンセと、お聞きの通りです。
慣れた人なら、もっとうまく作れます。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館春期展示
『古譜999大原練習899天の下1299ペンタゴン (壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 るという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou998
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/12/29雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽