2018年02月28日

卒業3060京都船旅1960古譜960大原練習860天の下1260 薗 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳

卒業3060京都船旅1960古譜960大原練習860天の下1260 薗 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳

【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3060京都船旅1960
古譜960大原練習860天の下1260薗(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/02/27、柳晴
     創曲、卒 業尾
     造詞、時 至
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】
【演奏】中性子炉愛好会、火打石同好会
    特別出演、Flash Jazz 愛光会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
自由の女神の口元
あいらしかわい 叫ぶ言葉に
新天地を開く 我に光はあり
原子炉の光の恵みあり
移り変わる世

 狐の天気予報。〇r2018/03/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【9拍子】
 5拍子と4拍子で、5拍子を3、2拍子に、4拍子を3連符にする。
2小節目、4拍3連符の最後の音符を、2つに割ったものです。
全部で3連符です。6連符で、タイで繋げば、もっと簡単に
なるかもしれません。
 3、2、4拍子の9拍子です。4拍子は3連符にしています。
5拍子部分にアクセントあり。
【解説】
 自由の女神の口元を薗という。
薗の御叔母とそ。女神から生まれた私という。遠く離れた
所で生まれた私で、その頃の里である。これを古里という。
コーリン網の山という。私を運で下さったのである。
 口元には草が生えていて、光に光っていた。
遠い国の御座という。御叔母の相貌である。
生まれて直ぐ立った私である。原子の国という。
花輪の山のお書きという。

 『わらわ』といわれる御叔母という。わらは里という。
ウォーターをわらといわれる。水の里のお住まいとそ。
原子力の光を常に持っておられる。懐中電灯の光とそ。
『我が子よ、光もか』といわれる。花光 薫という、その人
という。岡園の円筒という。自由の女神の光である。

 自由の印という、鎖である。国を引く鎖である。
御叔母が歩まれれば、国がひきずられて、一緒について
いく。その鎖である。その差繰りである。自由の絵という。
自由の銅像である。

 私がいけば、座って下さるのである。わたしは立っている。
立私という。これを一才という。一切立私という。
叔母の座という。ここをみるという。millと書くひぃに、
コーヒーミルのミルクミルである。これを、ルミクルミという。

 叔母の御口を薗身(そのみ)という。薗身の御身のクルミが、
光とそ。これで、ルミという。ルックスの流れ言いである。
1ルックスを、1ルという。その昔とそ。
一流の書き物である。いちる話という。

 いちの話である。流れ話という。光、水の沖という。動海の
おりゆら、とそ。今の大西洋である。ここをむべという。
『むべなるかな』と万葉集にもある。これを万代という。
よろずのだいという。ゆるぎ山という。花輪の沖という。

 叔母が小さくなっておられた話である。自由の女神の小さい
おもちゃという。懐中電灯でもある。懐中光という。私の叔母の
身教えという。御教えとそ。これが叔母の恩である。

 御叔母ありてそ、ありてゆ。けけゃらふぬぬ、おばゆら、
ゆぬぬふるる、くくすす、くすの山の絵、これゆら、はなぬ、
るるす。これを、御叔母の御言葉という。二本語という。

 二本立ての言葉である。立って歩いたという一切二本という。
光の効をいう。二本足の歩行の形容である。一才ともいう。
だから今も一切である。学生という語元とそ。
学び生まれの真名火である。なび渡りの山という。
あくるはくゆき、という。そういう話である。

 自由の女神のお共という、懐中電灯を手に持つひこととも。
夜中安全の話とそ。自由の女神の御教えである。
灯台先明しの話とも。んんん、よよよ。

 自由の女神を拝する人とそ。若い人である。いちるという
名の話という。うれしの山のお書きとそ。
 御叔母ありてあり。ありる_す。ありるる母目という。
 今宵入浴へ行きたいと。木賃宿のおゆ、という。
ニューヨーク筋という、蒲鉾道のいちるの流れ水という。
そういう場所である。秋残りといえばわかる話とそ。

 英語に、Autumn Fallという。オータム・フォールという。
秋残り屋敷である。名亭である。蒲鉾道一流(かまぼこみち
いちる)という水である。大きくなる大西洋である。
飛び越した話とそ。一跨ぎである。御叔母のお共は、
こういう芸をしなければならない。大西洋横断の記という。
ミシシッピ川が見えた話である。一流の川であった話である。
 京の鴨川の子孫である。川子という。この文の川、文の
流れとそ。字が流れる川である。国引き神話の川面編である。
御叔母の話である。鎖を自由の糸という、そういう意図である。
何事もかかった話とそ。鎖係りの文、これなるを。
チェーンの話とそ。略。
三丸六王の書きである。卒があるようという。
sotu3060お書き、これにる。
 
 『蒲鉾道へ、来てみやしゃんせ』という。流れる雨条を
眺めて山という。そういう国である。大きな国である。
漱石という、漱岩である。岩で口すすぐ、大きな口である。
双眼の薗という、双眼鏡をもって、見て場所を探す。
カメラワークの望遠レンズ、場所を探すのに一苦労とそ。
それ程大きく見えるという。ミリロケの山という。
サングラスをかけた自由の女神、写す人とそ。

 サングラスをかけるという、岩めがねという。
岩レンズの岩山という。サングラスという話である。
三丸というグラックスの家とそ。ニューヨークの
我が家である。大きな口という、アップバンドという。
大きな口を開けて歌を歌えば、岩山詣での歌手という。
これを、アップという、バンドレルのくゆぜすという。
くゆの山、これをレムという。レムセルやゆ、という。
 
 サングラスをかけた歌を歌えばねここやらという。
ここやら録という。六山詣でという。これを、りくおう、
という。三丸六王の話である。そつがあるという。
ファイル番号である。インターネットお書き、
これなるを。駄作者。

 鎖を逆に使えば、インターネットを引きずって歩く
相貌である。スマホ手の若者という。あれは、大きい話
という。国際網を持っている話である。蒲鉾道や、いずこ。
インターネット・サーチは大変である。大きい話である。
原子力スマホも開発すればよいという。世はそういう
時代である。原子力電池の発展に寄する文である。
小さな原子を拝む人という。拝原子人である。
新世界の若い人である。

愛らし川という、ニューヨーク、ハドソン川である。
愛らし川の意、愛らし川の井、井戸掘りの話でもある。
略。

Mr. Atom Lucky Ager, "Freedom report" より
【作成ソフト紹介】
@バンドプロジューサー KAWAI
 WMAファイルを、これで作りました。
簡単に効果がかけられます。フェイザーとか、
はっきり知りませんが・・・。私のような、
初心者以前の者は、わからなくても、こういう
具合にしやシャンセと、お聞きの通りです。
慣れた人なら、もっとうまく作れます。
AMusicScore3、シルバースタージャパン社
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜960大原練習860天の下1260薗(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 るという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou608
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/11/22雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽